タル鍾 (たるしょう)とは【ピクシブ百科事典】

ファデュイの執行官として広く畏怖される「公子」と、璃月港の葬儀屋の客卿で「先生」と慕われる人物に一体どんな関わりがあるのか…… 以下、メインストーリー・キャラストーリー・伝説任務の ネタバレを含みます。

Next

イラストとか箱「ポイピク」

真の実力はどんなものだろうか」の期待が高まりついには戦いを仕掛けるかもしれない……等、再び二人の歩む道が交わることがあるかもしれない。 (淑女によると、公子は取引や計画を無視して暴れていたらしい) タルタリヤの役目は「璃月人が神から自立できるかどうかの試練を与える」という悪役を演じることだった。 「名前というものはただの記号」とタルタリヤはどう呼ばれようと気にしていない。

Next

タル鍾ワンドロワンライ(@trsho_draw)のプロフィール

しかし、趣味が同じ観劇であったり「約束は絶対守る」「契約を違えた者は岩喰いの刑」、「世界は強さを追求する者のためにある」「善悪の基準は今とは異なる(強弱だった)」など、信念や信条は共通するものがあり、根っこの気性は合うのではないだろうか。 結局、岩神は初めから神の心を代価に氷の女皇と契約を交わす約束をしていたため、タルタリヤは氷の女皇に使命を受けた時から「氷の女皇に」騙されていたことになる。 23:00以降になりましたらRTとお気に入り登録で巡回させていただきます。

Next

タル鍾ワンドロワンライ(@trsho_draw)のプロフィール

鍾離はヘウリアの件も相まって旧時代を懐かしんだ。 エピソード 料理が得意なはずのタルタリヤのオリジナル料理「極みの一釣り」の見た目が鍾離の苦手な触手うごめく様なのは、まるで意趣返しに思える。

イラストとか箱「ポイピク」

The technologies, concepts, designs, trademarks etc. 絵文字では 「雫大きい」「オレンジのダイヤ」と表記される。

タル鍾 (たるしょう)とは【ピクシブ百科事典】

二人の関わり メインストーリーにおいて、タルタリヤは「岩神の神の心を奪う」目的のために璃月へ派遣されたが、着いた途端に岩神が死に、その亡骸を隠された。 しかし今後、強さに貧欲な戦闘狂であるタルタリヤが「鍾離先生とも戦ってみたい。 ・別CP要素を含む投稿はタグの使用はご遠慮ください。

Next

イラストとか箱「ポイピク」

ワンドロ・ワンライの運営は初めてなので色々とご迷惑をおかけするかもしれませんが暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

Next