神様は乗り越えられない試練を与えない。 神は乗り越えられる試練しか与えない!!人生を楽しむ6つのプラス思考

神様は乗り越えられる試練しか与えないとかいうクソ理論|もずく|note

神様は乗り越えられない試練を与えない

人間誰しも生きていく中で、必ず辛い出来事は起こります。 それを一つの試練として捉える人もいれば、悪い方向に考えすぎて、精神的に参ってしまう人もいます。 一括りに試練といっても、それが自分の人生においてプラスになるのか?それともマイナスになるのかは判断が難しいところがあります。 しかしことわざで 『神は乗り越えられる試練しか与えない』 というものがあるため、辛いことが起こっても、それを乗り越えることこそ正しいという風潮があります。 なのでここでは、乗り越えられる試練(壁)について私の考えを全てお話ししていきたいと思います。 個人的には、 この言葉を正しく解釈していないと、後々大きなダメージを負うことになると思っています。 なので間違った根性論で解釈している場合は、ぜひ今回の記事を読んでみてください。 好きなところから読んでください• 人生には数多くの試練が出てくる 人はどんな生き方をしていても、必ず数多くの試練が目の前に出てきます。 例えば学生時代であれば、部活でどうしても勝つことができないライバルが出現したときや、自分が目指したい学校の受験が迫ってきた時など 『苦しい時期を乗り越えなければ達成できないもの』 が一つの試練となります。 学生時代が終わり、その後会社員として働くにしても、会社の中での試練がたくさん出てくるため、人間は 死ぬまで数多くの試練(壁)と戦わなければならないのです。 もちろん試練を乗り越えると、その先に成長した自分が待っていますので、試練=乗り越えるべき壁だという解釈は間違ってはいないと思います。 しかし重要なのは 『今自分の目の前にある試練(壁)は乗り越える必要があるのか?』 を考えることです。 その中で感じたことは、自分の目の前に出てきた試練(壁)の中で 『乗り越える必要のないものがあった』 ということです。 私の場合、学生時代で部活をやっていたのですが、その中で達成したい目標があったため、それを実現するためにいくつもの壁を乗り越え挑戦し続けました。 これに関しては 『乗り越えるべき壁』 だと解釈していました。 しかし逆に、ただ辛いだけで 『自分自身が成長できるとは思えないような試練』 があったことも事実です。 例えば、絶対にやらなくても良いような練習を強要する先生が指導している部活で、練習メニューを全てこなすような無意味なことや、会社の上司が自分にだけ厳しく、精神的に追い詰められてしまうような試練がありましたが、これは今考えると 『自分の人生にマイナスをもたらす試練(壁)』 であったと思っています。 単純に乗り越えられない試練は与えないという言葉をそのまま受け止めてしまうと、これらの試練(壁)も乗り越えられるような解釈になりますが、 実際には自分にとってマイナスとなるイベントですので、むしろ乗り越える必要はないのです。 試練を根性論で考えていると危ない おそらくあなた自身も、過去を振り返ると意味のない試練(壁)が出てきたはずです。 自分の成長につながり、最終的に自分の目標を達成できるような試練であれば大歓迎なのですが、自分の人生にマイナスしかもたらさないような試練を乗り越えようとすると、 必ず副作用が出てくるのです。 なので 試練(壁)を根性論で一括りに考えてしまうと、人生を台無しにする可能性があるのです。 これはよく聞く話ですが、指導者に恵まれない天才的なスポーツ選手が、最終的に第一線で活躍することがないことが多いそうです。 乗り越える必要もない無駄な壁を指導者が用意し、それをわざわざ天才が乗り越えようとしてしまい、結局怪我などで選手生命を絶たれてしまっているのです。 試練(壁)を根性論で考えるような古い考えを持った人が上の立場にいると、意味のない試練がたくさん出てくるため、 最終的に自分の人生を悪い方向へと導いてしまうのです。 根性論では、むしろ 『乗り越えられない試練はない』 というのは 便利な言葉に変わりますので、この本質を理解していないと、結局自分自身で自分を追い詰めることになるのです。 神様は乗り越えられる試練しか与えない本当の意味 この言葉の解釈は人それぞれだと思いますが、私自身が今までの経験を踏まえて考えてみると、この言葉の本質は 『辛い経験が訪れても必ず乗り越えられる。 しかし乗り越える必要のない試練も出てくるので、自分自身を成長させるもの以外はわざわざ乗り越える必要はない』 という感じですかね。 努力をし続けて、何度も失敗し、それでもまた挑戦を続けてようやく成功できる。 そんな試練は積極的に乗り越えていきましょう。 しかし 神様ではなく人が作った無意味な試練に関しては、わざわざ乗り越える必要はないので、別の手段でその試練を回避した方が絶対に良いです。 例えば自分がブラック企業に務めていて、そこで毎日意味わからんくらい働かされているのに、それを試練として受け止めて頑張り続け、最終的に肉体・精神を壊してしまうようなことは無意味な試練です。 このような試練が出てきた場合には、わざわざその試練を乗り越えようとせずに、 別の道を選択することも考えてみましょう。 頑張らなくて良いところで頑張っている人たちが多すぎるので、この言葉を都合よく解釈している人がいれば、まず今自分の目の前にある試練は 『乗り越える必要があるのか?』 を冷静に考えてみてください。 視野を広くして抽象度を上げると、それは試練ではないことがすぐに理解できると思います。 目の前に高い壁が出てきたときに選択肢はいくつもある 人生の選択肢はいくつもあります。 しかし何か一つのことに没頭しているときは、視点が狭まってしまい、その選択肢に気づくことができなくなります。 もちろん挑戦することで自分自身の成長に繋げることはできますが、それでも 一つの選択肢にこだわり続ける必要はありません。 有名人の話で一例を挙げると、今テレビで活躍している元陸上選手である 『武井壮』がいますが、あの人は陸上の10種競技で日本チャンピオンにまでなりました。 ですが、実は最初の頃、陸上の短距離で日本一を目指していたことをご存知ですか? 100メートルというスプリッド種目で日本一を目指していた武井壮ですが、ある日目の前で100メートルを10秒台前半で走る化け物に出会ってしまい、短距離で日本一になる夢を諦めたそうです。 武井壮のその夢を打ち砕いた人物こそ、日本陸上界でも有名な100メートル選手 『朝原宣治』です。 この人がいたことにより、武井壮は別の種目で日本一を目指すことになったのです。 仮に、この時狭い視野で 『神は乗り越えられない試練を与えない』 と思っていた場合、どんなに早い選手がいても100メートル走にこだわって挑戦をしていたかもしれません。 しかし武井壮は 『一つの選択肢ではなく、別の選択肢も頭に入れていた』 ため、目の前に高い壁が出てきても冷静な判断ができたのです。 これが正しいか正しくないかは人それぞれ解釈は違うと思いますが、高い壁が出てきても、 それを乗り越えるだけが人生ではないということです。 武井壮は冷静な判断をしたことにより、10種競技で日本チャンピオンになり、そして今ではテレビで活躍するような芸能人にまでなりました。 この人が今でも活躍し続けている理由も、壁が立ちはだかった時に 複数の選択肢を頭に入れているからだと私は考えています。 ガンガン挑戦してガンガン試練(壁)にぶつかっていこう! 目の前に試練(壁)が出てきても、その壁をどうするかはあなたの自由です。 もちろんガンガン挑戦することで壁を乗り越えられることもありますし、逆に何度も失敗するかもしれません。 試練(壁)が出てきたときに一番意識して欲しいことは 『根性論で挑戦するのではなく、必ず頭を使って挑戦をする』 ことです。 一度失敗をしたら、なぜ失敗したのか?どうしたら失敗しなくなるのか?を常に考えることで、意味のない時間を使うことなく挑戦をし続けることができます。 場合によっては武井壮のように環境を変えて挑戦することで、新しい自分の目標が出てくることもあります。 試練(壁)が出てきても、それを面倒だと考えて見過ごしてしまうのは論外ですが、 頭を使い、正しい方法で挑戦し続けることができれば、神は乗り越えられない試練(壁)は与えないという本質を理解できると思います。 結局どの業界でも成功している人というのは、他の誰よりも失敗を経験しています。 その失敗の過程で 『自分がどうやったら試練(壁)を乗り越えられるか?』 を思考し続けたからこそ成功を掴み取ることができたのです。 失敗をしないことがどれだけ人生においてリスクなのかはこちらの記事で詳しく解説しています。 すでにあなたは数多くの試練を乗り越えるはずです これから先数々の試練が出てくるとは思いますが、それを考える前に 『すでにあなた自身は数々の試練を乗り越えて今がある』 ことを理解しておきましょう。 若い頃は試練が目の前に出てきても、その試練から目を背けて逃げたこともあるかもしれません。 もちろん私も昔は逃げまくっていました笑。 しかしそんな中でも必ず辛い試練を乗り越えた経験は必ずあるはずですので、まずはそれを一つの自信として持つようにしましょう。 辛い試練が目の前に出てくると 『こんなの乗り越えられないよ~』 と思ってしまいますが、 過去の自分は、すでにそれ以上の試練を乗り越えての今なので、 乗り越えられないはずがないのです。 途中でもお伝えしたように、乗り越える必要のない無駄な試練はスルーするか環境を変えることで避けることはできますが、自分の成長につながるような重要な試練に関しては、思考を働かせて乗り越える努力をしていきましょう。 その中で数々の失敗を経験するとは思いますが、将来的に考えると、 それら全てが自分の財産となっているはずです。 経験を恐れてただお金を貯めるだけでは、将来的に残るのは『お金』しかありませんからね。 まとめ 今回は一般論ではなく、私独自の視点から試練(壁)についてお伝えしてきました。 考え方は色々とあると思いますが、もし今自分が辛い状況で試練に立ち向かっているのであれば、それは乗り越えるべき試練なのかどうかをもう一度考えてみてください。 人生の選択肢は一つではありませんから、無理をして意味のない試練に立ち向かっても時間の無駄です。 試練(壁)の本質を理解することで、この先自分が成長できる挑戦に時間を注ぐことができるようになります。 ぜひ今回の記事を一つの参考にし、試練に対する考え方を意識してみてくださいね。

次の

神は乗り越えられない試練を与えない

神様は乗り越えられない試練を与えない

人間誰しも生きていく中で、必ず辛い出来事は起こります。 それを一つの試練として捉える人もいれば、悪い方向に考えすぎて、精神的に参ってしまう人もいます。 一括りに試練といっても、それが自分の人生においてプラスになるのか?それともマイナスになるのかは判断が難しいところがあります。 しかしことわざで 『神は乗り越えられる試練しか与えない』 というものがあるため、辛いことが起こっても、それを乗り越えることこそ正しいという風潮があります。 なのでここでは、乗り越えられる試練(壁)について私の考えを全てお話ししていきたいと思います。 個人的には、 この言葉を正しく解釈していないと、後々大きなダメージを負うことになると思っています。 なので間違った根性論で解釈している場合は、ぜひ今回の記事を読んでみてください。 好きなところから読んでください• 人生には数多くの試練が出てくる 人はどんな生き方をしていても、必ず数多くの試練が目の前に出てきます。 例えば学生時代であれば、部活でどうしても勝つことができないライバルが出現したときや、自分が目指したい学校の受験が迫ってきた時など 『苦しい時期を乗り越えなければ達成できないもの』 が一つの試練となります。 学生時代が終わり、その後会社員として働くにしても、会社の中での試練がたくさん出てくるため、人間は 死ぬまで数多くの試練(壁)と戦わなければならないのです。 もちろん試練を乗り越えると、その先に成長した自分が待っていますので、試練=乗り越えるべき壁だという解釈は間違ってはいないと思います。 しかし重要なのは 『今自分の目の前にある試練(壁)は乗り越える必要があるのか?』 を考えることです。 その中で感じたことは、自分の目の前に出てきた試練(壁)の中で 『乗り越える必要のないものがあった』 ということです。 私の場合、学生時代で部活をやっていたのですが、その中で達成したい目標があったため、それを実現するためにいくつもの壁を乗り越え挑戦し続けました。 これに関しては 『乗り越えるべき壁』 だと解釈していました。 しかし逆に、ただ辛いだけで 『自分自身が成長できるとは思えないような試練』 があったことも事実です。 例えば、絶対にやらなくても良いような練習を強要する先生が指導している部活で、練習メニューを全てこなすような無意味なことや、会社の上司が自分にだけ厳しく、精神的に追い詰められてしまうような試練がありましたが、これは今考えると 『自分の人生にマイナスをもたらす試練(壁)』 であったと思っています。 単純に乗り越えられない試練は与えないという言葉をそのまま受け止めてしまうと、これらの試練(壁)も乗り越えられるような解釈になりますが、 実際には自分にとってマイナスとなるイベントですので、むしろ乗り越える必要はないのです。 試練を根性論で考えていると危ない おそらくあなた自身も、過去を振り返ると意味のない試練(壁)が出てきたはずです。 自分の成長につながり、最終的に自分の目標を達成できるような試練であれば大歓迎なのですが、自分の人生にマイナスしかもたらさないような試練を乗り越えようとすると、 必ず副作用が出てくるのです。 なので 試練(壁)を根性論で一括りに考えてしまうと、人生を台無しにする可能性があるのです。 これはよく聞く話ですが、指導者に恵まれない天才的なスポーツ選手が、最終的に第一線で活躍することがないことが多いそうです。 乗り越える必要もない無駄な壁を指導者が用意し、それをわざわざ天才が乗り越えようとしてしまい、結局怪我などで選手生命を絶たれてしまっているのです。 試練(壁)を根性論で考えるような古い考えを持った人が上の立場にいると、意味のない試練がたくさん出てくるため、 最終的に自分の人生を悪い方向へと導いてしまうのです。 根性論では、むしろ 『乗り越えられない試練はない』 というのは 便利な言葉に変わりますので、この本質を理解していないと、結局自分自身で自分を追い詰めることになるのです。 神様は乗り越えられる試練しか与えない本当の意味 この言葉の解釈は人それぞれだと思いますが、私自身が今までの経験を踏まえて考えてみると、この言葉の本質は 『辛い経験が訪れても必ず乗り越えられる。 しかし乗り越える必要のない試練も出てくるので、自分自身を成長させるもの以外はわざわざ乗り越える必要はない』 という感じですかね。 努力をし続けて、何度も失敗し、それでもまた挑戦を続けてようやく成功できる。 そんな試練は積極的に乗り越えていきましょう。 しかし 神様ではなく人が作った無意味な試練に関しては、わざわざ乗り越える必要はないので、別の手段でその試練を回避した方が絶対に良いです。 例えば自分がブラック企業に務めていて、そこで毎日意味わからんくらい働かされているのに、それを試練として受け止めて頑張り続け、最終的に肉体・精神を壊してしまうようなことは無意味な試練です。 このような試練が出てきた場合には、わざわざその試練を乗り越えようとせずに、 別の道を選択することも考えてみましょう。 頑張らなくて良いところで頑張っている人たちが多すぎるので、この言葉を都合よく解釈している人がいれば、まず今自分の目の前にある試練は 『乗り越える必要があるのか?』 を冷静に考えてみてください。 視野を広くして抽象度を上げると、それは試練ではないことがすぐに理解できると思います。 目の前に高い壁が出てきたときに選択肢はいくつもある 人生の選択肢はいくつもあります。 しかし何か一つのことに没頭しているときは、視点が狭まってしまい、その選択肢に気づくことができなくなります。 もちろん挑戦することで自分自身の成長に繋げることはできますが、それでも 一つの選択肢にこだわり続ける必要はありません。 有名人の話で一例を挙げると、今テレビで活躍している元陸上選手である 『武井壮』がいますが、あの人は陸上の10種競技で日本チャンピオンにまでなりました。 ですが、実は最初の頃、陸上の短距離で日本一を目指していたことをご存知ですか? 100メートルというスプリッド種目で日本一を目指していた武井壮ですが、ある日目の前で100メートルを10秒台前半で走る化け物に出会ってしまい、短距離で日本一になる夢を諦めたそうです。 武井壮のその夢を打ち砕いた人物こそ、日本陸上界でも有名な100メートル選手 『朝原宣治』です。 この人がいたことにより、武井壮は別の種目で日本一を目指すことになったのです。 仮に、この時狭い視野で 『神は乗り越えられない試練を与えない』 と思っていた場合、どんなに早い選手がいても100メートル走にこだわって挑戦をしていたかもしれません。 しかし武井壮は 『一つの選択肢ではなく、別の選択肢も頭に入れていた』 ため、目の前に高い壁が出てきても冷静な判断ができたのです。 これが正しいか正しくないかは人それぞれ解釈は違うと思いますが、高い壁が出てきても、 それを乗り越えるだけが人生ではないということです。 武井壮は冷静な判断をしたことにより、10種競技で日本チャンピオンになり、そして今ではテレビで活躍するような芸能人にまでなりました。 この人が今でも活躍し続けている理由も、壁が立ちはだかった時に 複数の選択肢を頭に入れているからだと私は考えています。 ガンガン挑戦してガンガン試練(壁)にぶつかっていこう! 目の前に試練(壁)が出てきても、その壁をどうするかはあなたの自由です。 もちろんガンガン挑戦することで壁を乗り越えられることもありますし、逆に何度も失敗するかもしれません。 試練(壁)が出てきたときに一番意識して欲しいことは 『根性論で挑戦するのではなく、必ず頭を使って挑戦をする』 ことです。 一度失敗をしたら、なぜ失敗したのか?どうしたら失敗しなくなるのか?を常に考えることで、意味のない時間を使うことなく挑戦をし続けることができます。 場合によっては武井壮のように環境を変えて挑戦することで、新しい自分の目標が出てくることもあります。 試練(壁)が出てきても、それを面倒だと考えて見過ごしてしまうのは論外ですが、 頭を使い、正しい方法で挑戦し続けることができれば、神は乗り越えられない試練(壁)は与えないという本質を理解できると思います。 結局どの業界でも成功している人というのは、他の誰よりも失敗を経験しています。 その失敗の過程で 『自分がどうやったら試練(壁)を乗り越えられるか?』 を思考し続けたからこそ成功を掴み取ることができたのです。 失敗をしないことがどれだけ人生においてリスクなのかはこちらの記事で詳しく解説しています。 すでにあなたは数多くの試練を乗り越えるはずです これから先数々の試練が出てくるとは思いますが、それを考える前に 『すでにあなた自身は数々の試練を乗り越えて今がある』 ことを理解しておきましょう。 若い頃は試練が目の前に出てきても、その試練から目を背けて逃げたこともあるかもしれません。 もちろん私も昔は逃げまくっていました笑。 しかしそんな中でも必ず辛い試練を乗り越えた経験は必ずあるはずですので、まずはそれを一つの自信として持つようにしましょう。 辛い試練が目の前に出てくると 『こんなの乗り越えられないよ~』 と思ってしまいますが、 過去の自分は、すでにそれ以上の試練を乗り越えての今なので、 乗り越えられないはずがないのです。 途中でもお伝えしたように、乗り越える必要のない無駄な試練はスルーするか環境を変えることで避けることはできますが、自分の成長につながるような重要な試練に関しては、思考を働かせて乗り越える努力をしていきましょう。 その中で数々の失敗を経験するとは思いますが、将来的に考えると、 それら全てが自分の財産となっているはずです。 経験を恐れてただお金を貯めるだけでは、将来的に残るのは『お金』しかありませんからね。 まとめ 今回は一般論ではなく、私独自の視点から試練(壁)についてお伝えしてきました。 考え方は色々とあると思いますが、もし今自分が辛い状況で試練に立ち向かっているのであれば、それは乗り越えるべき試練なのかどうかをもう一度考えてみてください。 人生の選択肢は一つではありませんから、無理をして意味のない試練に立ち向かっても時間の無駄です。 試練(壁)の本質を理解することで、この先自分が成長できる挑戦に時間を注ぐことができるようになります。 ぜひ今回の記事を一つの参考にし、試練に対する考え方を意識してみてくださいね。

次の

神様は乗り越えられない試練は与えないことがわかる本【読書感想文・書評】

神様は乗り越えられない試練を与えない

回想………少し真面目な話 無責任にしかも偉そうに… この言葉を言う人がいる。 『神は乗り越えられる試練しか与えない』 最近では、の選手、競泳女子日本代表の選手もこの聖書の一節を自らの逆境を乗り越える励みとして引用した…… TBSドラマ「JIN〜仁」で引用され広く知られる様になったおかげで 無責任極まる社会から必要と為れていない売れないナー講師が乱用している 今、池江選手はに向かっている様で、様々な公の場に元気な姿を見せている。 彼女の病気を「神が与えたもうた試練」と云う輩は、 彼女に神が試練を与えた理由を言ってみろ!! 『ほら、やっぱり…』と言うアホみたいなスピリチュアルの人間や盲信徒には注意が必要だ この言葉は 『コリント人への第一の手紙10:13』の 「あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。 神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。 むしろ、 耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます」 この中からの抜粋だ… そして耐えられない試練を与え、に導かれたのは、悪魔の誘惑に魅入られたのだと言う。 以前、当社が遺体復元と葬儀を受注した遺族の故人について ひょんな事から盲信の牧師と話す機会かあった。 亡くなったのは私達と同じ一応程度の女性。 死因は 首吊り自殺… 彼女は浄土 神の王国. 天国)に行けたのか?について、 激しい 殆ど喧嘩 になった 私は 『聖書 旧新 』の 道徳観念や人々を勇気付け、希望を与える記載事項には大変賞賛するが… 神『ヤファエ』には全く信仰や尊厳性は感じていない。 人は死後、裁きにあう キリストは人の全ての罪を背負い処刑されたが、 キリストの福音を受け入れていないと言う事は 『原罪』も許されていない そして… 神は乗り越えられないほどの試練に会わせることはしない。 しかも逃げ道まで用意してくれている。 彼女は福音を受け入れていないから悪魔の誘惑に魅入られた。 彼女を自殺させたのは『悪魔』 更に… 1:21を引用し… 「私は裸で母の胎から出て来た。 また、裸で私はかしこに帰ろう。 主は与え、主は取られる。 当然『マリア絵』を踏まなかった人々は処刑された(殉教したという事) でも考えて頂きたい… 踏み絵を踏んだら殺される事はなかったのだ それを知っているのに踏まないのは『自殺』と何ら変わらない。 結局、ご都合主義で自殺か殉教にするかが決まると言う事 は『自殺』は大したこと無いと暗に言っているのと同じだ そして… 神は日本の信者の信仰心をもてあそんだ。 踏まなかった者には死を… 絵を踏んだ者には生涯の苦しみを与えた。 この世では幸せになれないから神が呼んだと言うエセ信者もいるが……… この時、踏み絵を踏んで生き残った信者の子孫が、後が認められた時に、最初に教会を復興させた事を知らない。 そして… 熱心に信仰する女性信者を 性奴隷として海外へ売り飛ばしたのは 今も何くわぬ顔で日本に存在しているの手先、だ 、、の同一神の 『ヤファエ』と言う名の神は 『妬む神』である 20:5に 「あなたの神、『主』であるわたしは ねたむ神」 とハッキリ書いてある。 これを弁明する様に の手紙4:5で 「『神は、私たちのうちに住まわせた御霊を、ねたむほどに慕っておられる』という聖書のことばが、無意味だと思うのですか」 と書いてある。 様々な牧師、神父が都合の良い解釈を与えているが、どれも無理がある。 ヤファエは神なのに妬むのだ。 彼女の自殺の原因は『ヤファエ』にある。 しかし…… 彼女が信仰していたのは 『』 は 『ありとあらゆる者を助ける』 を立てた。 彼女は生前に一度くらい 『』 と言った事が有るはず。 更に は念仏を唱える唱えない、善人、悪人に関わらず浄土に救ってくれる。 従って彼女は救われ浄土 天国)に行くことが出来た。 そして彼女を死に追いやったヤファエは 神々の中で最低ランクの神だ!! と私が言ったら… 貴女は神を冒涜し否定した。 悔い改めても、貴女は地獄に行く事になる!と なんと!またまた呪い 呪詛)を掛けられた。 与えないのなら 圏の自殺は最も少なければならない。 皆さん… 『試練』は個々の人々の『縁起』で起こるのです。 そして 『乗り越えられない試練はない』とは… 『やることをちゃんとやってる人のセリフ』 生きていれば必ず『試練』がある。 それは私にだって分かる それに負けない力は 『運』と『』と『あらゆる努力』と に依って得る事が出来るのです。 その為の一歩は… 『目の前の試練をしっかり受け入れ真剣に生る』事から始まる そして… 「神は乗り越えられない試練は与えない」 これを連呼する上司、監督、指導者… 彼らは、貴方や貴方の周りの苦しんでる人の逃げ道を、この言葉で塞いでいる 更に神父、牧師が 貴方を追い詰める為に「乗り越えられない試練は与えない」とワンセットで使われる言葉がある。 の手紙 1章2~4節 わたしの兄弟たち、いろいろな試練に出会うときは、この上ない喜びと思いなさい。 信仰が試されることで忍耐が生じると、あなたがたは知っています。 あくまでも忍耐しなさい。 そうすれば、完全で申し分なく、何一つ欠けたところのない人になります。

次の