ケーの部屋。 番頭の部屋

「ヒマをなくす」が次のビジネスキーワード|Kの部屋|note

ケーの部屋

スラムダンクについては説明不要かもしれませんが、赤い髪をした不良少年の桜木花道が神奈川県立湘北高校に入学し、バスケ部に入部して徐々にバスケの面白さに目覚めて才能を開花させていき、キャプテンのゴリこと赤城剛憲、メガネ君こと木暮、中学MVPの三井寿、2年生の宮城リョータ、そしてスーパールーキー流川楓たちと夏のインターハイで全国制覇を目指すバスケマンガです。 スラムダンクは当時の日本ではまだまだマイナースポーツの位置づけだったバスケットボールを一躍メジャースポーツに押し上げてくれた立役者でもあります。 ちなみにスラムダンクのキャラクターはアメリカプロバスケットボールNBAのキャラクターを参考にしているといわれています。 そしてスラムダンクからはいくつもの名言が生まれています。 湘北高校バスケ部のコーチである安西先生の「 あきらめたらそこで試合終了だよ」や、桜木花道の「 天才ですから」などは特に有名です。 連載当時は誰もがスラムダンクを読んでいたと言ってもいいほどの大人気で、バスケ部だった中高生にとってスラムダンクはバイブルでした。 6年間の連載でしたが単行本は31巻まで発売されており累計単行本発行部数は1億2000万部を突破しています。 スラムダンクのストーリーですがインターハイの2回戦で湘北高校が高校バスケ界の王者・山王工業を破ったところで幕を閉じました。 インターハイのトーナメントが最後まで描かれることなく連載が終了したので、当時は続きが気になって仕方がないという人がたくさんいました。 そしてここからが本題ですがスラムダンクが連載終了した後の続編を読めるブログがあるのでそのブログをご紹介します。 スラムダンクの続編を読むことができるブログ『Kの部屋』 スラムダンクの続編を読むことができるのは『』というブログです。 この『Kの部屋』というブログを運営されているのは、編集の仕事をされている編集者・Kさんという方です。 スラムダンクの連載は前述の通り1996年にインターハイの途中で終了してしまいました。 その際、マンガでは「第一部 完」と描かれていたため、スラムダンクの続編を期待する人がたくさんいました。 しかし、その後スラムダンクの作者である井上雄彦氏が続編を描くことはありませんでした。 スラムダンクの連載が終了して10年近く経った2005年、『Kの部屋』というブログで「スラムダンクの続きを勝手に考えてみる」というタイトルでスラムダンクの続編が突如として書かれはじめました。 高校バスケの3大大会といえばインターハイ、秋の国体、冬の選抜(ウィンターカップ)なのですが、『Kの部屋』では原作のスラムダンクでは描かれることのなかった 「国体編」や 「選抜編」についても書かれています。 さらにその後も 「大学編」、 「湘北編」、 「全国編」と続くことになります。 『Kの部屋』で読めるスラムダンクの続きはマンガのスラムダンクと違い絵で描かれているわけではなく全て文字で書かれており、いわば小説版スラムダンクです。 しかしスラムダンクのことを知っている人が読むと、まるで原作のスラムダンクを読んでいるかのように頭の中で鮮明にイメージすることができ、スラムダンクに没頭していた当時の興奮が蘇ってきます。 スラムダンクの続編を書いた『Kの部屋』のここが凄い スラムダンクの続編が書かれている『Kの部屋』をのぞいてみると、書かれている内容の完成度の高さ以外にも色々と凄いブログであることがわかります。 スラムダンクのリアル感と臨場感が凄い 『Kの部屋』で書かれているスラムダンクの続編はマンガではなく全て文字で書かれているといいましたが、『Kの部屋』に出てくるスラムダンクのキャラは全員が原作の性格や雰囲気が忠実に再現されています。 桜木は原作の桜木のままであり、流川は原作の流川のままなのです。 だから文字を追うだけで頭の中で勝手にスラムダンクの映像をイメージできるのだと思います。 また、文字だけなのにバスケットボールのスピード感、迫力、そして緊張感がひしひしと伝わってくるため、一度『Kの部屋』でスラムダンクの続編を読み始めるともう止まらなくなります。 『Kの部屋』ではスラムダンクの続編が10年以上も書かれている 『Kの部屋』でスラムダンクの続きが書かれはじめたのが2005年ですが、それから13年が経つ2018年現在においてもまだ続いています。 ブログを運営主さんが体調を崩されて一時期中断しましたが、それでも10年以上も継続されているのはもの凄いことです。 この記事を書いている2018年8月現在でなんと800話まで続いています。 スラムダンクの原作よりも長い期間にわたって記事を書いているなんて凄すぎです。 『Kの部屋』のアクセス数が凄い そして驚くべきが『Kの部屋』のアクセス数です。 『Kの部屋』には懐かしのアクセスカウンターが設置してあるのですが、ある平日のアクセス数を確認してみると、なんと 1日で12万アクセスを超えるおばけブログなのです。 単純計算ですが1ヶ月で360万以上のアクセスを叩き出していることになります。 悲しいかな、うちの弱小ブログの月間アクセス数など『Kの部屋』にたった1日で抜かれてしまいます。 そして累計のアクセス数は7億7千万を超えており、もはや何だかよくわからない数字になっています。 いやらしい話ですが広告収入が気になるところです。 最後に 学生時代にバスケットボールをやっていたこともあり原作のスラムダンクには超ハマりました。 特にミッチーこと三井寿が大好きでした。 ポジションがSG(シューティングガード)でスリーポイントシュートが得意だったこと、同じような身長と体重。 残念ながらルックスこそ違いますが三井寿のプレイに自分を重ねてスラムダンクを読んでいました。 そして何より僕もバスケットボールから離れていた時期があったので三井寿への感情移入は半端なものではありませんでした。 「安西先生・・・!バスケがしたいです・・・・・・」 このセリフに何度涙したか数え切れません。 当時の僕にとってスラムダンクはバイブルであり青春だったと言っても過言ではありません。 先日、ふとしたきっかけで『Kの部屋』の存在を知り読んでみましたが一日中読み続けてしまいそうなほど面白い内容となっています。 スラムダンクが好きだった人はぜひ『Kの部屋』でスラムダンクの続編を読んでみて下さい。 あの頃に戻れます。

次の

【Kの部屋】あの人気漫画スラムダンクの続編が読めるブログが凄すぎる!

ケーの部屋

「諦めたらそこで試合終了です・・・!」 この名言、ご存知の方も多いのではないでしょうか? 特に 30代~40代の世代の方たちはかなり思い入れが強いかと思いますが・・、90年代に一世を風靡した伝説の青春バスケット漫画 スラムダンク! 不良高校生の 桜木花道が、ゾッコンLOVEな同級生の晴子に気に入られるために入部した バスケットボール部をテーマに、 汗と涙の成長過程が描かれた青春ストーリーです。 ただ、 最終話の山王戦では見事な死闘を繰り広げて 勝利をしたのにも関わらず、その後の 愛和学院に嘘のように ボロ負けして完結したという 歯切れの悪い最終話で完結というファンにとっては満足できていない人も多い結末でした。 週刊少年ジャンプで、 1990年(42号)から1996年(27号)にかけて 全276話にわたり連載されて、シリーズの国内累計発行部数は 1億2000万部を突破するという偉業を成し遂げました。 2019年現在でも、スラムダンクを超えるバスケットボール漫画は未だ出てきていないほどの人気を誇り、 その人気は日本だけでなく中国や台湾など海外でもファンが多い事で有名です。 また、スラムダンクの中には数々の名言が多く、 スラムダンク突然の連載終了!?その理由とは・・? 「はいあがろう。 名朋工業高校、愛和学院高校、大栄学園高校など、未来の対戦チームも描かれているのにも関わらず、 突然の連載修了でファンの間では落胆した人も多かったのを覚えています。 作者の井上さん曰く、 「前の試合よりもつまんない試合は絶対描きたくない」という事と、 「山王戦より面白い試合は描けないと思っていた」という2つの理由が決定打になったようです。 確かに、あの山王戦の激戦は すさまじい熱気と臨場感あふれるものでしたし、漫画という絵と文章だけの素材でも あれを超える試合を書くのはなかなか難しいかも・・と妙に納得してしまいました。 そんな感じで、スラダン終了の1996年から10年ほどはまったく続編の発表もなく スラダン自体が本当に終わってしまったんだなとファンの間では落胆の空気が流れていました。 まぁ、実はその後 2004年に、某廃校の黒板に 「あれから10日後」と題してスラムダンクの続編が少し描かれたのですが、短編復活でその後のストーリーが少しという感じで 不完全燃焼には変わりません・・。 このブログを運営されているのは、スポーツライターをされている 編集者・Kという方で、作者の井上雄彦氏ではありませんが、なぜファンの間でそこまで人気かというと・・・ とにかく 完成度が高い!の一言につきます。 Kの部屋のスラダンは、漫画として描かれていなく 文字のみの小説版スラムダンクです。 しかしKの部屋では、スラダン本編で描かれることのなかった 「国体編」や 「選抜編」をはじめとして、さらにその後の 「大学編」「湘北編」「全国編」まで具体的に描かれているという ファン泣かせの激アツなストーリー構成になっています。 また、2005年からスタートして2019年現在でも連載が続いていて、 現時点では 825話まで公開されています。 これはかなりの長編ですよね・・・軽く数冊くらいに分けて小説家できるレベルです。 この方法を使うと、漫画版に関しては スラムダンク全巻の中でお好みの1巻分が完全無料で読むことができます。 また、スラムダンク動画版(番外編)については 4作品を完全無料で視聴することができます。 興味のある方は、下記リンク先に詳細が書かれていますのでチェックしてみてください。 なんと 1日12万アクセスを超えるほどのマンモスブログとなっていますので、スラダンファンの方は是非一度チェックしてみることをおススメします! また最近では、スラダンのモデルとなった鎌倉高校前の踏切が かーなーりの人気スポットになっているようで!? 気になる方は、下記記事もチェックしてみてくださいね。

次の

番頭の部屋

ケーの部屋

スラムダンクの続きを書いているブログ、Kの部屋の作者 って誰なんでしょうか?? 自分の中で色々推理したんですが、やはり井上雄彦さんかなと。 物語を読んでもストーリーの完成度や、セリ フや笑いの感性をとっても原作にとても近い気もします。 また現在バガボンドとリアルや他ネット関係、個展など様々なお仕事をされていますが、それにしても連載の進み具合が遅すぎやしないかと。 もちろん自分自身漫画家のお仕事がどれ程大変なものかは全く知らないので大変失礼な事かもしれませんが、もしかしたらスラムダンクの続きを書いているから、というのも考えうるなと。 更に、井上雄彦はイニシャルでI. T このTを左に傾けてつなげたらKになったりなんてのも面白くないですか? 以上自分が考えた井上さん=編集者Kさんの推理ですが、皆さんはどうお考えでしょうか?? 外見は、イノウエ氏は嫌なメンバーとして有名です。 不快を示す発言その中のそれ自身のファン・アートに対立するものとして始めのようにであるが「同人マガジンに可能性がないところで、内部のプレー」「賛成論作家はさらにそのような場所に参加する人々がいますが、何がいつそれ自体に不可知論を伝えますか"言われていた、それはである? それがイノウエ氏の真実の真意である場合、それは商用マガジンです、彼は恐らくいます「賛成論の作家、いずれにしても、また、仕事は発表されます。 あるいは、それは賛成論樽人の自尊のような政策を持つために考慮されます「さらに仕事としてウェブの公のプレゼンテーションを発表するためにの、1つの、壮大"賛成論作家「偽名などの使用なしで もしイノウエ氏がボリューム続編を引けば、それが多くの公表された発言から推測しても、そして非常に大きな意味を持っているスラムダンクと呼ばれる、仕事の余分の物の上で、の中で、1つの、自分自身のもの、漫画家史、彼は考えるべきでない、特に理由に生じないことが好きなこと、それは秘密を守るに違いない、またタケヒコ・イノウエの名前を発表する、どちらか、またそれを作るために、そのようなもの に関して それは、さらに生徒によって知っている。 それ以来、意図西洋ナシで宣言される人々がいます! どれが継続を行うか、またメディアを非常によく訪問した、それは、同じようにそこで話です、である、ない、それ。 井上氏は同人嫌いとして有名らしい。 それは、自作の二次創作 とくに腐ったもの? に対する不快感をあらわした発言が発端のようだけれど、「同人誌は発展性のない内輪の遊び」「プロ作家でもそういう場に参加する人がいるが、自分には理解不能」というようなことも言ったのだとか。 もしそれが井上氏の真実本心なら、おそらく彼は『プロの作家である以上、作品を発表するのなら商業誌で、あるいはウェブ公開などでも変名など使わずに堂々たる"プロ作家の作品"として発表するのが、プロたる者の矜持』というようなポリシーを持っていると思われます。 公にされた数々の発言 全てを網羅したわけではとてもないけど から推測しても、井上氏が自身の漫画家歴の中でとても大きな意味を持つスラムダンクという作品の続編や番外編を描くことにするとすれば、井上雄彦という名前を伏せて発表しなければいけないような理由もとくに思い当たらないし、そんなふうにしたいとも思わないはずだと思います。

次の