イオンカード 滞納。 イオンカード・エーシーエス債権管理回収|裁判所(支払督促・答弁書)一括請求‐秀都司法書士事務所(東京)

【イオンカード延滞】支払いを滞納すると生じる問題と対処法

イオンカード 滞納

全国のイオンをはじめとする系列店舗でのお買い物に便利な「イオンカード」。 毎月20日・30日の「お客様感謝デー」には、5%オフになるキャンペーンも実施されるため、普段からイオンカードが手放せない方は少なくないでしょう。 しかしお得なあまり、 つい買い物をしすぎてしまい支払えなくなった場合はどうなってしまうのでしょうか。 この記事では、「 イオンカードの返済を滞納してしまった場合、どんな影響があるのか」「 どう対処すべきか」について、くわしくご説明します。 イオンカードの場合、うっかりしていて支払日に入金を忘れていた場合であれば、• 引き落とし口座をイオン銀行に指定していれば、自動で再振替される• 暮らしのマネーサイトなどから振り込み口座を確認して入金 すれば問題はありません。 支払いができない場合の対処法は以下のとおりです。 支払日前であれば、リボ払いや分割払いに変更する• 支払日を過ぎた場合はカード会社に相談• どうしても払えない場合は、弁護士や司法書士に相談する 目次• イオンカードを滞納した場合に発生するリスク イオンカードを滞納するとどうなる? イオンカードの返済を滞納してしまった場合、具体的にどんなことが起こるのでしょうか?滞納を放置していると、カード会社の対応は以下のように進んでいきます。 滞納期間 発生するリスク 引き落とし日(毎月2日)に支払いができなかった場合、 翌日からカードの利用が停止される。 指定された支払日に返済が間に合わない場合、翌日から延滞損害金が発生する カード会社から 電話もしくはハガキ(支払通知書)で督促が行われる。 クレジットカードの契約が 強制解約され、ブラックリストに掲載される 内容証明で一括請求の通知書が届く。 最終的に 裁判になり財産が 強制執行による差し押さえになる 1. 【翌日~3日】支払日に間に合わなくてカードが利用停止に… イオンカードの利用請求は、「毎月10日締め、翌月2日支払い」という少し珍しいスケジュールになっています。 指定口座の残高を確認してなかったり、振り込みを忘れていたりといった理由で支払日に返済が間に合わなかった場合、支払日の翌日から利用停止になります。 イオンカードは、支払日翌日の毎月3日~5日が平日で、指定口座がイオン銀行である場合に限り、自動で再振替(引き落とし)が行われる仕組みになっています。 ただし、指定口座がイオン銀行以外の金融機関の場合は、再振替(引き落とし)は行われません。 イオンカードから届く支払通知書を確認するか、もしくはやから振り込み口座を確認して、入金しましょう。 なお、自動振替で返済できれば 支払いから3~5日後にはカードも再開できます。 貯めたポイントなどにも一切影響がないため、これまで通りカードの使用が可能です。 【翌日〜滞納解消まで】「遅延損害金」とは? 督促状に記載された期日に支払いが間に合わなかった場合、この翌日から「遅延損害金」が発生します。 これはレンタルショップなどで返却日を過ぎてしまった場合に請求される「延滞金」のようなものです。 利用残高に上乗せして請求されるため、日ごとに支払わなくてはならない金額が増えていきます。 遅延損害金は以下の計算式で求められます。 ショッピングの場合:年率14. キャッシングの場合:年率20% ですので、たとえばショッピングで15万円の支払いを30日間滞納してしまったとすると、1,800円の遅延損害金を追加で請求されることになります。 【1週間〜】催促の電話やハガキを無視すると家族や会社にバレる可能性も... 自動振替で支払いができなかった場合、カードの請求会社から電話や書面で支払いを催促されます。 この段階でも指定された期日までに支払いができれば、返済金額が増えるなどといった大きな問題に発展することはありません。 しかし 支払いのめどが立たずに督促を無視していると、自宅や勤務先に電話がかかってきたり、訪問されたりします。 そうなると支払いを滞納していることが、家族にバレてしまう可能性が高くなります。 【1〜2ヶ月】強制解約と同時期にブラックリストに掲載 イオンカードの場合、返済を滞納してから 約2ヵ月が経過すると、クレジットカードを強制解約されます。 もちろんイオンカードで貯めたポイントもすべて無効になってしまいます。 ブラックリストに掲載されている5年ほどの間は新しくクレジットカードを発行したり、キャッシングを利用したりすることができません。 また車や家などを購入する際のローンも利用できなくなります。 【2ヶ月〜】一括返済の通知が届く さらに返済の滞納が続くと、 一括返済の通知が届きます。 文字どおり、 リボ払いや分割払いの残高、そしてここまでに発生した遅延損害金など全額を一括で支払うように請求されてしまいます。 しかもすでにブラックリストに掲載されているため、他の金融機関からお金を借りて返済に充てることも難しいでしょう。 なお、この時点ですでにカード会社へのあなたの借金は、イオンカードから「エー・シー・エス債権管理回収株式会社」という債権回収業者に引き継がれているケースが多く、通知書も同社から届く可能性があります。 債権回収業者とは? 国の認可を受けたれっきとした業者で、借金を回収する専門の業者。 サービサーとも呼ばれている。 【3ヶ月〜】最終的には裁判になり財産が差し押さえられる 一括返済に応じられなければ、最終的に裁判にまで発展する可能性があります。 裁判所の強制執行によって、自宅や家、預貯金などの 大切な財産が差し押さえられてしまうのです。 ここまで事態が悪化してしまうと、もはや家族に黙っておくことはできないと考えましょう。 また給与が差し押さえられてしまった場合は、必ず会社にも知られてしまうことになります。 最悪の場合は自己破産を選択するしかなく、しかも家族や会社からの信用を失う可能性があり、生活がガラッと一変してしまうリスクも高まります。 強制執行による差し押さえについてはの記事で詳しく解説しています。 イオンカードの支払いを滞納した場合の対処法 ここでは「どうしてもお金が工面できず、支払えそうにない……」というときの対処法を、具体的にご紹介します。 タイミングによって有効な手段は異なりますが、以下を参考にして、なるべく早急に対策を講じるようにしましょう。 支払日前にわかっている場合は応急処置としてリボ払いに変更 すでに引き落としがされる以前に返済が難しいことが分かっている場合は、 支払い方法を「リボ払い」に変更しましょう。 リボ払いは利用残高が複数回にわけて請求される仕組みで、ひと月あたりの支払い額を抑えることが可能です。 イオンカードの場合、支払い方法の変更締切日は「支払日の前月20日」となっています。 イオンカードのリボ払いサービスには、次の3種類が用意されています。 明細指定リボ 利用明細1件単位で「リボ払い」へ変更できるサービス 期間指定リボ 1ヵ月単位の期間指定で「リボ払い」へ変更できるサービス 全リボ その後のすべての支払いを「リボ払い」へ変更できるサービス ただし、リボ払いの変更受付期間を過ぎた支払いに関しては、支払い方法の変更はできません。 あくまで、受付期間までであれば有効な対策であることを覚えておきましょう。 なお、リボ払いは急な出費が発生した場合に便利なサービスですが、そのぶん返済意識が薄れて、次々と新たな買い物に手を出しやすいといえます。 また返済期間に応じて手数料も発生します。 イオンカードでは一回払いから分割払いに変更することはできませんのでくれぐれも注意が必要です。 うっかり忘れていた場合やすぐに支払える場合はイオンカードに電話で相談 カード支払日を忘れていたり、1週間程度の滞納ですむ場合は「どうしよう」と悩むより先に、クレジットカード会社に連絡しましょう。 そこで次回の支払いが難しい旨を正直に話し、支払い期限の延長などを相談してみることをおすすめします。 この時点でカード会社の担当者から怒られることはありません。 むしろ 誠実に対応していれば、支払い条件の交渉にもきちんと応じてもらえる可能性が高いので、落ち着いてカード会社に連絡しましょう。 滞納が続いていても支払えない場合は弁護士・司法書士に相談 どうしても支払いが難しい場合は、弁護士や司法書士に相談して「債務整理」という方法があります。 とは、借金を減額・免除するための手続きで、以下の3種類があります。 貸金業者などの債権者と直接交渉して「返済期間の延長」や「利息カット」月々の返済額を軽くする手続き。 裁判所を介さず自由な交渉が可能なため、デメリットも少ない。 裁判所の許可を得て、借金残高を原則5分の1に減額する手続き。 自宅など財産は失わないが、安定した収入が必要。 裁判所の許可を得てすべての借金をゼロにする手続き。 財産を失う、職業に制限がかかるなどデメリットも大きい。 債務整理をすると「ブラックリストに掲載される」という代償はありますが、請求会社からの督促をとめられるだけでなく、事前に相談すれば家族にバレないように水面下で手続きを進めることも可能です。 家や車などの財産が差し押さえられる事態も防げるため、得られるメリットは大きいといえるでしょう。 一度、専門家に相談してみることをおすすめします。 この記事のまとめ イオンカードの支払いができないときの対処法は以下のとおりです。 早期解決に向けて一歩を踏み出してみませんか?.

次の

イオンカードの審査時間と審査結果の確認方法について

イオンカード 滞納

イオンカードの締め日と引き落とし日• 締め日は毎月10日• 引き落とし日は翌月2日 締め日と引き落とし日はイオンカードの毎月の利用状態を把握するのにも重要な情報なので、間違えのないように覚えておくようにしましょう。 イオンカードの締め日は毎月10日 イオンカードの利用料金はショッピング・キャッシングともに 毎月10日が締め日となり、1ヵ月ごとに請求されます。 たとえば、1月10日の利用料金は当日が締め日ですが、1月11日の利用料金は翌月分となり、2月10日に締められます。 イオンカードの締め日は土日祝日でも変更できない イオンカードの締め日は土日祝といったカレンダーの休日などに関わらず、毎月必ず10日と決まっており、変更されることはありません。 金融機関の休業日と連動していると勘違いする人も多いようですが、たとえ 10日が 祝日であっても締め日になります。 タイムラグが発生することも イオンカードの締め日は毎月10日ですが、締め日を意識して利用していても 実際の利用日と請求されるタイミングにタイムラグが生じるケースがあります。 クレジットカードは 利用した 加盟店からクレジットカード会社へ請求処理が行われることで使えますが、まれに請求処理に時間がかかることがあります。 こうした場合に、 実際に利用した時間と請求される時間とにタイムラグが起こるようです。 そのため、本来ならイオンカードを10日に使うと翌月に請求されるところが、締め日がずれて翌々月の請求になることもあるのです。 イオンカードの引き落とし日は翌月2日 イオンカードの引き落とし日は締め日の 翌月2日です。 指定した銀行口座から、締め日に決定された1ヵ月分の利用料金が引き落とされます。 締め日には土日祝は関係ありませんが、引き落とし日は口座を管理する 金融機関の休業日によって変動があります。 ほとんどの金融機関では、 2日が土日祝のときは翌営業日が引き落とし日になります。 支払い日当日に引き落とされる時間は金融機関によって異なる イオンカードの引き落とし日を思い出して、当日にあわてて銀行口座に入金する人もいるかもしれません。 しかし、 引き落とし日がわかっていても、実際に引き落としが実行される時間はクレジットカード会社や金融機関によってさまざま。 たとえ朝一番に入金しても、イオンカードの引き落としに間に合わない可能性があるので注意が必要です。 ただし、 指定口座がイオン銀行の場合のみ、 引き落とし日当日の23時59分までの入金で引き落としに間に合います。 前もって口座に入金しておくことが重要 入金が間に合わず引き落とし日に残高不足になると、イオンカードの 利用料金を滞納したと判断されてしまいます。 気をつけたいのは、 引き落とし日が月曜日というケース。 金曜日のうちに入金しておいても、金融機関が休業する土日祝には入金処理されません。 そのため、 月曜日の入金処理がイオンカードの引き落としに間に合わないことがあるのです。 引き落とし日になってあわてないように、 前月10日の締め日の時点で口座の残高を確認しておくことが大切です。 イオンカードでボーナス払いを選んだときの引き落とし日は? イオンカードには、夏・冬それぞれのボーナスで支払うボーナス1回払いと夏と冬に分割して支払うボーナス2回払いがあります。 ボーナス払いを選択すると 締め日や引き落とし日が通常とは異なります。 ボーナス払いを上手に活用するためにも、しっかり把握しておくのがおすすめです。 取り扱い期間 引き落とし日 年中 ・1月2日 ・8月2日 1回の利用料金を夏と冬のボーナスに分けて支払う方法が、 ボーナス2回払いです。 利用金額5万円以上で 手数料が3%かかりますので、比較的大きな買い物をするときに選択するといいでしょう。 ボーナス一括払い、ボーナス2回払いとも、取り扱いや対象となる期間が加盟店によって異なることがあります。 利用前に店舗で確認しておくと安心です。 イオンカードの締め日と引き落とし日を確認する方法 しっかり覚えたつもりの締め日と引き落とし日が本当に正しいか、不安に感じることもあるでしょう。 しかしイオンカードでは、締め日が10日、引き落とし日が2日 金融機関が休業日のときは翌営業日 と 日にちが固定されており、 カレンダーにも左右されないため、 日にちさえ覚えておけば不安に思う必要はありません。 どうしても確認したいなら公式サイトをチェック 毎月の締め日と引き落とし日をどうしても確認したいなら、 イオンカードの公式サイト「暮らしのマネーサイト」にアクセスしましょう。 「よくあるご質問」にある 「毎月の締め日・支払日はいつですか」を見れば、締め日と引き落とし日についての詳しい説明に加え、毎月のスケジュールを確認できます。 当月の締め日や引き落とし日の日付がはっきり書いてあるので、心配性な人でも安心できるはずです。 イオンカードの引き落とし日に残高不足となりそうな場合の対処法 多忙な生活を送っているとついうっかりカードの引き落としがあることを忘れるのはよくあることです。 そこで、いざというときのために、イオンカードの引き落とし日に残高不足になりそうになったときの対処法についてまとめてみました。 イオンクレジットサービスに早めに連絡を 残高不足になりそうだとわかったらぜひ実践してほしいのが、イオンカードの発行元である イオンクレジットサービスへの連絡です。 「入金したけれど引き落としに間に合わないかもしれない」や「すぐにも入金したいけれど週末になりそう」など現状を連絡すれば、 クレジットカード会社からの具体的な対処法やアドバイスを受けることができます。 またきちんと連絡することで、 カード利用者としての信用を失わないで済みます。 イオンカードコールセンター• カードコールセンター オペレーター受付 :0570-071090もしくは043-296-6200• 受付時間:9:00~ 18:00 年中無休 支払い方法を1回払いからリボ払いに変更する 引き落とし日までに余裕のあるタイミングで残高不足になるかもしれないとわかったら、 支払い方法を変更するのもおすすめです。 イオンカードではカードの利用後にリボ払いに変更することが可能。 さらに1ヵ月単位 期間指定リボ はもちろん、 明細1件ごとのリボ払い変更 明細指定リボ にも対応していて便利です。 1回払いからリボ払いへの変更は、 期間限定リボが当月20日、 明細指定リボが当月25日前後 金融機関や月により異なる となっています。 10日の締め日時点で残高に不安があったら、すぐにも手続きしておきましょう。 普段はリボ払いを利用しないという人も、残高不足が心配なときだけは リボ払いで負担を軽減しておくといいですね。 イオン銀行を指定口座にしている場合は再振替もあり イオンカードの 引き落とし口座をイオン銀行にしている場合、引き落とし日である2日 金融機関が休業日の場合は翌営業日 に引き落としができなかったときに 再振替してもらえます。 しかし 再振替には条件があり、3~5日の平日のみ決まっています。 土日祝にあたったときには再振替はされず、ほかの金融機関と同様に残高不足として処理されることになります。 ただ、イオン銀行の口座は引き落としの 当日 2日23時59分まで に入金しておけば当日引き落とし扱いとなるので、少なくとも 2日のうちに入金することを覚えておけば、残高不足を確実に回避できます。 マネ会に寄せられた口コミにも、イオン銀行を引き落とし口座にしてより便利にイオンカードを活用している方が見られました。 イオンカードの引き落とし日に残高不足を起こしてしまったら? イオンカードに限らず、クレジットカードを利用するならぜひとも避けたいのが残高不足です。 そこで、イオンカードで残高不足を起こしたしまったときの対処法なども確認しておきましょう。 まずは1日でも早く口座への入金を行う イオンカードの引き落としができなかったということは、 支払うべき利用料金を滞納している状態だということです。 たった1日過ぎただけでも滞納した事実は変わりません。 2日に引き落としができなかったら すぐにでも口座へ入金して、1日でも早く滞納状態を解消する必要があります。 入金後は イオンクレジットサービスへの連絡も忘れないようにしましょう。 入金処理が翌日になる可能性があるため、「どれだけすばやく行動したか」を知ってもらうことが重要です。 残高不足から信用情報に傷がつくこともある クレジットカードで利用料金を滞納すると、 信用情報機関に金融事故 クレジットヒストリー として記録される可能性があります。 信用情報にはカードの利用や支払いの状況、キャッシングやローンの履歴などが細かく記録されており、 カード利用者のお金の使い方が一目瞭然でわかるようになっています。 信用情報に傷がつくデメリットとは? 滞納した記録で信用情報に傷がつくと、 カード利用者のお金に関する信用が低下してしまいます。 滞納の回数や額などによっても異なりますが、悪質だと判断されると ローン契約が結べない、新しいクレジットカードの審査が通らないといったデメリットが生じることもあります。 自分の信用情報は、確認する方法はあっても変更することはできません。 できるだけ傷をつけないようにする、傷がついてしまった場合にはそれ以上増やさないように気をつけることが大切です。 滞納すると遅延損害金や手数料が必要になる 入金がすぐにできなかった場合の 残高不足になってからの流れもチェックしておきましょう。 まず、 引き落とし日から約1週間で イオンクレジットサービスから新たな支払い期限の記載された督促状が送られてきます。 期限が迫ると支払いを案内する電話もかかることがあるようです。 そして、督促状の支払期限までに入金できなければその 翌日から利用料金に加えて遅延損害金が発生し、利用料金に追加して支払うことになります。 遅延損害金は利用料金に対して 年利14. 6%かかります キャッシングは返済残高に対して 年利 20. つまりショッピングでの利用金額が5万円の場合、1ヵ月滞納すると639円の遅延損害金が発生します。 滞納を続けると強制解約や一括請求をされるケースも 督促状や電話の案内があっても入金せず 滞納状況が長引けば、信用情報に傷がつくだけでは済まなくなってしまいます。 イオンカードでは 滞納を3カ月続けると強制解約の手続きが取られることになります。 イオンカードを解約されると、信用情報はいわゆる 「ブラック」となって、その後 5年間は 新たなクレジットカードを作ったり、各種ローンや融資などを受けたりといったことができなくなってしまうのです。 また、 解約の時点で新たに届く督促状には確実に対応しましょう。 放置するとカード発行元に法的措置を取られ、 裁判所からの督促状が届くことになります。 この請求に対応しなければ、給与や自宅の 差し押さえに発展するケースもあります。 イオンカードの利用可能額が復活するタイミング 計画的に利用していても、 利用可能額に関連して残高不足になるケースがあります。 利用可能額とはカードごとに定められた利用可能枠から利用残高を差し引いたもの。 イオンカードで使える現時点の金額のことです。 たとえば利用可能枠が30万円で15万円のカード利用があるなら、現時点では15万円が利用可能額となります。 20万円の家具を買おうとしても15万円分しかカード払いできず、さらに 利用可能額オーバーでカードが利用できなくなるのです。 事前に利用料金を入金すれば5日前後で復活 利用可能額をオーバーして限度額が使えなくなっても、 利用料金を事前に支払えば利用可能額が復活します。 急ぎでないなら2日の引き落とし日を待てばいいですが、すぐにもカードの利用を再開したいならイオンクレジットサービスに連絡して 事前に利用料金を支払えばOKです。 支払いの確認が取れてから 5日前後で利用可能額が更新され、カードが使えるようになります。 イオンカードの利用可能額を知る方法 イオンカードの 利用可能額は利用可能枠から未払いの利用料金を引くとわかるので、自分でもおおよその判断をつけることができます。 正確な金額を知りたいときには、イオンカードの公式サイト 「暮らしのマネーサイト」のマイページ、自動音声応答サービス 「テレホンアンサー」 24時間年中無休 、イオンカード公式アプリ 「イオンウォレット」で確認できます。 支払い方法 ポイントが付与されるタイミング 1回払い・リボ払い・3回以上の分割払い 1回目の支払い月 分割払い 2回 1回目、2回目それぞれの支払い月 ボーナス一括払い 指定した支払い月 1・7・8・9月から任意で選択 ボーナス2回払い 1回目の支払い月 1月か8月のいずれか 上記のタイミングで付与された ときめきポイントのポイント数は毎月26日頃に更新されます。 イオンカードの締め日についてのまとめ 日用品の買い物に活用している人が多い イオンカード。 普段使いしているクレジットカードだからこそ、 締め日や引き落とし日を把握しておくことが大切です。 毎月の締め日と引き落とし日のサイクルを覚えて、より計画的にイオンカードを使いこなしましょう。

次の

イオンカードが停止されました… お恥ずかしい相談、無知で申し訳ありません。イオンカードキャッシングも15万円ほどあり残りあと9万円ほどありリボで返していました

イオンカード 滞納

指定引落口座がイオン銀行の場合 イオンカードとセットでイオン銀行の口座を保有している人も多いと思います。 (イオンカードセレクトの場合は必須) もし引落日にあたる2日にイオン銀行より口座振替ができなかった場合でも、 3日~5日(平日のみ)の間に限り再振替をしてくれます。 2日に引落ができなかった場合でも、 その翌日が平日である場合には再度振替の処理が実行されるようになっています。 「その間にイオン銀行に入金を済ませておいてくださいね」ということです。 支払猶予期間が3、4、5日と追加で設定されているので、 失念してしまった場合でも少しは安心ではあります。 しかし、 3日~5日の【平日のみ】というところに注意してください。 その日が土日・祝日に該当する場合は、 再振替が行われ【ない】ということになります。 ゴールデンウィーク・正月休みといった大型連休の場合ですと、その猶予期間がすっぽりかぶってしまうこともあります。 やは り支払予定日を事前に確認して入金しておいたほうが無難ですね。 指定引落口座がイオン銀行【以外】の場合 イオン銀行以外を引落口座に指定している場合、 再振替はありません。 そのため、 イオンカード指定の振込先口座を照会し自分自身で請求額を振込をしなければなりません。 (もちろん振込手数料は振込人負担です。 ) 振込先の照会方法は2パターンあります。 イオンフィナンシャルグループ 暮らしのマネーサイトへアクセスし、Web上で振込先を確認【推奨】 MyPageよりログインし、自分のカード情報を参照します。 「お引き落とし日に間に合わなかった場合は、下記の口座までお振込みをお願いいたします。 テレホンアンサー(自動音声応答サービス)での確認方法 自動音声応答サービスで、電話越しで振込先を紹介することもできます。 携帯電話からのナビダイヤルは有料となりますので、MyPage上で確認するほうを断然オススメします! 引き落としできずにそのまま放っておいたらどうなる? 「今までちゃんと払っていたのに、今月はうっかり支払タイミングを忘れてしまった」という人もいるかもしれません。 1日、2日といった短い期間であれば後追いの振り込み対応をきちんと行えれば問題はないかと思います。 (常習犯はダメです)(それでも引落日のスケジュールは常に頭の中に入れておきましょう。 ) イオンカードの支払いが発生しているにも関わらず、きちんと支払いをせず滞納してる場合は、 イオンクレジット(株)から督促が届いたり直接登録電話番号に連絡が入ることがあります。 滞納の期間が長くなると、 延滞損害金、つまり支払わないことに対するペナルティ発生につながるので、本来支払うべき金額に利息が上乗せされ、支払金額が膨れ上がることになります。 度重なる支払の督促に応じなかったり、振込スケジュールを知らせず無視しておくと、クレジットカードホルダーとしての 信用情報にも傷がついてしまうので、イオンカード利用停止や次回の更新がストップ、また別のクレジットカードの作成やローンを組むことができなくなるといった影響が出てきます。 放置するようなことは絶対に避けましょう。

次の