キーエンス の 株価。 (株)キーエンス【6861】:時系列の株価推移

(株)キーエンス【6861】:時系列の株価推移

キーエンス の 株価

キーエンスの株価が高い理由というのは、ある意味何故Apple Inc. の株価が高いのかと聞いているのと本質は変わりません。 キーエンスは圧倒的なまでの利益率や経営基盤、付加価値力があります。 キーエンスはBtoB企業ですので、普通に暮らしているだけでは「キーエンス」と意識するような商品を目にすることはありません。 と言うのも、キーエンスの商品というのはファクトリー・オートメーション機器という、要は工場などで使用する機器を販売しているからです。 しかし、単に製品を販売しているだけではなく、現場のニーズを上回る製品を圧倒的な短期納期で提供しているのです。 ですから、競合他社には無い圧倒的な競争力を持っているので、あれほどの株価を維持出来ているのです。 それこそ、Apple Inc. が他のメーカーと圧倒的なまでの競争力を有しているのと似ています。 それと、これは仮定にしか過ぎませんが、ソフトバンクと同じように、株主には株価で応えようとしているからです。 もっとも、ソフトバンクの場合、どこかの記事で、孫社長は配当ではなく株価で株主に応え、また配当が少なくてもボラティリティ(株価変動)で儲けてる人も多数居るのだからそれでいいじゃないかということを言っていましたのでキーエンスと本質は違うはずです。 株式というものは会社の所有権を小分けにしたものです。 大きな会社の所有権を細かく切り分ければ=株式の発行数を増やせば大きなカステラでも小さく切り分ければ1片の値段は安くなるように1株の値段は安くなります。 同じ大きさのカステラでも大きく切り分ければ 切り分けられたカステラの片数が少なければ 1片の値段は高くなります。 そしてキーエンスは同じような規模の上場企業と比較して発行済み株式数が極端に少ないのです。 要するに会社の所有権が大きく切り分けられているので1株の値段が高くなっているのです。 日本の株式市場で時価総額上位の会社のリストを見ると現時点でキーエンスは12位になっています。 例えば発行済み株式数を比較すると時価総額上位の企業は1位から11位の企業は発行済み株式が全て10億株以上、三菱UFJに至っては141億株以上です。 1位 トヨタ自動車 3,337,997,492=約33億3800万株 2位 株 NTTドコモ 3,958,543,000=約39億5854万株 3位 日本電信電話 株 2,096,394,470=約20億9639万株 4位 KDDI 株 2,620,494,257=約26億2049万株 5位 JT 日本たばこ 2,000,000,000=20億株 6位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 14,168,853,820=約141億6888万株 7位 ソフトバンクグループ 株 1,100,660,365=約11億66万株 8位 日本郵政 株 4,500,000,000=45億株 9位 ホンダ 1,811,428,430=約18億1143万株 10位 株 ゆうちょ銀行 4,500,000,000=45億株 11位 三井住友フィナンシャルグループ 1,414,055,625=約14億1406万株 これらに対して 12位 キーエンス 60,801,921=約6080万株 は桁違いに発行済み株式数が少ないのです。 切り分けられているカステラの片の数が少ないので=カステラの1切れが大きいので1株の株価が高くなっているのです。

次の

キーエンス (6861)

キーエンス の 株価

6861 1987年10月29日上場 本社所在地 〒533-8555 東中島一丁目3番14号 設立 (昭和49年) 事業内容 ファクトリーオートメーション用の各種センサ、測定機器及びその他電子応用機器の開発並びに設計、製造及び販売 代表者 () 資本金 306億3,754万円 発行済株式総数 121,603,842株 (2019年3月期) 売上高 連結:5,870億9,500万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:3,178億6,800万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:3,198億6,000万円 (2019年3月期) 純利益 連結:2,261億4,700万円 (2019年3月期) 純資産 連結:1兆5,883億900万円 (2019年3月期) 総資産 連結:1兆6,823億5,700万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:7,941名 (2019年3月31日現在) 決算期 主要株主 株式会社 15. の構成銘柄の一つ。 現在、世界44カ国・200拠点で事業を展開。 概要 [ ] 創業者で現名誉会長のが、にで「リード電機」として設立、に社名を " Key of Sci ence" に由来する「キーエンス」(KEYENCE) に変更した。 1部に上場。 本社・研究所は大阪市東淀川区、の近くにある。 に、との資本・業務提携を行うと発表。 第三者割当て増資により、ジャストシステムはキーエンスの適用会社となる。 沿革 [ ]• - リード電機株式会社設立• - 現地法人設立• - 株式会社キーエンスに社名変更• - 大阪証券取引所市場第2部上場• - 東京証券取引所市場第2部上場• 現地法人設立• 大阪証券取引所市場第1部上場• 東京証券取引所市場第1部上場• 現地法人設立• 現地法人設立• - 本社・研究所新社屋竣工• - 現地法人設立• - 現地法人設立• 現地法人設立• 現地法人設立• - 現地法人設立• 現地法人設立• 東京研究所開設• 現地法人設立• - 現地法人設立• - 現地法人設立• - 現地法人設立• - 現地法人設立• - 品質評価施設「クオリティ・ラボ」設立• 現地法人設立• 現地法人設立• - 現地法人設立• - 現地法人設立• - 現地法人設立• 現在、世界44カ国・200拠点で事業を展開 主な商品 [ ]• 光電・近接・レーザセンサ/ライトカーテン• 流量・圧力センサ/温度制御• 変位センサ/寸法測定器• 画像センサ/画像処理装置• 静電気対策機器/クリーン機器• レーザーマーカ//3Dプリンタ• PLC/ACサーボ• /FAデータ収集機器• 電子計測器/レコーダ• 顕微鏡(デジタルマイクロスコープ)・SEM/表面形状解析• ・/RFID 組織 [ ] 事業部制 [ ] 事業部制をとっており9つの事業部で構成されている• センサ事業部• 制御システム事業部• アプリセンサ事業部• 精密測定事業部• マイクロスコープ事業部• メトロロジ事業部• 自動認識事業部• マーキング事業部• 画像システム事業部 国内営業所 [ ] 東日本エリア 盛岡、仙台、郡山、宇都宮、高崎、熊谷、浦和、水戸、柏、幕張、神田、東京、立川、八王子、横浜、海老名、松本、静岡、浜松、 西日本エリア 豊田、刈谷、名古屋、一宮、津、富山、金沢、滋賀、京都、大阪北、大阪中央、神戸、岡山、高松、広島、北九州、福岡、熊本 連結子会社 [ ]• キーエンスエンジニアリング株式会社• 株式会社アピステ• 株式会社エスコ• 株式会社イプロス• キーエンスソフトウェア株式会社• KEYENCE CORPORATION OF AMERICA (アメリカ)• KEYENCE CHINA CO. , LTD. (中国)• KEYENCE DEUTSCHLAND GmbH(ドイツ)• KEYENCE FRANCE SAS(フランス)• KEYENCE(UK)LIMITED (イギリス)• KEYENCE ITALIA S. (イタリア)• KEYENCE CANADA INC. (カナダ)• KEYENCE MEXICO,S. DE C. V(メキシコ)• KEYENCE TAIWAN CO. , LTD. (台湾)• KEYENCE THAILAND CO. , LTD. (タイ)• KEYENCE MALAYSIA SDN BHD(マレーシア)• KEYENCE HONG KONG Co. ,LIMITED (香港)• KEYENCE SINGAPORE PTE LTD(シンガポール)• KEYENCE INDIA PRIVATE LIMITED(インド)• KEYENCE BRASIL(ブラジル)• KOREA KEYENCE CO. , LTD. (韓国)• KEYENCE INDONESIA(インドネシア)• KEYENCE VIETNAM CO. , LTD(ベトナム) 持分法適用関連会社 [ ]• 不祥事・事件 [ ] 創業者長男による所得隠し [ ] 創業者滝崎武光の長男が、資産管理会社の株式を巡って1,500億円超のをので指摘されていたことが、2016年9月に判明した。 脚注 [ ] [].

次の

(株)キーエンス【6861】:株式/株価

キーエンス の 株価

キーエンスの株価が高い理由というのは、ある意味何故Apple Inc. の株価が高いのかと聞いているのと本質は変わりません。 キーエンスは圧倒的なまでの利益率や経営基盤、付加価値力があります。 キーエンスはBtoB企業ですので、普通に暮らしているだけでは「キーエンス」と意識するような商品を目にすることはありません。 と言うのも、キーエンスの商品というのはファクトリー・オートメーション機器という、要は工場などで使用する機器を販売しているからです。 しかし、単に製品を販売しているだけではなく、現場のニーズを上回る製品を圧倒的な短期納期で提供しているのです。 ですから、競合他社には無い圧倒的な競争力を持っているので、あれほどの株価を維持出来ているのです。 それこそ、Apple Inc. が他のメーカーと圧倒的なまでの競争力を有しているのと似ています。 それと、これは仮定にしか過ぎませんが、ソフトバンクと同じように、株主には株価で応えようとしているからです。 もっとも、ソフトバンクの場合、どこかの記事で、孫社長は配当ではなく株価で株主に応え、また配当が少なくてもボラティリティ(株価変動)で儲けてる人も多数居るのだからそれでいいじゃないかということを言っていましたのでキーエンスと本質は違うはずです。 株式というものは会社の所有権を小分けにしたものです。 大きな会社の所有権を細かく切り分ければ=株式の発行数を増やせば大きなカステラでも小さく切り分ければ1片の値段は安くなるように1株の値段は安くなります。 同じ大きさのカステラでも大きく切り分ければ 切り分けられたカステラの片数が少なければ 1片の値段は高くなります。 そしてキーエンスは同じような規模の上場企業と比較して発行済み株式数が極端に少ないのです。 要するに会社の所有権が大きく切り分けられているので1株の値段が高くなっているのです。 日本の株式市場で時価総額上位の会社のリストを見ると現時点でキーエンスは12位になっています。 例えば発行済み株式数を比較すると時価総額上位の企業は1位から11位の企業は発行済み株式が全て10億株以上、三菱UFJに至っては141億株以上です。 1位 トヨタ自動車 3,337,997,492=約33億3800万株 2位 株 NTTドコモ 3,958,543,000=約39億5854万株 3位 日本電信電話 株 2,096,394,470=約20億9639万株 4位 KDDI 株 2,620,494,257=約26億2049万株 5位 JT 日本たばこ 2,000,000,000=20億株 6位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 14,168,853,820=約141億6888万株 7位 ソフトバンクグループ 株 1,100,660,365=約11億66万株 8位 日本郵政 株 4,500,000,000=45億株 9位 ホンダ 1,811,428,430=約18億1143万株 10位 株 ゆうちょ銀行 4,500,000,000=45億株 11位 三井住友フィナンシャルグループ 1,414,055,625=約14億1406万株 これらに対して 12位 キーエンス 60,801,921=約6080万株 は桁違いに発行済み株式数が少ないのです。 切り分けられているカステラの片の数が少ないので=カステラの1切れが大きいので1株の株価が高くなっているのです。

次の