午後 の 紅茶。 深田恭子さんが「午後の紅茶」CM出演、楽曲はRADWIMPS野田洋次郎さん「猫じゃらし」|食品産業新聞社ニュースWEB

紅茶花伝・クラフトティー・午後の紅茶・リプトンを徹底比較!味や甘さの違いは?|タヌドア!

午後 の 紅茶

キリンビバレッジは3月17日から順次、女優の深田恭子さんが出演する「キリン 午後の紅茶」の新TVCM「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。 幸せの紅茶。 」篇を全国で放映開始する。 「キリン 午後の紅茶」ブランドは2020年3月から新たに、深田恭子さんをメインキャストに起用し、「幸せの紅茶、午後の紅茶。 」をテーマとしたコミュニケーションを展開する。 今回のCMはその一環。 新TV-CM「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。 幸せの紅茶。 」篇では、家族や友人など大切な人と過ごす日常の中の様々な「幸せ」の瞬間を描いている。 幼い頃からピアノが好きという深田恭子さんが、野田洋次郎さん RADWIMPS が書き下ろしたCM楽曲、「猫じゃらし」を学校の音楽室にてピアノで演奏する。 演奏中の深田さんの「幸せ」な瞬間を切り取った表情も必見だという。 キリンビバレッジはCMに関して、「今回深田さんには、ピアノ演奏を披露していただきました。 深田さんは短時間の練習で楽曲を習得し、撮影に臨まれました。 撮影の合間にも深田さんが楽しそうにピアノを演奏をされていた自然体な姿が印象的でした」としている。 森の小さなコテージで、スケジュールに縛られず自由な時間の「幸せ」を楽しむ、深田恭子さんの休息のひと時を描いている。 「リラックスしつつも自分の好きなことを楽しむ前に高揚している、そんな「幸せ」の瞬間を伝えています」 キリンビバレッジ。 野田洋次郎さんは、「この世界で楽しく生きるコツは、もしかしたら大それたことではなく、その小さな喜びに気づく才能なのかもしれません。 自分さえ知らない自分が、まだまだ隠れているかもしれません。 そんな想いで作りました」などとコメントしている。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の

午後の紅茶・おいしい無糖のカロリーやカフェインは?最強に合う組み合わせもご紹介!

午後 の 紅茶

午後の紅茶の基本的に糖質高め 午後の紅茶の糖質 糖質量(100ml中) ミルクティー 7. 8g ストレートティー 4g レモンティー 7g おいしい無糖 0g 午後の紅茶を実際に飲んでみると分かるように、かなり甘めですよね。 あれは砂糖が大量に投入されているからでしょう。 実際、午後の紅茶の糖質量は ミルクティーで100mlあたり7. 8g、 ストレートティーで100mlあたり4g、 レモンティーで100mlあたり7gほどあります。 ストレートティーは周りに比べて数字が低いことから低糖質に見えるものの、ペットボトル1本(500ml)になれば糖質20gほどで決して低糖質とは言えません。 そもそも他が高糖質すぎるため錯覚を起こすのです。 そのため、基本的に午後の紅茶は糖質制限に向きませんね。 ただ、おいしい無糖だけは別です。 こちらは無糖の名前の通り糖質が含まれません。 パッケージの表記上は0gとなっており、糖質制限中でも口にしやすい仕様となっています。 コンビニなどで午後の紅茶を購入するなら、おいしい無糖を探してみましょう。 午後の紅茶はカロリーも基本的に高め 午後の紅茶のカロリーは ミルクティーで100mlあたり37kcal、 ストレートティーで16kcal、 レモンティーで28kcalです。 こちらも100mlあたりの数字で見ると低めに見えますが、ペットボトル1本なら数字は5倍。 ミルクティーに関しては185kcalにもなってしまいます。 ストレートティーなら80kcalですので、一応はダイエット中でも大丈夫でしょうか。 とはいえ、安易におすすめ出来るほど低カロリーでもありません。 先ほど紹介した、 おいしい無糖であればカロリーも100mlあたり0kcalですので、ダイエット中ならこちらを選択するのがいいでしょう。 おいしい無糖はダイエッターの味方ともいえる存在です。 私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?.

次の

午後の紅茶 おいしい無糖 #カレーに紅茶│キャンペーン│キリン

午後 の 紅茶

夫人 商品名である「午後の紅茶」は、の大貴族の第7代夫人が始めたと伝わるイギリスの習慣「」を直訳したものである。 「日本にも紅茶の本場英国の習慣を根付かせたい」という願いから午後の紅茶のパッケージにはアンナ・マリア・ラッセルの姿が描かれている。 2000年から3年間は、ニアウォーターブームなどによって、売り上げが低迷したことで、アンナから天使の羽やバラの花に変更されていたが、後にアンナのパッケージに戻された。 また、「午後の紅茶」というネーミングを考案したのは、当時の清涼飲料事業部の一女子社員である。 紅茶は、冷めると白く濁るため、容器は使われなかったが、キリンビバレッジの前身である麒麟麦酒清涼飲料事業部は、「クリアアイスティー製法」で克服し、紅茶飲料として日本初の(1. 5リットル)ペットボトル「午後の紅茶 ストレートティ」を発売する。 1988年に缶入りとミルクティーを、1989年にはレモンティーを発売し、レギュラーシリーズ3種類が出揃った。 なお、日本に入ってくる紅茶葉の約20パーセントが午後の紅茶となる(2011年時点)。 更に3月より「午後の紅茶 Tea Break」の商品名ででも販売を開始した。 4月のリニューアルを機に、レギュラーシリーズ3種類の1. 5Lペットボトルに「」を採用。 簡単に潰せる同ボトルの採用で、軽量化・省資源・分別回収促進など環境負荷の軽減を見込む。 なお、2010年3月発売の「ストレートプラス」の1. 5Lペットボトルにも同様に「ペコロジーボトル」を採用。 2010年6月発売の「無糖プレーンティー」、2011年3月発売の「おいしい無糖」は「」で採用されている2L用の「NEWペコロジーボトル」を採用している。 1月には株式会社との間での相互製品販売に関する業務提携が締結され、その一環として、同年4月から「午後の紅茶」のミルクティーとレモンティーの各280mlペットボトルをダイドードリンコが管理運営する自動販売機でも販売を開始。 その後、同年秋の入れ替えによりホット製品の「あたたかいミルクティー」「あたたかいストレートティー」(各280ml入り)となり、2017年3月の入れ替えにより再度ミルクティーの280mlペットボトルを販売。 同年9月からは当日にリニューアルされたホット製品の「あたたかいミルクティー」「あたたかいレモンティー」(各280ml入り)に入れ替えられた(「あたたかいミルクティー」は半年ぶりに再投入、「あたたかいレモンティー」は初投入)。 これにより、ダイドードリンコが自社で販売していた紅茶ブランド「Ti-Ha(ティーハ)」が「午後の紅茶」へ統合する形で販売を終了している。 2016年12月27日に、紅茶飲料カテゴリーでは史上初となる年間販売数量5,000万ケース突破を発表した。 2017年には、「午後の紅茶」を他の飲料とブレンドするなどして提供する期間限定店舗「」を東京都に開設。 5月5日を「午後の紅茶の日」とした販促も展開している。 茶葉は産を年間で約2000トン輸入しており、これは日本の紅茶葉輸入総量の3分の1を占める。 種類 [ ] ペットボトル・缶 [ ] レギュラーシリーズ [ ] 標準的な紅茶であり、発売当初からある製品。 サイズラインナップは3アイテム共通で185g缶・250ml LLスリム紙パック・280mlペットボトル・500mlペットボトル・1. 5Lペットボトルの5サイズを設定する。 2015年3月のリニューアル時に280g缶を追加設定された。 2018年6月にリニューアルされ、500mlペットボトルの手売り用は形状が変更された。 また、2020年4月にはストレートティーとレモンティーに専売の280gボトル缶が期間限定で発売された(280gボトル缶は一部店頭でも販売される)。 :2018年6月のリニューアルでレギュラーシリーズの中で唯一中身も改良されている。 ホット製品 レギュラーシリーズには寒候期にホット製品が2001年より設定されている。 サイズラインナップは3アイテム共に280ml加温ペットボトルと400ml加温ペットボトルがある。 2019年9月にリニューアルされ、従来の345ml加温ペットボトル(2019年5月製造終了)は「あたたかい おいしい無糖」と同容量の400mlに増量された。 2020年4月に全製品の製造が終了された。 あたたかいストレートティー• あたたかいレモンティー• あたたかいミルクティー その他 [ ]• おいしい無糖(2011年3月発売・同年10月・2012年3月・2013年2月・2014年2月・2015年3月・2016年2月・2017年4月・2018年4月・2019年6月リニューアル、185g缶・430mlペットボトル・500mlペットボトル・600mlペットボトル・2Lペットボトル) - 無糖タイプのストレートティー。 「無糖プレーンティー」の後継商品で、前身製品同様に2Lペットボトルが設定されている。 2012年3月のリニューアル時に小容量の280mlペットボトルを、2013年2月のリニューアル時に缶入りの185gが順次追加された。 2016年2月のリニューアル時にこれまで設定されていた280mlペットボトルが廃止され、500mlペットボトルは従来からの手売り用に加え、形状を変更し、価格を手売り用よりも4円安くした自動販売機用が設定された。 2019年6月のリニューアルでは自動販売機用を430mlに減容し、新たに専売サイズとして600mlペットボトルが追加設定された。 芳醇ロイヤルミルクティー(2015年9月発売、280g缶)• エスプレッソ ティーラテ(2016年10月発売・2017年10月リニューアル、250gボトル缶) - 以前発売されていた「エスプレッソティー」の実質的な後継製品で、内容量を250gに増量して広口ボトル缶に変更。 また、発売30周年を記念した製品でもあったため、キャップ天面に記念ロゴが配されていた。 本製品は温冷兼用となっている。 デカフェ ストレートティー(2017年8月発売・2018年8月リニューアル、500mlペットボトル) - 「ストレートティー」をベースに、「カフェインクリア製法」によりカフェインをゼロ化した製品。 当初は「ストレートティー デカフェ」として発売されていたが、リニューアルに伴い改名された。 ザ・マイスターズ ミルクティー(2019年3月発売・2020年3月リニューアル、500mlペットボトル) - 微糖タイプのミルクティー。 これまでの製品とは異なる太丸形状のペットボトルが採用されている。 ザ・マイスターズ オレンジティー(2020年3月発売、500mlペットボトル) - 微糖タイプのオレンジフレーバーティー(無果汁)。 リフレッシュオレンジティー(2020年4月発売、430mlペットボトル) - 果汁を使用したフルーツティー(果汁0. チルド製品 [ ] かつては製造・販売についてに委託(販売者の名義はキリンビバレッジ)していた。 2011年よりキリンビバレッジ本体が主体で行っている。 なお、では発売されていない。 紙パック [ ]• サマーシトラスティー(2017年5月発売・2018年4月・2019年4月・2020年4月リニューアル) - カロリーゼロ設計のフルーツティー(果汁0. 夏の期間限定品ながら4年連続で発売されており、2020年4月に再発売された。 なお、2008年9月以降に発売された商品(かつて展開していたT-BOXシリーズも含む)には、パック上部に「ぐち」が付いている。 ただしパックにストローは付属していない。 現在は販売されていないもの [ ] ペットボトル・缶 [ ] (容量は特に記載がない場合、ペットボトルのもの)• プレーンティー(1990年発売、340ml缶)• ダージリン(1991年発売、340ml缶)• アップルミルクティー(1991年発売、340ml缶)• ファインエステート(1992年発売)• バニラミルクティー(1992年発売)• ロイヤル(1996・1998・2001~2005年発売、250ml缶・280ml缶・500ml) - 秋冬限定のミルクティー• ノンシュガーストレートティー(1998年4月発売、500ml)• 無糖<クリアストレート>(1999年2月発売、250ml缶・340ml缶・500ml・1. 5L) - 1000mlパックは業務用商品として販売を継続していた。 現行製品である「おいしい無糖」が実質的な後継製品となる。 クリームミルクティー(1999年2月発売、280ml缶)• 薫るアールグレイ(2000年4月発売、280ml缶・350ml)• ロイヤルホワイトティー(2000年10月発売、250ml缶・280ml缶・350ml)• ベビーリーフ ももストレートティー(2001年4月発売、280ml缶・350ml)• ベビーリーフ りんごミルクティー(2001年4月発売、280ml缶・350ml)• ホットティー(2001年11月発売、300ml)- ホットのみ。 ジャスミンミルクティー(2002年4月発売、500ml)• グレープフルーツ紅茶(2002年4月発売、410gボトル缶)• ブルーローズ(2002年6月発売、500ml)• レモンとハニー(2002年9月発売、280ml)- ホットのみ。 Tea ソプラノ・ピーチ(2003年4月発売、410gボトル缶)• Tea ティ・ソーダ(2003年4月発売、410gボトル缶) - 炭酸紅茶飲料。 ブラックティー(2003年6月発売、500ml)• 3時の紅茶 マロン・クリームティー(2004年4月発売、280ml)• 食べ茶(2004年5月、500ml) - 新宿と共同開発。 クリームティー(2004年9月、190gボトル缶) - 当時キリンビバレッジが推進していた飲料プロジェクト「NEXT QUALITY PROJECT」の第2弾商品。 ロイヤルワインレッド(2005年4月発売、500ml)• アイスレモン(2005年5月発売、500ml)• ゆず紅茶(2005年12月発売、280ml)- ホットのみ。 アジアンストレート〈無糖〉(2008年7月発売・2009年6月リニューアル、500ml) - 「無糖プレーンティー」へ継承の為、2010年6月で製造終了。 茶葉2倍ミルクティー(2008年9月発売・2009年9月リニューアル・2010年9月リニューアル、280ml缶・460ml) - 「ロイヤル」の流れを汲む、「茶葉2倍ミルクティー 」の後継商品。 2011年9月のリニューアルに伴い、「パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー」へ継承。 2009年7月製造終了。 ストレート プラス(2009年6月発売、350ml・1. 5L) - シリーズ初(キリンビバレッジとしては「」に続いて2品目)の。 2010年3月に1. 5Lの大容量サイズを追加。 2013年4月製造終了。 パティシエ アップルダージリン・オレ(2009年10月発売、500ml) -2010年4月製造終了• ティースパークリング(2009年12月発売、410ml) - 微炭酸タイプの炭酸紅茶飲料。 2010年2月製造終了。 エスプレッソティー(2010年2月発売・同年9月・2011年4月・同年9月・2012年3月・2013年1月・2014年3月リニューアル、185g缶・190g缶) - 2014年3月のリニューアル時に内容量を185gに減容した。 2016年10月製造終了• ヘルシーミルクティー(2010年3月発売・2011年2月リニューアル、500ml) - 「微糖ミルクティー(ペットボトル製品)」の実質的な後継製品。 2011年8月で製造終了。 その後、約5ヶ月のブランクを経て「ヘルシーミルクティー やすらぐアールグレイ」としてリニューアルし、製造を再開した。 シトラスアイスティー(2010年4月発売、500ml) - 2010年9月製造終了• 無糖プレーンティー(2010年6月発売、500ml・2L) - 500mlの他に、紅茶飲料では初めて2Lも設定された。 「おいしい無糖」へ継承のため、2011年3月製造終了。 エスプレッソティー・ラテ(2010年9月発売、190g缶) - 「エスプレッソティー」のシリーズ品。 2011年6月製造終了。 アップル・ヌーヴォー スパークリング(2010年11月発売・2011年11月リニューアル、500ml) - 翌年1月までの期間限定だった。 エスプレッソティー・ブラック 無糖(2011年4月発売、190g缶) - 「エスプレッソティー」のシリーズ品で、無糖・ブラックタイプ。 2012年5月製造終了。 エスプレッソティー・アイスラテ(2011年6月発売、190g缶) - 「エスプレッソティー」のシリーズ品。 「エスプレッソティー・ラテ」を、季節に合わせてリニューアルしたもの(公式サイトによれば、「夏をイメージした」との記述がある)。 本製品は規格となる。 夏季限定品。 2011年10月製造終了。 ザ・パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー(2011年9月発売・2012年9月・2013年11月リニューアル、280g缶・460mlペットボトル) - 従来発売していた「茶葉2倍ミルクティー」のリニューアル品。 280g缶は2013年4月、460mlペットボトルは2020年3月順次製造終了。 2012年5月製造終了。 エスプレッソティー・冬のほろにがラテ(2011年10月発売、190g缶) - 「エスプレッソティー」のシリーズ品で、焦がし砂糖を加えたラテタイプ。 冬季限定品。 2012年5月製造終了。 ヘルシーミルクティー やすらぐアールグレイ(2012年2月発売、500ml) - 2011年8月まで製造されていた「ヘルシーミルクティー」のリニューアル品。 「こだわり素材のヘルシーミルクティー」発売に伴い、2015年6月製造終了。 エスプレッソティー・贅沢クリームラテ(2012年5月発売、190g缶) - 「エスプレッソティー」のシリーズ品で、乳飲料規格。 2013年8月製造終了。 2013年3月製造終了。 エスプレッソティー・アールグレイ(2012年10月発売、190g缶) - 「エスプレッソティー」のシリーズ品で、エスプレッソ抽出された紅茶にアールグレイを加えたもの。 2015年3月製造終了。 あったかい おいしい無糖(2012年10月発売・2013年9月リニューアル、280ml加温ペットボトル・345ml加温ペットボトル) - 「おいしい無糖」のホット仕様品。 4倍に増量した。 サイズラインナップも前年からの280mlに加え、345mlが新設された。 寒候期に発売されている製品のため、280ml加温ペットボトルは2014年3月、345ml加温ペットボトルも同年4月で製造終了。 同年9月の販売再開時に「あたたかい おいしい無糖」に改名。 2013年2月製造終了。 2013年4月製造終了• 贅沢ストレートティー(2013年4月発売、280g缶)• 贅沢レモンティー(2013年4月発売、280g缶)• 贅沢ミルクティー(2013年4月発売、280g缶)• ヨーロピアンスタイル サマークーラー(2013年7月発売、500ml) - 季節限定品。 2013年9月製造終了。 HAPPINESS! 2015年2月製造終了。 HAPPINESS! 2015年4月製造終了。 エスプレッソティー・ウィズ キャラメル(2013年10月発売、185g缶) - 「エスプレッソティー」のシリーズ品。 2014年2月製造終了。 オリエンタルマンゴーティー(2014年5月発売、350ml) - との共同開発製品で、「サークルK」及び「サンクス」限定、数量限定で販売された。 HAPPINESS! 2014年10月製造終了。 あたたかい おいしい無糖(2014年9月発売・2015年9月・2016年9月・2017年9月・2018年9月・2019年9月リニューアル、400ml加温ペットボトル) - 2014年4月まで発売されていた「おいしい無糖」のホット仕様品「あったかい おいしい無糖」を、販売再開に合わせてレギュラーシリーズのホット仕様品と同じ「あたたかい」を用いた製品名に統一するために改名。 280ml加温ペットボトルは2015年3月に製造終了した。 2018年9月のリニューアル時には容量が345mlから400mlに増量された。 2020年3月製造終了。 HAPPINESS! 2015年1月製造終了。 HAPPINESS! 2015年3月製造終了。 本品はキリンビバレッジがオフィシャルスポンサーとなっている・の施設で提供されている「キリン アップルティーソーダ」をベースに、ペットボトル用に味覚がアレンジされた製品である。 2014年12月で一旦製造を終了したが、2015年10月に期間限定で再発売(この時はディズニーキャラクターが描かれない通常仕様の小容量265mlペットボトルも設定された。 500mlペットボトルは2015年12月に、265mlペットボトルは2016年2月に順次製造終了)。 2016年12月にパッケージデザインをリニューアルして再々発売。 2015年10月発売時同様に表と裏で異なるディズニーキャラクターをデザインした4種類のパッケージを設定。 今回は500mlペットボトルのみの設定であった。 2017年1月に一旦製造終了したが、同年11月のリニューアルされ販売再開。 デザインは4種類の「パーティボトル」仕様となったほか、中身も青りんご果汁が加わったことで、製品名が変更された。 2018年1月製造終了。 ほんのりのアップルティー(2015年2月発売、500ml) - キリンビバレッジで初めて製菓メーカーと開発まで踏み込んだコラボレーション製品。 パッケージデザインはの「 華やぐぽってり」とのコラボレーション仕様となっていた。 2015年4月製造終了。 こだわり素材のピーチティー(2015年4月発売・2016年4月リニューアル、500ml) - フレーバーティー(果汁0. 日本で発売されているペットボトル入り紅茶飲料で初めてカフェインゼロを実現した。 280mlペットボトルは2016年10月に、500mlペットボトルも2017年3月にそれぞれ製造を終了した。 こだわり素材のヘルシーミルクティー(2015年6月発売、500ml) - 2019年5月製造終了。 アイスチャイ(2015年7月発売、500mlペットボトル) - との共同開発製品。 2013年・2014年に発売された「チャイ・ティーラッテ」のリニューアル品。 ファミリーマート限定・数量限定発売。 こだわり素材のマスカットティー(2015年7月発売・2016年6月リニューアル 500mlペットボトルのみ 、280ml・500ml) - フレーバーティー(果汁0. 瀬戸内ブランド商品の認定を受けている。 夏季限定・中四国エリア限定発売。 全国発売していた500mlペットボトルは2015年9月に一旦製造を終了したが、2016年6月にサークルK・サンクス限定製品として数量限定で再発売された。 こだわり素材のアップルティー(2015年9月発売、500ml) - 秋季限定品。 2015年12月製造終了。 こだわり素材のみかんティー(2015年11月発売、280ml・500ml) - 冬季限定。 280mlペットボトルは静岡県限定発売。 500mlは2016年3月、280mlも同年4月に製造終了。 ハニーレモンスパークリング(2015年12月発売、500ml) - 紅茶炭酸飲料。 表と裏で異なるデザイン4種類を設定する。 期間限定品。 2016年2月製造終了。 ビターショコラミルクティー(2016年1月発売、250gボトル缶) - 2016年5月製造終了• 恋のティーグルト(2016年2月発売、500ml) - 江崎グリコ「ポッキー」とのコラボレーション第2弾。 2016年5月に製造終了し、自動販売機限定の小容量仕様「ティーグルト」へ継承。 ティーグルト(2016年4月発売、280ml) - 先に発売された「恋のティーグルト」の小容量仕様で、自動販売機限定であった。 2016年10月製造終了。 プレミアムストレート(2016年4月発売、260gボトル缶) - 自動販売機限定。 2017年4月製造終了。 おいしいジャスミン(2016年5月発売、430ml) - 無糖茶。 2016年10月製造終了。 アールグレイ 無糖(2016年5月発売、460ml) - と共同開発。 同社の「セブンプレミアム」とのダブルブランド製品で、、、、、、限定発売。 こだわり素材のトロピカルティー(2016年7月発売、500ml) - 期間限定品。 2016年9月製造終了。 こだわり素材の瀬戸内柑橘ティー(2016年9月発売、500ml) - 期間限定品。 2016年11月製造終了。 こだわり素材のふじ林檎ティー(2016年11月発売、500ml) - 2017年1月製造終了。 ミルクティードルチェ 和栗モンブラン(2017年1月発売、250gボトル缶) - 数量限定品。 2017年5月製造終了。 いちごティー(2017年2月発売、500ml) - フルーツティー(果汁0. 江崎グリコ「ポッキー」とのコラボレーション第3弾。 同日に同社から「ポッキー」が発売された。 2017年5月製造終了。 Fruits and Tea リフレッシングピーチ(2017年4月発売、500ml) - 2018年12月製造終了。 ティー ウィズ ミルク(2017年6月発売、500ml) - 2019年5月製造終了。 2017年11月製造終了。 チョコミントミルクティー(2017年8月発売、350ml) - ブランド初となるフレーバーのミルクティー。 期間限定品。 2017年11月製造終了。 2018年5月製造終了。 ホワイトショコラミルクティー(2018年1月発売、320ml) - フレーバーのミルクティー。 冬季限定品。 2018年3月製造終了。 アサイーヨーグルトティー(2018年2月発売、500ml) - 江崎グリコ「ポッキー」とのコラボレーション第4弾。 同日に同社から「ポッキー バナナブラン」が発売された。 2018年4月製造終了。 アイスミルクティー(2018年4月発売、280g缶) - 自動販売機限定製品。 2018年8月製造終了。 マンゴーラッシーティー(2018年7月発売、500ml) - 期間限定のフルーツティー(果汁0. 2018年9月製造終了。 2019年5月製造終了。 白ぶどう香るティースパークリング(2018年10月発売、450ml) - ヨーロッパ産マスカット果汁を加えた紅茶炭酸。 ディズニーデザイン仕様で、裏面が10種類設定されていた。 期間限定品。 2019年1月製造終了。 2019年9月製造終了。 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー(2019年2月発売、500ml) - 江崎グリコ「ポッキー」とのコラボレーション企画第5弾で、同社からは「ポッキー」が同日に発売された。 2019年4月製造終了。 シトラスティー(2019年4月発売、280ml) - 紙パック製品の「サマーシトラスティー」の中身とパッケージデザインを変更した小型ペットボトル入りフルーツティー(無果汁)。 自動販売機限定。 2019年8月製造終了。 2020年3月製造終了。 芳醇アップルティー(2019年9月発売、280mlペットボトル) - フルーツフレーバーティー(無果汁)。 本品は温冷兼用ボトルが採用されている。 2020年3月製造終了。 「」のデザインラベル仕様となっており、期間限定となる。 2020年1月製造終了。 スペシャルシリーズ [ ]• レモンティー(2006年4月発売・2007年4月リニューアル、460ml) - レモン果汁の代わりにカムカム果汁を加えたレモンティー。 茶葉2倍ミルクティー (2006年6月発売、460ml) - 秋冬限定発売だった「ロイヤル」と違って通年販売であった。 2008年9月のリニューアル時に、使用茶葉がウバとアッサムのブレンド茶葉に変更されたことから、商品名から『』が外された。 凍結ストレートレモン(2006年6月発売、460ml) - で期間限定発売。 スパークリングレモン(2006年7月発売、410ml) - 炭酸紅茶飲料。 無糖・カロリーゼロを維持するため、香料などの添加物によってレモンの味と香りを再現している。 ダージリンスパークリング(2007年7月発売、410ml) - 炭酸紅茶飲料。 こちらはレギュラーシリーズ同様にレモン果汁を使用しており、無糖・カロリーゼロに固執した「スパークリングレモン」とは大きく異なる。 ダブルベルガモット(2007年9月発売、460ml) - 元々で香り付けされている紅茶に、さらにベルガモット果汁を少量添加したもの。 ジンジャーレモン(2008年10月発売、460ml・280ml) - レモンティーをベースに、・エキス・エキス(香辛料抽出物)を配合。 アップル・カモミール(2009年1月発売、460ml) - アップルティーをベースに、リンゴ果汁とエキスを配合。 紙パック [ ]• ロイヤル 250mlパック• ミルクティー50(2005年3月発売)• ホワイトグレープフルーツティー(2006年4月・2007年8月発売)• ネーブルオレンジティー(2006年5月発売)• ヨーロピアンペアーティー(2006年9月・2007年9月発売)• コンコードグレープティー(2006年12月発売)• ピーチメルバティー(2007年3月発売)• ピンクグレープフルーツティー(2007年2月発売)• T-BOX 果汁がおいしいアップルティー(2008年4月発売)• T-BOX ミルクが主役のミルクティー(2008年4月発売・9月リニューアル)• T-BOX ピールが香るレモンティー(2008年6月発売・9月リニューアル)• T-BOX イチゴとカシスのベリーティー(2008年11月発売)• 微糖マンゴーティー(2009年6月• 微糖レモンティー(2009年3月・2010年3月リニューアル)• 微糖アップルピーチティー(2009年10月)• 微糖ベリーティー(2009年12月)• 微糖ミルクティー(2010年2月) - 元々はペットボトル製品で展開していたが、「ヘルシーミルクティー」の発売に伴ってチルド製品に移行した。 夏季限定。 クリアストレート(無糖) - 飲食店など業務用向けがメイン。 「無糖ストレートティー」に統合の為、2010年8月製造終了。 季節限定品。 同年9月に「Break on the Desk ストレートティー」へ継承。 同年9月に「Break on the Desk ミルクティー」へ継承。 Break on the Desk ミルクティー(2011年9月)• Break on the Desk ハーブレモンティー(2011年9月)• Break on the Desk ストレートティー(2011年9月・2012年3月リニューアル) - 「シンプルセレクト ストレートティー」へ継承。 ティーグルト 朝のさわやかピーチ(2011年10月)• ティーグルト 朝のシャキッとアップル(2012年1月)• Break on the Desk ショコラミルクティー(2012年3月) - 「ティーパーラー ショコラミルクティー」へ継承。 Break on the Desk グレープフルーツリフレッシュ(2012年3月)• ティーグルト 朝のはじけるマンゴー(2012年4月)• ティーパーラー ショコラミルクティー(2012年9月)• ティーパーラー ダブルグレープフルーツティー(2012年10月)• シンプルセレクト ストレートティー(2012年11月) - 「ストレートティー(チルド製品)」へ継承のため、2013年8月製造終了。 ティーパーラー アップルフロートティー(2012年11月)• シンプルセレクト レモンティー(2012年11月) - 2013年2月製造終了• シンプルセレクト ミルクティー(2012年11月) - 2013年2月製造終了• ティーパーラー 焦がしキャラメルミルクティー(2012年12月)• ティーパーラー バナナショコラミルクティー(2013年2月) - 2013年4月製造終了• ティーパーラー カラフルレインボーティー(2013年3月) - 2013年5月製造終了• ティーパーラー ピーチミルクティー(2013年4月) - 2013年6月製造終了• 2013年8月製造終了。 ティーパーラー サマーミルクティー(2013年7月) - 2013年8月製造終了• ストレートティー(2013年9月発売・2015年3月・2017年3月・2018年1月リニューアル)• ショコラミルクティー(2013年9月) - 2012年9月に発売された「ティーパーラー ショコラミルクティー」の実質的な後継製品。 2013年11月製造終了。 おやつティー・ラテ(2013年9月) - 乳飲料規格。 シリーズで初となる紙製容器「P-Can」を採用した飲みきりサイズで、パッケージデザインが3種類用意されていた。 本品は東京グリコ乳業株式会社(2013年6月に株式会社 東京工場を同社の子会社として分社化)に製造を委託していた(乳飲料規格のため、パッケージ裏面に製造業者名が記載されている)。 2014年2月製造終了。 2013年12月製造終了。 焦がしキャラメルミルクティー(2013年11月) - 2012年12月に発売された「ティーパーラー 焦がしキャラメルミルクティー」の実質的な後継製品。 2014年1月製造終了。 ジュエリーマスカットティー(2013年12月) - 2014年2月製造終了• SPRING BLOSSOM さくら香るピーチティー(2014年3月) - 写真集「ニナデジ」とのコラボレーション製品で、パッケージにはのビジュアルを採用した3種類のパッケージデザインが設定されていた。 2014年5月製造終了。 ミルクにあう濃いアイスティー(2014年4月) - シリーズ初となる1000mlチルド紙パック入り製品。 2014年6月製造終了。 SUMMER BRIGHT 爽やかオレンジwithレモン(2014年5月) - 写真集「ニナデジ」とのコラボレーションシリーズ第2弾の製品で、蜷川実花のビジュアルを採用した3種類のパッケージデザインが設定されていた。 2014年8月製造終了。 2014年11月製造終了。 WINTER SHINY 豊潤アップル with アプリコット(2014年11月発売) - 写真集「ニナデジ」とのコラボレーションシリーズ第4弾の製品で、パッケージに蜷川実花のビジュアルを採用し、3種類のパッケージデザインが設定されていた。 2015年3月製造終了。 春をいただく とちおとめティー(2015年3月) - 2015年4月製造終了• 夏をいただく 日向夏ティー(2015年5月) - 2015年8月製造終了• 秋をいただく 巨峰ティー(2015年8月) - 2015年11月製造終了• 冬をいただく ふじ林檎ティー(2015年11月)• 大人の焼きショコラミルクティー(2015年12月)• 大人のストロベリーティー(2016年2月) - 2016年4月製造終了• 大人のアイスチャイ(2016年4月) - 2016年6月製造終了• 大人の芳醇シャルドネ(2016年6月発売・2019年8月リニューアル) - フルーツティー(果汁0. 季節限定品。 2016年9月に一旦製造終了されたが、約3年ぶりに再発売となり、内容量は500mlとなった。 2019年10月製造終了。 大人のこだわりミルクティー(2016年9月発売) - ディズニーキャラクターのデザインパッケージを採用しており、期間限定発売となる。 大人のアップルティー(2016年11月発売・2017年11月・2018年10月・2019年10月リニューアル) - りんご果汁を0. 2016年11月から2017年2月、同年11月から2018年1月、同年10月から2019年1月と季節限定ながら3度発売されてきた。 4度目の発売となる2019年10月のリニューアルでは、表裏で異なるパッケージデザインに変更された。 さくら香るいちごミルクティー(2017年2月発売) - フレーバーミルクティー(無果汁)。 本品では人工甘味料を不使用化している。 2017年5月製造終了。 巨峰ティー with ベリー(2017年9月発売・2018年8月リニューアル) - カロリーゼロ設計のフルーツティー(果汁0. 2017年11月で一度製造を終了していたが、リニューアルを受けて再発売された。 2019年1月製造終了。 ショコラミルクティー(2018年1月発売・2019年1月リニューアル) - 産パウダーを用いたデザートミルクティー。 冬季限定品。 2018年3月で一旦製造を終了していたが、2019年1月にパッケージデザインをリニューアルして再発売された。 チルドカップ [ ]• ザ・リッチ(2013年12月発売・2014年7月リニューアル・2015年2月リニューアル) - シリーズ初のチルドカップ入りミルクティー。 乳飲料規格。 2014年7月、2015年2月と2回リニューアルされ、2回目のリニューアルでは金を基調としたパッケージに刷新。 中身も変更された。 2015年10月製造終了。 ザ・リッチ エスプレッソ(2014年4月) - 乳飲料規格。 2014年10月製造終了• ザ・リッチ 焦がしキャラメル(2014年10月発売) - 「ザ・リッチ」をベースに焦がしキャラメルを加えた冬季限定品。 2015年3月製造終了。 ザ・リッチ 3種のベリー(2015年3月発売) - 「ザ・リッチ」をベースに3種類のベリー(果汁0. 2015年7月製造終了。 乳飲料規格。 ティードルチェ ショコララテ(2015年10月発売) - チルドカップ入り紅茶の新シリーズ「ティードルチェ」の第1弾。 乳飲料規格。 パッケージにはヒグチユウコのイラストを起用している。 2016年1月製造終了。 ティードルチェ (2016年1月発売) - ヒグチユウコのイラストを起用した「ティードルチェ」シリーズの第2弾。 乳飲料規格。 2016年3月製造終了。 歴代イメージキャラクター [ ]• - 約5年間つとめる、抽選で4種類のコイズミトランクが送られた• - 曲は「」• - を一部再現した• Teaシリーズ• (2003年4月~2008年3月)• 小ポッポ - 2004年春のキャンペーンキャラクター。 キャラクターデザインは、「」シリーズの開発を手掛けたが担当。 2007年 - 松浦亜弥との共演。 2007年 - 松浦亜弥との共演。 (2008年4月~2015年3月)• (2012年3月~2015年3月)• (2015年3月~2016年2月)• (2015年3月~2016年2月)• (2015年3月~2016年2月)• (2016年2月~2017年)• (2016年)• (2016年)• (2017年) - テレビアニメ『』OPテーマ『とんちんかんちん一休さん』をBGMに使用、同アニメのでの台詞「慌てない慌てない、一休み一休み」を使用。 (2018年)• (2018年)• (2018年6月~)• (2019年~)• (2019年~)• (2019年〜) その他 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。 2018年12月6日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイドードリンコ株式会社, 2016年1月15日 , 2016年8月16日閲覧。 プレスリリース , キリンビバレッジ、ダイドードリンコ(2社連名), 2017年3月6日 , 2017年3月31日閲覧。 プレスリリース , ダイドードリンコ、キリンビバレッジ(2社連名), 2017年8月22日 , 2017年12月19日閲覧。 プレスリリース , キリンビバレッジ株式会社, 2016年12月27日 , 2016年12月27日閲覧。 キリンビバレッジ「午後の紅茶」アレンジ多彩/代官山の専門店・生活シーン別に提案/飲料・アイス コンセプト店広がる『』2018年4月30日(コンビニ・フード面)• キリンホームページ(2017年12月19日閲覧)• 音楽ナタリー 2016年2月15日. 2016年2月15日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年12月6日. 2016年12月6日閲覧。 アサヒ・コム. 朝日新聞社 2008年10月6日. 2017年5月11日閲覧。 2015年7月17日. 2015年7月17日閲覧。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 - プレイリスト.

次の