彼岸 島 48 日後。 彼岸島 48日後のストーリーと人物がどうなったか教えてください。

彼岸島

彼岸 島 48 日後

松本光司先生の『彼岸島 48日後…』はヤングマガジンに連載中です。 今回は最新話のネタバレ203話です。 『彼岸島 48日後…』前回(202話)のあらすじは・・・ 明はその圧倒的な強さで巨大な邪鬼を倒す。 本戦の相手は皆邪鬼を倒した者どもだが、明なら正体を隠したまま優勝してくれるだろう。 と、カンカンと鐘を鳴らす音と共に、雅の写真がプリントされた旗が天井に張られる。 そして本戦が始まる。 ルールは簡単。 1対1のトーナメント戦で、武器は何でもあり。 ただのころし合いで、決着が付かないと邪鬼が投入される。 そして明が4回勝ち抜けば優勝となる。 しかしいくら彼が強くても優勝は無理だと言われる。 なぜなら今日は雅の息子が出場しているからだ。 そして姑獲鳥が姿を見せる…… 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 鮫島はハッハッハッと息を荒くする。 鮫島「マジか……この大会に明を倒したコイツが出場してたなんて…」 ドォンドォンと足音を響かせて、姑獲鳥が試合会場を歩いていく。 ネズミは 「ひいいいいい、姑獲鳥だァ!!」と怯え始め、観客たちはそれとは対照的に 「姑獲鳥様ァ!!」「最高ーー!!」「ブチころしてくださいィィ!!」と最高に盛り上がる。 左吉 「すごい人気だな。 なんたる声援だよ」 と、 「!! 何、あの対戦相手!!」と姑獲鳥の対戦相手に驚く。 姑獲鳥の前に姿を現したのは、巨体の姑獲鳥をも遥かに上回る大きさのふんどしを巻いたアマルガムだった。 鮫島「でけェ…アイツもアマルガムか……」 アマルガム対アマルガム、信じられないカードだ。 対戦相手が雅の息子に何をしに来たと聞く。 まさか商品の九州が欲しいわけではないだろうと。 姑獲鳥「少しは強者が現れるかと期待したが、お前では物足らんな」 それを聞いて相変わらず強い奴と戦う以外は頭にないようだと対戦相手は言う。 対戦相手についている無数の顔も 「コロセ…」と呟く。 姑獲鳥は 「暇つぶしにはなるかもしれん」とだけ言う。 圧倒的な姑獲鳥 そして戦いが始まる。 相手が巨大な鎌を一気に振り上げて襲い掛かる。 そしてその鎌をビュッと振るうのだが、それを軽々と避ける姑獲鳥。 鮫島「速い!!」 相手は 「ぐっ貴様!!」と言う。 着地した姑獲鳥はぐわっと口を開くと、相手の胸についている顔に食らいつく。 対戦相手は悲鳴を上げる。 噛まれた顔はそのまま食いちぎられてボリボリ喰われる。 これで相手の顔は残り四つ。 姑獲鳥は全て喰ってころすつもりだ。 相手「ギギギギギ、クソ鳥ィィ」 だがその声とは裏腹に、ガブッガブッガブッと捕食するような音が3回。 唖然と見守るしかない鮫島。 「あわわわ……力の差がありすぎた…」と呟くネズミ。 姑獲鳥はボリボリと喰っている。 そして、相手の胸の顔は全て食いちぎられてしまっていた。 かなりの量の出血である。 相手「イ゛イ゛イ゛イ゛イ゛ 姑獲鳥ェェ!!」 姑獲鳥「あとは、その頭だけだな」 相手は 「クソがァァ、喰わせるかァァ!!」とダッと武器を振り上げて再度走り込む。 そしてまた先ほどと同じように鎌で薙ぎ払うのだが、やはり姑獲鳥はタッとジャンプして躱す。 相まみえる二人 次の瞬間には姑獲鳥は着地しており、その後ろには頭の無くなった対戦相手がいた。 姑獲鳥「フン」 姑獲鳥は難なく対戦相手の頭をボリボリ食らっている。 そして「なんてマズい頭だ」と切り捨てる。 それを見た観客たちはシーンと静まり返る。 姑獲鳥「クエエエエエエエエ」 観客「うおおおお」「最高だァァ!!」「姑獲鳥様ァァ!!」 消えかけた火が再燃焼するかの勢いで、会場は再び盛り上がる。 鮫島は同じアマルガムをあっさり倒した姑獲鳥がやはりとてつもなく強い事を再認識する。 明は姑獲鳥が出場している事など知らないはずだ。 早く知らせないと……。 と、明は会場にやってくる。 明は姑獲鳥がいる事に気づく。 そして、右手の仕込み刀を抜くつもりのようだ。 鮫島は耐えてくれと思う。 こんな所で刀を抜いたら、明の正体がバレてしまう… 再び相まみえた因縁の宿敵!! 大観衆の前で一発即発の事態!! 『彼岸島 48日後…』第204話のネタバレ、最新話 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。 ぜひ有効に利用したいですね。 登録無料で月額料金不要。 無料で読める作品が約1万5000冊もあります。 是非試し読みをして本を選んでくださいね。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

彼岸島 48日後のストーリーと人物がどうなったか教えてください。

彼岸 島 48 日後

スポンサードリンク あらすじ 自衛隊の協力で開かずの間を抜き出せた明達と十条二尉。 次の部屋への通路を進む。 鮫島「次の部屋を抜けたら蟲の王の場所にでるんだろ」 十条二尉「はい。 最後の関門といったところでしょうか」 鮫島「まァ 関門つってもその先の蟲の王との戦いのほうが大変そうだけどな」 次の部屋の入り口が見えてきた。 音を立てずに部屋の入口までたどり着く。 入り口周辺には何も見当たらない。 十条二尉は小声で「明さん 部屋の中央を突っ切るのは危険です。 幸いこの部屋の出口が右側なので 右に壁沿いに歩きましょう」 明達は壁を右にして、壁沿いを歩き出す。 暫く進んでいくと、壁から人間の口と手だけが出ていた。 鮫島「なんだ これ… 壁から人間の口と手…」 明「どういう事だ? 張り付けられたのか? それとも埋められて…」 壁から出ている口から呼吸音が聞こえた。 勝次「この人 呼吸してる!! 」 鮫島「マジか!! 生きてる!? ここに生き埋めになってんのか!! 」 勝次「助けてあげようよ ハゲ」 鮫島「そりゃそう思うけど 壁の中だから どう出してやったらいいか… 今は大きな音も立てらんねェしよ」 壁に埋められた人間「声…? 人間の声…? 夢…? 私は死んだのか…?」 鮫島「大丈夫か これは現実だよ。 待ってろよ 助けてやっからな」 壁に埋められた人間は鮫島の手を掴んだ。 「体温を… 感じる… 人間のぬくもり… ああ… 懐かしい…」 勝次「アンタ 何者なんだ? どうしてここにいるんだよ」 壁に埋められた人間は自分の名前も思い出せず、壁に埋められて何日経ったかもわからないらしい。 吸血鬼達から拷問を受けていて、自衛隊の隠れ家を何度も聞かれるので、「どうやら自分は自衛官」という事だけは理解していた。 ユカポン「辛すぎる… こんな地下でずっと一人で拷問を…」 壁に埋められた人間「何言ってんだ 一人じゃない… 仲間はいっぱいいるよ… ここは奴らの拷問部屋だ」 ライトで周りの壁を照らしてみると、他にも壁から口と手だけ出た人間がいた。 ネズミ「でも… みんな… 死んでるよ…」 他の壁に埋められた人間は、壁に埋められたまま息を引き取っていた。 壁に埋められた人間「そんなバカな… 本当か? 俺は一人なのか…? 一人ぼっちなのか…?」 壁に埋められた人間は大声で叫びだした「殺してくれェェェ!! 嫌だァァァァ!! 」 鮫島が慌てて口を押さえる。 「バカ 大声出すな!! 敵に感づかれるだろ!! 」 壁に埋められた人間「みんながいるから… なんとか正気でいられた… 耐えらんない… 一人ぼっちなんて もう耐えられないよ…」 ザッ 何かの物音に明が気づいた「やばいぞ!! 何か来た!! 隠れるぞ!! 」 明達はそばにあった岩の陰に隠れた。 隠れた直後、捕獲型の変異吸血鬼達を引き連れた新たな変異吸血鬼が姿を現した。 壁に埋められた人間「ひいいいいいい」 岩陰から見ている鮫島「コイツが… 拷問野郎… なんて気持ち悪ィ奴…」 ハンマーや糸鋸などの拷問器具を持った変異吸血鬼は、壁に埋められた人間に近づいていく。 壁に埋められた人間「嫌ァァァァ」 感想 ありがたい 最高に使える情報だよ ネズミが蟲の王をどうやって倒すんだ?と言ったら勝次が「明ならなんとかしてくれるわバカ!」 やべェ! コイツら作戦全然考えてねェ!! 元々、連隊長と会った理由は… って、蟲の王の情報を貰うためだったじゃねェか。 そして連隊長から「蟲の王は虫を吐き出して、それに寄生されちまうと変異吸血鬼になっちまう」って聞いたじゃねェか。 なのになんにも役立てねェ!! 蟲の王が吐き出す虫対策を考えてねェようだし、道具も何にも持ってきてねェし… 蟲の王を見た連隊長が「伝えねば なんとしても生き延びてコイツらの事を 伝えねば」と尽力して生還し、あんな身体になっちまったのに国会議事堂奪還作戦にも参加。 明に思いを託して雑魚吸血鬼達を引き受けたというのに… コイツら作戦無しなのかよ… それにルートが変更になっちまって『開かずの間』を通るはめになっちまったのを忘れちまったのかよ!! 「次の部屋を抜けたら蟲の王」とか「右の壁沿いを行けば出口」も信用できねェ! コイツら学習しねェのか? 犠牲者だ!! 得た知識を応用できない 暗記型教育の 犠牲者だ!! こんな所で 毎週映画鑑賞している恩恵に あずかるとはな 壁に埋められちまった男が「何言ってんだ 一人じゃない… 仲間はいっぱいいるよ…」からの、周囲の壁をライトで照らすと…沢山の手と口が!! というシーンはなかなかホラー漫画してるじゃねェか! ホラー映画でよくあるパターンだったけど感じ入ったよ。 コイツが松本光司 趣味で映画を観て仕事に活用する 見ての通り 映画をクソ漫画の肥やしとしている奴だ ハ これもひとつの拷問のうちだな 壁に埋められちまった男が偶然鮫島の手を握っちまって、人のぬくもりを思い出す… 鮫島も可哀想に思ったのか、手を振り払わねェ。 優しいじゃねェか。 こんな状態なのに久しぶりに人のぬくもりを感じちまったのが鮫島の手だなんて辛ェなぁ… せめてユカポンの手なら冥土の土産になったのになァ… しかし幸いながら目が隠されちまっているので、バカでけェハゲの手を握っているとはつゆ知らず。 ンだよ このハゲ ずっと手を握ってやるのは優しいけど ユカポンに代わってやるのも 優しさなんじゃねェのかよ 計画的で無くとも勝てる そんな虫がいい話が どこにあるのやら 吸血鬼の巣の部屋が綺麗に四角すぎやしねェか? ハ 明達と違って計画的! しかも侵入者対策で定期的に道を塞いだりしてルートを変えちまう。 蟲の王は几帳面で頭が切れる奴なのかァ? 計画的にしろ、無意識にしろ、変異吸血鬼を組織的に動かしている蟲の王は今までの敵と違い、力技だけでは倒せそうにねェぞ。 寝言言ってやがる どんな理路整然とした漫画と 勘違いしているのやら 進むためだから仕方ねェけど、十条二尉がライトで照らしながら進んでいるが、暗い部屋の中でライトを付けちまったら気づかれねェか?と思ってたが… この拷問野郎の笑顔が 眩しすぎるからちくしょう!! 変異吸血鬼に目がねェから気づかなかったのか! そういえば捕食型の奴も偵察型の奴も自爆型の奴もカマキリ型の奴までも目が無かったもんな。 なるほど考えちょる。 へ? でも この変異吸血鬼の手には… 松明持ってやがる!! 視力がねェなら松明を持っているのはおかしいんじゃねェのか!? と思ってたら… へ? 腰周りに3つも目があるじゃねェか!! じゃあもとに戻って最初の疑問…十条二尉のライトに気が付かねェ理由は… ひいいいいいいい やっぱりこの漫画 わけが分からねェ!! 出てくるキャラの姿もキャラの行動も無茶苦茶じゃねェか!! 結局蟲の王もある程度苦戦した後は適当に一刀両断して倒しちまうんじゃねェのか? うるせェな 後ろ向きな事ばかり 言いやがって! 松本光司先生なら なんとかしてくれるわバカ! 松本光司様!! 俺は面白い戦いになると 信じてますよ!!

次の

『彼岸島48日後』最新163話ネタバレ・感想!雅の次の標的は精二!?

彼岸 島 48 日後

Contents• 漫画『彼岸島48日後』前回のあらすじをおさらい 今週の彼岸島 雅様乙女かよこいつ — 上尾 ageohikaru 荒廃した東京の街を進む雅。 鮫島は周囲の吸血鬼たちにも警戒しながら、忍び足で尾行を続けます。 やがて雅は、広い駐車場跡にやって来ました。 奥には立派な洋風の椅子が置いてあり、後ろに山積みにされた車は、まるで祭壇のようです。 雅はそこへ優雅に腰を下ろします。 すると周囲の吸血鬼が集まり、ばっと一斉に頭を下げました。 「玉座ってわけか」 鮫島は呟きます。 本当はもう少し近くで確認したいのですが、吸血鬼が大勢いるので近づくことができません。 鮫島は物陰に隠れて、耳をそばだてました。 吸血鬼たちは、いくつかの檻を雅に献上します。 中には数十人の人間が生け捕りにされていて、ガタガタと震えていました。 雅は松明の灯りを頼りに彼らの顔を確認し、「いない」と言います。 「ここにも明はいないか。 まあ、お前たちに捕まるとは思えんが」 鮫島は雅の言葉に目を丸くします。 どうやら、戦いたがっているのはお互い様のようです。 「なら今すぐにでも会わせて…」 鮫島は一瞬そう考えますが、思いとどまりました。 今の弱り切った明では、瞬殺されるのがオチです。 雅と再戦するのは、明が回復した後でなければなりません。 「雅様はこれからどうなさるのですか?」 吸血鬼の1人が尋ねます。 「上野のほうに向かう予定だ」、と雅。 そこへ向かえば、勝次のことも、雅のことも、何とかなるかもしれない。 鮫島の顔が少しだけ明るくなります。 このことを明に知らせようと踵を返した鮫島ですが、後ろからやってきた吸血鬼に見つかってしまいました。 生きた女を担いでいますが、意識を失っているのか、もう鮫島に助けを求めようとはしません。 鮫島は声を上げられるより先にナイフで吸血鬼の首を斬りつけました。 吸血鬼は叫ぼうとしますが、声が出せません。 鮫島は駄目押しとばかりにナイフで首をめった刺しにしました。 誰にも気づかれることなく絶命させられたようですが、今度は意識を取り戻した女が混乱して「嫌ァァァァ!」と叫びます。 とたんに、吸血鬼たちが一斉に鮫島の方を振り返りました。 「マジか…。 見つかっ…」 鮫島は真っ青になって立ちすくみます。 スポンサーリンク 漫画『彼岸島48日後』最新163話 ネタバレ・考察 NaNじぇい : 彼岸島48日後…162話「公園」 — AILE AILE2010 鮫島が捕まる 雅の後をつけ、重要な手掛かりを得た鮫島ですが、ついに吸血鬼たちに見つかってしまいました。 慌てて逃げようとしますが、捕獲ネットを被せられて身動きが取れなくなってしまいます。 吸血鬼たちは鮫島を拘束し、雅の前に突き出しました。 鮫島は恐怖で雅と目を合わせることすらできません。 「ちくしょう、なんて失態だ」 鮫島は死を覚悟しました。 が、雅は「フン」と笑います。 「どうでもいい。 好きにしろ」 そう言った雅の顔には、『こんな奴に興味はない』と書いてありました。 鮫島は最悪の事態を回避でき、わずかに安堵します。 しかし、これで鮫島が助かったわけではありません。 鮫島は、「助かったよ」とかすかに笑います。 「マジでやばかった。 さあ逃げよう。 こんなところに長居は無用だ」 しかし、吸血鬼たちも逃がす気はありません。 「させるか、なぶり殺しだ!」 そう言って、2人を取り囲みます。 「待て」 ここで雅が立ち上がりました。 その目線の先には、精二がいます。 ザッザッと歩み寄り、「そこの仮面の男」と精二に話しかけました。 「どうなっているんだ?お前のその目」 どうやら、仮面の隙間から精二の目が見えてしまったようです。 「お前ただの人間ではないな。 おもしろい」 お前のような奴は初めてだと言いながら、さらに精二に歩み寄ります。 鮫島はさっと精二を庇うように前へ出てバッドを構えました。 「来るな!頼む!なんでよりによって弟に興味を持つんだ」 精二はただの優しい人間なのに…。 鮫島の願いもむなしく、雅はいともたやすく精二の仮面をパァンと切断します。 仮面はゴトッと外れ、化け物のような精二の顔が露わになりました。 吸血鬼たちは、ザワつきながら後ずさります。 「なんて気持ち悪い顔だ」 「本当に醜悪な化け物だ」 鮫島は武器を失くして尚、雅と精二の間に割って入りました。 そして、きっと雅を睨みつけ、怒鳴ります。 「ふざけるな雅。 やはり雅は、ウイルスに感染しても吸血鬼にならない者がいるということを知らないのでしょうか? そうだったとして、雅は精二をどうするのでしょう? 連れ去って、研究するとか無いですよね。 ここのところ鮫島兄弟の株が急上昇しているので、それが死亡フラグのような気がしてなりません。 精二逃げて…。 最近は窮地に陥っても明が強すぎるから恐怖感薄れるのよね。 レズ漫画も別作品かな、と思うくらい流れ変わったな。 — 群馬コンビニマイスター二郎 CONMAI39 今週の彼岸島めちゃ笑ってしまった。 車を積み重ねて祭壇にするとかどんな思考なの。 デブ笠も面白かった。 — くろ shirasexx 今週の彼岸島 糞雑な祭壇に我慢できなかった。 なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、 31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!! 私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました! そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ! 何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。 また、本ページの情報はH30年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。 ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。 鮫島は精二のおかげで九死に一生を得ましたが、今度は精二が雅に興味を持たれてしまいました。 精二を庇うように鮫島は雅の前に立ちはだかりますが、とても守り切れるような状況ではありません。 次回では、雅が精二に抱いた興味がどれほどのものなのかが鍵を握るのかもしれませんね。 それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 スポンサーリンク.

次の