饗宴とは

恋とは善きものと幸福を手に入れようとめがける欲望である。

Next

饗宴とは

プラトンの教育論・教育観は、『』の2巻-3巻、6巻-7巻、及び『』の7巻に典型的に描かれているが、「徳は何であるか、教えうるのか」「徳の教師を自認する達は何を教えているのか」等の関連論も含めれば、初期の頃からほぼ全篇に渡って教育論が展開されていると言っても過言ではない。

Next

《饗宴》とは

『国家』においては「優秀者支配制」の意味で用いられていたが、ここでは本来の意味である「貴族制」の意味で用いられている。 そこで、恋の極致である哲学は、肉体の美から始めて、魂の美を経て、最後に不滅な美そのものの純粋な観照に至る学習の階梯 かいてい であり、これにより、人は真実の徳を生み、不死にあずかるものとなる。

Next

饗宴(きょうえん)の類語・言い換え

アガトンの自宅に着くと、既に友人達が集っており、たちが慌ただしくの用意をしていた。

Next

《饗宴》とは

アガトンの自宅での饗宴に呼ばれているのだという。 そして愛の道の極致に近づく時、突如として生ずることも滅することも増すことも減ることもない独立自存して永久に独特無二の「美そのもの」を観得する。

Next

邂逅(かいこう)の意味や定義 Weblio辞書

第二にエロースは全ての神の内で最も優れている(徳を持っている)。 というよりも、それなしではプラトンが恋愛の本質をうまく表現できているかを判断することは非常に難しい。 両者の境界線にあるのが、『』であり、これが書かれたのは第一回シケリア旅行の前であるという見解 と、後であり『メノン』とほぼ同時期だという見解 に分かれる。

Next

饗宴(きょうえん)の類語・言い換え

なお、は、『』の第2巻において、上記二書に言及し、その内容に批判を加えているが、他方で、「善」を国家の目的としたり、プラトンを踏襲した国制の比較検討をするなど、プラトンの影響も随所に伺わせている。

Next