給付 奨学 金 と は。 高校生等奨学給付金の新入生に対する一部早期給付/育英奨学室/とりネット/鳥取県公式サイト

高校生等奨学給付金制度について(国公立高等学校向け)

給付 奨学 金 と は

「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』 ~ 学びの継続給付金 ~• 新着情報 令和2年6月4日 特によくあるご質問を更新しました。 令和2年5月27日 英文の資料を公開しました。 令和2年5月19日 関係資料を掲載しました。 特によくあるご質問 Q 支援対象を誰がどのように決めるのですか。 A 学生が各大学に申請を行い、大学が選考した上で学生の推薦リストを作成し、日本学生支援機構(JASSO)に提供頂きます。 その上で、JASSOが学生に対して現金を支給します。 Q 自分の通う学校が対象となるか教えてほしいです。 A 大学・短期大学(専攻科、別科及び大学院を含む)、高等専門学校(第4・5学年及び専攻科に限る)、専門学校及び日本語教育機関が対象となります。 Q この4月に大学に入学した者は対象になりますか。 A アルバイトを予定しており、得られるはずであった収入が得られなかった場合は対象となります。 申請の際、その旨を自己申告いただきます。 Q 自宅生は対象外ですか。 A 自宅生でも、家庭から学費等の援助を受けていない場合は対象となり得ます。 この場合、家庭から学費等の援助を受けておらず、自ら賄っていることを大学等に自己申告頂きます。 Q 具体的な要件はありますか。 A その他詳細については、・を参照ください。 Q 留学生が成績優秀者の上位3割しか対象にならないと聞きましたが、本当ですか。 A 成績上位3割に限るものではありません。 詳細は、Q2-7-3を参照ください。 Q 本給付金について、LINEでの申請ができると聞きましたが、本当ですか。 A LINEによる申請に対応しているかどうかは、学校によって異なります。 所属の学校に確認をお願いします。 Q 学生本人が住民税非課税であることの証明書を出せば20万円支給になりますか。 A 20万円支給となるのは、原則として学生の生計維持者(保護者等)が住民税非課税であることが必要になります。 学生本人が住民税非課税であるからといって、20万円支給となるものではありません。 Q 申請の締切はありますか。 A 本給付金は、学生の申請をもとに学校が選考し、JASSOに推薦することになっています。 学内の締切は学校により異なりますので、所属の学校に確認ください。 なお、JASSOへの推薦は2回に分けて行います。 学校からJASSOへの1次推薦は6月19日を締切としています。 今後、2次推薦も予定されています。 (参考情報)高等教育の修学支援新制度・貸与型奨学金•

次の

給付奨学金(家計急変)

給付 奨学 金 と は

高校時代は家計の負担が重くなります 2010年度に導入された「高校無償化制度」(厳密には「高等学校等就学支援金制度」)に、。 これによって浮いた税金をベースに創設されたのが、 「高校生等奨学給付金制度」です。 これは、低所得世帯(非課税世帯)が授業料以外の教育費(教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、教科外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費、修学旅行費等)に充てるために、世帯構成等に応じて給付されるもので、つまりは、返さなくていい奨学金です。 低所得層ほどより負担が重くなるのが教育費ですが、給付金を支給することで高校生の修学をサポートするのが目的です。 元々はそれぞれの自治体ごとに高校時代の助成制度などがありましたが、これにスタンダードとなる支給基準(=国の補助基準)が設けられた形でもあります。 これによって、高校時代の支援の仕組みは、 「高等学校等就学支援金制度」+「高校生等奨学給付金制度」で整理されました。 さらには、自治体独自で 「私立高校等授業料軽減助成」などを給付している場合もあります。 なお、「高校生等奨学給付金制度」を実施しているのはあくまでも各自治体(都道府県)ですので、国の基準通りでない場合もあります。 より手厚くなっていることもありますので、住んでいる自治体で確認が必要です。 高校生等奨学給付金制度の対象世帯を確認 高校生等奨学給付金制度を利用できる条件は下記の通りです。 基準日(7月1日)までに、次の全てに該当する世帯が対象となります。 高等学校等就学支援金制度の対象になる高校等のうち、特別支援学校の高等部だけは対象外です。 通信制は対象になっています。 生徒1人当たりの支給額はいくら? 生徒1人当たりの支給額は、国公立か私立か、また、第2子以降は「15歳以上23歳未満の兄弟姉妹」がいるかどうかで異なります。 実際には、都道府県ごとに内容が異なる可能性がありますので、具体的な要件や給付額、手続きについては、住んでいる自治体で確認が必要です。 <支給額>(国の補助基準) (1)生活保護受給世帯 (全日制・通信制) 国立・公立高等学校等:年額3万2300円 私立高等学校等:年額5万2600円 (2)市町村民税所得割額が非課税世帯(生活保護受給世帯を除く) ・第1子の高校生等 国立・公立高等学校等:年額8万2700円(通信制は3万6500円) 私立高等学校等:年額9万8500円(通信制は3万8100円) ・第2子以降の高校生等(15歳以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる場合) 国立・公立高等学校等:年額12万9700円(通信制は3万6500円) 私立高等学校等:年額13万8000円(通信制は3万8100円) 「15歳以上23歳未満の兄弟姉妹」がいる第2子以降の高校生で、私立高校に通う場合が、支給額が最も大きくなります。 年間で13万8000円と大きな額ではありませんが、教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、教科外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費などの分ということです。 家計の中で、高校時代の教育資金が不足する世帯では、も大きな支えになることでしょう。 高校生等奨学給付金制度の問い合わせや手続きは? 高校生等奨学給付金制度についての問い合わせや申請は、保護者(親権者)が住んでいる自治体の窓口になります。 保護者が住んでいる自治体と生徒が通学する高校のある自治体が異なる場合は、保護者の住民票がある自治体となりますので、間違えずに! 各都道府県への問い合わせ先一覧はにもあります。 【関連記事】•

次の

愛媛県庁/愛媛県私立高等学校等奨学のための給付金について(私立用)

給付 奨学 金 と は

更新日:2019年6月21日 奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)について 奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)とは 平成26年度から、一定の所得未満の世帯を対象に高校生等奨学給付金が創設されました。 高校生等奨学給付金は、授業料以外の教育費負担を軽減するための、返済不要の給付金です。 支給要件 令和元年7月1日現在において、次の1から4の要件を、すべて満たしている方が支給の対象となります。 生徒が、平成26年4月1日以降に高等学校等就学支援金の支給対象校に入学している。 保護者等(親権者)が、沖縄県内に在住している。 令和元年7月1日現在、学校に在学している。 保護者等(親権者)全員の「道府県民税及び市町村民税所得割」が非課税、又は生活保護(生業扶助)受給世帯である。 詳しくは下記参考資料をご参照ください。 申請に必要な書類について 世帯の状況によって提出書類が異なります。 代理人提出の場合は、の提出をお願いします。 15歳(中学生を除く)以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる• 通信制の高校生等である兄弟姉妹がいる• 対象生徒が県内の国公立高等学校等に在籍している場合 【申請期間】 各高等学校が定める期間 【提出先】 各高等学校• 対象生徒が県外の国公立高等学校等に在籍している場合 【申請期間】 令和元年7月1日(月曜日)~令和元年8月30日(金曜日) 【提出先】 下記に郵送または、直接ご持参ください。 〒900-8571 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 沖縄県教育庁教育支援課(県庁13階).

次の