ホエイプロテイン デメリット。 医者がプロテインをオススメしない怖い理由

トライアスロンにホエイプロテインはおすすめ?

ホエイプロテイン デメリット

この記事の目次• 混合プロテインとは? 混合プロテインとは、 2種類以上のプロテインを混ぜたプロテインです。 多いのは、ホエイプロテインとカゼインプロテイン、もしくはホエイプロテインとソイプロテインですね。 2種類以上のプロテインを混ぜることで、それぞれのデメリットを軽減して、メリットを活かしていくことができるのです。 混合プロテインの特徴 混合プロテインの特徴は、なんといっても長時間にわたり、アミノ酸を筋肉に供給し続けられることです。 これを説明するためには、ホエイプロテインの特徴とカゼインプロテインやソイプロテインの特徴を説明しておかなければいけません。 水に溶けやすいということは、それだけ吸収が速いということです。 ホエイプロテインは飲んでから1~2時間で吸収されます。 関連記事 ・ 混合プロテインは、ホエイプロテインとカゼインプロテインまたはソイプロテインを混ぜたものですので、この特徴をどちらも併せ持っているのです。 混合プロテインの効果やメリット 混合プロテインの効果やメリットは何でしょうか?混合プロテインの主な効果やメリットは、次の2つがあります。 即効性と持続性の両方の効果がある 混合プロテインの効果やメリットの1つ目は、即効性と持続性の両方の効果があることです。 混合プロテインは、ホエイプロテイン+カゼインプロテインまたはソイプロテインでしたよね。 ということは、ホエイプロテインとカゼインプロテイン(ソイプロテイン)の両方の特徴を持っていることになります。 ホエイプロテインは消化吸収がとても早く、飲んでから1~2時間で吸収されます。 そのため、飲んでからすぐに筋肉にアミノ酸を届けることができます。 ただ、持続性はありません。 一気にアミノ酸を届けたら、それで終わりです。 それに対して、カゼインプロテインやソイプロテインは、消化吸収がとても遅く、7時間程度はかかります。 ということは、ゆっくり時間をかけて、アミノ酸を筋肉に届けられます。 ただ、一気にたくさんの量を筋肉に届けることはできません。 つまり、ホエイプロテインは即効性があるプロテインで、カゼインプロテイン(ソイプロテイン)は持続性に優れたプロテインということです。 2種類を混ぜた 混合プロテインは、即効性も持続性も併せ持つプロテインです。 混合プロテインは、飲んでからすぐにたくさんのアミノ酸を筋肉に届けることができますし、その後もゆっくり長時間アミノ酸を届けることができるのです。 使い分ける面倒がない 混合プロテインのメリットは、使い分ける面倒がないことです。 本気で筋肉を成長させたいなら、即効性のあるホエイプロテインと持続性のあるカゼインプロテインやソイプロテインを使い分ける必要があります。 即効性のあるホエイプロテインは筋トレ直後や朝一番で飲むのが良いんです。 筋トレ直後は、筋トレで刺激した筋肉にタイムリーにアミノ酸を届けられます。 また、就寝中にタンパク質を摂取できないので、朝はタンパク質が不足しています。 タンパク質が不足していると、筋肉が分解されてしまいますので、すぐに吸収できるホエイプロテインを飲むと良いのです。 持続性のあるカゼインプロテインやソイプロテインは、就寝前や間食時に向いているプロテインです。 吸収が遅いため、寝ている間も持続的にアミノ酸を筋肉に届けられますので、筋肉の分解を最小限にすることができます。 また、消化が遅いということは、満腹感が持続するということです。 そのため、間食代わりに飲むのに向いているのです。 本来なら、このようにプロテインはその特徴に合わせて、飲むタイミングによって使い分ける必要があります。 でも、 混合プロテインは即効性もあり、持続性もありますので、使い分ける必要がないのです。 いつ飲んでも、効果がありますので、「今はこれ。 筋トレ後はこっちのプロテイン」のように使い分ける必要がないので、面倒がありません。 ズボラな人や面倒くさいのが嫌いな人は、混合プロテインを飲むようにすると良いでしょう。 混合プロテインの2つのデメリット 混合プロテインにはデメリットもあります。 混合プロテインのデメリットを2つご紹介しますね。 ちょっと中途半端 混合プロテインは、ちょっと中途半端であることがデメリットですね。 2つのプロテインを混ぜているので、それぞれ半分ずつのメリットしかありません。 たとえば、筋トレ後にホエイプロテインを飲んで、すぐに筋肉に届けられるアミノ酸の量を100とします。 でも、混合プロテインの場合は50しか届けられないのです。 残りの50はゆっくりと吸収されるプロテインですから。 混合プロテインは単独でプロテインを飲んだ場合のデメリットを補えることがメリットですが、 単独で飲んだ場合のメリットは少し減ってしまいます。 そのため、ホエイプロテインとカゼインプロテイン(ソイプロテイン)をきっちり使い分けている人に比べると、 筋肥大の効果はやや低いと言わざるを得ないでしょう。 それでも、1種類のみのプロテインしか飲まない時よりは、筋肥大の効果は期待できますよ! 基本的に海外産 混合プロテインは、基本的に海外産になります。 国内メーカーで混合プロテインを作っているところは少ないのです。 そのため、いつもネット通販でプロテインを購入しているという人ならともかく、近所のスポーツ用品店などで購入する場合は、なかなか入手できないことがあります。 混合プロテインの飲み方や飲むタイミング 混合プロテインの飲み方や飲むタイミングを説明していきます。 混合プロテインはメリットが多いプロテインですが、飲み方や飲むタイミングを間違えるt、その効果やメリットは少なくなってしまいます。 しっかり混ぜる 混合プロテインの飲み方は、ほかのプロテインと同様に水や牛乳、豆乳と混ぜて飲むののが基本です。 ただ、ホエイプロテインと比べると、カゼインプロテインやソイプロテインが入っている分、水に溶けにくく飲みにくいので、 専用のプロテインシェイカーを使ってしっかり混ぜてから飲むようにしましょう。 また、多めの水分で溶かすようにしたり、混ぜえてから少し時間を置くようにすると、飲みやすくなると思います。 飲むタイミングはいつでもOK 混合プロテインを飲むタイミングは、基本的にいつでもOKです。 即効性もあり、持続性もあるのですから、特に飲むタイミングにこだわる必要はありません。 ただ、おすすめのタイミングは次の3つです。 ・混合プロテインとは、2種類以上のプロテインを混ぜたプロテイン ・ホエイプロテインは、飲んでから1~2時間で吸収される ・ガゼインプロテインとソイプロテインは、消化吸収に7時間以上かかる ・混合プロテインの効果とメリット 「即効性と持続性の両方の効果が得られる」「プロテインを使い分ける面倒がない」 ・混合プロテインのデメリット 「半分ずつのメリットしかない」「基本的に海外産のため、入手が難しい」 ・混合プロテインの飲み方と飲むタイミング 「しっかり混ぜるのが基本」「筋トレ前」「起床後と就寝前」 混合プロテインの特徴や効果・メリット、デメリット、飲み方や飲むタイミングをまとめました。 混合プロテインは即効性と持続性の両方を兼ね備えたプロテインです。 2種類のプロテインを使い分けるのが面倒な人やどんなプロテインを選べば良いかわからないというプロテイン初心者は、混合プロテインを飲んでみてはいかがですか?.

次の

ソイプロテインの効果【メリット・デメリットとホエイとの使い分け】

ホエイプロテイン デメリット

トライアスリートがホエイプロテインを摂るメリット・デメリット トライアスロンのハードなトレーニングを重ね、筋肉の強化・維持するためにはプロテインによるサポートが欠かせません。 中でもホエイプロテインは、体内への吸収が早いと言われているプロテイン。 得られる効果やメリット・デメリットをまとめました。 ホエイプロテインの効果 ホエイプロテインの「ホエイ」とは、牛乳に含まれるたんぱく質のうち乳脂肪分と固形たんぱく質を除いたものです。 筋肉のエネルギーとなる必須アミノ酸のBCAAに加え、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。 体内への吸収が早いため、ハードなトレーニングでダメージを受けている筋肉へすばやいアプローチが可能。 筋トレ後は筋肉が疲弊し筋繊維が壊れている状態なので、回復を促すためにスピーディーなたんぱく質摂取が不可欠なのです。 筋肉に負荷をかけて適切な栄養補給を行うサイクルを繰り返すことで、筋力アップを目指せます。 ホエイプロテインは製造方法によって特徴が異なりますので、十分な効果を得るためには製法もチェックし、身体に合ったものを選びましょう。 WPC製法 たんぱく質の含有率が80%程度のプロテインは、この製法で作られています。 ホエイをろ過して出てきた液体を濃縮する濃縮膜処理法です。 ビタミンやミネラルが多く含まれているのが特徴。 製法上、乳糖が残りやすいため、乳糖不耐症の方にはお腹の調子が悪くなる場合があります。 WPI製法 たんぱく質の含有率が90%程度の場合は、WPI製法で作られています。 イオン交換法と呼ばれ、たんぱく質以外の成分が含まれていません。 高濃度のホエイたんぱく質かつ乳糖も少ないのが特徴です。 高濃度を実現するために手間がかかっているため、値段は高い傾向にあります。 WPH製法 たんぱく質の含有率が95%程度のプロテインの製法。 濃縮乳清たんぱく質(WPC)を加水分解したものです。 値段もWPI製法より高くなるため、上級者向けのプロテインと言えます。 トライアスリートがホエイプロテインを摂るメリット ホエイプロテインは持久系のスポーツや格闘技、身体をぶつけ合うコンタクトスポーツに最適と言われています。 スイム・バイク・ランを行うトライアスロンも、持久系スポーツのひとつ。 筋肉量を増やし維持するためには、分解されるたんぱく質以上にたんぱく質を合成する必要があり、吸収の早いホエイプロテインはトライアスリートに最適と言えるでしょう。 筋肉をつくるために不可欠な必須アミノ酸が豊富に含まれていることも重要なメリット。 成果を出すには、ただトレーニングを積むだけではなく、身体のケアも重要なトレーニングの要素です。 せっかく練習をしても、筋力アップや持久力アップに繋がらなければ意味がありません。 同じ時間をかけるなら、効率良く筋力アップを図りましょう。 トライアスリートがホエイプロテインを摂るデメリット 原材料にホエイ(乳清)を使用しているため、人によってはお腹の調子が悪くなる場合があり、身体に合う合わないがあります。 とくに乳製品アレルギーのある方は気をつけましょう。 日本人は乳糖の消化能力が低い傾向にあり、消化不良を起こすケースも。 いくらトレーニングを積んでいるトライアスリートと言えど、身体に合うとは限らないのです。 たんぱく質の合成には限界があり、激しいトレーニングをしたからといってプロテインを大量に飲めば回復するわけではありません。 食事で摂取するたんぱく質を鑑みて、1回の摂取量を増やすのではなく、回数を増やすことを心がけましょう。 ホエイプロテインを愛用する男性の口コミ 1kgサイズのココア味を購入して飲んでいます。 プロテインの効果は実感しているんですが、やはりホエイプロテインはおならが臭くなります。 かなり強烈です。 ホエイプロテインの上手な活用方法 運動後45分以内に飲む 吸収の早いホエイプロテインは、トレーニング後45分以内に摂取しましょう。 筋肉を酷使した後はたんぱく質の分解が進むため、回復するには栄養補給が不可欠。 栄養素が足りなくなると、せっかく鍛えた筋肉が減っていってしまうからです。 さらにすぐエネルギーに変わる即効性の高い糖質を摂取すると、より効果的です。 休息期間も飲む 筋肉を回復させるために、トレーニングをしない日もプロテインを摂取しましょう。 回復には2~3日かかり、その際にもたんぱく質が必要なため、ホエイプロテインを飲むことで筋肉の開封をサポートしてくれるのです。 まとめ プロテインだけでも筋力アップのサポートをしてくれますが、プロテインの効果を高めるにはサプリメントを取り入れましょう。 ホエイプロテインに多く含まれているBCAAや、運動パフォーマンスを高めるクレアチンなどがあります。 筋肉の合成を促し、筋力アップ作用のあるサプリメントを組み合わせることで、ハードなトレーニングに耐えうる身体を手に入れられるはずです。 HMB含有量が業界最高水準「HMBca2,510mg」。 筋肉を効率よく成長させるHMB含有サプリメント。 筋繊維の合成促進・分解抑制を行い成長を促せます。 飲みやすいタブレットタイプ。 粉末プロティンのような飲みにくさや満腹感がない。 HMBサプリメント HMBプレミアムマッスル ボディア(BODIA) 一袋270粒 5,460円(税込) 商品の特徴 HMBとは、プロテインが分解・代謝を繰り返すことで生成される物質で、HMBを取り込んではじめて筋肉へと変わります。 HMBプレミアムマッスル ボディアは、そんなHMBを直接摂取できるだけでなく、 オトコの体づくりに必要な成分を28種類も配合しており、理想の体型を実現するための助けになります。

次の

プロテインの王様ホエイプロテインの効果とデメリット/健康コラム/ケンコラ/お薬なび

ホエイプロテイン デメリット

私たち人間の体の大部分は、このたんぱく質と水分によってできているといっても過言ではなく、筋肉はもちろん、骨や内臓、血液、髪の毛、皮膚、爪など、体を構成する多くの部位がたんぱく質からできています。 しかし、スポーツや筋トレなど運動習慣のある方は、体を動かさない方よりもたんぱく質の損失量が多くなるため、より多くのたんぱく質が必要となるのです。 そこで活躍するのがプロテイン。 そもそもプロテインとは、英語で「たんぱく質」を意味する言葉ですが、現在は「プロテインパウダー」として広く認識されています。 プロテインパウダーは、水や牛乳などで溶いて飲むのが一般的です。 人間の体にとって重要な栄養素であるたんぱく質を、効率的に摂取できる物として広く用いられています。 1日に必要なたんぱく質の量ですが、体を動かす習慣がそこまでない方と、アスリートや筋肉をつけたい方とでは、大きく変わってきます。 まず、一般的な日本人が1日に必要なたんぱく質は、「摂取エネルギーの13~20%」が理想的といわれています。 推奨量としては、成人男性で1日60g、成人女性は1日50gほど。 また、「体重1kgに対してたんぱく質1g」という見方もあります。 一方、日常的に運動する方や筋肉をつけたい方、ボディメイクをしたい方の場合は、こうした一般的な量よりも多めにたんぱく質をとることが推奨されています。 目安としては、男女ともに「体重1kgに対してたんぱく質2g」程度。 例えば、体重50kgの方が筋肉をつけたい場合は、1日100gほどのたんぱく質が必要となります。 筋肉をつけたいからといって、「体重1kgに対して2g」のたんぱく質を食事だけでとるのは、意外とたいへんなもの。 たんぱく質の量を優先して食事メニューを決めると、余計な脂質やカロリーを摂取してしまうことにもなりがちです。 そこで活用したいのがプロテインです。 脂質やカロリーをできるだけ抑え、食事だけでは摂取しきれないたんぱく質をプロテインで補うことが、筋肉量を増やしたりボディメイクしたりする際の基本となっています。 また、筋肉をつけるだけでなく、体をしぼりたいという場合にも、プロテインは活用されています。 減量のための食事メニューでは、どうしてもたんぱく質が不足しがちとなるため、必要な筋肉も失ってしまうリスクがあります。 脂肪を落としつつ、できるだけ筋肉量や代謝をキープするためにも、プロテインによるたんぱく質の摂取は有効なのです。 まず、プロテインを飲むベストなタイミングは、筋トレと合わせて飲む方が多いことからもわかるように、「運動後30分以内」とされています。 これは、筋肉を構成するたんぱく質の合成が、運動を終えてから数時間のうちに最も活発に行われるため。 運動終了後は、できるだけ早めにたんぱく質を摂取することが効果的です。 運動後に摂取するたんぱく質の量は、「20~30g(体重1kgに対して0. 25~0. 4g)」が推奨されています。 1日分のたんぱく質の必要量を、一度にこのタイミングで摂取してしまわないようにしましょう。

次の