ゆうちょ biz。 ゆうちょダイレクト

ゆうちょの土日の振込み方法!反映はいつ?ゆうちょ同士か他銀行かで違うよ

ゆうちょ biz

給与振込を、ゆうちょ銀行口座にして欲しい場合の利用方法解説 給与振込を、ゆうちょ銀行口座にして欲しい場合の利用方法解説 会社から支払われる給与をゆうちょ銀行宛給与振込で受け取る場合の方法です。 今まではできませんでしたが、 ゆうちょ銀行へも内国為替(銀行振込)ができるようになってからは問題なくできるようになりました。 ここでは、その方法については簡単に解説しています。 ご理解とご注意 以下の場合は無理です ・ゆうちょ銀行の口座が開設できない場合 ・銀行振込を受け取ることのできる総合口座にしない場合 ・会社側が資金繰りや手数料の都合で受け取り銀行・支店の指定をしている場合 ・会社側のこだわりで、ゆうちょ銀行を指定させてくれない場合 ・ 現在の金融機関の給与振り込みシステムでは、銀行振込の仕組みを利用している場合では ゆうちょ銀行も問題なく利用が可能です。 三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行に給与振り込みできるのなら ゆうちょ銀行にも問題なく可能です。 「郵便局・ゆうちょ銀行の口座にはできません」ということは 金融機関側ではなくその会社又は経理担当者が言っているだけですので希望を伝えてください。 ただし、会社又は経理担当者の方針として、ゆうちょ利用を禁止している場合はありますので その場合は組合に言うかあきらめるしかないです。 ゆうちょ銀行の金融機関コード:9900 ゆうちょ銀行支店コード:店番の数字3桁 ゆうちょbizダイレクト利用の場合について ゆうちょ銀行口座への、給与振込にかかる料金は無料です。 1件ごとの送金の手数料はかかりません 給与振り込みまでの流れ 1.ゆうちょ銀行総合口座を開設する 口座がない場合は、無理ですので郵便局またはゆうちょ銀行に行き口座を開設します。 口座を既に持っているのなら項目2へ 下記のどれかの現行通帳を作成します。 デザインが違う場合も切り替えてもらうために郵便局に行きます。 関連 2.口座を総合口座にしてもらう 開設と同時に総合口座にしてもらう方法と、既に持っている通常貯金口座を総合口座にしてもらい 銀行振込や給与振り込みを受け取れる口座にしてもらいます。 よくわからない場合は、口座を持っていき 下記のように、本人確認され銀行振込用の口座番号を印字してもらい振込が受け取れるか確認してもらいます。 既に、本人確認され銀行振込が受け取れるのなら項目3へ 3.勤務先に給与振込の振込先をゆうちょ口座にしてもらう 勤務先から用紙をもらい、ゆうちょ銀行の口座を通知し振込先として登録してもらいます。 a.「記号・番号」の記載がある場合は、口座番号ではなく記号5桁と番号最大8桁を記載します b.「ゆうちょ銀行」用の記載欄がある場合は、その部分に記載します c.コードが必要なら「金融機関コード9900」として記載します d.支店名は漢数字、支店番号は算用数字になるのでご注意 4.給与の振り込み日に口座に入ります 勤務先から告げられた支給月の支給日に給与が入ります。 変更の場合は変更月からになります。 支給日が銀行の休業日である年末年始・祝日・土曜日・日曜日、になる場合は事前に決められた日になります。 直前の平日になるか、直後の平日になるかは会社の方法によります。 支給時間については、給与振り込みとして数日前に電文を送っている場合は支給日になって以降であり 単なる銀行振込の予約という扱いであれば支給日の午前9時以降になり 手動で振り込みしている会社なら振込日の午後3時までとなります 関連質問と回答.

次の

ゆうちょBizダイレクト お前もか!

ゆうちょ biz

ゆうちょ銀行において、2019年4月1日より「ゆうちょBizダイレクト」のサービスが開始されました。 これに伴い、従来の郵便局形式での振込データの取り扱いは2022年3月に終了予定です。 『弥生給与』の設定についても、郵便局の「支局」として登録している内容を、銀行の「支店」として登録し直してご利用されることをおすすめします。 設定の変更方法は次のとおりです。 [金融機関]の登録を変更する 郵便局(赤いポストのアイコン)の支局を、ゆうちょ銀行(銀行のアイコン)の支店として登録し直します。 クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[金融機関]をクリックします。 [金融機関]ウィンドウが表示されます。 「ゆうちょ銀行(銀行のアイコン)」を選択して[支店]ボタンをクリックします。 下階層に支店のアイコンが作成されます。 以下の表を参考に支店の情報を設定します。 項目 説明 支店名 支店の名称を全角10文字(半角20文字)以内で入力、修正します。 フリガナ 支店の名称を入力すると、支店のフリガナが半角20文字以内で自動入力されます。 必要に応じて修正してください。 ゆうちょBizダイレクトのご利用に関する注意事項 『弥生給与』に登録されている銀行および支店のフリガナが全銀協に登録されているフリガナと異なる場合は、ゆうちょ銀行側で送信エラーになります。 この場合は、『弥生給与』の設定を修正してから振込データの出力をやり直してください。 『弥生給与』に登録されているフリガナをそれぞれ「ミズホ」「シンジュク」に修正してください。 全銀協に登録されているフリガナにつきましては、振込先の各金融機関にご確認ください。 略称 支店の略称を全角5文字(半角10文字)以内で入力します。 [事業所]ウィンドウや[従業員<個人別>]ウィンドウなどでは、入力した略称で表示されます。 サーチキー 支店のサーチキーを半角8文字以内で入力します。 支店コード 金融機関が指定する支店コードを半角3文字で入力します。 支店コードについては、取引先の金融機関にお問い合わせください。 従業員の振込先口座の設定を変更する• クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[従業員]をクリックします。 [従業員<個人別>]ウィンドウが表示されます。 [表示]から振込先にゆうちょ銀行を使用している従業員を選択して、[支給]タブをクリックします。 [振込先金融機関]をクリックして、ゆうちょ銀行の支店を選択して変更します。 振込元が「ゆうちょ銀行」になっていることを確認します。 また、必要に応じて振込先口座番号を設定します。 振込先にゆうちょ銀行を使用している従業員が複数いる場合は、上記手順を繰り返します。 ファームバンキングデータの出力 ファームバンキングデータの出力方法は、 を参照してください。 郵便局登録の削除 設定の変更が完了しましたら郵便局(赤いポストのアイコン)とその支局は削除してください。 削除の手順は を参考にしてください。

次の

料金(ゆうちょBizダイレクト)-ゆうちょ銀行

ゆうちょ biz

有料での利用が前提となる「ゆうちょBizダイレクト」ですが、 2022年3月31日までは契約料金・月額料金が無料のキャンペーンを実施しています。 キャンペーン期間中に申し込んでおけば、契約料金を支払うことなく、法人向けのゆうちょBizダイレクトが使えます。 振込手数料はすべての料金プランで同じです。 他行あて振込の場合、送金額5万円未満は220円(税込)、5万円以上は440円(税込)となっています。 ゆうちょBizダイレクトのメリット 無料プランに相当する「ゆうちょダイレクト」がある一方で、有料プランとなる「ゆうちょBizダイレクト」が優れている点はどこにあるのか。 続いて、ゆうちょBizダイレクトならではのメリットをわかりやすく解説します。 複数人での管理ができる ビジネス向けのインターネットバンキングなので、1つのアカウントを複数人で管理できます。 例えば、経理担当者は取引明細の閲覧だけができ送金は行えない。 承認権限を持つ上司が「承認」した取引のみ振込可能とする設定など。 利用者ごとに権限を設定できるので、管理者・担当者が分かれていても、柔軟に法人口座を管理できます。 通常の「ゆうちょダイレクト」ではこのような権限設定ができないため、1つのID・パスワードを社内で共有する必要があります。 また、不正取引が生じても、誰が不正を犯したのか、わかりにくいです。 一方、担当者ごとのID発行や権限設定が可能なゆうちょBizダイレクトなら、 「誰がその操作を行ったのか?」が透明化できるため、チームで1つの口座を管理する場合に強みを発揮します。 ゆうちょ銀行あて• 年間10万件未満:66円• 年間10万件以上:50円• 年間100万件以上:39円 他行あて• 5万円未満:220円• 「給与振込」に限り、特別な振込手数料を設定しています。 ゆうちょ銀行あて: 無料• 他行あて:110円(税込) 例えば、 社員が10人いる会社の場合を考えてみます。 給与振込口座をゆうちょ銀行にした場合、 1年間に必要な振込手数料は0円です。 給与振込口座を他行にした場合でも、月間1,100円(税込)、年間13,200円(税込)のコスト負担で済みます。 他の金融機関を利用した場合、給与振込1件あたり200円程度の振込手数料がかかるのが相場なので、ゆうちょBizダイレクトを利用することで、 給与振込にかかる手数料を約半分に抑えることができるというわけです。 ゆうちょBizダイレクトの月額料金を考慮しても、社員数が多い法人にとっては、このサービスだけで月額料金の元が取れる計算となります。 堅牢なセキュリティと補償 ゆうちょBizダイレクトでは、ネットバンキングを利用するにあたって懸念材料となる「不正送金被害」への対策も十分行われています。 前述の「承認者による確認後の送金」を設定しておくだけでも、不正送金のリスクを大きく減らすことが可能です。 加えて、ゆうちょBizダイレクトでは2つのログイン方式を採用しています。 ID認証 ID・パスワードでログインする方法です。 どのパソコンからでもログインできますが、セキュリティ面では電子証明書に劣ります。 電子証明書認証 特定の端末にインストールした電子証明書と、パスワードでログインします。 固有の端末からしかログインできないので、セキュリティは高いのですが、柔軟性に難ありです。 法人の場合、特定のPCしか使わないということも多いと思いますので、セキュリティを重視するのであれば「電子証明書を用いたログイン方法」がおすすめです。 WindowsとMacを使い分けていたり、デスクトップPCとモバイルPCで作業するなど、複数の端末でログインする可能性がある場合は「ID認証」がおすすめです。 ゆうちょBizダイレクトでは、電子証明書を使ったログイン方式も無料で提供しています。 振込手続きなどを行う場合は、送金前に「ワンタイムパスワード」の入力が必要です。 ワンタイムパスワードは専用のカード型トークンに表示する仕組みなので安心です。 コンピューターと物理的に切り離されているハードウェア型のトークン(ワンタイムパスワード生成器)は、現時点で最もセキュリティに優れた方法だと言われています。 発行(1台目):無料• 追加発行:1台あたり2,750円(税込)• 紛失・盗難による再発行:1台あたり2,750円(税込)• 故障・電池切れによる再発行:無料 また、ゆうちょBizダイレクトには 最大3,000万円の補償が付いています。 万が一、不正送金が行われた場合でも、ゆうちょ銀行法人口座の規程にそって対策していた場合であれば、一定の補償が受けられるので安心です。 参照: もちろん、1日あたりの送金限度額を設けておけば、トラブルが生じた場合でも、被害を最小限にすることができます。 ゆうちょBizダイレクトのデメリット 特に大きなデメリットはありませんが、2点ほど気になる点を取り上げます。 1つめは 「入金お知らせメール」が有料のオプションサービスになっている点です。 入金お知らせメールとは、ゆうちょ銀行法人口座に入金があった場合、設定した通知時間にメールで知らせてくれるサービスです。 月額料金と同じく、2022年3月末までは無料なのですが、以降は月額550円(税込)の費用がかかります。 なぜこのサービスがオプションになっているのかはわかりませんが、入金お知らせメールを利用する場合は、月額費用に加えて追加で課金が必要となる点が、1つめのデメリットです。 2つめは、 ゆうちょBizダイレクトの利用時間に関することです。 インターネットバンキングの利用時間は 8時00分~23時30分までとなっており、24時間利用はできません。 ネット専業銀行であれば、24時間の利用は普通なのですが、上記のように利用時間が制限されているのは、法人向けのネットバンキングでは普通のことなので、ゆうちょBizダイレクトが特別劣っているわけではありません。 申込み方法 ゆうちょBizダイレクトへの申込みは、にて受け付けています。

次の