立川志らく 不倫。 立川志らく、渡部建の不倫に「芸人が女遊びしただけ」と指摘も……「多目的トイレ使用こそ問題」「ドン引き」と物議(2020/06/11 13:39)|サイゾーウーマン

立川志らく 元アイドル妻が弟子と不倫!妻・酒井莉加が弟子食い?

立川志らく 不倫

事実とすれば、志らく師匠は「妻を寝取られた男」である。 こういう男をフランス語では「コキュ cocu 」と呼ぶ。 同じようにコキュの悲哀を味わったのが、19世紀末から20世紀初頭にかけてプラハやウイーンなどで活躍したユダヤ人の作曲家、グスタフ・マーラーである。 マーラーの「交響曲第5番」は、ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画『ベニスに死す』(1971年)で用いられて、当時レコードがベストセラーになった。 また、1980年代には、「大地の歌」がサントリーのCMで使われて、爆発的なマーラー・ブームを巻き起こした。 志らく師匠とマーラーの共通点 志らく師匠とマーラーの家庭環境は似ている、というかそっくりに見える。 まず、2人とも、18歳も年下で美しい妻を持つ。 志らく師匠の妻はアイドルグループで活動していたほどの美貌の持ち主だし、マーラーの妻、アルマも社交界の花形だった。 また、2人の娘を溺愛という共通点もある。 さらに、妻が不貞行為を繰り返すという点でも似ている。 4年前にも別の弟子と不倫関係に陥り、その弟子に、志らく師匠は破門を言い渡したという。 マーラーの妻も、夫の無理解と性的な欲求不満のせいで好みの男性に会うと強烈に誘惑した(『大作曲家たちの履歴書 下 』以下、マーラーの夫婦関係については同書を参照)。 妻の不倫を結局は許すところも、そっくりだ。 志らく師匠は、3月5日、司会を務める朝の情報番組で「私は妻のことを信じております」と述べた。 マーラーも、知らぬふりをしたり、ときには自らあいびきの便宜を図ったりした。 世間体を考えて波風を立てたくないのか、溺愛する娘たちと離れたくないのか。 それとも、虚勢なのか、若い妻への自責の念なのか。 ちょっと理解に苦しむが、表面上は妻の不倫を許したからといって、夫が心穏やかでいられるわけではないだろう。 マーラーは、妻の不倫に悩んで精神的危機に陥り、一度だけフロイトの診察を受けたことがある。 そのとき、フロイトは「アルマはファザコンだから、マーラーの年齢には魅力を感じるはずだ」と言ったそうだが、この助言が志らく師匠にも有効かどうかは疑問である。 「2度あることは3度ある」反復強迫 志らく師匠は、先述の情報番組で「このことで夫婦の絆が壊れることもございません。 離婚することも1億%ございません」と断言した。 だが、「2度あることは3度ある」という言葉通り、妻は不貞行為を繰り返すのではないかと危惧せずにはいられない。 マーラーの妻もそうだったからである。

次の

立川志らく、渡部建の不倫に「芸人が女遊びしただけ」と指摘も……「多目的トイレ使用こそ問題」「ドン引き」と物議(2020/06/11 13:39)|サイゾーウーマン

立川志らく 不倫

立川志らくが酒井莉加と離婚しない理由は? 立川志らくさんが酒井莉加さんと 離婚しない理由は何なのでしょうか? 文春の報道によると、酒井さんは、今回の不倫騒動の以前にも不倫があったと報じられています。 立川さんは週刊文春の取材に、 「妻のことは信じてるし、まあ、 この程度のことだったらば、 夫婦の絆は壊れない。 酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。 離婚とかにはならないんで」 とコメントされています。 3月5日放送の立川志らくさんが司会を務める『グッとラック! 』では、番組冒頭で 本来ですと重要な話題をすぐにお届けしなくてはいけないのですが、志らくごときで、大変申し訳ないのですが、一言だけお時間をいただきます 実は、私のプライベートのことで、ちょっとゴタゴタがございまして、某週刊誌に私の妻と元弟子の不貞関係ということが掲載されました。 それに関しては、 私は妻のことを信じております。 まぁ、このことで 夫婦の絆が壊れることもございません。 離婚することも1億%ございません なぜ、私がそういうことを言うかと申しますと、 家族だから。 この程度のことで絆が切れるということはない。 あとは、 私のかけがえのない妻を世間の目から守る。 命がけで守る。 それだけでございます とコメントを出されました。 立川さんからしたらこの程度は火遊びと思い、目をつむっているのではないでしょうか。 これくらい歳が離れていると、親子のようになんでもかわいく思え、許せてしまうのもあるかもしれませんね。 子供への影響を考え、離婚という選択はないとお考えなのではないでしょうか。 SNSの家族写真からも、立川さんは相当お子さんを溺愛されているようですし、酒井さんが親権をもった場合お子さんと離れるという事になってしまいます。 立川さんにとってこれほど、辛い事はないですよね。 心は絶対に離れておらず、信じて愛しているというお気持ちが一番にあるのかもしれません。 ご夫婦の事はお二人にしか分かりませんが、酒井さんもSNSに立川志らくさんやお子さんとの家族写真を投稿されており、愛情がないようには思えないところもあります。 立川志らくさんは、自由奔放で等身大な酒井さんを深い愛で受け止め、絆が深いご夫婦という事なのでしょうか。 立川さんのコメントを見る限り、現在離婚という選択はなさそうですね。

次の

酒井莉加【立川志らく・嫁】不倫の相手は誰と誰?韓国ハーフの噂も!

立川志らく 不倫

事実とすれば、志らく師匠は「妻を寝取られた男」である。 こういう男をフランス語では「コキュ cocu 」と呼ぶ。 同じようにコキュの悲哀を味わったのが、19世紀末から20世紀初頭にかけてプラハやウイーンなどで活躍したユダヤ人の作曲家、グスタフ・マーラーである。 マーラーの「交響曲第5番」は、ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画『ベニスに死す』(1971年)で用いられて、当時レコードがベストセラーになった。 また、1980年代には、「大地の歌」がサントリーのCMで使われて、爆発的なマーラー・ブームを巻き起こした。 志らく師匠とマーラーの共通点 志らく師匠とマーラーの家庭環境は似ている、というかそっくりに見える。 まず、2人とも、18歳も年下で美しい妻を持つ。 志らく師匠の妻はアイドルグループで活動していたほどの美貌の持ち主だし、マーラーの妻、アルマも社交界の花形だった。 また、2人の娘を溺愛という共通点もある。 さらに、妻が不貞行為を繰り返すという点でも似ている。 4年前にも別の弟子と不倫関係に陥り、その弟子に、志らく師匠は破門を言い渡したという。 マーラーの妻も、夫の無理解と性的な欲求不満のせいで好みの男性に会うと強烈に誘惑した(『大作曲家たちの履歴書 下 』以下、マーラーの夫婦関係については同書を参照)。 妻の不倫を結局は許すところも、そっくりだ。 志らく師匠は、3月5日、司会を務める朝の情報番組で「私は妻のことを信じております」と述べた。 マーラーも、知らぬふりをしたり、ときには自らあいびきの便宜を図ったりした。 世間体を考えて波風を立てたくないのか、溺愛する娘たちと離れたくないのか。 それとも、虚勢なのか、若い妻への自責の念なのか。 ちょっと理解に苦しむが、表面上は妻の不倫を許したからといって、夫が心穏やかでいられるわけではないだろう。 マーラーは、妻の不倫に悩んで精神的危機に陥り、一度だけフロイトの診察を受けたことがある。 そのとき、フロイトは「アルマはファザコンだから、マーラーの年齢には魅力を感じるはずだ」と言ったそうだが、この助言が志らく師匠にも有効かどうかは疑問である。 「2度あることは3度ある」反復強迫 志らく師匠は、先述の情報番組で「このことで夫婦の絆が壊れることもございません。 離婚することも1億%ございません」と断言した。 だが、「2度あることは3度ある」という言葉通り、妻は不貞行為を繰り返すのではないかと危惧せずにはいられない。 マーラーの妻もそうだったからである。

次の