手紙 6 月 書き出し。 挨拶文【6月】書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語と時候

時候の挨拶6月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

手紙 6 月 書き出し

入梅の候/梅雨の候/初夏の候/薄暑の候/首夏の候/青葉の候/麦秋の候/向夏の候/孟夏の候/長雨の候/短夜の候/季夏の候/ 6月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 入梅の候は「にゅうばいのこう」。 以下、梅雨(ばいう)初夏(しょか)薄暑(はくしょ)首夏(しゅか)青葉(あおば)麦秋(ばくしゅう)向夏(こうか)孟夏(もうか)長雨(ながあめ)短夜(みじかよ)季夏(きか) 季語を使った六月の時候の挨拶は、私的文書では「入梅の候、お変わりなくお過ごしのことと存じます」「薄暑の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「向夏の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申しあげます」などとします。 ・ 青葉若葉の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 暑気日ごとに厳しさの増す今日この頃 ・ 長雨が続きますが、お元気ですか? ・ 入梅の折から蒸し暑い日が続きます。 ・ 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃 ・ くちなしの花が香る季節になりました。 ・ 麦秋の黄金色が目に眩しい季節になりました。 ・ 紫陽花の花の紫が日ごとに深まる今日この頃 ・ そろそろ海や山の恋しい季節 手紙の冒頭には、六月の季節を伝える季語や言葉を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「長雨が続きますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます」「梅雨の季節になりました。 いかがお過ごしでしょうか」など。 ビジネス文書の場合は、書き出しでは季節の挨拶は不要です。 時候の挨拶(の候)のあと、そのまま本文(用件)に入ります。 「梅雨の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます。 さて、さっそくですが~」など。 時候の挨拶も省いて「時下ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」としてもかまいません。 結びの挨拶文例(6月) ・ 孟夏の候、お元気でお過ごしください。 ・ 梅雨晴れのからりと明るい夏空を期待して。 ・ 梅雨明けも間近、お会いできる日を楽しみにしています。 ・ 蒸し暑い日が続きます。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ 暦のうえでは夏もすぐそこ。 お元気でお過ごしください。 ・ 梅雨寒の日も巡ってまいります。 ご自愛専一に。 六月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「お元気でお過ごしください」「ご自愛専一に」などの挨拶文を添えて「うっとうしい毎日が続きます。 風邪など召されませんよう、ご自愛専一に。 」「梅雨明けも間近、お元気でお過ごしください。 」といった感じで終わります。 ビジネス文書の場合は結語には季節の挨拶は入れません。 用件を伝えたあと「まずはお願いまで」「とりあえず書中にてお詫び申しあげます」「まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶まで」「以上、取り急ぎご連絡申しあげます」などの言葉で書き終わります。 6月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 月ごとの時候の挨拶は、初旬・中旬・下旬とか、月の前半・月の後半などと、無理に使い分ける必要はありません。 6月なら「向夏の候ますますご清栄のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、6月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。 初旬・中旬・下旬と使い分けて、6月の季節感を出したい場合は、6月の行事や草花などの言葉を織り込んで、次のような書き出しにします。 6月の代表的な和風月名は「水無月」。 読み方は「みなづき」。 意味は、梅雨が終わり田んぼの水が枯れ尽きる月=水の無い月(みずのないつき)を略したもの。 一方では、田んぼに水を張るという意味とする説もあります。 6月の別名には次のような呼び名があります。 弥涼暮月(いすずくれつき)風待月(かぜまちつき)季夏(きか)季月(きつき)極暑(ごくしょ)常夏(じょうか)小暑(しょうしょ)涼暮月(すずくれつき)積陽(せきよう)蝉羽月(せみのはつき)則旦(そくたん)長夏(ちょうか)長列(ちょうれつ)鳴神月(なるかみつき)林鐘(はやしのかね)伏月(ふせつき)松風月(まつかぜつき)皆月(みなつき)水月(みなつき)皆尽月(みなつき)旦月(みなつき)陽氷(ようひ)盛熱(みなつき)皆熱月(みなつき) 6月:外国語の呼び方 6月は英語では「June」(ジューン)と言いますが、語源は、ローマ神話のユピテルの妻ジュノー(結婚出産の神)から名づけられたものと言われています。 別名「花嫁月」とも。 今日はロマンスの日。 /とはいえ惚れた腫れたの世界は遠い昔の話になってしまいましたが(笑)/いかがお過ごしでしょうか。 今日は露天風呂の日。 /たまには温泉につかって鋭気を養いたいと思う今日この頃。 お元気でお過ごしのことと思います。 いよいよ今日から金沢百万石まつりが始まりますね。 美沙恵さんのお母さまもさぞ楽しみにしていらっしゃることでしょう。 早いもので、6月も三分の二が過ぎようとしています。 お礼のはがき文例<6月>サクランボを贈ってもらった礼状 6月に、サクランボを贈っていただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 礼状なので書き出しには時候の挨拶は入れません。 季節の挨拶は結びの言葉だけに入れます。 礼状の前文に時候の挨拶や季語を入れないのは、贈り物をいただいた喜びのあまりに季語や時候の挨拶を書くのを忘れてしまいました、という意味あいがあります。 お礼のはがきを書く手順としては、まず最初にお礼の言葉を述べてから、いただいた品物の感想を書いて、季節の挨拶を添えて(6月の場合は「入梅の季節」など)、文末は「まずはお礼まで」と書いて結びます。 はがきの文面は以下のとおり。 実際のはがきは縦書きで印刷しました。

次の

6月の手紙の書き出しと結び!ビジネスや友達宛ての挨拶や季語の盛り込み方を例文で!

手紙 6 月 書き出し

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『 みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「初夏の候」と「初夏のみぎり」は全く同じ意味です。 ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。 「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。 また、「候」の読み方ですが、基本的には「 こう」と読みます。 初夏の候は「しょかのこう」と読みます。 時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。 麦にとってはこのころが刈り入れどきであり、稲でいう秋にあたるわけで、この名がつけられています。 (5月〜6月の茶色くなった麦畑を、秋のススキにたとえた季語ともいわれています。 ) 「プライベート」6月の手紙の書き出し• 梅雨前線が近づいてきました。 (お変わりなくお過ごしでしょうか)。 梅雨入りのニュースが気になるこのごろですが、(毎日お元気でご活躍のことと存じます)。 梅雨空のうっとうしい季節となりました。 (お元気でしょうか)。 梅雨空が恨めしいこのごろとなりましたが、(いかがお過ごしでしょうか)。 連日の雨も一休み、きょうは久しぶりの青空です。 (貴地方ではいかがでしょうか)。 毎日毎日よくもまあ飽きずに降るものですね。 (お元気でいらっしゃいますか)。 庭のあじさいが、雨に美しく濡れています。 (お健やかにお過ごしでしょうか)。 梅雨明けが待たれる今日このごろですが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。 梅雨が上がったとたん、真夏日を思わせるような毎日が当地ではつづいております。 梅雨明けの空がすがすがしい季節となりました。 (お健やかにお過ごしのことと存じます)。 今年はから梅雨だそうで、水不足が心配です。 (お変わりありませんか)。 山々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。 (お元気でお過ごしのことと存じます)。 色鮮やかに咲く紫陽花のように、(生気あふれる日々をお過ごしのことと存じます)。 梅雨期に入り、気の滅入るような今日このごろ、…。 ここ数日、梅雨寒の日が続いていますが、…。 うっとうしい雨の日が続いていますが、…。 ここ二、三日、梅雨の中休みに入り、久しぶりに青空が広がっていますが、…。 今年は空梅雨らしく、早くも真夏を思わせる強い日ざしの日が多くなりましたが、…。 梅雨のない御地がほんとうにうらやましく…。 田植えも終わり、さわやかな風が青田を渡る季節になりましたが、…。 梅雨の晴れ間にのぞく青空に夏らしさを感じていますが、…。 衣替えの季節となりました。 衣替えを迎え、道行く人の装いにもしろがめだつようになりましたが、…。 せめて気分だけでもうっとうしさを忘れようと、新しいレインコートを買いました。 今年も、早くも半分を過ぎようとしていますが、…。 街はすっかり夏の装いに変わり、活気に満ちてきましたが、…。 夏本番も、もうすぐですね。 梅雨寒ながら、吹く風には夏の匂いを感じる今日このごろ、…。

次の

時候の挨拶 6月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

手紙 6 月 書き出し

・小暑の候、小暑の折、小暑のみぎり:7 月上旬 ・仲夏の候、仲夏の折、仲夏のみぎり:7 月上旬 ・梅雨明けの候、梅雨明けの折、梅雨明けのみぎり:7 月上旬 ・盛暑の候、盛暑の折、盛暑のみぎり:7 月上旬 ・星祭の候、星祭の折、星祭のみぎり:7 月上旬 ・盛夏の候、盛夏の折、盛夏のみぎり:7月 上旬 ・大暑の候、大暑の折、大暑のみぎり:7 月上旬~下旬 ・夕立の候、夕立の折、夕立のみぎり:7 月上旬~下旬 ・白雨の候、白雨の折、白雨のみぎり:7月上 旬~下旬 ・驟雨の候、驟雨の折、驟雨のみぎり:7月上 旬~下旬 ・炎暑の候、炎暑の 折、炎暑のみぎり:7 月上旬~下旬 ・炎昼の候、炎昼の折、炎昼のみぎり:7月 中旬~下旬 ・酷暑の候、酷暑の折、酷暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・極暑の候、極暑の折、極暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・三伏の候、三伏の折、三伏のみぎり:7 月中旬~下旬 ・厳暑の候、厳暑の折、厳暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・灼熱の候、灼熱の折、灼熱のみぎり:7月 中旬~下旬 ・炎熱の候、炎熱の折、炎熱のみぎり:7月 中旬~下旬 ・烈暑の候、烈暑の折、烈暑のみぎり:7月 中旬~下旬 ・甚暑の候、甚暑の折、甚暑のみぎり:7月 中旬~下旬 ・猛暑の候、猛暑の折、猛暑のみぎり:7月 下旬 ・薫暑の候、薫暑の折、薫暑のみぎり:7月 下旬 上記は 7月の季節の挨拶文に使える時候と 適した時期のまとめ一覧表です。 続ける文章は親しい方への挨拶文でも 公式の改まった挨拶文でも使えるものです。 ・ 初夏の候、お元気にご活躍のこととお喜び申し上げます。 ・ 大暑の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・ 暑中お伺い申し上げます。 ・ 小夏の候、暑さに負けずご活躍のことと拝察致します。 ・ 仲夏の折、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・晴天が続く 盛夏のみぎり、ご健勝で暑さを乗り切っていらっしゃることと存じます。 ・ 梅雨が開けいよいよ夏本番を迎えるこの頃、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ 炎暑の候、貴社一段とご繁盛の段大慶に存じます。 ・ 盛暑の折、貴殿には一段とご活躍とのことと拝察いたしております。 ・ 暑中お見舞い申し上げます。 ・ 酷暑の候、貴社におかれましては一層のご発展のこととお慶び申し上げます。 ・時折の 驟雨が涼をもたらす炎暑のみぎり、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ・ 夏木立の緑濃く、木漏れ日も輝くころとなりました。 ・青空に 入道雲がわき、夏真っ盛りとなりました。 ・色とりどりの 七夕飾りに、夏の訪れを感じる季節になりましたが、お変わりありませんか。 ・ 炎暑しのぎがたいこのごろですが、お元気でお過ごしのことと存じます。 ・ ほおずき市も近づき、夏祭りも盛んな季節となりました。 ・ 花火の音が聞こえる季節となりましたが、お変わりありませんか。 ・ 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いていますが、~。 ・ 土用の入りも近づき、蒸し暑い夜が続いていますが、~。 ・ 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえる今日この頃ですが、~。 上記は 7月の季節の挨拶文に使える 書き出し文例 のまとめ一覧表です。 7月から連想される植物や食べ物、 行事などの単語を自由に盛り込んで、 読み手に時節が頭に浮かぶような 書き出しにしても素敵です。 ・猛暑の折、どうかくれぐれもご自愛ください。 ・暑さ厳しき折ではございますが、どうかますますご壮健に。 ・夏風邪などお召しになりませんよう、どうかお体をおいといください。 ・心ばかりのお中元の品を別送いたしましたので、どうかご笑納ください。 ・夏休みの帰省を首を長くして待っています。 ・盛夏の折柄、皆様のますますのご健勝をお祈り申しあげます。 ・時節柄夏負けなどなさらないよう、ご自愛のほどお祈り申しあげます。 ・暑さはこれからが本番です。 体調管理には充分気をつけて下さいね。 ・まずは暑中のお見舞いまで申し上げました。 ・今年は梅雨明けが遅い分、暑さが長引くそうです。 おたがい体調管理に気を付けましょう。 ・ご健勝にて夏を乗り越えられますよう、お祈り申し上げます。 ・ことしは例年にない暑さだそうですから、お体にはくれぐれもお気をつけください。 ・本格的な夏を迎えました。 皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。 ・周りの樹木の緑も色濃くなってきました。 夏休みには一緒に出かけましょう。 ・熱帯夜がつづき寝苦しい日々、クーラーでお身体を冷やしすぎませんよう。 ・暑いさなかでございますので、外出の析にはなにかとご注意くださいますように。 ・食欲も減退する暑さがつづきますが、健康管理にはご注意下さいね。 上記は 7月の季節の挨拶文を使った 結びの例文のまとめ一覧です。 結句で季節の挨拶文を使う場合、 それに続く組み合わせでは 相手の方を思いやるような文章を 続けるようにしましょう。

次の