この iphone で モバイル データ 通信 を 使用 する に は アップデート が 必要 です。 iPhone「通信量を節約する方法」完全ガイド ギガ不足・速度制限を回避!

iPhone「モバイル通信をアップデートできませんでした」の原因&対策

この iphone で モバイル データ 通信 を 使用 する に は アップデート が 必要 です

iOS13以降の一部のiPhone・iPadで4Gの回線を利用すると、モバイル通信の電波が非常に弱くなったり、通信ができないトラブルが報告されています。 上記のトラブルの根本的な解決は、Appleの今後のアップデートにより改善されるのを待つか、へ連絡してみましょう。 対処7: APN設定を行う SIMロックフリー端末であればSIMカードをセットしAPN設定を行うだけで、SIMロック端末であればSIMカードをセットするだけでモバイルデータ通信ができるようになります。 しかし、データ通信の接続先設定に問題が起きると、モバイルデータ通信がうまくできないケースがあります。 SIMロックフリーのiPhoneであれば、APNを再設定することで解決できるかもしれません。 APNの再設定手順 APNの再設定は以下の手順で行います。 ただしインターネットに接続する必要があるため、Wi-Fiに接続できる環境が必要ですのでご注意ください。 iPhoneをWi-Fiに接続します。 インストール済みのプロファイルを削除します。 表示されたプロファイルをタップします。 「プロファイルを削除」をタップします。 この時、パスコードを求められたら画面の指示に従って入力します。 確認ポップアップが表示されたら「削除」をタップします。 続いてプロファイルを再インストールします。 Safariを起動し、契約先キャリア(MVNO)のウェブサイトにある、構成プロファイルダウンロードページを探します。 キャリアごとに配布場所は異なりますが、検索エンジンで「(キャリア名) 構成プロファイル」と検索すると簡単に目的のページにたどり着けることが多いです。 構成プロファイルのダウンロードページを開いたら、画面の指示にしたがってダウンロードとインストールを開始します。 「許可しますか?」という確認メッセージがでた場合も、そのまま「許可」を選択してインストールを続行してください。 プロファイルインストール画面が表示されたら、右上の「インストール」をタップします。 「インストール完了」の画面が表示されればプロファイルのインストール手続きは完了です。 右上の「完了」をタップし、元の画面に戻ります。 それでも解決しない時は キャリア契約の内容に問題がないか確認する 契約状態に問題がないか、SIMカードが利用できる状態になっているか確認してください。 問い合わせによるサポートもご活用ください。 稀に、キャリア側に通信障害が発生していることもあります。 契約中のキャリアのWebサイトを見て、通信障害が発生していないか確認してみましょう。 Appleサポートに連絡する iPhone本体に異常が発生しているケースも考えられます。 各種設定を見直し、キャリア契約の内容にも問題がないようであればへ問い合わせを行い、必要であれば修理の依頼を行ってください。

次の

サポートの言う通りに初期化したら...…

この iphone で モバイル データ 通信 を 使用 する に は アップデート が 必要 です

iOS11と比べてiOS12は多くの革新的な技術が導入され、動作速度の向上や便利な機能が追加されています。 ただしプログラムの不具合やバグも多く、iPhoneの機種によっては正常に動作しなくなってしまうリスクがあります。 特に大きな問題は、iOS12にアップデートを行うとモバイルデータ通信ができなくなってしまうケースがあることです。 モバイルデータ通信機能の不具合とは 2018年9月に正式版がリリースされたiOS12には、いくつかの問題が報告されています。 特に大きな問題は、機種やアプリの使用状況によってはアップデートを行うとモバイルデータ通信ができなくなってしまう場合があることです。 モバイルデータ通信とは、Wi-Fiが利用できないような環境 例えば屋外や乗り物で移動中 で、携帯電話会社の回線を利用してインターネットに接続するための通信方法です。 iPhoneは通信機器なので、通信機能が利用できなくなるということは重大な問題です。 一部の機種ではiOS12にアップデートすると、Wi-Fi環境でなければインターネットに接続することができなくなってしまいます。 モバイルデータ通信の不具合が生じた際の対処方法 iPhoneをiOS12にアップデートした直後に、携帯電話会社の回線を利用してインターネットに接続することができなくなるという問題が報告されています。 この問題が発生した際の対処方法の手順ですが、最初にデバイスの電源をオフにして再起動します。 次に機内モードに切り替えて通信機能を全て停止し、数秒後に再びオンにします。 この方法で改善しなければ、モバイルデータ通信の機能を一時的に停止して再びオンにする、SIMカードを取り出して入れ直すなどの方法を試してみることができます。 それでも問題が解決しない場合には、「設定」画面を開いてネットワーク設定をリセットしてみる方法もあります。 ネットワーク設定をリセットしてしまうと、Wi-Fiパスワード・VPN設定・優先ネットワークなどを再設定する必要があるので注意が必要です。 通信が回復した後のトラブルとは 機内モードなどを利用して通信を一時的に切断して再度オンにしたりSIMカードを取り出して再セットすれば、通信を回復させることができます。 しかし、一部の機種はこの方法で通信を回復させた後でも、プログラムによって自動的にモバイル通信機能が解除されてしまうというトラブルが報告されています。 このようなトラブルが発生すると、iPhoneを正常に使用することができなくなってしまいます。 プログラムの問題が修正されるまでの間は、iOS12にアップデートせずにiOS11を利用し続ける方が良いでしょう。 iOS12にアップデート後にiOS11に戻す方法 iPhoneをiOS12にアップデートした後に通信障害のトラブルに悩まされている方は、問題を解決するために以前の状態に戻す必要があります。 最新版のWindowsであればシステムの更新をした後でも簡単に元に戻すことができますが、iOSの場合は非常に厄介です。 iPhoneのアップデートを無効にする一般的な方法は、工場出荷時の状態に初期化を実行することです。 初期化後に、iOS11を使用していた時に保存しておいたiTunesバックアップデータを使ってデータを復元します。 もしもiOS11を使用していた時にバックアップデータを保存していなかった場合は、初期化後にアップデート直前の状態に復元することはできません。 iOS12からiOS11に戻す前にデータをバックアップする方法 一般的にはiTunesバックアップデータがなければ、iOS12にアップデートした後にiOS11に戻すことは不可能です。 大事なデータをiPhoneに保留したい人なら困るでしょうね。 しかし、WondershareのというPC用ソフトの機能を活用すれば、iOS11に戻す前にデータをバックアップすれば後でデータを復元できます。 それでは、Wondershareの「dr. fone-iPhoneデータバックアップ&保存」でお使いのiPhoneデータをバックアップする詳しい手順を見ていきましょう。 「dr. fone-iPhoneデータバックアップ&保存」でiPhoneデータをバックアップする手順 メイン画面の「バックアップ」をクリックします。 デバイスをパソコンに接続してください。 表示された画面で、真ん中の「バックアップ」機能をクリックします。 ステップ2. バックアップしたい電話帳データのタイプを選択してください。 表示される画面にバックアップしたいデータのタイプを選択します。 ステップ3. iPhoneにあるデータのバックアップが開始します。 「バックアップ」ボタンをクリックすると、iPhone上の電話帳のバックアップが開始します。 データのバックアップが終わると、パソコンでプレビュー確認できます。 バックアップされたデータはパソコンに保存することができます。 「PCへエクスポート」をクリックするだけで、iPhoneのバックアップされた電話帳はパソコンに保存します。 iOS12はプログラムの問題で、多くのトラブルが発生することが報告されています。 問題が修正されるまでの間はアップデートを行わずに、iOS11を利用し続ける方が良いでしょう。 Wondershareのがあれば、安心でiOS11に戻すできます。

次の

iPhoneの自動ダウンロードとは?各設定項目の意味

この iphone で モバイル データ 通信 を 使用 する に は アップデート が 必要 です

モバイル通信の項目がエラー表示に iOS13(iOS13. 2含む)以降、設定アプリの項目 モバイル通信がエラーになり「モバイル通信ができない」「圏外になる」事例が多数報告されています。 エラー表示のモバイル通信項目を開くと、既に最新バージョンにアップデート済みにも関わらず 「このiPhoneでモバイルデータ通信を使用するにはアップデートが必要です」と表示される場合があります。 IOS13. 2でもが多数報告されています。 もしiOS13の不具合によってエラーが一時的に表示されているのであれば、iPhoneの再起動で一時的に改善する可能性がありますが、 もし再起動しても改善しない場合はSIMカードや内蔵セルラーモデムに問題がある可能性も考えられます。 関連記事 スポンサーリンク SIMカードの接触不良の可能性を考え再挿入を試す iPhoneの右側面にあるSIMトレイのピン穴に付属のSIMピンを挿し、SIMカードを取り出して再挿入してください。 単純な接触不良やSIMカードのズレが原因なのであれば、こちらの対処法で改善する可能性があります。 (併せて本体の再起動も) via: 再インストールや修理が必要となるケース iOS13アップデート適用後に、モバイル通信のエラー表示だけでは無く、画面に 「モバイル通信をアップデートできませんでした」など下記エラーが表示された場合、内蔵のセルラーモデムに故障によりデバイスの修理が必要となる場合があります。 モバイル通信をアップデートできませんでした• 超広帯域無線 UWB のアップデートができませんでした• Apple Pay にはアップデートが必要です また上記エラーが表示された後にやるべき対処法として、Appleは以下のを参考に iOSまたはiPadOSの再インストールするよう案内してます。 再インストールしても改善しない場合は故障の可能性が考えられるため、Appleサポートに一度問い合わせるか、Apple Storeや正規サービスプロバイダに持ち込み修理をする必要があります。 以下のいずれかの警告が表示された場合は、iOS または iPadOS の診断で iPhone や iPad に問題が見つかったため、修理が必要です。 (中略) 次にやるべきこと まず、iPhone または iPad のバックアップを確保してから、以下の手順にそって iOS または iPadOS を再インストールしてください。 … 引用:.

次の