トラック 運転手 転職。 【過酷?】トラック運転手に転職する人へ伝えたいこと。現役の運転手が考えてみる

トラック運転手への転職・未経験採用はある?

トラック 運転手 転職

スポンサードリンク 40代未経験でトラック運転手への転職の現実とは! 40代で僕の会社に入社してくる方に横乗りなんかで動機を聞くとほぼ間違いなく 給料面だと言います。 たしかに 長距離運転手はまだ稼げる職種だと思います。 2トン車や4トン車ではあまり普通のサラリーマンと変わらず、50万以上が可能な長距離運転手を選ぶのはもちろんわかります。 しかし現実的にはなかなか難しい部分がありました。 まず僕の会社に面接にきた時点で大手の運送会社は年齢制限で無理だったわけです。 以前は40代、未経験で雇ってくれる大手の運送会社はあまりなく 庸車(下請け)への入社がほとんどでした。 庸車というのは下請け会社なので、仕事ももらい仕事が多く扱っている荷物もよくないことが多いです。 あの大きなトラックで重たい荷物を積み込み、そして眠い目を見てこすりながらの夜間走行です。 これを40代で未経験からやるのはかなりの体力やメンタルが必要になってきます。 しかし今は運送業界も高齢化が進んできて40代、50代から転職される方も増えてきました。 大手の運送会社でも積極的に採用している会社もあります。 それに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。 40代で運送業に転職する為のアドバイスとは! 40代で運送業に転職してきて辞めていかれる方には 特徴があります。 体力や目がもたない! 多くの方は体力や夜間走行での目がもたないという特徴です。 未経験の方はまず先輩と『 横乗り』という研修期間があります。 ほとんどの方がこの研修期間で辞めます。 1、2回長距離を体験して無理だと判断するんです。 逆に横乗りを乗り越えた方は案外その後も続いています。 プライドが高い 40代で未経験から転職してくる方にはひとつの会社に長く勤められていた方も多いです。 転職すると年下が先輩になるケースがあります。 中には口の利き方を知らない若いドライバーもいます。 それが嫌で辞める方も意外に多いんです。 年は下でも先輩なので割り切れるくらいのほうがいいですね! 運送会社の会社選びのコツとは! 40代からの転職だとどうしても体力面が心配になります。 前職が肉体労働だった方ならいいのですが、そうでない方にはやはりきついものです。 ではどのような会社を選べばいいのでしょう? パレットの仕事が多い会社を選ぶ 長距離の運送会社の仕事には バラ積み、パレット輸送、カゴ輸送の仕事があります。 パレットやカゴでの積み込みは力仕事ではありません。 なのでパレットの仕事をメインでしている運送会社を探すのがいいでしょう。 ちなみにカゴ輸送で有名なのはヤマト運輸や郵便の仕事です。 自社便は年齢的に難しいですが、そこに入り込んでる下請け会社を探すのもいいですね。 バラ積みとパレット積みでどれくらい違いがあるのか? 実際に私が運んだ荷物を画像で詳しく解説しています。 見比べてみて下さいね。 2020-03-10 11:40 休みの多い会社を選ぶ 運送会社の中には未だにブラック企業も多いです。 いくら給料が良くても体が持たなければ意味がありません。 そこでしっかりと体を休める時間があり休みの多い会社を選ぶことが大事になってきます。 面接時には出勤日数を必ず聞きましょう。 きっとお役に立てると思います。 さいごに 40代からのトラック運転手への転職は正直体力面で厳しい部分もあると思います。 しかし頑張って乗り越えて稼いでいる方もいらっしゃいます。 向き不向きもあるでしょうが気持ちが1番大事だと思います。 どんな仕事でも初めはみんな初心者です。 慣れるまでが勝負です。 運転手に未経験からの転職で成功するポイントはこちらの記事で詳しく説明しています。 併せてご覧ください。 最後まで読んで頂きありがとうございます。

次の

トラック運転手への転職・未経験採用はある?

トラック 運転手 転職

スポンサードリンク 50歳からトラックの運転手になれますか? まずはいきなりですが50歳からトラックの運転手になれるのかという質問にお答えします。 正直50歳からでは大手の運送会社に関しては年齢制限があり難しいのが現状です。 ましてや未経験からだと長距離はもちらん2トン車や4トン車の集配ドライバーも難しいです。 若い方でも辞めていく運送業において50代未経験からでは雇う側からしても入社しても大変な思いをするのは目に見えているからです。 ヤマト運輸や佐川急便でも年齢制限を設けている場合が多く、理由としては 長期勤続によりキャリア形成を図るためと記載されています。 しかし、 庸車といわれる下請けの会社なら50歳以上でも入社できる可能性は十分にあります。 個人経営の中規模、小規模の運送会社では年齢不問でやる気重視の会社が多いんです。 実際僕の会社でもたまにですが入って来られる方もいらっしゃいます。 しかし現実は大変厳しいと思います。 大きなトラックの運転に慣れるところから荷物を満載に積む体力的な問題、そしてそれから長時間の運転です。 トラックの運転手の世界では新人にはという研修期間があります。 先輩ドライバーと一緒に 2週間から長くて1ヶ月ほど行動を共にします。 20代や30代の先輩との横乗りは正直きついと思うし口の利き方を知らない若者との研修期間はかなりしんどいものとなる可能性があります。 たったの1回の横乗りで辞めていかれる方もいらっしゃいます。 ですが「 色んな所に行けて楽しい」、「 一人で気が楽だ」、「 昔からトラックに乗ってみたかった」など転職して良かったとおっしゃる方もまた多くいらっしゃいます。 そのような方は人生経験から話題も多く若手に慕われる存在になっています。 運送会社は会社によって雰囲気や働いている社員の人間性がかなり変わってきます。 会社選びは非常に重要なポイントの一つになります。 \運送業界への質問や相談はこちら/ 50代で運送業に転職する人っているの? 引用: 運送業界では50代という年齢は決して高くはありません。 若くて体力のある人間が一時的にやっている職業のようなイメージがありますが実際には全然違います。 総務省の労働力調査でも40歳から65歳までの貨物運送業従事者はなんと全体の7割を占めています。 40代半ばの私でも若い方なんです。 そして運送業界は今、万年人手不足に陥っています。 逆に転職するにはチャンスと言えるでしょう。 本気でやる気のある方は募集をしていなくても直接会社に電話をかけて面接をお願いする方もいらっしゃいます。 求人募集の年齢制限を超えていても直接問い合わせをしてくるようなやる気のある方は面接をしてもらえるケースも実際にはあります。 \運送業界への質問や相談はこちら/ サラリーマンからトラック運転手に転職する際の心構え サラリーマンからトラック運転手に転職するには心構えが必要です。 なぜならトラックドライバーは普通のサラリーマンとは労働時間や休みが異なるからです。 8時から5時にプラス少しの残業という普通のパターンではなく夕方や深夜からの出勤や日曜、祭日の出勤もあります。 時間が不規則で家に帰れない長距離の仕事もあります。 残業時間に対しての認識も業界特有の考え方があり労働基準法を無視した給料計算がなされる会社もあります。 ボーナスもでない会社も多く、でても寸志程度の場合が多いです。 有給休暇もなく退職金もでない会社がほとんどです。 50代の方なら大丈夫だと思いますが免許制度も近年大きく変わり今から4トン車も普通免許では乗れなくなっています。 最低でもトラックに乗るなら中型免許や準中型免許が必要になってきます。 若いころに免許を取っている方は普通免許でも4トンまではオッケーです。 トラック運転手の向き不向き やる気はあってもトラックの運転に向いていない人もいます。 向き不向きは転職する際にすごく重要なポイントになってきます。 私が20年以上も続いているのはやはり向いていたからだと思います。 トラック運転手に向いている方• 運転が好きな人• 渋滞が苦にならない人• 色んなとこに行ってみたい• 一人の時間がほしい• はっきりと断れる人 はっきりと断れる人というのは、運送会社ではたまに無茶な仕事を頼まれることがあります。 そこでうまく断れない方は肉体的にも精神的にも自分が追い込まれてしまいます。 行けるなら行ける、行けないなら行けないとはっきりと言わないと大変なことになる場合があります。 事故を起こせば自分の責任になりますので。 体力に自信のない方は! 運転手の仕事には様々な業種があります。 私は大型貨物トラックに乗っていますが、力仕事を必要としない生コンやダンプカー、けん引のみの海上コンテナやタンクローリーもあります。 ( けっして楽だといっているわけではありません。 私は生コン車などにも乗っていました。 ) 運送会社には会社によって取り扱っている荷物が全然違います。 うちの会社はバラ積みの路線便がメインです。 なので体力の面では50代から転職するには厳しいです。 しかしパレット輸送やカゴ輸送をメインとしている会社もあるんです。 パレット輸送とはパレットにのっている荷物をリフトで積んでもらって終わりです。 カゴ輸送もカゴを引っ張るだけで力仕事ではありません。 バラ積みがどれくらいきついのか? バラ積みとパレット積みではどれくらい違うのかをこちらの記事で画像を使って詳しくご紹介しています。 ポイント体力に不安がある方はパレットやカゴ輸送の仕事をメインでやっている会社に絞って探すのがよいでしょう。 50代でトラック運転手への転職を成功させるには! 運送会社で気をつけたいのが ブラック企業です。 安い賃金で労働基準を無視した過酷な労働で働かされます。 私が今の会社で20年働き続けているのもいい会社と出会えたからです。 業界に長くいると良い会社と悪い会社は横の繋がりや風邪のうわさで伝わってきます。 しかし運送業界に知り合いもいない未経験の方なら良い会社を見分けるのは至難の業です。 会社探しは非常に重要なポイントとなってきます。 色んな会社を見ることで目を肥やす必要があります。 そこで頼りになるのが転職サイトです。 転職サイトは無料で利用できます。 登録すると非公開求人を見たりスカウトされる可能性もあります。 私がおすすめしているのが「 リクナビネクスト」です。 私は今でもリクナビで情報収集をしています。 リクナビは最大手の転職サイトで求人数や未公開求人数が他社と比べて圧倒的に多いです。 もちろん応募まで完了できます。 こちらで企業を探すのもいいし、まずは色んな企業の募集や仕事内容、給料面、勤務時間などをできるだけたくさん見て目を肥やしてほしいです。 見ているうちに運送業界のことや企業の比較ができてくると思います。 そういう意味でリクナビネクストは必ず登録しておきたいサービスです。 \運送会社を探してみる/ 本気で探すならエージェントと併用するべし 上記でたくさんの運送会社を見ることをおすすめしました。 そこでいよいよ応募となるわけですがやはり自身のない方も多くいらっしゃいます。 実際に自分の目を付けた会社や、もっと自分の要望に合った会社を探すなら 転職エージェントを活用するのがベストです。 エージェントは転職のプロが担当についてくれて企業探しから履歴書の書き方、面接までのサポートまでしてくれます。 さらに自分では言いにくい給料面や仕事内容の交渉までしてくれます。 もちろん無料で利用で利用できます。 転職サイトとエージェントとの違い ・転職サイトは自分で企業を探して応募する 自分のペースで求人情報を探したい方向け ・転職エージェントは転職をサポートしてくれる担当者がついてくれる 時間がなく求人から交渉までお願いしたい方向け 私の会社にもエージェントからの転職者が多いです。 トラック運転手に人気のエージェントは「 リクルートエージェント」です リクルートエージェントはリクナビNEXTと同じグループ会社で求人数や未公開求人数が業界ナンバーワンです。 運送業界は募集内容と実際に入社した時の話の違いが多くトラブルや泣き寝入りになる場合もよくあります。 未経験者が自分で良い会社を探し交渉までするのは難しいことです。 しっかりとしたプロに中に入ってもらい相談をしながら進めていくのが50歳からのトラック運転手への転職を成功されるカギになります。 \運送業界への質問や相談はこちら/ まとめ 今回は50歳からのトラック運転手への転職について書いてみました。 正直体力面や年齢制限など難しい問題もあると思います。 しかし実際に活躍されている方も多数いるのでチャレンジしてみて下さい。 今の運送業界では50歳は決して遅くはありません。 上記のポイントをふまえて検討されて下さい。 最後まで読んで頂きありがとうございます。 \運送会社の質問や相談はこちら/ スポンサードリンク 人気の記事ランキング• 最近の投稿• カテゴリー• 1 アーカイブ• 16 最近のコメント.

次の

トラック運転手を辞めたい!運送業から転職したい人に最適な転職先は?

トラック 運転手 転職

トラック への転職状況は? 別の業界から を目指す人にとって、現在は絶好のチャンスといえるでしょう。 というのも、近年は運送業界全体で人材不足が進んでいるため、どの会社も積極的に新しい人材を採用しようとしているからです。 これからますます高齢化が進むなか、この傾向はさらに強まっていくものと考えられます。 トラック運転手はもともと、乗るトラックの大きさや種類によって必要とされる免許が異なるため、経験が重視されがちな仕事でした。 しかし、最近では未経験者でも意欲のある人を採用する傾向にあります。 会社側が免許取得のための費用を負担したり、しっかりとした研修体制を整えたりして、現場に出られるよう1から教育する会社も増えているようです。 こうしたことから、今までまったくトラック運転手としての経験がない人でも、この仕事を目指しやすくなっているといえます。 トラック運転手への転職の志望動機で多いものは? トラック運転手は日本の物流を支えるという重要な役割を担いますし、経験があればあるほど信頼されていく職業でもあるため、実力がつくことでステップアップできることや給料がアップしていくことを魅力に感じる人も多いようです。 また、もともとトラック運転手に憧れていた、体を動かす仕事がしたい、一人で黙々とできる仕事がしたいなどの理由で転職に踏み切る人も多いようです。 トラック運転手への転職に役立つ職務経験は? トラック運転手を目指す上では、まず運転経験が大切です。 営業車を運転していた、 のデリバリーをしていたなど、仕事をする上で運転していた経験があれば、ぜひアピールしましょう。 体力があることも求められるため、スポーツ経験や体力のいる仕事をしていたことがあれば自己アピールに使うことができます。 またお客さまと接する機会が多い場合は、接客経験もアピールポイントとなるでしょう。 トラック運転手への転職面接で気をつけるべきことは? 運送業界は決して楽な仕事ではありません。 とくにトラック運転手は不規則な生活にもなりがちで、荷物の積み卸しなど体力が必要とされる場面も出てきます。 なかには休日がほとんどなかったり、拘束時間があまりにも長かったりと過酷な労働条件を強いる、いわゆる「ブラック」な会社も存在し、いざ転職したはいいが、とても長く続けてはいけないとすぐに現場を離れてしまう人もいるようです。 とくに、運転手は仕事柄、万が一の事故を起こしてしまう可能性もあります。 そのような場合、会社がしっかりと補償やサポートをしてくれるかどうかという点も、面接の際に確認しておく必要があります。 この業界は大手から中小までたくさんの企業があるため、安易に転職先を決めず、きちんと経営を行っており、社員の働きやすさにまで気を配っているところを選ぶべきでしょう。

次の