片寄涼太 大学。 片寄涼太の高校や大学は?身長・年齢・出身地や兄弟など家族構成も!|トピグーチャンネル

片寄涼太の呼び名はなに??次にブレイクしそうな俳優の1人!!

片寄涼太 大学

この記事ではGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太さんの ・出身中学校について ・出身高校と芸能界入りの経緯について ・大学について を紹介していきます。 sponsored link 中学校は公立 片寄涼太さんは2017年6月18日に大阪の八尾市で行われた出演映画「兄に愛されすぎて困ってます」の先行上映会等で、八尾市が地元であることを明かしています。 そして、 八尾市立東中学校のwikipediaページには、同校出身著名人として卓球の福原愛さんとともに片寄涼太さんの名前が紹介されています。 Wikipediaによれば片寄涼太さんは5歳から中学3年まで サッカーをしており、中学時代には 市の選抜チームに選ばれるほどの実力者だったそう。 また、運動だけでなく学業面でも非常に優秀だったようで、 婦人公論2019年12月11日配信記事「GENERATIONS・片寄涼太「将来は外交官になりたいと考えていました」」では、 実は中学時代はけっこう真面目に勉強していて、将来は 外交官になりたいと考えていたんです。 先生にも「お前毎回100点取ろうとしてんちゃうの?」って言われてことがあるくらいです。 と話しています。 スポーツでは市の選抜選手、学業では外交官を目指して100点近い成績を連発、中学時代の片寄涼太さんは文武両道だったようです。 高校は国立 上記のように中学時代は学業優秀だったと思われる片寄涼太さん。 どうやら中学卒業後はかなりの高偏差値校に進学したようです。 調べてみると、かつて片寄涼太さんがインタビューで 「国立の高校に通っていた」旨の発言をしていた、という情報が多数みられます(ただし、いつどこで行われたインタビューかは不明)。 仮にこれが正しいとすると、片寄涼太さんが通っていた高校の候補となる学校はそれほど多くありません。 というのも片寄涼太さんの出身地である大阪府にある国立高校は、 ・大阪教育大学附属高校池田校舎(偏差値72) ・大阪教育大学附属高校天王寺校舎(偏差値73) ・大阪教育大学附属高校平野校舎(偏差値69) の3校のみ。 そして、wikipediaやサイト「みんなの高校情報」の 大阪教育大学附属高校平野校舎のページには、出身有名人として片寄涼太さんの名前が挙がっています。 大阪教育大学附属高校平野校舎は、上記の大阪教育大学附属3校の中では最も新しい学校。 1学年3クラスにまで選抜された少数精鋭の生徒に対するきめ細かい指導が特徴です。 先述のように 偏差値は69と附属三校の中では最も低いですがそれでも十分に難関レベルであり、ほとんどの生徒は四年制大学に進学するそう。 同校HPに掲載された2019年度の合格実績を見ると、生徒数のわりに京都大学や大阪大学をはじめとする国立大学の合格者が多く、また早稲田慶應といった関東の名門大学にも合格者を輩出しています。 片寄涼太さんもそのポテンシャルは十分に持っていたのでしょう。 sponsored link 人生を変えたオーディション しかし、 高校1年生のときに人生を大きく変える出来事が起こります。 2011年に開催された 三代目JSBのボーカルオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2」に、EXILEが好きだから、と軽い気持ちで参加した片寄涼太さんは、 応募者3万人の中からなんと ファイナリスト10人まで勝ち残ったのです。 最終合格こそかなわなかったものの、このオーディションでの経験は幼いころから現実的で芸能界入りなど考えてもみなかったという片寄涼太さんの転機になったよう。 サンスポ2019年3月30日配信記事「片寄涼太、EXILE一族の王子から国民の王子へ」で片寄涼太さんはオーディションを振り返り、 多くの人の熱量や歌を仕事にしたいという思いを肌で感じ、自分にしかできない仕事があると心に決めた と語っています。 ほどなくしてEXILEの事務所LDHが運営する養成所 EXPG大阪校に特待生として通い始めた片寄涼太さんは翌2011年にはGENERATIONSの候補生に。 バス1台で全国各地を回り路上ライブ等を行う「夢者修行」を経て2012年に GENERATIONSの正式メンバーとしてデビューしました。 高校中退or転校? こうして片寄涼太さんはGENERATIONSの一員となりましたが、ここまでは全て18歳ごろまでの話です。 婦人公論2019年12月11日配信記事「GENERATIONS・片寄涼太「将来は外交官になりたいと考えていました」」によれば、 片寄涼太さんの受けた三代目JSBのオーディションは約半年に及び、片寄涼太さんが通う進学校での成績にも悪影響を及ぼしたそう。 先生に呼び出され、 「いい成績で高校に入ったのに」と叱責されることもあったといいます。 審査が東京で行われることも多かったでしょうから、さすがに学業との両立は厳しかったのでしょう。 また、2011年から2012年にかけて行った 全国行脚「夢者修行」を進学校での学校生活と両立させるのは非常に困難なのではないかと思います。 こういった点から、片寄涼太さんは大阪教育大学附属高校平野校舎を中退し、通信制の高校に転校したのではないかといわれています。 大学には進学せず いずれにしてもかなり思い切った選択だと思いますが、 スポーツ報知2017年12月23日配信記事「GENERATIONS・片寄涼太、プロ目指すきっかけはATSUSHIの言葉」によれば、 片寄涼太さんの両親はそんな一人息子を応援してくれたそう。 『大学はいつでも行ける』と上京を後押ししてくれたのだそうです。 こうして片寄涼太さんは大学には進学せず、GENERATIONSの一員として本格的に活動を始めました。 片寄涼太の記事を読む 芸能人の学歴の記事を読む.

次の

片寄涼太の実家は?ハーフ?父親・母親・兄弟は? 高校時代の偏差値は?

片寄涼太 大学

高校を辞めた、中退した、と聞くと一般的に最終学歴は中卒ということになりますよね。 しかし片寄涼太さんは、大学には行っていませんが高校を卒業したという事実はあります。 もともと片寄涼太さんは国立の共学「 大阪教育大学附属平野校舎」に入学しています。 この高校は大阪府大阪市平野区にある国立高等学校のようで、偏差値は69、大阪府内でもトップクラスの高校です。 1学年3クラスと小規模校ながら、世界に目を向けたグローバル社会を学ぶ高校でもあるようです。 そして片寄涼太さんは一般受験でこの高校に合格しているので、かなりの学力を有していることがわかります。 片寄涼太さんが高校1年生のときに「VOCAL BATTLE AUDITION 2」にエントリーし、ファイナリストに選ばれます。 しかしこのオーデションでは落選、その後EXPG大阪校に特待生として通いはじめます。 ここで転機が訪れ、HIROさんの発案で作られた新たな若手グループGENERATIONSの候補生に選ばれ、 通っていた高校を辞めて上京することになります。 それでも両親が教師ということもあってか、高校だけでも卒業するために東京の通信制の高校に通い、卒業したのではないかと言われています。 片寄涼太さんが卒業証明書を公式ブログに載せたことがあるので高校を卒業しているのは確実ですが、学校名が非公開なので おそらく通信制になります。 ですから、実際のところは「 高校中退」よりも、「 中退後、別の高校で卒業した」が正しいと思われます。 中学時代にはサッカーで市の選抜チームにも選ばれていたようです。 高校は大阪教育大学附属平野校舎へ入学。 その後2011年に GENERATIONS候補生となり上京、通っていた高校を中退することになります。 全国を回る武者修行を終え、2012年4月、 GENERATIONS正式メンバーとしてアーティスト活動が始まります。 同年11月21日、GENERATIONSは「BRAVE IT OUT」でメジャーデビューを果たしました。 片寄涼太さんは2014年7月にドラマ「GTO」で俳優デビューをします。 それからはたくさんのドラマ、映画に出演、劇場アニメの俳優としても活躍を見せてくれました。 また、GENERATIONSの曲の歌詞を手掛けたりと活動の幅は広がっていく一方です。 また、片寄涼太さんが英語が話せたり頭がよかったりするのも納得がいきますね。 片寄涼太さんが初めて声優を担当する映画「きみと、波にのれたら」も感動すると話題になっています。 これからの片寄涼太さんの活躍にも期待したいです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

片寄涼太は演技も歌も下手?口パク疑惑とは?その理由を徹底調査!

片寄涼太 大学

こんにちは!ごいちです! 『ごいちの職歴館』にお越しいただきありがとうございます!! 今回の記事では、 歌手・ダンサー・モデル・俳優の片寄涼太さんについて まとめていきたいと思います。 片寄涼太さん GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーで LDH JAPANに所属所属している 歌手でダンサーでモデルで俳優さんです。 肩書だけで忙しそうですねw LDH JAPANは2002年に、EXILEの初期メンバー6人が50万円ずつ出資し 「エグザイルエンタテイメント有限会社」として設立したのが始まりです。 50万円ずつ6人というのは 当時の会社って 「有限会社」っていうのがありまして その最低資本金が300万円だったんですね。 300万円ないと有限会社が作れませんでした。 (株式会社の最低資本金は1,000万円でした) ちなみに、この 有限会社っていう制度は 2006年5月に施行された「会社法」っていう法律でなくなりました。 だから今、会社名に「有限会社」って名前がついてる会社は 最低でも15年以上の社歴のある会社ってことになります。 そんな今まさに歴史を構築中のLDH JAPANにおいて 片寄涼太さんは GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーとして そしてモデルとして 更に俳優として はたまた「王子様」として 着実に頭角を現しています 笑 今回の記事では そんな 片寄涼太さんの 映画『糸』への友情出演や出身 中学~大学の学歴について 調べてまとめていきます。 スポンサーリンク 『片寄涼太さんが映画『糸』に友情出演!』 そんな 片寄涼太さんですが 2020年に公開予定の映画『糸』に佐々木 役として友情出演します。 本来は4月24日に公開だったのですが 新型コロナウイルスの影響で公開延期という残念なことに。。。 八尾市は古くから栄えた街で 大阪の中でも結構メジャーな市です。 僕は大学時代を大阪で過ごしましたが 八尾市の名前は結構耳にしました。 人口は20万人を超える中核都市です。 そのため八尾市出身の有名人も 俳優さんから歌手・スポーツ選手と ジャンルを問わず多くいます。 先ずは、 片寄涼太さんの出身中学校ですが、 『八尾市立東中学校』です。 続いて、 片寄涼太さんの出身高校は 『国立大阪教育大学付属高等学校』 であることが分っています。 そして、 片寄涼太さんは 『大学に進学していません』 出身である 『八尾市立東中学校』は 八尾市の公立中学校です。 その影響か 片寄涼太さんもかなり勉強ができたようです。 とあるインタビューでは 「将来は、日本語以外の言語もマスターして、それを使うような仕事に就きたい。 外交官とか、いいかもしれない」 などとおっしゃっていたそうですから、その賢さが伺えます。 更に音楽教師であるお父さんの影響もあり ピアノも習い、音楽的なセンスも相当磨かれていったようです。 要するに ・勉強ができて ・音楽センスにあふれ ・スポーツ万能 これ、 異世界転生すると最強の主人公になる人ですね 笑 そしてそんな賢さに油断することなく努力して 大阪の名門『国立大阪教育大学付属高等学校』に進学されてます。 偏差値が70近いハイレベルな高校で 文部科学省スーパーグローバルハイスクール指定校です。 文部科学省スーパーグローバルハイスクール指定校って初めて聞きましたが 「国際的に活躍できる人材育成を重点的に行う高等学校を文部科学省が指定する高校」 ということですから外交官にはぴったりの学校ですよね。 デビューもしてません。 そんな状況での編入。 やると決めたことに真摯に真正面から向き合う。 歌手にダンサーにモデルに俳優と 多岐にわたり活躍する 片寄涼太さんですが 一番しっくりくるのは意外にもモデルのようです。 あるインタビューでこう語っています。 意外と。 でも、一人で写真を撮られるときは、何でも自由にできるじゃないですか。 だから、モデルの仕事は好きですね』 まあ、何をしていてもカッコよいことに変わりはなく その人気は日本を飛び越えアジア圏に広がっています。

次の