高校生等奨学給付金 支給日いつ。 神奈川県高校生等奨学給付金(私立高等学校等)について

奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)について/沖縄県教育委員会

高校生等奨学給付金 支給日いつ

授業料以外の教育費(教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、修学旅行費等)の負担を軽減するため、高校生等(特別支援学校高等部の生徒を除く)がいる非課税世帯を対象に、返還の必要のない奨学給付金を支給します。 通常は7月1日を基準に審査を行いますが、新入生で一部の前倒し希望を希望する世帯、及び家計が急変したことによって非課税世帯とみなせる世帯についても支給をします。 なお前倒し支給を申請されなくても、7月1日現在で支給要件を満たす場合は、後日申請することで、年額を受給することができます。 制度の概要については下記又はリーフレットをご覧ください。 (PDF:137. 5キロバイト) 通常支給のリーフレットについては準備中です。 国公立の県外高等学校、高等専門学校等 (PDF:735キロバイト) 通常支給の案内については準備中です。 【国公立の問合せ先】 教育委員会事務局 教育総務課 電話:0952-25-7223 ファックス:0952-25-7281 メール:• 私立の県外高等学校、高等学校専攻科、専修学校高等課程等• (PDF:361. 7キロバイト)• (PDF:293. 5キロバイト)• (PDF:285. 2キロバイト)• 通常支給の案内については準備中です。 【私立の問合せ先】 総務部法務私学課 私立中高・専修学校支援室 電話:0952-25-7464 ファックス:0952-25-7461 メール:.

次の

令和2年度高校生等奨学給付金申請受付開始のお知らせ

高校生等奨学給付金 支給日いつ

をご覧ください。 1 制度の趣旨 全ての意志ある生徒が安心して教育を受けられるよう、府内に在住する低所得世帯の保護者に対し、授業料以外の教育費の経済的負担を軽減するために、奨学のための給付金を支給します。 (返済の必要はありません。 ) をご覧ください。 2 支給の要件 令和2年7月1日時点において、次の 1 から 5 の要件をすべて満たしている必要があります。 ) 4 生徒が、国公立の高等学校等に在学していること(大阪府外の高等学校等も対象となります。 ) をご覧ください。 5 生徒が、平成26年4月1日以降に高等学校等の第1学年に入学していること (平成27年4月1日以降に第2学年に、平成28年4月1日以降に第2・3学年に編転入学している生徒を含みます。 令和元年度は82,700円でした。 4 申請の手続き等 支給を受けようとする保護者等は、受給申請書に下記の書類を添付して学校の定める期日までに提出してください。 ただし、配偶者控除を受けている場合であっても、控除対象配偶者の課税証明書等が必要になります。 5 給付金の支給時期等 受給申請書の審査等を行い、認定された場合は、12月末までに指定された保護者等の預金口座に振り込む予定です。 ただし、生徒が在籍する高等学校等の学校徴収金に未納又は未収金がある場合は、給付金を充当して相殺します。 申請書類も学校からお受け取りください。 申請書は、A4両面です。 (必要に応じて、別紙もご提出ください。 ) をご覧ください。 7 新入生に対する前倒し給付について 低所得世帯の高校生等が特に負担の大きい入学時に必要な支援を受けることができるよう、府内に在住する新入生の授業料以外での教育費の経済的負担を軽減するために、希望者に対して奨学のための給付金の一部を4月から6月相当分として前倒しで支給します。 返済の必要はありません。 (返済の必要はありません。 申請書類も学校からお受け取りください。

次の

高校生等教育給付金(返還不要)について

高校生等奨学給付金 支給日いつ

熊本県奨学のための給付金 熊本県教育委員会では、進学の意志のある生徒が安心して教育を受けられるよう、高等学校等における授業料以外の教育費の負担を軽減するため、教科書費や教材費等に相当する経費について「熊本県奨学のための給付金」を給付します。 ・このページに掲載された内容は高校生等が国公立の高等学校等に在学されている世帯が対象です。 ・私立の高等学校等に在学されている世帯は、私学振興課へお問合せください。 給付対象者 基準日現在において、次の要件すべてに該当する世帯が対象となります。 ・高校生等が高等学校等に在籍し、かつ、高等学校等就学支援金の支給を受ける資格を有していること。 又は高校生等が高等学校等専攻科に在学し、高等学校等専攻科支援金の補助要件を満たす者。 (熊本県外校を含む) ・保護者(親権者)が熊本県内に住所を有すること。 ・生活保護(生業扶助)を受給している世帯であること、又は保護者等全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯であること。 なお、次の場合は、給付の対象となりません。 ・生徒が特別支援学校の高等部に在学している場合。 ・生徒が高等学校等(修業年限が3年未満のものを除く。 )又は高等学校等専攻科を卒業又は修了している場合。 ・生徒が3年(定時制の課程及び通信制の課程においては4年)を超えて在学している場合。 又は高等学校等専攻科の生徒が修業年限を超えて在学している場合。 ・生徒が児童養護施設等に入所又は里親に養育を委託されており,措置費(見学旅行費又は特別育成費)の支給対象となっている場合。 参考: 新型コロナウイルス感染症や突発的な災害に係る緊急的な対応として、以下の3点を実施します。 新入生に対する一部給付の早期化 特に負担の大きい入学時に必要な支援を受けることができるよう、希望する新入生に対し 4〜6月分に相当 する額の前倒し給付を行います。 参考: 2. 家計急変世帯への支援 家計急変により保護者等の収入が激減した世帯に対して、「保護者等全員の道府県民税所 得割および市町村 民 税所得割が非課税である世帯」に相当すると認められる世帯を対象に 給付を行います。 参考: 3. オンライン学習に係る通信費への特例的支援 子供たちの学びを保障できるよう、ICTを活用した教育が行われる場合の通信費につい て、 自己負担がある世帯のうち、非課税世帯及び非課税相当世帯に対し、給付額に定額 10,000円を加算します。 詳しくは、お住まいの都道府県にお問合せください。 各都道府県の問合せ先は、を御覧ください。 (ただし、生活保護(生業扶助)受給世帯を除く。 ) 参考: 申請手続き 【 熊本県内の高等学校等に在学している場合】 在学する学校から募集案内等を配布します。 学校の定める期限までに申請書に必要書類を添付して学校へ提出してください。 【 熊本県外の高等学校等に在学している場合】 次の募集案内を確認のうえ、 令和2年8月7日(金)までに申請書に必要書類を添付して問 い合わせ先へ直接提出してください。 (郵送可) ・ 〈 前倒し給付希望〉世帯について 新入生に対する前倒し給付及び家計急変における前倒し給付の申請については、次の募集 案内を確認 のうえ、 令和2年6月 5日 (金)までに申請書に必要書類を添付して、 下記問い 合わせ先 へ直接提出し てください。 (郵送可) ご不明な点等がございましたら、下記問い合わせ先へお尋ねください。 ・ 〈 家計急変〉世帯について 家計急変における申請については、次の募集案内を確認 のうえ、 令和2年8月7 日 (金) までに申請 書に必要書類を添付して、 下記問い合わせ先 へ直接提出してください。 (郵送可) また、家計急変における申請については上記の期日以降も随時受け付けます。 ご不明な点等がございましたら、下記問い合わせ先へお尋ねください。 ・ 申請書類 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 給付金の交付 給付金の交付は、申請時に届けられた金融機関の口座に振り込みます。 問合せ先 御不明な点は、在学する学校の担当窓口、又は次の問合せ先にお願いします。 熊本県教育庁県立学校教育局高校教育課修学支援班 〒 862-8609 熊本市中央区水前寺 6丁目 18番 1号 096-333-2675(直通) この情報に関するお問合せは 高校教育課修学支援班 電話:096-333-2675 FAX:096-384-1563 メール:.

次の