仮想通貨 リスク。 仮想通貨は怪しいもの??コインチェックの多額流出事件から考える投資のリスク

仮想通貨Lisk(リスク)とは?〜取引できる取引所と将来性について|仮想通貨の将来への可能性〜初心者から稼ぐ投資方法

仮想通貨 リスク

通貨名: リスク LISK ティッカーシンボル: LSK 開発者: Max Kordek リリース日: 2016. リスクはサイドチェーンを実装したプラットフォームで、サイドチェーン上でさまざまな処理を行ったり、独自のシステムを構築することによって独自性の高いアプリケーションを構築できます。 また、コンセンサスアルゴリズムに Delegated Proof of Stake DPoS を採用しているのも特徴といえるでしょう。 これらの特徴については後ほど詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。 公式Twitterでは最新の情報がいち早く配信されるので見逃せません!他にも開発者コミュニティ Discord等 もあるので、こちらもあわせてチェックしましょう。 チャートの動きを見てみると2017年後半から徐々に価格を上げていき、2017年12月には一気に高騰していることがわかるでしょう。 その後、2018年に入ると一転して暴落しています。 この動きはBTCなどと同様の値動きで、仮想通貨市場全体の値動きにつられてリスクの価格も変動したといえるでしょう。 暴落後は値動きは緩やかになっていますが、少しずつ価格が下落しています。 なお、その後2019年に入ると徐々に価格を上げているので、上昇トレンドに入ったと考えられるでしょう。 200円付近に強力ながあると考えられ、この付近が買いのタイミングといえるかもしれません。 また、移動平均線をチェックすると 短期・長期ともに緩やかな上昇傾向にあり、上昇トレンドが継続していると考えられるでしょう。 ひとまず上値の目安は230円程度で、これを超えて上昇していくことがあれば直近の最高値である250円を超えるかもしれません。 仮想通貨市場には不確定要素も多数存在しているので安心はできませんが、ひとまず参考にしてみてください。 これから投資を考えている人は、リスクがどんなプラットフォームなのかをしっかり理解しておきましょう。 サイドチェーンの実装 先程も少し紹介しましたが、リスクの最大の特徴の1つが「サイドチェーン」です。 サイドチェーンとは、 メインとなるブロックチェーン この場合はリスクのブロックチェーン の外で動くブロックチェーンのことで、サイドチェーンでもさまざまな処理を行えます。 一例として、取引に関する処理やスマートコントラクトをサイドチェーンで処理し、最終結果だけをリスクのブロックチェーンに流すという使い方があります。 そうすることによってメインチェーンに流れるデータ量を削減し、スケーラビリティ問題が発生しにくくなるでしょう。 また、サイドチェーンに独自機能を実装することによってリスクのプラットフォームをさまざまな用途に使えるようになります。 活用されるようになればICOにも利用されることが予想されるため、今後の発展には要注目です。 スマートコントラクト機能を採用 リスクはスマートコントラクト機能 契約を自動で履行する機能 を搭載しており、イーサリアムとよく似たプラットフォームといわれます。 スマートコントラクトを利用すれば ブロックチェーンを利用したさまざまな技術を開発できるので、将来性にも期待できるでしょう。 一例として、2019年時点でもスマートコントラクトは予測市場や分散型クラウドストレージサービスなどに活用されています。 JavaScriptでDapps開発が可能 LISKの開発にはJavaScriptが利用されており、これは多くの人が習得しているプログラミング言語です。 そのため、開発に参入するためのハードルが低く、多くの開発者が参加しやすいといえるでしょう。 また、LISKの開発チームではサイドチェーンの開発に利用できるツール ALPHA SDK を開発しているので、これが完成すればを開発しやすくなるでしょう。 今後、参入障壁がさらに低くなればLISKを利用したDAppsがたくさんリリースされるかもしれません。 なお、LISKの開発言語にはJavaScript以外のものも用いられていますが、CSS3やHTML5などいずれもポピュラーなプログラミング言語です。 コンセンサスはDPoS LISKのコンセンサスアルゴリズムは一般的なProof of Stake PoS とは少し異なるDPoS Delegated Proof of Stake が使用されています。 DPoSは トークンを保有していると投票権が与えられ、その投票権を利用してフォージングを行うユーザーを選出します。 選出されたユーザーがフォージングを行ってトランザクション処理をするという仕組みです。 一般的なPoSとは異なり、トークン保有量が多ければフォージングに参加できるという仕組みではないため、流動性が低下するという問題や不正行為が行いやすいというPoSのデメリットを解決しています。 さらに、処理速度も早いので今後LISKが注目され、多くのユーザーが使うようになっても安心できるといえるでしょう。 それぞれの内容は以下の通りです。 トークンの保有量勝負。 トランザクション処理の流れは、Votingでユーザーを選出し、選出されたユーザーが認証作業を行うというものです。 Votingのやり方 1. LISK Nanoを開く 2. Votingを選択する 3. 投票先を選択する 4. 手数料 1LSK を支払って投票する Votingに参加する手順は上記の通りです。 1回の投票で投票できるのは33ユーザーまでで、最大で101ユーザーに投票できるのでMAXまで投票しようとすると4回の操作が必要です。 手数料も4LSKかかりますが、しっかり投票しておけば報酬をゲットする確率を上げられます。 特段の事情がない限り、Votingに参加するな101ユーザーに投票しましょう! 半減期は1年に1回 LISKには半減期があり、半減期を迎えると新規発行されるトークンの量が1LSK減少します。 LISKには 「3,000,000ブロック生成されると半減期になる」というルールがあります。 1ブロック生成されるのにかかる時間は10秒程度なので、3,000,000ブロック生成されるためには1年弱かかるといえるでしょう。 したがって、LISKは毎年1LSKずつ新規発行料が減るトークンです。 VotingやForgingに参加する場合は、半減期を意識するようにしましょう。 また、半減期は価格変動しやすいタイミングなのでチャートからも目が離せません! 公式ウォレットアプリ「LISK Nano Hub」 LISKを保管するウォレットにはさまざまなものがありますが、最もオススメなのは公式ウォレットである「LISK Hub」です。 これはPCで管理するデスクトップウォレットの一種で、Votingに参加する際にも必要になります。 LISK Hubの使い方 LISK Hubの使い方は次の通りです。 公式サイトにアクセスする 2. LISK Hubのダウンロードページに移動する 3. ソフトウェアをダウンロードしてインストールする 4. ウォレットやVotingの設定を行う 5. 設定が完了したら利用開始 基本的にインストール後は画面に表示される指示に従って操作するだけで設定が完了します。 なお、途中で表示されるパスフレーズはしっかりメモして保存しておいてください!もし、これを紛失すると何かあった時にウォレットを復旧できなくなってしまいます。 EOS、Ethereumとの比較 LISKとよく比較されることの多いやとの違いを見ていきましょう。 いずれもよく似た通貨なので、どこがどのように違うのかをしっかり確認してください。 Inception: Lisk App SDKの実装及び以降、ブロックチェーンのチューニング Resilience: システム全体の再構築と安定化 Expansion: サイドチェーン技術及びスマートコントラクトのブラッシュアップ Ascent: コンセンサスアルゴリズム及びスケーラビリティの調整 Eternity: システムの統合及び投票システムの実装 LISKのアップデート予定は上記の順番になっています。 うまく進めばより機能が充実し、システムが安定するようになるので多くの人に注目されるようになるかもしれません。 リブランディング: プラットフォームの強化とWebサイト、ロゴの変更 コアアップデート: Lisk Core 1. 0実装により取引速度が向上し、フォージングに参加しやすくなった これまでもさまざまなアップデートが行われているため、今後のアップデートにも期待できるでしょう。 アップデートに伴って、どのように注目を集めていくのかもしっかりチェックしてください。 最近のLISKに関連するニュースには以下のようなものがあるので、あわせて参考にしてください。 LISKの購入を考えている人はそれぞれの取引所の特徴をチェックした上で、最適なところを使いましょう。 コインチェック coincheck コインチェックはマネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。 LISKを始め、さまざまなを取り扱っていますが、いずれも販売所形式での取扱です。 そのため、トレード時はスプレッドにも注目してください。 場合によってはかなり不利なトレードになるかもしれません。 コインチェック口座開設はこちらから ビットフライヤー bitflyer ビットフライヤーも日本国内の取引所で、規模も大きく人気のある取引所です。 こちらもコインチェックと同様にLISKを始めとするアルトコインは販売所形式での取扱となり、スプレッドが広いので注意が必要といえるでしょう。 バイナンス binance Binanceはマルタ共和国を本拠地とする取引所で、世界最大規模の取引所です。 手数料も安く、取引所形式でトレードできるので手数料を削減したい人にオススメです。 なお、LISKトレードする際に使える通貨ペアは以下の通りなので、あらかじめ確認しておいてください。 LISKを指値注文で購入したい人はBinanceがピッタリです。 イーサリアムに比べると注目度は今ひとつですが、コンセンサスアルゴリズムの違いや送金速度、開発難易度など、イーサリアムより優れているポイントも多々あります。 今後さらに注目されそうな仮想通貨の1つで、価格推移にも期待できるでしょう。 これから投資を考えている人やすでに保有している人は、今後の動きを注意深く見守っていきましょう!.

次の

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

仮想通貨 リスク

リスクリワードとは リスクリワードとは、一言でいうと利益と損失の割合のことを言います。 例えば、利益が100円、損失も100円なら リスクリワードは「1:1」です。 利益が500円、損失が100円なら リスクリワード「5:1」というわけですね。 ポジションを取る前にリスクリワードを考えてみよう で、もちろんすでに得た結果からリスクリワードを導き出すこともできるわけですが、 それよりもポジションを取る前に必ずリスクリワードを考えてみてください。 これはFXもそうだし、アルトコインの売買についてもそうです。 ポジションを取る前って、利確地点と損切り地点をあらかじめ定めてからエントリーしますよね。 そもそもエントリー時点で利確ポイントや損切りポイントを見極めていない場合は、 実践するようにしてみてください。 利確ポイントと損切りポイントがわかっているなら、 利確したら利益はいくら、損切りしたら損失はいくらっていうのはわかると思います。 その比率をエントリーする前に必ず確認してみてください。 そして、自分の中でルールを決めて、 一定以上のリスクリワードじゃなければエントリーしないようにする!といったスタイルを確立していくことをオススメします。 具体例 具体的に例を2つほど出してみましょう。 良い例 こちらはドル円の1時間足です。 上記のように利確ポイントと損切りポイントをこんな感じでシナリオを持って 水平ランでロングポジションを持ったとします。 600 となります。 数値は便宜上わかりやすくアバウトにしています この場合、利確ポイントまでいったら90Pipsの利益幅、 損切りラインまでいったら40Pipsの損失幅になります。 25 なので、いい感じですね。 悪い例 あんまりこんなトレードしないだろうけど、 悪い例として見てください。 同じくドル円1時間足で、もっと上がると思ってこういうロングポジションを持ったとします。 900 という感じになります。 この場合、利確ポイントまでいったら30Pipsの利益幅、 損切りラインまでいったら70Pipsの損失幅になります。 バランスが悪いですよね。 43 となります。 こういったトレードを繰り返してしまうと、 負け組トレーダーへの道を辿ることになりますので注意が必要です。 リスクリワードの良いトレードをしよう 要するに、良い例で上げたように、リスクリワードが良いトレードを心がけるといいでしょう。 自分で一定以上の基準を設けてもいいかもしれませんね。 理想としては「3」くらいあるとかなり良いんじゃないかと思います。 どんなに最低でも「1」で、それを下回るトレードはオススメできません・・・ これをしっかり守ることのメリットは• 損小利大のトレードが実践できる• 早漏利確をしない• 徹底した損切りの実施 などが挙げられます。 どれもとっても大事なことですが、これらを守れるだけでも退場の確率は大きく減るでしょう。 逆に、負けが込んでしまった場合はリスクリワードの悪いトレードをしていないか、チェックしてみるといいと思いますよ。 まとめ FXや仮想通貨トレードでも活用できる、とっても大事なリスクリワードのお話しをお伝えしました。 ぜひ心に留めて日々のトレードに生かしていただけると嬉しいです。 FXをやるならが断然オススメです。

次の

リスク/円(LSK/JPY)リアルタイムレート・チャート|みんなの仮想通貨

仮想通貨 リスク

そうだよ。 リスクはイーサリアムのようなプラットフォームの名称だよ LISK リスク の概要 名称 Lisk リスク 通貨単位 LSK LISK リリース日 2016年5月 発行上限 なし 取引承認システム DPoS 開発 Lisk Foundation LISKの通貨単位はLSKと記載します。 発行上限は無し。 2016年5月24日にリリースされ、開発はマックスコーディック氏とオリバーベドウズ氏が「Lisk Foundation」 リスク財団 という会社を共同設立して研究・開発を行っています。 またLiskの最大の特徴は大きく区分すると3つあります。 その一つが 「サイドチェーン」を使っていること、もう一つがプログラミング言語に 「Javascript」を使用していること、最後にビットコインではマイニング 採掘 にあたる取引認証作業をLISKでは 「フォージング」を採用しているということです。 「サイドチェーン」を使っている• プログラミング言語が「Javascript」• マイニングにあたる「フォージング」 LISKも基本的には他の仮想通貨やイーサリアムと同じようにブロックチェーン上に情報を記載しますが、 メインのブロックチェーンとは別に 「サイドチェーン」という別のブロックチェーンを無数に用意し、そのサイドチェーンに情報を記載していきます。 これにより、 危機管理能力がアップし、さらに 処理速度の向上が見込めます。 危機管理能力のUP サイドチェーンを使うことによって、ブロックチェーン上に何か問題が起こった場合でも一部のサイドチェーンを修正もしくは、最悪は削除することによって、メインチェーンを守ることができます。 The DAO事件を教訓に 暗号通貨市場で大きなハッキング被害を出してしまった「The DAO事件」ではイーサリアムは、自らのメインチェーンを切り離して別のものにするというハードフォークを余儀なくされました。 このためイーサリアムは、イーサリアムとイーサリアムクラシックにという二つの仮想通貨に分裂してしまいました。 LISKでは、もしこのような大規模なハッキングなどが起こってしまっても、メインチェーンの修正もしくは、最悪サイドチェーンの一部を切り離すだけで問題を解決できます。 そういった面では危機管理能力が優れているといえます。 処理能力の向上 またLISKでは複数のサイドチェーンを使うことにより、メインチェーンの負荷を極限まで減らすことができるので、情報処理能力も飛躍的にアップします。 ブロックチェーンのブロックを一つ生成するのにビットコインでは10分必要とされていますが、 LISKでは 約10秒で一つのブロックを生成できます。 ビットコインの送金などを行った方はお分かりになっていると思いますが、送金を行ってビットコインでは着金まで最低でも10分は必要としますが、LISKなら10秒で完了してしまうというイメージです。 もちろん同じ属性とされているイーサリアムよりも数段速い処理スピードになっています。 LISKはJavascriptを採用 LISKではアプリケーション言語を 「Javascript」というものを使っています。 Javascriptはプログラマーやエンジニアの標準言語的な位置にあたります。 仮想通貨のほとんどが、特殊なプログラミング言語を使っているので、エンジニアが簡単に参入できないような閉鎖的な開発状況になっています。 その点 LISKではJavascriptを使ってより多くのプログラマーやエンジニアがLISKのプロジェクトに参加できるようになっています。 一般の方からするとあまり馴染みのないものですが、Javascriptを使っていることは、LISKが大きく成長する上で強みになります。 マイクロソフトとパートナーシップ またLISKは Microsoft マイクロソフト とパートナーシップを結んだことが大きな話題を呼びました。 さらにLiskプロジェクトの開発にはイーサリアムのコアメンバーも参加しているので、マイクロソフトとイーサリアムさらに、世界中のJavascriptを使える優秀なエンジニアやプログラマーが開発に参加できるという特別な特権を持っています。 LISKのマイニング「フォージング」と半減期 ビットコインでは取引を認証する作業をマイニング 採掘 と呼びますがLISKでは取引認証作業を 「フォージング 鋳造 」と呼びます。 リスクでは「DPoS(Delegated Proof of Stake)」というアルゴリズムを使用しており、 DAppsの開発者が取引の承認者を選び、その承認者のみが承認を行える権利を得るという仕組みになっています。 またLiskの承認はブロックではなくラウンド制を取り入れています。 1ラウンドの中には101のブロックが存在し、1ラウンドを承認するたびに101名の参加者に報酬が発生する仕組みが取られています。 ポイントLISKではビットコインのマイニングとは異なる取引認証システムを取り入れ、それを フォージングと呼ぶ LISKの半減期 フォージングにも半減期というものがありますが、マイニングのように報酬が半分になるわけではありません。 半減期は1年に1回 5月に あり、1LISKづつ減っていきます。 国内おすすめ!• 海外おすすめ! ETHとLSKのチャート関係性 ここではイーサリアム ETH とリスク Lisk の関係性をチャートで重ね合わせてみています。 時期は、2017年3月頃~2017年9月末になります。 上記は、EthereumとLiskのチャートを重ねたものですが、2017年の8月末までほとんどイーサリアムとリスクは同じ値動きをしています。 LISKはイーサリアムのスマートコントラクトの技術を採用しているので、イーサリアムの価格が上がれば、つられてLISKの価格も上がる傾向にあるといえます。 しかし、8月末にLiskだけがETHの相場を無視して急騰しています。 これは、Liskのコアアップデートの発表を前に期待が高まったための高騰と言われています。 そのアップデートが 「LISKコアアップデート1. 0」です。 LISKのアップデート Liskの現在予定されているアップデートは、大きく三つで構成されています。 Lisk自体のモデルチェンジともいってもいい 「コアアップデート1. 0」と、Liskの リブラディング、さらに SDKの配布となっています。 0」へのアップデートは12月に延期となっています。 Lisk core 1. 0 リスクコア1. 0 開発者やLISKの保有者の中では、今までのLISKは準備段階とされています。 LISKが本格始動するのは、このコアアップデート1. 0からだという認識があり、Lisk CORE 1. 0の期待度の高さがLISKの相場価格にも反映されているのが分かります。 コアアップデート1. 0では、LISKの最大の特徴でもある サイドチェーンの強化と、LISK自体の大規模化を実現する予定となっています。 LISKのリブランディング リブランディングではLISKが誰でも気軽に使えるように、インターフェースの開発・研究をベルリンの最も優れた企業と共同で行っていくと発表されました。 またLISKのWebサイトや、ロゴ、デザイン、さらに「LISK」といったネーミングそのものまでも変更予定とのことです。 LISKという名前が変わる可能性が非常に高いということですね。 さらに動画ではLISKのブランディングに関してもヒューマン・マーケティング・エージェンシーと共同でブランディング活動を行う予定と語られています。 現在本格的なLISKのリブランディングは2018年予定となっています。 SDKの配布 SDKとは 「Software Development Kit」のことで、ソフトウェア開発に使うツールのことです。 追記 SDKは「Sidechain Development Kit」 サイドチェーン・デベロップメント・キット の略称です。 このSDKを配布することによって、より多くのプログラマーやエンジニアがLISKのサイドチェーン上で様々な開発に携わることが可能となります。 SDKの配布は現在は2017年12月に予定されているので、コアアップデート1. 0と同じ時期です。 2017年の12月はLISKにとって好材料が揃うので値段の動向にも要注視です。 LISKの今後の将来性について インドの取引所でリスクが上場 インドの仮想通貨取引所 「BitBay」でLISKが上場し話題を呼びました。 インドではIT化が先進国より一歩秀でています。 優秀なエンジニアがたくさんいるので、インドで認められると、LISKの価値が一気に上がることも考えられます。 またこのインドの取引所「BitBay」はメジャーな仮想通貨しか取り扱っていないので、インドでLISKが取り扱われたのがLISKの名前を世界に広めるきっかけにもなりました。 BitBayではリスク以外には、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、モネロ、ダッシュ、ゲームクレジットなどが取り扱われています。 日本の取引所では取り扱っていないゲームクレジットが上場している所も興味深いですね。 LISK上では将来ICOが行える!? LISKでは将来、サイドチェーン上でICOが行えるような構想があります。 日本では世界に先駆けて「」が発表されていますが、LISKからもICOが行えるとなると、世界中から注目が集まることは必須になると思われます。 現在は、このLISKのサイドチェーン上でICOを行うプロジェクトは保留中のようですが、LISKのアップデートが順調に進み、多くのエンジニアがプロジェクトに参加するとICOのプロジェクトも一気に進むかもしれません。 LISKは非中央集権型を目指している LISKでは現在は、Lisk Foundationが中心となって開発を進めていますが、マックス・コーデック氏の会見で「あらゆるものが非中央集権型化されて欲しいと願っている」と述べていました。 ビットコインを含むブロックチェーン技術は、非中央集権型という基本概念を持っています。 この概念が本当に素晴らしいもので、一番だということはまだ今のところは誰にも分かりませんがLISKが未来の一つを担っていることに変わりはないと思います。 今後のLISKの価格について LISKの価格は今まで、イーサリアムと同じ値動きをしていました。 しかし、コアアップデート1. 0の発表から明らかイーサリアムとは違った相場の動きをしてます。 LISKだけが持つオリジナルの輝きを持ち始めているのが分かるので、いつの日かイーサリアムを抜きLiskがプラットフォームの基盤となるときが来るかもしれません。 少なくとも、これからは好材料のニュースがたくさんあるので、右肩上がりに価格が上がる可能性があります。 今のイーサリアムのように1LSKが何万円になる時がくるかもしれません。 そうなった時は、そういえばLISKも何百円の時代があったなぁ その頃にはLISKという名前も変わっていると思われるのでLISKって呼んでたなぁ と懐かしむ声が近い将来に聞こえてきそうです! LISK リスク が買える取引所.

次の