目が腫れて痛い。 目の下が痛いときに必ずチェックすべき原因一覧!注意すべき病気を教えます

目の下の涙袋が腫れる7つの原因!病気の可能性と対処法をチェック!

目が腫れて痛い

【症状別】考えられる目の病気 目の周りが赤い・まぶたが赤い・腫れた・腫れて痛い、腫れてかゆい アトピー性眼瞼炎(がんけんえん) 目の周りが赤い、目がかゆい、目が腫れる、目の周りやまぶたに湿疹がある、目の周りが乾燥したりただれる、といった症状があります。 アトピー性眼瞼炎は、アトピー性皮膚炎の症状が目の周りの皮膚に起きたものを指し、主に塗り薬で治療を行います。 麦粒腫(ばくりゅうしゅ) まぶたが腫れ、触ると少し硬い感じがあれば麦粒腫の可能性があります。 麦粒腫はいわゆる「ものもらい」のことで、まつ毛の根元近くの皮脂腺や汗腺に細菌が感染することが原因でできます。 抗生物質を使った治療をすれば、1週間程度で治ります。 霰粒腫(さんりゅうしゅ) まぶたが半球状に腫れ、まぶたの皮膚とは離れて、こりこりと動く感じのものができることがあります。 これは霰粒腫と呼ばれるもので、ものもらいに似ていますが違うものです。 自然に治ることもありますが、大きいときは外科的に取ることがあります。 眼瞼炎(がんけんえん) まぶたの炎症のことを指し、まぶたが赤い・腫れる・痛い・かゆいといった症状が起きます。 細菌・ウイルス・カビによる感染、湿疹やなんらかの皮膚炎、虫刺されなどが原因のことが多いようです。 治療は、眼瞼炎の原因を見定めたうえで適した処置を行います。 帯状疱疹(たいじょうほうしん) 水痘帯状疱疹ウィルスによりまぶたや黒目、白目にできものができたり、皮膚に痛みや赤みが起こる病気です。 体のどこにでも起こる可能性があります。 甲状腺の病気 バセドウ病や橋本病といった甲状腺の異常により、まぶたのむくみや赤みといった症状が出ることがあります。 子供の目が赤い 結膜炎(アレルギー性・ウイルス性) 目が赤くなるほかに、目やに、かゆみ、涙が出るといった症状もあるときは、結膜炎の可能性があります。 結膜炎は、まぶたと眼球を結びつける粘膜である結膜が炎症を起こした状態です。 結膜炎の原因は、主にアレルギー性とウイルス性があります。 早めに眼科受診をすることで症状が改善しやすくなります。 結膜下出血 白目部分が赤い、多少目がゴロゴロするが痛みはないといった症状があるときは、結膜下出血の可能性があります。 結膜下出血は、結膜下の小さい血管が破れて出血した状態を指します。 原因はくしゃみ、せき、外部からの刺激(水中眼鏡の締めすぎ等)などさまざまで、ほとんどの場合は放置しておいても良いとされていますが、長引く場合は受診が必要です。 疲れ目・目の乾き 目が疲れているとき、目が乾いているときも目が赤くなります。 遠くを見る、睡眠時間を増やす、目とその周りを温めて血行を良くするなどすると改善しやすくなります。 目の表面が痛い 角膜や結膜に傷がついている、ゴミなどが入っている、ドライアイ、コンタクトレンズによる目の痛み、などの可能性があります。 ゴミなどが目に入っている場合は、涙で自然に外に流れ出るのを待ちましょう。 症状が気になるときは、早めに眼科を受診しましょう。 目がかゆい アレルギー性結膜炎 目の充血、目やになどの結膜炎の症状に加えて目のかゆみがある場合は、アレルギー性結膜炎の可能性があります。 原因は花粉・ダニ・ハウスダストなどが多く、花粉症が原因であればくしゃみ、鼻水などの症状を伴います。 アレルギー症状をおさえる薬を飲んだり、点眼薬を使うことで症状が改善します。 アトピー性角結膜炎(春季カタル) アトピー性角結膜炎は、角結膜 黒目と白目 に起こるアレルギー炎症のことを指します。 目が赤くなる症状とともに、目がかゆい、目やにが出る、白目が腫れている、目がゴロゴロする、春になると悪化するといった症状があります。 また、春から夏にかけて見られる重症のアレルギー性結膜炎のことを春季カタルと呼び、春季カタルになる人の70%以上にアトピー性皮膚炎が見られると言われています。 治療は、主に抗アレルギー薬やステロイド薬の点眼を行います。 白目がむくみゼリー状に腫れる アレルギー性結膜炎などで目をこすると、白目がむくんでゼリー状に腫れることがあり、この症状のことを結膜浮腫(けつまくふしゅ)といいます。 大抵は少しずつ自然に腫れがひきますが、ほかにも気になる症状があったり、むくみが酷い場合は受診した方が良いでしょう。 目の症状があるときの受診の目安とは? 夜間・休日を問わずに直ちに受診をした方が良いとき 穿孔(せんこう)外傷のとき けがによって眼球に穴があいたり、裂けたりすることを指します。 たとえ傷口が小さく、痛みが少ない場合でも、穿孔外傷であれば急いで受診をした方が良いでしょう。 また、怪我をして温かい涙が出ていると感じるときは、眼球に穴が開き、眼球の中の液体が外に漏れている可能性があるため、直ちに受診することをおすすめします。 薬物による外傷があるとき 目の中に洗剤や化粧品、殺虫剤や薬品といった異物が入ることを薬物外傷と呼びます。 薬物の種類によって救急度が変わりますが、アルカリ性の薬物が目に入った場合は、直ちに5分以上洗眼してから受診しましょう。 目の痛み、頭痛、嘔吐などの症状が起き、視力も低下していることに気づいたとき 急性緑内障発作の恐れがあり、適切な治療を行わないと失明してしまう可能性があります。 直ちに受診しましょう。 急に目の前が真っ暗になり何も見えないとき 目に血液を送る血管の総元縮めである網膜中心動脈が突然詰まってしまう「網膜中心動脈閉塞症」という病気の可能性があります。 目に血液が届かなくなり、目の神経が死んでしまう可能性があるため、直ちに眼科の受診が必要です。 今すぐではないが、なるべく早く受診をした方が良いとき 網膜がなんらかの原因ではがれたとき 眼球の一番内側にある神経の膜である網膜(もうまく)がはがれた「網膜剥離(もうまくはくり)」の状態です。 網膜剥離は痛みを伴わないので気づきにくいですが、前兆として飛蚊症(物を見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える症状)の症状があらわれることがあります。 網膜剥離は、なるべく早い時期に手術する必要があります。 網膜剥離が広がらないように安静にして、なるべく早く受診しましょう。 診療時間内に受診をすれば良いとき 結膜が腫れて水ぶくれの状態になったとき 結膜浮腫という状態です。 腫れた結膜がゼリー状になって盛り上がるので、目が飛び出してきたような感じがすることがあります。 アレルギー反応の一種で、目を触ったり掻いたりした刺激が原因です。 目を触らないようにして、診療時間内に受診をしましょう。 結膜の一部分が少し赤くなる、または結膜全体が真赤になる 結膜下出血という状態で、結膜にある細い血管が切れて出血が起き、結膜が赤くなることを指します。 目が赤くなるので重症のように見えても、実際の出血量は多くないことがほとんどだと言われます。 診療時間内に受診をしましょう。 終わりに 当記事では、子供の目の周りが赤いときや、ほかの気になる症状があるときに考えられる目の病気についてご紹介しました。 目の周りは皮膚が柔らかく繊細で、非常にデリケートな部分です。 また、気になると掻いたり触ったりしやすい部位でもあるので、少しでも気になる症状があるときは、かかりつけの眼科医に相談するようにしましょう。

次の

目の下を押すと痛い原因

目が腫れて痛い

花粉症に悩む人の90%以上が感じる目のかゆみ。 そのほかにも涙目や目の充血、痛みなど、目の花粉症症状も様々です 鼻だけでなく、目にも出てくる花粉症の症状。 目でも、鼻と同じ現象がおきています。 まず花粉が目につくことで、花粉を除こうという免疫反応が起こります。 免疫反応により、炎症細胞である好酸球、肥満細胞からヒスタミンなどが出て、以下のような症状が現れます。 起こりやすい順に、目の症状を一覧で挙げてみましょう。 目のかゆみ• 結膜・目の充血• 眼脂(めやに)• 涙・涙目• 目の異物感• 目の痛み• まぶたの腫れ• 目がみにくい 花粉症の90%以上の人が、目のかゆみを訴えるようです。 花粉症による目の症状の検査方法 目の検査ですが、まずは眼脂や結膜部分にブラシ(ブラッシュサイトロジーというブラシ)を使い、結膜や眼脂の中の好酸球というアレルギーを起こす白血球がないか顕微鏡で観察します。 他にも、目に花粉の成分を点眼して、結膜炎を確認する点眼誘発試験があります。 こちらは人工的にアレルギー症状を起こす検査ですので、陽性の場合は少し辛い検査になります。 主に行われるのは、で示した花粉の項目で血液検査で、これによってアレルギーの原因を検査します。 花粉やダニに対するIgEを測定し、陽性であれば花粉が原因と考えます。 花粉症による目のかゆみ・痛みを和らげる方法 「」でも解説しましたが、目の症状に対する対策としても、重要なのはまずアレルゲンである花粉自体を減らすことです。 普通の眼鏡と違い、隙間から花粉の侵入を防いでくれます。 ゴーグル型も有効ですが、最近は、デザインがいい眼鏡が出ています。 普段かけている眼鏡でも目の表面に飛び込む花粉を減らすことができます。 一方、コンタクトレンズは、結膜炎を悪化させたり、花粉が付着しますので、できれば花粉症のシーズンは避けたほうがいいでしょう。 そのため、どうしても必要なら、使い捨てソフトコンタクトレンズの方がいいでしょう。 詳しくは眼科で相談してください。 人工涙液を使って洗うのが効果的です。 しかし防腐剤入りの人工涙液は、安全性からあまり頻回に使うのは避けたほうがいいでしょう。 水道水でもいいのですが、安全性から頻回に使うのは避けたほうがよいかもしれません。 カップ式の洗浄液は、皮膚についた花粉を目に入らないようにするため、顔を洗ってから使うことをおすすめします。 花粉による目の症状に有効な点眼薬 目に直接、薬を使うのが点眼薬。 全身への副作用は少ないのが特徴です 医療機関で処方される点眼薬を紹介します。 上記の方法で目の症状が改善しない場合 ステロイドの点眼薬、眼軟膏と内服、ステロイドの結膜への注射、外科的な治療になります。 まずは、点眼薬が使用されます。 次に眼軟膏、内服、注射になります。 ステロイドの効果は大きいのですが、以下の副作用も問題になります。 緑内障(眼圧の上昇により失明になりうる) 2. 感染症の悪化(ステロイドは免疫を抑える) 3. 白内障(水晶体は白く濁る) 点眼薬は、様々な濃度の薬がありますから、症状に合わせて使用します。 上記の副作用がありますので、できるだけ短期に使用するほうが望ましいです。 外科的な治療による目の症状の緩和法 点眼薬や内服薬で目の腫れなどが改善しない場合、眼科で手術になることもあります。 結膜乳頭増殖という結膜の晴れている状態になっている場合、結膜切除術を行います。 ただし、再発する可能性もあります。 角膜に白いもの(プラーク)がある場合は、こちらも切除します。 まずは、身近でできることから始めて、症状の改善が見られない場合は、医療機関で、治療を受けましょう。 花粉症のメカニズム・原因は、「」や「」を、また、対策や治療法については、「」や「」をあわせてご覧下さい。 (参天製薬).

次の

目の奥が痛いのは疲れ目が原因?頭痛や吐き気からつながる病気は?

目が腫れて痛い

【目の異物感の原因になる主な疾患・病気】 ・ものもらい 麦粒腫・霰粒腫 ・ドライアイ ・結膜炎 ・角膜炎 ・まつ毛が眼球に刺さっている 逆さまつげ ・その他何らかの病気 このように、まばたきをして目が痛む原因はさまざまありますが、主なものから紹介します。 [ものもらい]腫れ・しこりを伴う 俗に「めばちこ」「ものもらい」といわれ、目の周りの汗腺などに細菌が侵入して炎症を起こし腫れや痛み・かゆみを伴う目の病気です。 「はやり目」とは別で、 人にうつすことはありません。 ちなみに、ものもらいは関東地方、めばちこは関西方面の方言です。 詳しくは[]で詳しくご覧いただけます。 感染を広げないためにも ・タオルなどを他の人とは別で使う ・手をよく洗う ・人混みはさける など心がける必要があります。 アレルギー性結膜炎は通年リスクあり 「アレルギー」とは、ある特定の物質に対して過敏に体が反応すること。 原因物質が目の結膜に入り、瞬きの時の目の痛み、かゆみや充血を伴います。 通年の原因で多いのはダニ・カビ・ハウスダスト、季節性はスギなどの花粉です。 その他、ペットの毛、特定の食べ物も原因と鳴ることもあります。 まぶたの裏に小さな粒粒[結膜結石] まぶたの裏に砂のような 小さなツブツブが生じる 結膜結石 けつまくけっせき という症状は、目のゴロゴロ感・痛みを伴うこともあります。 黒目を覆っている「角膜」を傷つけてしまうこともあるため、早めに治療が必要です。 結膜結石の原因は? 結膜結石の原因は、感染・アレルギー・ドライアイなど多岐にわたり、 特定されないことも多く、体質や年齢にかかわらず誰しも発生しやすい目の病気の一つです。 角膜が傷つき炎症を起こす[角膜炎] 角膜は厚さ約0. 5 mmの透明な組織で、俗に 「黒目」と呼ばれている部分です。 その角膜に病原性のウイルスや菌が繁殖した状態を角膜感染症と呼びます。 強い充血• 目の痛み• 大量の目やに などが症状として現れるので、このような場合は早めに眼科を受診することが大切です。 また、単純に目をこすりすぎたりして、角膜がなんらかの原因で傷ついているときにも、 まばたきによって痛みを感じることがあります。 [ドライアイ]は目の乾燥 目の表面が乾燥して、ゴロゴロ感、目の疲れやかゆみ、充血などの目のトラブルを引き起こすのがドライアイです。 また、ドライアイとまではいかなくても、目の酷使でいつも目が乾燥した状態の人は大変多いとされています。 なぜ目が渇く? 目の表面を潤している「涙」が蒸発してしまい、目が渇く原因は ・エアコンによる部屋の乾燥 ・パソコン・スマホの使いすぎ ・車の運転 など、 目を酷使してまばたき回数の減少が主な原因ですが、 強いストレスがある人は、自律神経の働きが低下することで、 涙の分泌を抑制するので目が乾き、異物感が起きやすくなります。 コンタクトレンズの不適切な使用 コンタクトレンズは、大変便利なものですが、 角膜 黒目の部分 を長時間酸素不足の状態にしています。 ですから、正しい使用方法に従わず長時間つけていたり洗浄を不適切にすると、 角膜の表面を傷つけてしまい、異物感や痛みなどが発生します。 ・アレルギー性結膜炎 ・ドライアイ ・角膜炎 これらの目の病気は、コンタクトレンズ使用者に合併して起こりやすい病気とされています。 目に異物が付着 常にむき出し状態になっている「目」。 ふとした拍子にゴミが入ってしまうことは良くありますが、直接指を突っ込んで乱暴に取るわけにはいきませんよね。 【目に入ったごみを上手にとるポイント】 ・水や涙でごみを洗い出す ・まばたきを何度も繰り返して涙を出しで出す ・上まぶたを軽くつまんで目が乾燥しやすくすい状態にする ・濡らした綿棒の先で取り除く などの方法でやさしく取り除くことがポイントです。 [逆さまつげ] まつげが眼球にささっているために、瞬きすると目が痛いとうことも考えられます。 まさか!と思いがちですが、これは 「逆さまつげ」といって目の病気の一つです。 逆さまつげは子供にも多い 逆さまつげは、まつ毛がまだ柔らかく、まぶた周辺の筋肉がまだ発達していない乳児~子供にも多く見られます。 逆さに生えたまつ毛が眼球を刺激して、• 眩しく感じる• 涙や目やにが出る• 目が充血する などの不快感が常にあります。 放置すると角膜まで傷つけて、視力低下を招く可能性もある病気です。 逆さまつげを治すには 逆さまつげを治すには、まつ毛を上向きにするため ・ビューラーを使う ・まつ毛パーマをする ・逆さまつげになっているまつ毛を抜く など方法はいくつかありますが、どれも根本的に解決はしません。 根本的に治す場合は、眼科や美容整形クリニックなど専門機関での治療が必要になります。 目のまわりは雑菌が溜まりやすい! 目の痛みのトラブルは沢山原因はありますが、これらを防ぐためには 目の周りや目の中を清潔に保ち乾燥させない ということが大きなポイントになります。 とくにまつ毛の根元は、 もともと雑菌がたまりやすい場所です。 ・汚れた手やタオルでこすらない ・アイメイクはほどほどに ・前髪が目にかからないようにする ・コンタクトレンズは清潔に ・目を温め血行をよくする など日ごろから目を労わりましょう。 まばたきで目が痛くなる他の原因 「瞬きするたびに目が痛い」という原因は、他にもいろいろ考えられます。 虫刺され 虫刺されというと夏場に「蚊」による虫刺されをイメージしやすいですが、 「ダニ」による虫刺されにも注意が必要です。 ハウスダストの原因の一つであるダニに、まぶたを刺される可能性もあるので、特に布団やじゅうたんなどこまめな掃除・洗濯などを心がける必要があります。 まばたきをして目の奥が痛むのは特に注意 「まばたきをして目が痛む」という時、 痛む場所が 「目の奥」の場合はちょっと注意が必要です。 目の奥には神経が通っている! 目の周囲にある 「三叉神経」が痛みをはじめとした感覚を脳に伝えているため、 目は痛みに対する感覚がとても鋭い場所です。 ただの異物が入った時に目の痛みは、表面上のものでチクチク、コロゴロした感じに対し、 神経からくる目の奥の痛みはドーンとした感覚で重く感じます。 目の奥の痛みの原因 目の奥の痛みは、先ほどお話しした• 目の酷使• ドライアイ でも起こりえますが、• 視神経炎• 目の奥の炎症• 緑内障• 角膜炎 など、 深刻で失明に繋がりかねない病気の前兆の場合もあるため注意が必要です。 まとめ まばたきをした時の目の痛みの考えられる原因についていくつか紹介いたしました。 いづれも大切な対処法としては、目をこすったりさわったりしないこと、 そしてきちんと病院 眼科 に行くことです。 コンタクトレンズを着用しているひとは、その分目のトラブルも引き起こしやすくなるので、 しばらくメガネなどに変えて様子を見てみることも大切です。

次の