枕草子の作者。 『春はあけぼの~』枕草子の内容とは?作者【清少納言】の本名や後世に残した作品

枕草子の作者はどんな人?

枕草子の作者

定子の父親である藤原道隆は、関白として天皇に代わり権力を握っていました。 これが摂関政治です。 道隆が亡くなると定子の叔父が関白職を継承。 しかしその叔父も急死してしまいます。 そこで政権は藤原道長に移行。 有力な後ろ盾を失った定子は、一条天皇の后という立場であるにも関わらず、宮中で居場所を失ってしまうのです。 次々と不幸にみまわれた中宮定子は出家することに。 このとき定子は一条天皇の子供を身ごもっていました。 子供を産んだ定子は、一条天皇の強い願いで宮中に帰ります。 しかし、定子の境遇は以前のように恵まれたものではありませんでした。 摂関政治で栄華をほこる藤原道長との勢力争いに敗れた立場を象徴するのが、まさに定子のサロンだったのです。

次の

清少納言とは?日本三大随筆「枕草子」の作者は毒舌三昧の今どきキャリアガールだった?

枕草子の作者

定子の父親である藤原道隆は、関白として天皇に代わり権力を握っていました。 これが摂関政治です。 道隆が亡くなると定子の叔父が関白職を継承。 しかしその叔父も急死してしまいます。 そこで政権は藤原道長に移行。 有力な後ろ盾を失った定子は、一条天皇の后という立場であるにも関わらず、宮中で居場所を失ってしまうのです。 次々と不幸にみまわれた中宮定子は出家することに。 このとき定子は一条天皇の子供を身ごもっていました。 子供を産んだ定子は、一条天皇の強い願いで宮中に帰ります。 しかし、定子の境遇は以前のように恵まれたものではありませんでした。 摂関政治で栄華をほこる藤原道長との勢力争いに敗れた立場を象徴するのが、まさに定子のサロンだったのです。

次の

清少納言の作品【枕草子】とはどんなモノなの?わかりやすくカンタンに!

枕草子の作者

スポンサーリンク 『枕草子』とは? 『枕草子』は平安時代の中ごろに書かれた随筆集です。 「随筆」は今でいうところのエッセイ。 身の回りで起きた出来事や、見聞きしたニュースなどについて自分の感想を書いたものです。 作者は清少納言という人物。 清少納言は一条天皇の妃・藤原定子に仕えていて、華やかな宮中での生活での体験や出会った人々についての感想を『枕草子』に綴っており、段数(話のネタの数)は約300に及びます。 内容から考えると、995年ごろには一部ができあがり、1001年ごろまでには完成していたと考えられています。 書き出しの「春は曙(あけぼの)。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くなびきたる(春は夜がちょっとずつ明けていくころがいい。 山と空の境目がしだいに白くなっていき、少し明るくなったところに、紫がかった雲が細くなびいているのがいい感じ)」というフレーズはとても有名ですね。 古文や歴史の授業でもよく出て来るので、すでに習ったという方も多いのではないでしょうか。 『枕草子』の特徴 それではこの『枕草子』とは、一体どのような特徴がある作品なのでしょうか。 枕草子を語る上で絶対に外せない言葉に「 をかし」「 いとをかし」という言葉があります。 「をかし」とは古文では「趣がある、滑稽だ、魅力的だ」など、さまざまな意味がありますが、感情のままに「イイね! おもしろいね!」ではなく、客観的・理知的に「これはこういう理由で、こういう点がおもしろいね」と評価するニュアンスが含まれています。 平安時代では「趣がある、風情がある」という意味で使われることが一般的でした。 清少納言は『枕草子』の中で、「をかし」をたくさん使っているのですが、この「をかし」をたくさん使ったという事は、彼女がものごとを客観的にとらえて文章を書こうとした証拠だとも考えられています。 『枕草子』で「をかし」が使われている文章を挙げておきます。 生年月日不明• 父は清原元輪という有名歌人(天皇に仕えた人)• 手紙を送り合っていたので教養がある人物だったことが伺える• 晩年は孤独な生活だった まず、清少納言は女性です。 これは言うまでもないことかもしれませんが、念のため記載しておきます。 清少納言が本名なのかどうかは実際のところ分かっていません。 もしかしたら、 今でいうペンネーム的なものなのかもしれませんね。 生まれた年も実際のところは分かっていません。 清少納言の父は清原元輔という有名な歌人でした。 村上天皇に仕えた人です。 清原家は代々和歌の名門として知られていました。 清少納言は橘則光という貴族と結婚しましたが離縁してしまいました。 993年ごろから藤原定子に仕えるようになります。 歌人の家系に生まれただけあって和歌はもちろん、漢文にも詳しかったのが清少納言です。 藤原定子から信頼されただけでなく、藤原公任(和歌で有名な人物)や藤原行成(書道で有名な人物)といった一流の文化人たちとも交流しました。 この時代の交流というと、歌や手紙を贈りあうことです。 定子には約10年仕えましたが、1000年に定子が出産時に亡くなると宮中を去っています。 その後は、20歳ほど年上の藤原棟世と再婚し、棟世が赴任していた摂津国 現在の大阪府・兵庫県にまたがる地域 に身を寄せていたようです。 晩年は出家して孤独な生活を送ったといわれています。 まとめ• 『枕草子』はエッセイ集だった• 枕草子は「をかし」がたくさん使われているのが特徴• 今でいうブログの感覚に似ている 『枕草子』は現代風にいえばエッセイ集です。 清少納言は頭がよくて切り口鋭いエッセイストといったところでしょうか。 「これはステキ!」「これはイケてない」ということがたくさん書かれているため、「エッセイというより、むしろブログだ」という声もあります。 そう思うと、一気に身近なものに感じられます。 『枕草子』は、同時代の作家である紫式部が著した『源氏物語』と対比して語られることがよくあります。 源氏物語が『もののあはれ』を題材に、しみじみとした情感を表した『静』の文学であるとすれば、『枕草子』は『をかし』を題材に、新鮮さや知的好奇心をくすぐられる感情を表した『動』の文学といえるかもしれません。 清少納言が『枕草子』の中で一貫している『をかし』は、独特の美的感覚です。 普通の感覚ならば、朝焼けや夕暮れ、川を飛び交う蛍などを見て、「ああ、きれいだなあ」と感じるだけのところを、清少納言は一度頭で考えて、知的な美や楽しみを見出し表現しているのです。 『をかし』の例として、随想的章段の代表である「春はあけぼの」から始まる段の一節を読んでみましょう。 この段は、みなさんもよく知っている、『枕草子』の冒頭です。 春の文章は丸暗記している人も多いと思うので、ここでは、この段の冬の部分をご紹介します。 原文:冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。 現代語訳:冬は早朝が良い。 雪が降っている時は言うまでもない。 霜がおりて白くなっているのも、またそうでなくても、とても寒い時に、火を急いでおこそうと炭を持って廊下を渡っていくのも、冬の朝に大変似つかわしい。 昼になってだんだんと暖かく、寒さがやわらいでいくと、火鉢の炭火も白い灰が目立つ状態になって、見劣りがする。 いかがでしょうか? 実際に読んでみると、ただ冬の早朝の風景が「きれい」や「美しい」というだけにはとどまらない、清少納言の知的感性が表れていることが分かります。 みなさんも、清少納言を見習って、日常の何気ないできごとや風景を、知的に眺めながら楽しめる感性を磨いてみてはいかがでしょうか。 きっと新鮮な発見があり、これまで考えてもみなかった視点に気づくことができるはずです。

次の