日本 フィル ちょい 聴き。 日本フィルハーモニー交響楽団、stay homeしながら “ちょい飲み”感覚で本格的な演奏に出会える 「クラシックちょい聴き」プロジェクトをスタート

日本フィル、stay homeしながら本格的な演奏に出会える「クラシックちょい聴き」プロジェクト開始

日本 フィル ちょい 聴き

みなさん、日本のオーケストラ聴きに行っていますか?? 先日、 日本のクラシック音楽ファンは減ってないのではないか、という仮説を示すための具体的な数値に「日本プロフェッショナルオーケストラ年鑑」のデータを使用しました。 で、ついでに、おまけというか遊びとして、 各オーケストラの演奏回数、会員数、入場者数、収入のデータでランキングを作ってみました。 データは2013年度のものです。 対象はオーケストラ連盟に加入している25団体で、次のオーケストラが該当します。 札幌交響楽団 仙台フィルハーモニー管弦楽団 山形交響楽団 群馬交響楽団 NHK交響楽団 新日本フィルハーモニー交響楽団 東京交響楽団 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 東京都交響楽団 東京ニューシティ管弦楽団 東京フィルハーモニー交響楽団 日本フィルハーモニー交響楽団 読売日本交響楽団 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 オーケストラ・アンサンブル金沢 セントラル愛知交響楽団 名古屋フィルハーモニー交響楽団 京都市交響楽団 大阪交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 日本センチュリー交響楽団 兵庫芸術文化センター管弦楽団 広島交響楽団 九州交響楽団 見てわかるように、人口が集中してるからとはいえ 関東圏集中です。 北海道1 東北2 東京以外の関東2 東京9 中部3 大阪以外の近畿2 大阪4 中国1 四国0 九州1 という分布です。 準加盟団体8団体まで含めた場合の地方別分布は、 北海道1 東北2 関東13 中部5 近畿10 中国1 四国0 九州1 の計33団体となりますが、 関西以西の少なさは少し問題かもしれませんね。 では、ランキングを見ていきましょうか。 依頼公演が273回という圧倒的なこなし方によります。 たしかにいろんなイベントのバックとかで演奏してますものね。 営業的にもそこを中心にしてらっしゃるのでしょうか。 一方、 関西圏のオーケストラが演奏回数は少ないという結果になってます。 理由はなんでしょうね? ついでに自主公演(定期演奏会を含む)の多少もランキングしてみましょうか。 <自主公演の多い5団体> 山形響 118回 群馬響 103回 日フィル 91回 NHK響 72回 読売日響 72回 <自主公演の少ない5団体> 東ニューシティ 10回 東シティ 19回 大阪響 23回 関西フィル 24回 九州響 25回 定期公演という名称だと読売日本交響楽団とNHK交響楽団が年間50回以上こなしている団体になりますが、定期公演の回数最も少ない部類になる群馬交響楽団がその他の自主公演回数で合計では2番目に多いというのもなかなか珍しい。 その団体が固定的な客層(まぁ、個人とは限らないでしょうが)を獲得するのに熱心か、固定客がいるかってことの物差しになるかな。 <多い5団体> NHK響 9222名 読売日響 6144名 日フィル 5322名 兵庫芸文管 4798名 東京都響 4735名 <少ない5団体> 東ニューシティ 182名 セントラル 227名 東シティ 554名 関西フィル 565名 仙台フィル 637名 やはりNHK交響楽団が一番多いんですね。 統計を見ると少し前まで1万人を超えていたのですが、この数年は少し減らしているようです。 あと兵庫芸術文化センター管弦楽団の多さもなかなか健闘してるといえましょう。 関東圏以外ではダントツの多さです。 関東圏は全般に会員数も多いですが、 地方では札幌交響楽団の2722名、あと、大阪交響楽団、京都市交響楽団、アンサンブル金沢が2千人を超えています。 定期会員の人数はやはりその団体への愛着、聞きに行きたいというプログラムの比率、団体の営業方針といったものが反映しているのでしょう。 <多い5団体> 東フィル 593802名 神フィル 275769名 東京響 251562名 東京都響 238355名 日フィル 219243名 <少ない5団体> セントラル 54719名 センチュリー 59483名 大阪響 73000名 関西フィル 84000名 山形響 84300名 公演回数が圧倒的に多い東京フィルハーモニー交響楽団が入場者数でも圧倒的な1位なのは当然としても、 神奈川フィルハーモニー管弦楽団が2位というのがなかなか意外。 そしてNHK交響楽団が6位でベスト5に入らないというのも少し意外かも。 入場者数の少ない団体は地方で演奏回数も多くないところということになってしまいますね。 全般に地方の団体は入場者数は伸ばせていません。 地方で入場者数が多いのは札幌交響楽団と兵庫芸術文化センター管弦楽団あたりです。 ただ、入場者数は公演回数に依存するので、公演あたりのは入場者数も見てみましょう。 <1公演あたり入場者数の多い5団体> 東フィル 1839. 1人 NHK響 1833. 9人 神フィル 1779. 2人 東京都響 1702. 5人 兵庫芸文管 1584. 7人 <1公演あたり入場者数の少ない5団体> 山形響 439. 1人 仙台フィル 640. 4人 セントラル 701. 5人 関西フィル 711. 9人 センチュリー 762. 6人 やはり東京は公演あたりの人数が多い、というか、それができないとそもそも維持できないというのもあるでしょうが、一方で地方はやはり少ないですね。 山形交響楽団の少なさはどういう理由によるのか、ホールサイズや公演の種類にも関係あるのかもしれませんが。 ちなみに 地方で公演あたり1200名以上を集客できているのは、札幌交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニーの3団体です。 その前にざっと 収入全体の傾向にも触れておきます。 これは 演奏収入以外に公的、民間の補助金、助成団体の収入などすべてが含まれますが、 NHK交響楽団が30億円以上であるのを除けば、東京都内のメジャーオーケストラ6団体が10億円以上規模(読売日本交響楽団と東京フィルハーモニーが20億円以上)ですが、地方では神奈川フィルハーモニー、名古屋フィルハーモニー、札幌交響楽団、京都市交響楽団が10億円前後、その他はそれ以下という感じです。 つまりは、そのような人件費や公演開催、広報を賄うお金のうち、どれほどが演奏収入でまかなえているかも重要なポイントといえます。 <演奏収入の多い5団体> 東フィル 16億9461万円 NHK響 13億4323万円 東京響 10億7711万円 日フィル 10億3284万円 新日フィル 7億4404万円 <演奏収入の少ない5団体> セントラル 1億1543万円 京都市響 1億9479万円 センチュリー 2億0498万円 兵庫芸文管 2億5412万円 東シティフィル 2億7045万円 ここでも地方で、演奏回数が少なく、入場者数が少ないと演奏収入が少ないことがわかりますが、もう一つのポイントは客単価です。 演奏収入を入場者数で割った値を見てみましょう。 <客単価の高い5団体> NHK響 6482円 仙台フィル 5490円 日フィル 4711円 読売日響 4679円 大阪響 4636円 <客単価の低い5団体> 兵庫芸文管 1382円 京都市響 1771円 神フィル 1875円 東シティフィル 2080円 セントラル 2109円 NHK交響楽団の高さもさすがという感じですが、一方で2位に仙台フィルハーモニーが入っているのが意外です。 ただ、客単価というか、コンサート全体の値段のつけ方と集客の関係性を見てみると、都会である程度の客が集められるところでは、高い価格のコンサートと、イベントやファミリー向けなど親しみやすく値段も手頃なコンサートも量的にこなすことで客単価全体の平均はそこそこになります。 また、 地方の団体であっても、自治体などの補助金や助成で収入を賄えるところは、安めのコンサート多く開き集客します。 人数は集まりますが客単価は低くなります。 京都市交響楽団や兵庫芸術文化センター管弦楽団、神奈川フィルハーモニーはこのパターンですね。 そして地方でも助成にそれほど頼れないなら、値段と集客のバランスをうまくとってなんとか運営していかなくてはならないわけで、地方でも客単価はそこそこ高めの団体がちらほらと見受けられます。 演奏収入以外の収入割合の高い、低い団体もみておきましょう。 <補助、助成金割合の高い5団体> 京都市響 80. 1 トップオーケストラとして集客、財政いずれも規模の大きいオーケストラ 東京都内のメジャーオーケストラが相当します。 代表が NHK交響楽団でしょう。 客単価も高く、自主公演中心で十分に客も集まり、NHKによる財政支援もある。 それに準ずるのが 読売日本交響楽団や東京都交響楽団という感じ。 日フィル、新日フィル、東響は支援はないけれど、客単価を高めでも集客でなんとかやっていける感じ、 東フィルはそこに大量の公演でもカバーする感じでしょうか。 2 地方で財政支援と演奏収入をバランスよく堅実に運営されているオーケストラ 札幌交響楽団、仙台フィルハーモニー、アンサンブル金沢、名古屋フィルハーモニー、大フィル、広島交響楽団、九州交響楽団が相当します。 客単価は3千円から4千円着実にとりつつ、収入の半分程度は自治体中心の支援を受けている団体ですね。 地元の文化発信としての位置付けがある限り、これはこれで安定しているといえましょう。 3 文化発信の場として客単価は安く、支援を手厚く受けているオーケストラ 京都市交響楽団と兵庫芸術文化センター管弦楽団が代表がですね。 客単価は千円台という割安感のあるオーケストラです。 その分、支援が続かなくなると大変でしょうけど、多分大丈夫でしょう。 2と3の境目あたりが山形交響楽団、群馬交響楽団、神奈川フィルハーモニーでしょうか。 この他に、 やや収益規模が小さめな、日本センチュリー交響楽団、関西フィル、大阪交響楽団、東京シティフィル、東京ニューシティ管弦楽団、セントラル愛知交響楽団がある感じです。 こうやってみていくと、全国のバランスからいって、東京にプロオーケストラが多すぎる感じはするものの、それでもコストのかかる中、これだけの団体が成り立っているのはすごいことに思えます。 それに対して 京阪神が団体の数あるものの、いずれもやや規模的にも集客的にも客単価にしても食い合いしていて、つらい状況に見えます。 大阪に集めずにもう少し、関西と中国、四国とのアクセスいいところにばらけてたらいいんじゃないかと思いますが、それを支える聴衆と自治体がないんでしょうね。 時間をかけて育てるだけのものもなさそう。 兵庫芸術文化センターあたりが、もっとお金を取れて客も集められる大きなオーケストラになれたら変わるかも。。。 といった、分析でした。 みなさんは、日本のオーケストラ聴きに行っていますか??(と、冒頭に戻る、、、.

次の

日本フィル、stay homeしながら本格的な演奏に出会える「クラシックちょい聴き」プロジェクト開始

日本 フィル ちょい 聴き

だからといって、本格的な音楽が楽しめないわけではない。 日本フィルハーモニー交響楽団は、おうちにいながらでも本格クラシックを満喫してもらおうと、ちょい飲み感覚で楽しめる「クラシックちょい聴き」プロジェクトをスタート。 専用サイトで、日本フィルのほか、札幌交響楽団・広島交響楽団など全国各地の音楽を無料で視聴できる。 クラシック映像が配信されるのは、テレビマンユニオンと日本フィルの専用サイト上。 コンサートの臨場感あふれるカメラワークも特徴だ。 1回の長さは平均約10分なので、クラシック初心者でも気軽にトライできる。 ファン向けの長編 約1時間 もある。 sso. njp. sendaiphil. tkwo.

次の

日本フィルハーモニー交響楽団が「クラシックちょい聴き」プロジェクトスタート

日本 フィル ちょい 聴き

新型コロナウイルス感染拡大の影響でコンサートの中止や延期が相次いでいるクラシック音楽界。 ここに来てwithコロナを前提に、新しい生活様式に則した公演再開の動きが出て来た。 日本フィルハーモニー交響楽団は10日に、新型コロナ騒動後、初めてとなる演奏会『とっておきアフタヌーン』を無観客のサントリーホールにて有料動画配信という形で実施。 一方、 京都フィルハーモニー室内合奏団は13日に『室内オーケストラの夏!』と題した「第225回定期演奏会」を、新型コロナ騒動後初めて観客を入れる形で開催した。 演奏者同士のソーシャルディスタンス確保やマスク着用、管楽器奏者の飛沫の問題など、演奏する側の課題に対して、どのような形で演奏会は行われたのか。 また京都フィルの演奏会では、指定された座席への振り替えや、入場時の体温チェックと手消毒、マスク着用の徹底、自身による の切り離しや、プログラムの受け取りなど観客側の課題に対して、どのような対応で臨み、観客の反応はどうだったのか。 これらは今後、コンサート実施のメルクマールとなる事からも、クラシック業界のみならずエンタメの世界からの注目度も高く、テレビ局や新聞社などマスコミの取材も多く訪れており、この日のSNSではこの話題に関する書き込みが溢れた。 ここでそれぞれの演奏会について、確認しておこう。 日本フィルの『とっておきアフタヌーン』は、日本フィルにとって3ヵ月ぶり、サントリーホールにとっては2ヵ月ぶりとなる演奏会。 日本オーケストラ連盟加盟37団体のうち新型コロナ騒動後初めての演奏会は、無観客による有料動画配信という形で行われた。 日本フィル「ソーシャルディスタンス・アンサンブル」 C サントリーホール この日の日本フィルは、その名もずばり「ソーシャルディスタンス・アンサンブル」と名乗る弦楽器のみの出演。 十分な間隔を空けて並ぶ奏者は、1stヴァイオリンから順に、6-6-4-3-2 の21名による編成。 ステージ上はひな壇を使用し、プルトごとに舞台がせり上がる仕組みで、譜面台は一人一台使用。 奏者はマスクを着用せず、指揮者の広上淳一だけが終始マスクを着用していた。 奏者と指揮者はお互いがよく見えるが、コンサートマスターの位置からは全体を見通しにくかったのではないか。 プログラムとしては4曲構成、休憩なしの1時間で収まるショートサイズ。 2曲目のエルガー「愛の挨拶」では、コンサートマスター田野倉雅秋が見事なソロを聴かせたが、演奏終了後、指揮者広上淳一とは接触を避け、エア・ハイタッチ! 終始マスク着用で通した指揮者 広上淳一 C サントリーホール 日本フィルの出演者を代表して、コンサートマスターの 田野倉雅秋にハナシを聞いた。 しかし、翌日の疲労感は想像以上でしたね。 それだけ集中していたのだと思います。 丸一日怠く、思考の鈍さを感じました。 一応、その次の日には元通りでしたが(笑)。 ーー ソーシャルディスタンスは演奏し辛くなかったですか? 音の聞き取り具合においては、特にヴァイオリンは縦に並んでいることもあって、前後の間隔をより広げたため、後ろからの音が感じにくく、自分の音がより孤立している感じがしました。 しかし、スタンドパートナーがいない分、お隣2nd ヴァイオリンの音はとてもよく聞こえてきました。 その他のパートについてはフォアシュピーラー同士の距離が広がったのでアンサンブルに少々難しさを感じましたが、それは皆で気をつけ合うことで凌げました。 アイコンタクトを取る為、これまでより顔を上げなければいけなかったのが最初は気になりました。 コミュニケーションに関して、自分が受け取ることに加え、伝えることが十分かどうか、いつも以上に気になりました。 普段、演奏中に周りの奏者からのフィードバックを得ることでコミュニケーションの手応えを得ているからだと思います。 ーー 読者の皆様にメッセージをお願いします。 自粛生活の間、みんな色々な事を考えたり感じたりしながらそれぞれの時間を過ごして来ました。 自分と向き合う時間が増えた事は、今後の音楽づくりにも影響があると思います。 表現においてはより自主性が必要になり、その質が求められると思います。 今回、3ヵ月ぶりにみんなと再会して、色々な思いが一気に噴出しました(笑)。 仕事があることがどんなに安堵感につながるか、本当に実感しました。 これまでの約3ヶ月、私たち演奏家のように、仕事をしたくても出来ない人達もいれば、かえって忙しくなり、身体を張って、命をかけて働かなければいけない人達もいます。 オーケストラの組織の中でも、事務局、舞台スタッフ、演奏家と、その役割によって状況は大きく違います。 皆さま、私達日本フィルの活動にこれまで以上のご声援を賜れば、たいへんありがたく存じます。 どうぞ引き続きよろしくお願い致します。 は然るべきタイミングまでに購入し、決済はクレジットカードやコンビニ払いなどで済ませ、登録してあるIDとパスワードでチェックイン。 同時視聴できる端末の数は1台と限られているので、購入数を超えて視聴者が出る可能性はない。 1枚に対して1名の入場が徹底されるカタチだ。 開演時間に視聴する端末の前でスタンバイしていると、ワクワク感や緊張感もあって、本物の演奏会に来ている感覚に浸れる。 今後このスタイルのコンサートがきっと増えるだろうと確信した。 このシステムを経験出来た事も、今回の演奏会の成果の一つだった。 管楽器奏者の前には飛沫を防ぐアクリル板を設置 C H. isojima この演奏会に指揮者は無し。 コンサートマスターが中心となって、アンサンブルをまとめるのだが、ソーシャルディスタンスを空けて指揮者無しで演奏するのは、相当難しいように思われた。 客席はソーシャルディスタンスを第一に客席が作られているため、席の振り替え作業などで混乱を予想していたが、事前に定期会員や 購入者との間で対応済みだったのか、受付窓口はスムーズに流れていた。 マスク着用のチェックや手消毒のほか、プログラムは各自でピックアップする方式が採られていた。 日本フィルと京都フィルのコンサートを見ていて、対応が違う所は、共にソーシャルディスタンスを空けているものの、弦楽器奏者がマスクを着用するかしないかという点だ。 この問題、ウィーンフィルなども実験をやっていて、飛沫の問題なし!という事で、彼らはソーシャルディスタンスを取らず、マスクも着用せずに演奏するシーンがテレビのニュースでも放送されたが、見解が分かれるところだと思う。 随所で行われている実験結果と、政府や自治体、各ホールで取り決めたガイドラインに沿った対応がこの先、検討される事となるのだろう。 開演前には京都フィル田中美幸 理事長が挨拶 C H. isojima ーー 開演前の挨拶のところで、思わず声を詰まらせるところがありました。 そうですね。 いつも応援して下さる定期会員さんの顔を見たら、ついこみ上げるものが有りました。 皆さん、待ってたよ!って言って下さっていて…。 3カ月ぶりですが、やれて本当に良かったです。 ーー 昨日、久し振りにリハーサルをやって、メンバーのみなさんはどう言われていますか。 いつもと違う間隔を取っている事で、0コンマ何秒か音がズレるそうなんです。 それを合わせるために必要なアイコンタクトを取るにも、間隔が開き過ぎているのとマスクで顔が見えないことなどもあって、勝手が違って難しいみたいでした。 昨日のリハーサルは随分時間をかけて丁寧にやってました。 いつもなら問題ないのですが、あれだけ離れるとやっぱり難しいようですね。 「何で指揮者いないの!」って怒られました(笑)。 けれどみんな、久し振りに合わせられて嬉しかったと思います。 私も、当たり前にやって来たナマ音で自由に表現する事が、こんなにも尊いものだったんだと、改めて実感しました。 昨日、久し振りにホールに来たんですが、お掃除のおばちゃんに「お帰り、待ってたわー。 私らがしっかり掃除してるし、コロナは大丈夫!手が触れる所も全部、よう拭いてるし!絶対(感染者を)出さへんから安心して演奏してなー」って言っていただいて…。 ホント、演奏会って皆で作り上げてるんですね。 その事に気付いて感激でした! これからも京都フィルをよろしくお願いします! C H. isojima 新型コロナ騒動後の注目の演奏会が二つ、共に大成功で終わった。 今回の演奏会を通して、問題点が数多く見えた事もまた事実だ。 新型コロナウイルス感染予防と音楽的なこだわりをどう両立させていくのか。 そして、それを収益にどう繋げていくのか。 問題は山積み状態だが、まずは最初の一歩を踏み出せた事を素直に喜びたい。 この演奏会を皮切りに、全国のオーケストラが次々に演奏会を行うようだ。 現在判っている演奏会は次の通り。 日本センチュリー交響楽団「ハイドンマラソンHM. ステイホーム中に偶然見た、リモートアンサンブルによる『パプリカ』の演奏でオーケストラに初めて触れ、「オーケストラって意外とイイネ!」と思った人も多いだろうが、ぜひナマのオーケストラサウンドに触れて頂きたい。 100人ほどのオーケストラで奏でる大音量のサウンドも迫力十分だが、100人で奏でるピアニッシモ、弱音の響きには「100人でこんなに緊張感のある小さなサウンドが出せるのか!」と心震えるはずだ。

次の