オレム 看護 論。 オレム・アンダーウッドとヘンダーソン|ひゃくじゅんブログ

ドロセア・オレム

オレム 看護 論

セルフケア要件 [ ] オレムは3タイプの要件を明らかにしている。 普遍的セルフケア要件。 全ての人間は共通のニーズを持っているとされる。 発達的セルフケア要件。 人間の胎内から成人に至るまでの各ライフサイクルで、時期別に必要とされる。 健康逸脱に対するセルフケア要件。 損傷・疾病を治療またはコントロールする 普遍的セルフケア要件 [ ] 健康を保つために必要な、8つの普遍的セルフケア要件(The Universal Self-Care Requisites)は以下とされる。 十分な摂取の維持• 十分な摂取の維持• 十分な摂取の維持• 過程と排泄物に対するケアの維持• 活動とのバランスの維持• との維持• 人間の生命・機能・安定に対する危険の予防• 人間の潜在能力、既知の能力制限、および正常でありたいという欲求に応じた、社会集団の中での人間の機能と発達の促進 看護者は、このそれぞれのセルフケアに対して、援助モデルを組み立てるとされる。 発達的セルフケア要件 [ ] 発達的セルフケア要件について、オレムは次の2つの下位分類を上げている。 生命過程を支え、発達過程を促進する状態、すなわち人間構造のより高いレベルでの組織化と、各期間における成熟に向けての人間の進歩を促進し、維持する。 人間の発達を阻害する可能性のある状態に対するケアの提供。 そのような状態による有害な影響の発生を、予防するためのケアの提供• そのような状態を和らげたり、克服するためのケアの提供 たとえばオレムは、教育剥奪、社会的適応の問題、健全な個性化の失敗、親族・友人・同僚の喪失、財産喪失・職業的安全の喪失、未知の環境への突然の転入、地位に関連した問題、不健康もしくは廃疾、苦しい生活状態、末期疾患及び差し迫った死、などを挙げている。 健康逸脱に対するセルフケア要件 [ ] この節のが望まれています。 ( 2018年5月) セルフケア不足 [ ] 個人が自身のセルフケア要件を満たせないとき、「セルフケア不足」が発生する。 看護者はこれを発見し、必要に応じて援助するとされる。 看護システム [ ] 患者のセルフケア不足を援助する視点に立って、看護システムは以下の3タイプに分類するとされる。 全代償的看護システム(Total Compensation)• 一部代償的看護システム(Partial Compensation)• 脚注 [ ].

次の

【看護理論】ドロセア E・オレムの看護理論

オレム 看護 論

資料の原本内容 この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 課題レポート 「ドロセア E・オレムの看護理論」 科目名: 看護理論 提出日 :平成23年10月28日 オレム看護理論について、以下グループでまとめた内容を示す。 1.看護4概念 1.1.人 セルフケア能力をもつ生物心理社会的存在、人間の機能の身体的、心理的、人間関係、社会的側面を含む。 1.1.1.オレム理論の基本アイデア 基本アイデアは「人間は、自分で自分の世話をすることができる。 病気や怪我で自分の世話をすることができなくなったとき、代わりに世話をするのが看護である」というものである。 「自分で自分の世話をする」ことをセルフケアであり、基本アイデアである。 1.1.2.セルフケア用語 セルフケア要件 オレムはヘンダーソンの14の基本的欲求(ニード論)の考えをセルフケアという概念でくくった。 その際、オレムはセルフケア要件を三種類定義した。 普遍的セルフケア要件 発達的セルフケア要件 健康逸脱に対するセルフケア要件 セルフケア能力 3つのセルフケア操作を遂行できるか能力。 セルフケアに特有な知識・技能・動機づけの開発と行使、およびひとまとまりの人間の基本的な能力と資質が必要となる。 セルフ..

次の

екеьер═¤╧└

オレム 看護 論

Contents• オレムによるセルフケアの定義 オレムは、セルフケアを以下のように定義しました。 セルフケアとは、個人が生命、健康、および安寧を維持するために自分自身で開始し、遂行する諸活動の実践である。 自分自身で開始し、遂行する。 という 「自分自身で」ということがポイントですね。 オレム看護論の中核 ・セルフケア理論 ・セルフケア不足理論 ・看護システム理論 これら、3つのサブ理論から構成されています。 オレムの3つのセルフケア要件 普遍的セルフケア要件(要素) ライフサイクルのあらゆる段階のすべての人間に共通してみられるセルフケア、年齢、発達段階、環境およびその他の要因によって変化する。 8つの項目がある。 発達的セルフケア要件(要素) 人間の発達過程、ライフサイクルのさまざまな段階で生じる状態や出来事、および発達を阻害する出来事に関連して起こるセルフケア(例:妊娠、出産など) 健康逸脱に関するセルフケア要件(要素) 病気や障害、医学的な診断、治療に関連して起こるセルフケア(例:糖尿病の食事管理など) オレム・アンダーウッド理論 そして、精神看護の領域においては、アンダーウッドによって、オレム看護論を精神障害者に適した看護理論として修正され オレム・アンダーウッド理論 と発表され、精神看護領域で用いられるようになった。 アンダーウッドは、セルフケアを、 「個人の健康、安寧を維持するための自己決定を前提とした意図的な行動」 と定義し、看護は患者の自己決定能力およびセルフケア行動に働きかけることが目標であるとした。 オレム・アンダーウッド理論では、 「自己決定」ということがポイントですね。 オレム看護論に関する過去の国家試験問題 看護理論 第86回 看護師国家試験 正しい組み合わせはどれか。 a,b 2. a,d 3. b,c 4. c,d 解答・解説 a. 正解は、cとd になります。 看護師国家試験の過去問開設動画を作ってみた!.

次の