ボーリング 上手く なる コツ。 ボーリングが上手くなるコツ【スコア200を目指すテクニック】

ボウリングのコントロールが良くなるコツと投げ方の4つのポイント

ボーリング 上手く なる コツ

Contents• 腕のスイングの流れに任せる ボールをリリースするときに大切なことは、自然に腕のスイングの流れに任せてボールを押し出していくことです。 決して、無理やりボールを回転させようと手首を捻ったりする必要はありません。 あくまでも自然体で投げるということが一番大切なことなのです。 ボールをリリースするときの指の抜け方は、まず親指がボールから抜け、その後に残りの二本の指で引っ掛けて回転をかけるように抜けていきます。 そうすることでボールに横回転がかかり、ピンの直前で曲がるフックボールが投げられるようになるわけです。 ボールの握り方 初心者の場合、このボールから指が抜けていく感覚をなかなかつかむことができず、3本の指が同時に抜けてしまったり、ボールが抜けないようにスイングの時に握ってしまったりしまい、ボールのリリースがうまくいかないことがあります。 このため、ボールコントロールもうまくいかずにスコアも上がってきません。 これを直していくためには、地道にボールを投げてリリースが安定するように練習を重ねていくしかありませんが、次のようなことに注意してボールを握るようにして練習をしていくといいでしょう。 * ボールをなるべく手のひらに密着するようにする * 特に人差し指と小指の全体を密着するようにする * 親指はそらす形をキープしてボールをスイングさせる 最初は、なかなかうまくボールをリリースすることが思いますが、このようなことを意識してボールを投げていくと、だんだんスムーズにボールをリリースできるようになるはずです。 ボールを握らないで投げる このようにボールを握り、肩や腕の力を抜いて振り子のように腕をスイングし、最も低い位置でボールのリリースを行います。 これらの動作が自然に行えるようになれば、ボールは手から離れて狙ったコースに向かっていきます。 このときに、親指で握ってしまっていては、ボールが手から離れていかず、リリースが遅れてしまいます。 そのようなことが起きないように、ボールをリリースする時には、親指を逸らした形をキープして、投球することが重要になるわけです。

次の

ボウリングのフックボールの投げ方のコツ

ボーリング 上手く なる コツ

自分に合ったボールを選ぶ ボールを選ぶ際、重い方が破壊力があるからと言って、投げるのがやっとなボールを選んでしまうと、高い得点は採れません。 男性であれば12~14ポンド、女性は10~12ポンドのボールを選びましょう。 この程度の重さであれば、比較的楽に投げられる上に、ボールの軌道も安定しやすいです。 三角形を狙って投げる ボーリングのボールを投げる時、手元を見てしまいがちです。 手元を見ると軌道が定まらなくなるので、レーンに描いてある三角形に目がけて投げましょう。 そうすることで、体に力が入ることも防げます。 振り子をイメージして投げよう ボールを投げる時、腕や手を使って方向を変えようとしていませんか?それでは、あらぬ方向にボールが向かって行ってしまいますよ!肩を軸にして、振り子をイメージしてボールを投げましょう。 また、投げるというよりは、押し出すイメージを持つことが大切です。 ちょっとしたコツで高得点が出せる ボーリングはそれほど複雑な技術は必要ではありません。 そして、全てのスポーツに共通する脱力ができれば、酷い点数は採らないはずです!脱力を意識しつつ、振り子をイメージしてボールを投げましょう。

次の

オセロに勝つ為の簡単なコツ3選!コレを覚えるだけで勝率大幅アップ!

ボーリング 上手く なる コツ

どうも、こんにちは。 さて、今回はオセロで勝つ為の簡単なコツをご紹介したいと思います。 オセロって面白いですよね~。 シンプルなルールですし、誰もが遊んだ事があると思います。 そんなオセロで勝つ為には、簡単なコツがあるんです! オセロで勝ちたい人は是非最後までご覧下さいね! スポンサーリンク オセロにはコツがある! オセロって意外と奥が深いゲームなんです。 将棋や囲碁と同じように、非常に頭を使うゲーム。 シンプルながら頭脳を試されるんです。 そんなオセロで勝つ為にはあるコツが存在します。 オセロは将棋や囲碁と違って少し単純ですからね。 あるコツを守るだけで、友達や家族同士なら簡単に勝つ事ができます。 どのコツも簡単なコツばかりなので、是非覚えておいて下さい! スポンサーリンク オセロに勝つ為の簡単なコツ コツその1・置いたらダメな場所を覚える コツその1は 「置いたらダメな場所を覚える」です。 まず最初に覚えておいて欲しいコツはコレ! オセロはいかに四隅を取るかが大事! 四隅は絶対にひっくり返す事ができないので、四隅を抑える事が勝ちに繋がるのです。 逆に言えば、四隅を取られてしまうと負ける確率がグッと上がります。 なので、四隅を取られないように、置いたらダメな場所を覚えておきましょう。 置いたらダメな場所は画像の場所です。 終盤は仕方がありませんが、序盤や中盤では置かないようにして下さいね! コツその2・序盤は石を取り過ぎない コツその2は 「序盤は石を取り過ぎない」です。 ハッキリ言って、このコツを覚えておくだけで全然違います。 大概の人はこのコツを知りませんからね。 オセロは終盤になるとひっくり返る石の数が自ずと多くなります。 なので、序盤や中盤で石を取り過ぎてはいけないんです。 序盤や中盤で石を取り過ぎてしまうと、終盤でひっくり返される確率が跳ね上がります。 また、アナタの石の数が少ないと相手は置く場所を制限されますが、アナタが石を置く場所は多くある状況になります。 なので、相手の石を置く場所を操作する事すら可能。 序盤や中盤はいかに石を取らないかが大事なんです。 できるだけ取る石の数を少なくしましょう。 ただ、全て取られると負けになりますからね。 負けにならないギリギリのラインを攻めて、できるだけ石を取らないのがベストですよ! コツその3・中割り コツその3は 「中割り」です。 コツその1とコツその2は基本中の基本。 ですが、多くの人は知りません。 なので、初心者相手であればコツその1とコツその2を知っておくだけで、かなり勝率が上がります。 しかし、まだ確実に勝てる訳ではありません。 より勝ちを確かなものにする為には、この 「中割り」が重要なんです。 中割りとは何か? 説明していきましょう。 序盤や中盤で自分を有利にするには、自分が石を置ける場所を多くして、相手が石を置ける場所を減らすのが大事なんです。 そして、この状況を作る為には自分の石を相手の石に囲ませる局面を作れば良い訳ですね。 その局面を作るのが中割りです。 よく分からない方は、コチラのサイトを見てみて下さい。 中割りについて詳しく解説しています。 イメージとしては、ドリルで穴を空けていくような感じです。 そのイメージで、相手の石に自分の石を囲ませましょう。 上手く分からない方は下の動画を見てみて下さい。 分かりやすく説明してくれています。 中割りができるようになれば、アナタが石を置ける場所が増え、相手が石を置ける場所が減ります。 なので、序盤から中盤にかけて圧倒的有利に局面を進める事ができるのです。 これを知っていれば、初心者から中級者には負け知らずになれるでしょう。 是非覚えておいて下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか? 以上がオセロで勝つ為のコツになります。 これらのコツを覚えておくだけで簡単に勝てるようになりますよ。 まずは置いたらダメな場所を覚えておいて下さい。 これを知らないと負ける確率が跳ね上がります。 次に序盤から中盤は石を取りすぎないようにしましょう。 これを意識するだけで初心者には負け知らずになりますよ。 最後に中割りをすれば、もうアナタは敵なしな存在になるでしょう。 どのコツも簡単なコツばかりなので、是非覚えておいて下さいね! スポンサーリンク コチラの記事もオススメ!.

次の