テレビ 千鳥 料理。 「テレビ千鳥」大悟の感覚料理をノブが『レシピ本出せぇ!!』とまたもや大絶賛!(ザテレビジョン)

テレビ千鳥 「DAIGO'S キッチン」再び!ノブ大絶賛のレシピはコレだ!

テレビ 千鳥 料理

おそらく、ムチャクチャになる前提の企画だろうな、と思っていました。 ノブからのリクエストは イタリアン さらに ジェノベーゼ。 さんによるからの写真 バジルの葉で作ったソースでパスタを和えた、緑色のスパゲッティ。 そんな小洒落たやつを大悟が作れるはずがない、と誰もが思い、 ムチャクチャなパスタが出来上がるのだろう、と誰もが予想したと思うのですが。 その期待は、見事に裏切られます! 買い物 スーパーでしいたけなど、とてもイタリアンに入れそうにない食材を買う大悟にノブは (家で)練習してきてる? と聞いています。 この時点で、ノブ自身も大悟に料理ができるかどうかは知らなかったと思われます。 購入したもの ・バジル ・大葉 ・ネギ ・にんにく ・しいたけ ・玉ねぎ ・レモン ・ホンビノス貝 ・ホタテ ・ベーコン ・鶏肉 ・豚肉 ・生卵 ・米 ・パスタ ・鷹の爪 ・梅干し ・オリーブオイル ・調味料各種 28品 11,354円 DAIGO'sキッチン MOCO'Sキッチンが終わったので、あわよくばその枠に入り込もうとするDAIGO'Sキッチンというテイで始まりますが、セットはほぼMOCO'Sキッチンと同じもの。 奥さん、こんばんは。 こんな時間に、旦那が寝てるのに、1人で何してんの? という大悟の一言から始まったこのコーナー。 1品目: 『これメシのおかずになんじゃねって茶碗蒸し』 最初から、ノブの希望のイタリアンなど作る気がない、というところで笑わせます。 肉は切ったら(まな板の)端に寄せて。 このへん(肉を切ってた部分)でしいたけを切っても、どうせ焼くから一緒だ 大量の、味の素。 (を使う) 砂糖は、みんなが思ってる倍、入れてくれ。 「メシは、甘けりゃうまい」 このあと、一度味見をしたスプーンでなんども味見をして、さらにそれでかき混ぜたり。 15分、蒸すと、 これでメシ何杯でもイケるやんの茶碗蒸し の完成。 最初に言ってたのと出来上がった後の名前がぜんぜん違う(笑) 2品目: 『絶対に今まで混ぜてはいけないと思っていた貝に豚肉をほりこんだら結局うまかった汁』 水道水にホンビノス貝を入れ、 待ってる間は喫煙。 豚肉を直接、貝の汁に入れ、 何度もおたまで味見をして、そのおたまでかき混ぜ。 さらに味の素を投入。 どの国にもないめちゃくちゃ美味い汁 完成。 3品目: 『高校生が夜食の時に作る、めちゃくちゃうまい丼』 大悟が玉ねぎやにんにくを切っている様を見てノブが まあまあ上手いんか と突っ込みますが、確かにそうで。 細かいみじん切りなどをするわけではありませんが、なんとなくいつも包丁を使っていることを思わせる手つき。 お前そういえばタバコ吸って手ぇ洗った? など、ノブが突っ込みますが、大悟はどことなく慣れた感じで進めていきます。 このあたりから、 あれ、想像していた流れと違うな という感じがしてきます。 味の素を大量に使い、丼のご飯を卵かけご飯にする、というトリッキーな技を使いながら、 ドチャクソまかないご飯 完成。 4品目: 『15年前に大阪の番組で、上沼さんが作ってるのを見たパスタ』 やっとパスタの登場ですが、ゼノベーゼではなく。 レモンチューハイを作って飲みながら、 2時間後にお前に会うはずやったのに、仕事中に会うてるわ とグラスに話しかける大悟。 にんにくの切り方が先ほどと微妙に違い、手先が定まらない様子。 チュウハイを2杯飲んだら包丁の扱いに気をつけてください と自らアナウンス。 フライパンに多めのオリーブオイルを入れる時も、もこみち風に入れるのを忘れるくらい酔い始めてる様子。 15年前にテレビで上沼さんが作ってたパスタ 完成。 これだけは、最初と最後の名前がほぼニアーでした。 実食 パスタ まずこのパスタを食べたノブの感想が、 もこみちのあとはお前しかおらん!! というほど美味かったようで。 大悟も、 あ、料理ってこんな嬉しいんや と言っているので、あくまで料理が常日頃から趣味ってわけではないようなのですが。 茶碗蒸し 続いて茶碗蒸し。 見た目はキメが粗く、美味しそうに見えませんが、食べたノブは、 もう茶碗蒸しよりオレはこっちの方がいい!! というくらい美味しかったよう。 汁 続いてスープ。 シンガポールで 1時間半並ばんと食えんスープがあるんよ。 あれより 美味い!! 丼 最後の丼に至っては、 美味っ!! うんまぁ〜!! と叫んで丼を掻き込み、大悟が お前今日晩飯食いにいかんとアカンねんやろ?佐藤健くんとかと? と止めに入るほど。 約束しとったけど行かん!! と言ってその丼を完食。 予想を裏切る全品メチャ美味 ノブの採点は、 茶碗蒸し= 120点 汁= 150点 パスタ= 120点 丼= 500点 まさかの、全品がムチャクチャ美味しい、というオチでした。 包丁さばきは下手ではありませんでしたが、決して華麗というほどでもなく。 ノブに褒められてちょっと照れてた部分も見ると、料理が趣味って様子もなく。 それなのにムチャクチャ美味いっていう、なんども裏切られるオチでした。 ちなみに、各料理のレシピが上がっていたので貼っておきます!!

次の

千鳥大悟のテキトー料理が「なぜか美味い」

テレビ 千鳥 料理

(、)がMCを務める『』(テレビ朝日系、レギュラー放送は毎週月曜24:50~)のスペシャルが、12月22日に放送。 料理中の大悟とノブのやりとりに視聴者が釘付けになった。 今回の企画は「DAIGO'Sキッチン」。 普段料理をしない大悟が感覚だけでおいしい料理を作る人気企画で、彼のレシピを試した視聴者からも好評の声が届いているという。 ゲストは、、。 スペシャルということで、5品を作ることになった。 まず、大悟は1品目として「茶碗蒸しって美味しいの分かってるけどなんか薄いよね。 だったら濃いの作っちゃえばいいじゃん テリヤキ茶碗蒸し」と命名してから作業を開始。 レギュラー放送では、ノブと掛け合いをしながら料理をしていたが、ノブと華丸らだけでトークが完結してしまうため、大悟は「(何も話しかけてくれないのならば)ただの料理人やん」とボヤき、ゲストを笑わせた。 そして、軽量スプーンを使わず調味料を入れたり、躊躇せず水をドボドボと入れたりと大暴れ。 ゲストの心配の声を無視しつつ「砂糖は思ってる倍」との名言が飛び出す一幕もあった。 続いて、牛タンを揚げる斬新な料理「タンカツ」にとりかかる大悟。 ネギを巻き牛タンに衣をつけていくのだが、つけ終えた後、水道で手についた衣を一生懸命取ろうとする大悟に、ノブは「人でも殺めたんか!」とツッコミ。 続けて、揚げた牛タンを試食した大悟は「そんなに美味しくないから、ソースとマヨネーズをべちゃがけする」と強行手段に出て、渡辺らをあきれさせた。 また、部活帰りに出してほしかった丼をテーマに作ったご飯ものには、フライドチキンの肉をそぎ、炊飯器に投入。 さらに、うなぎのタレとバターを投入しかきまぜると、ゲストは「やめてくれー!」と悲鳴。 ノブは「インドネシアの飯」と頭を抱えた。 そのほか、牡蠣や白子などが入った牛乳ベースのスープ、が12~13年前にある番組で作っていたという、豚キムチを乗せたうどんなどが完成。 料理中、大悟の無双はとどまることなく、フライパンから落ちた玉ねぎを拾って戻した際には、ノブから「優愛が食うんぞ!」と注意された。 いよいよ試食。 意外や意外、あまりの美味さに笑みをこぼしてしまうゲストたちに大悟はお酒をグビグビ飲みながら大喜び。 あれほど不評だったタンカツは「激ウマ!」、フライドチキン飯も、新川が「バターも効いてる」とコメントすれば、華丸も「桐島、部活続けるってよ」と驚いた。 そして、大悟の一番のファンであるノブは「もう店せぇ!」「レシピ本出せぇ!」と最大限の称賛を送っていた。 インターネット上では、大悟とノブとの軽快なやりとりに「久しぶりにテレビで涙出るほど笑った」「なんで美味しくできるん??www」「ノブの突っ込みワードはやっぱりすごいわ」といった声があった。

次の

テレビ千鳥【神回3選】7の面白かったおすすめ放送回!

テレビ 千鳥 料理

レギュラー放送回では、大悟が感覚のみで調味料を入れ、すき焼きをベースにしたカレーなど驚きの料理を完成させていく様子が笑いを誘い、ノブが的確なツッコミと共に味を大絶賛するのが話題に。 大悟の料理を再現する視聴者も相次いだ。 今回はクリスマススペシャルと題しながらも、大悟が買い出しで選んだのは「大葉入れりゃあ、料理がガラっとプロみたいになる」と言った大葉のほか、万能ネギ、うなぎのタレ、牛タン、豚バラ肉など、クリスマス感のない食材ばかり。 そこから、「砂糖は思ってる倍」などと適当な量の調味料を加えながら、レシピなしで料理に挑戦。 照り焼きチキンを上に乗せた「テリヤキ茶碗蒸し」、牛タンに万能ネギを巻いて揚げた「タンカツ」、牛乳ベースのスープに魚介類を入れた「美味いもんだけぶち込んで炊きゃあ美味いスープができるんじゃ鍋」、豚バラ肉やキムチなどを炒めてうどんの上にのせた「上沼 恵美子 さんが12〜13年前にテレビで作っていたまかないうどん」、有名店のフライドチキンとウナギのタレをご飯と混ぜ合わせた「部活終わった後にコレ出してくれりゃ良かったのに飯」の全5品を作った。 ゲストの渡辺直美、新川優愛、博多華丸は、調理過程に驚きの声を上げっぱなし。 だが、試食をしてみると、意外なおいしさにまたも驚きの声を上げた。 」と言うほど絶賛した。 数々のアーティストとコラボしてきた東京スカパラダイスオーケストラと、音楽プロデューサーの多保孝一をゲストに迎え、豪華コラボの名曲とその裏側に迫った。 今もカバーされ続ける小沢健二とスチャラダパーの「今夜はブギー・バック」、桑田佳祐とMr. Childrenの「奇跡の地球」など名曲28選や、東京スカパラダイスオーケストラのコラボの歴史も紹介された。 同楽曲について、東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦は「前回の関ジャムに出させてもらったあとに、いろいろ自分的にバンドってなんだろうなっていうのを…」という思いから生まれたものであると明かした。 大倉が「僕たちの今ともリンクする部分があり」と語った歌詞に、多くのファンも注目。 「めっちゃ感動して泣けました」「間違いなく名曲」といったツイートが寄せられた。 乃木坂46メンバーたちの、小さいけれど面白ニュースから大賞が選ばれた。 この日は松村沙友理が大好きな韓国料理・タッカンマリがなかなか届かず、駄々をこねたという様子などが話題に。 そんな中、大賞になったのは、阪口珠美の「阪口、また忘れられる」ニュース。 阪口はメンバーの秋元真夏が出演した舞台を観に行き、楽屋であいさつしたにも関わらず、数日後に「舞台観に来ない?来れそうな日あったりする?」というメールがあったという。 楽屋前で写真も撮ったのにすっかり忘れられていた。 かつて、佐藤楓、阪口と遊びに行った梅澤美波も、阪口ではなく岩本蓮加と行ったという話を阪口本人にするという出来事があった。 なぜか忘れられることが続く阪口の悲劇だった。 WEBサイト ザテレビジョンの「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

次の