ナチス 人体 実験。 ナチス・ドイツの狂気がもたらした現代医学への貢献

CiNii Articles

ナチス 人体 実験

2018年07月13日 07時00分 絶対に繰り返されてはいけない「邪悪な9つの医療実験」とは? by フィクションの世界では「科学の発展に犠牲は付きもの」という言葉を目にすることもありますが、現実の世界ではそれが医学的な進歩をもたらすものであっても、意図的に人々を犠牲にすることは倫理的に許されません。 しかし、「歴史を見ると医学の発展のために『邪悪な医療実験』が行われた例が少なくない」と報じられています。 被験者とされた三つ子のロバート・シャフラン氏、デヴィッド・ケルマン氏、エドワード・ギャランド氏の3人が偶然出会い、お互いに兄弟だということを知って露見したこの実験は、大きな非難にさらされることになりました。 3人は「自分に兄弟がいる」とは考えたこともなく、ケルマン氏は「実験によって私たちの20年は奪われた」と憤りをあらわにしたとのこと。 ギャランド氏は実験の事実が判明した後の1995年、妻と娘を残して自殺しています。 3人の養子縁組を主導して研究を行った心理学者らは、「自分たちは子どもたちにいいことをしたと思っている。 それぞれがバラバラの環境で育ったことにより、自分自身の個性を育むことができた」と述べ、事実が露見した後も全く悪びれなかったそうです。 ナチスは人間を減圧室に入れたり急速に冷凍したり、去勢措置を施したりといった実験を行い、数多くの人々が医学的興味から行われた実験によって死亡しました。 コレラ菌や腸チフス菌を意図的に井戸水に混入させて感染力を試したり、囚人を寒い天候の中で行進させ、凍傷を治療する方法の開発に利用するなどの実験が行われたとのこと。 また、意識がある状態の人間を解剖したという証言もあります。 研究者らはオハイオ州の戦争孤児と一緒にテーブルに座り、「君たちには吃音病の兆候が見られる。 正確にしゃべることができるようになるまで、口を開いてはいけない」と伝えました。 結局、研究対象となった孤児が不安から吃音病を発症することはなかったものの、孤児は不安を抱えて内気になり、無口になってしまったとのこと。 2007年、アイオワ大学は実験の生き残りである3人に対し、合計92万5000ドル 約1億円 もの賠償金を支払いました。 ところが、殺人事件の犯人はそうそう簡単に捕まえられるものではないため、多くの医学者らは墓場泥棒が墓場から盗み出した遺体を購入するか、時には自分で墓場を掘り起こして遺体を手に入れるなどしていたそうです。 そんな中、で1827年から1828年にかけて発生した「」は、「解剖用の遺体をほしがっている医師に、新鮮な遺体を売りつけるために人を殺す」という恐ろしい動機で発生した事件でした。 実に17人もの被害者を出したこの事件が明るみに出た後、解剖に使用できる遺体の条件引き下げが検討されました。 シムズ氏は膀胱腟瘻の手術を、黒人奴隷の女性に対して行ったことで有名になりましたが、シムズ氏は「麻酔によって発生するかもしれないトラブルを許容できるほど、痛みは激しいものではない」として、麻酔なしで手術したことが非難されています。 現在でもシムズ氏の功績には賛否両論あり、2018年4月にはセントラルパークに置かれたといった事態も起きています。 梅毒感染を防ぐ化学物質を探す目的で行われたこの研究は、参加者には実験後にペニシリンが投与されたものの、事前の同意を得ていなかった点が問題とされています。 この調査では、「治療されていない梅毒による健康への影響」を研究することが目的だったため、調査対象となった黒人男性らは「病気を治療する」と伝えられていたにもかかわらず、実際には何の治療もされていなかったとのこと。 1947年にはペニシリンが梅毒に対し有効であると判明しましたが、それでも対象の黒人男性らにはなんの治療も施されず、1972年に新聞が事実を公表するまで40年にわたり非倫理的な状態が見過ごされていました。 その結果、看守役はサディスティックになり囚人役の人々を虐待し始め、囚人役の人々も消耗した様子を見せたとされています。 実は、このスタンフォード監獄実験は看守役に対して「残虐に振る舞うように」という指示が与えられており、囚人役の中にも「早く解放されたくてわざと精神がまいっているように振る舞った」人物もいたと。 それであっても、スタンフォード監獄実験は今なお「普通の人間がどのように邪悪な存在へと変貌してしまうのか」という認識の基礎をなしており、同様の倫理的に欠如した実験は行われてはならないとのことです。

次の

ナチス・ドイツの狂気がもたらした現代医学への貢献

ナチス 人体 実験

2018年07月13日 07時00分 絶対に繰り返されてはいけない「邪悪な9つの医療実験」とは? by フィクションの世界では「科学の発展に犠牲は付きもの」という言葉を目にすることもありますが、現実の世界ではそれが医学的な進歩をもたらすものであっても、意図的に人々を犠牲にすることは倫理的に許されません。 しかし、「歴史を見ると医学の発展のために『邪悪な医療実験』が行われた例が少なくない」と報じられています。 被験者とされた三つ子のロバート・シャフラン氏、デヴィッド・ケルマン氏、エドワード・ギャランド氏の3人が偶然出会い、お互いに兄弟だということを知って露見したこの実験は、大きな非難にさらされることになりました。 3人は「自分に兄弟がいる」とは考えたこともなく、ケルマン氏は「実験によって私たちの20年は奪われた」と憤りをあらわにしたとのこと。 ギャランド氏は実験の事実が判明した後の1995年、妻と娘を残して自殺しています。 3人の養子縁組を主導して研究を行った心理学者らは、「自分たちは子どもたちにいいことをしたと思っている。 それぞれがバラバラの環境で育ったことにより、自分自身の個性を育むことができた」と述べ、事実が露見した後も全く悪びれなかったそうです。 ナチスは人間を減圧室に入れたり急速に冷凍したり、去勢措置を施したりといった実験を行い、数多くの人々が医学的興味から行われた実験によって死亡しました。 コレラ菌や腸チフス菌を意図的に井戸水に混入させて感染力を試したり、囚人を寒い天候の中で行進させ、凍傷を治療する方法の開発に利用するなどの実験が行われたとのこと。 また、意識がある状態の人間を解剖したという証言もあります。 研究者らはオハイオ州の戦争孤児と一緒にテーブルに座り、「君たちには吃音病の兆候が見られる。 正確にしゃべることができるようになるまで、口を開いてはいけない」と伝えました。 結局、研究対象となった孤児が不安から吃音病を発症することはなかったものの、孤児は不安を抱えて内気になり、無口になってしまったとのこと。 2007年、アイオワ大学は実験の生き残りである3人に対し、合計92万5000ドル 約1億円 もの賠償金を支払いました。 ところが、殺人事件の犯人はそうそう簡単に捕まえられるものではないため、多くの医学者らは墓場泥棒が墓場から盗み出した遺体を購入するか、時には自分で墓場を掘り起こして遺体を手に入れるなどしていたそうです。 そんな中、で1827年から1828年にかけて発生した「」は、「解剖用の遺体をほしがっている医師に、新鮮な遺体を売りつけるために人を殺す」という恐ろしい動機で発生した事件でした。 実に17人もの被害者を出したこの事件が明るみに出た後、解剖に使用できる遺体の条件引き下げが検討されました。 シムズ氏は膀胱腟瘻の手術を、黒人奴隷の女性に対して行ったことで有名になりましたが、シムズ氏は「麻酔によって発生するかもしれないトラブルを許容できるほど、痛みは激しいものではない」として、麻酔なしで手術したことが非難されています。 現在でもシムズ氏の功績には賛否両論あり、2018年4月にはセントラルパークに置かれたといった事態も起きています。 梅毒感染を防ぐ化学物質を探す目的で行われたこの研究は、参加者には実験後にペニシリンが投与されたものの、事前の同意を得ていなかった点が問題とされています。 この調査では、「治療されていない梅毒による健康への影響」を研究することが目的だったため、調査対象となった黒人男性らは「病気を治療する」と伝えられていたにもかかわらず、実際には何の治療もされていなかったとのこと。 1947年にはペニシリンが梅毒に対し有効であると判明しましたが、それでも対象の黒人男性らにはなんの治療も施されず、1972年に新聞が事実を公表するまで40年にわたり非倫理的な状態が見過ごされていました。 その結果、看守役はサディスティックになり囚人役の人々を虐待し始め、囚人役の人々も消耗した様子を見せたとされています。 実は、このスタンフォード監獄実験は看守役に対して「残虐に振る舞うように」という指示が与えられており、囚人役の中にも「早く解放されたくてわざと精神がまいっているように振る舞った」人物もいたと。 それであっても、スタンフォード監獄実験は今なお「普通の人間がどのように邪悪な存在へと変貌してしまうのか」という認識の基礎をなしており、同様の倫理的に欠如した実験は行われてはならないとのことです。

次の

【閲覧注意】ナチス・ドイツで行われた人体実験15選

ナチス 人体 実験

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年2月) ナチス・ドイツの人体実験(ナチス・ドイツのじんたいじっけん)は、中、によりで行われた、一連の医学的なである。 収容者は実験に参加することが強要され、自発的な参加はなく、実験に関する(事前説明)はされていなかった。 通常、被験者は死亡するか、醜悪な外観が残るか、あるいはその後一生涯にわたる障害が残った。 では、医務長であった ()の指示により、選別された収容者に対して、その成果が、戦闘状態にあるドイツ軍人を助けたり、新兵器を開発したり、負傷した兵士の回復を助けたり、あるいはに後押しされた合理的なを推進すると考えられていたため、様々な危険な実験が施された。 また、は、において、同様の実験を行った。 ()は、者に対して、その治療を試みたことで知られている。 戦後、これらのは、として知られている裁判によって裁かれ、この残虐行為に対する憎悪や嫌悪感が、に関するの発展へと繋がった。 「」も参照 における起訴状によると、人体実験には以下のような実験が含まれていた。 実際には、ナチス・ドイツによってさらに多くの人体実験が行われたと考えられている。 双子への実験 [ ] 強制収容所にいた双子の子供に対して行われた実験の目的は、人体を人為的に操作できるかどうかを観察するのと同様に、双子の遺伝子の類似性と相違性を示すためであった。 実験の中心的なリーダーはであり、彼はからにかけて、アウシュヴィッツに収容されていた双子1,500人に対して実験を行った。 わずか100人の被験者のみが生き残った。 彼はで、ややに重点を置いたを学ぶ間に、「(という)簡潔な政治概念が、遂には私の人生において決定的な要素となった」と述べたと言われている。 メンゲレは、「簡潔な政治的概念」に新たな関心を示し、医学と政治の融合が、彼のキャリアの選択において大きな要素となった。 メンゲレは、「4種の人種グループを対象とした下顎部分の人種的形態学的研究 Racial Morphological Research on the Lower Jaw Section of Four Racial Groups 」というタイトルの論文により PhD を取得した。 この論文は人種は顎の形によって識別が可能であることを提起していた。 ナチスによって彼は研究の才能を見出され、、彼は占領下のに位置するアウシュヴィッツ強制収容所に異動となった。 彼は、一般的に考えられているところとは異なり、アウシュヴィッツで唯一の医者であったわけではなく、高い地位にいたわけでもない(のであったエドゥアルト・ヴィルツが、アウシュヴィッツにおける医師の責任者であった)。 メンゲレは、双子に対する的実験を組織した。 双子は年齢と性別によって分けられ、実験の合間はバラックに収容されており、異なる薬品が双子の目から注入され、色の変化があるかどうかを確認され、双子を文字通り縫い合わせてを作ることが試された。 骨、筋肉、神経の移植 [ ] 1942年9月より1943年12月頃まで、の利便向上のため、において行われ、骨、筋肉、神経の再生に関する研究と、骨の移植が行われた。 被験者は無しで、骨、筋肉、神経を部分的に除去された。 この結果、多くの被験者は、激しい痛みや切断、そして一生涯にわたる身体的不自由に苦しむこととなった。 低温実験 [ ] 、は、の予防と治療の手段を発見する目的で、凍結実験を行った。 1つの実験で、被験者はタンク1杯分の氷水で、最大5時間、耐えることを強いられた。 寒冷暴露の肉体的影響を調査する以外に、生存者を復温する方法も評価された。 冷凍・低体温症実験は、において、ドイツ軍が寒冷地の気候に対する準備不足により苦戦していたため、ナチスの最高司令部が、その気候条件をシミュレーションするように命令を下して行われた。 ロシア人捕虜に対して多くの実験が行われており、ナチスは、ロシア人の遺伝子がその耐寒力を、ドイツ人よりも強いものにしていたかどうか疑問に思っていた。 実験の行われた主な場所は、とアウシュヴィッツ強制収容所であった。 ダッハウ収容所におけるの医者であった博士は、に結果を直接報告し、1942年の医学会議において、「海と冬から生じる医学的問題 Medical Problems Arising from Sea and Winter 」の題名で、結果を公表した。 約100名が、これらの実験により命を落としたと報告されている。 マラリア実験 [ ] 1942年2月からの4月くらいまで、治療に関する免疫調査のために、ダッハウ強制収容所においてマラリア実験が行われた。 この実験は博士の指揮下で行われ、健康な収容者が蚊によって直接、あるいはメスの蚊のからの抽出物を注射され、マラリアに感染させられた。 マラリア感染後、被験者には薬剤の相対的な効力をテストするため、様々な薬物が投与された。 1,000人以上がこれらの実験に動員され、その半数以上が死亡した。 マスタードガス実験 [ ] 9月と1945年4月の間、やなどで、による負傷者の最も効果的な治療を調査するために、数多くの実験が行われた。 被験者は、酷い を引き起こす物質であるマスタードガスやなどのに意図的に暴露された後、マスタードガスによる火傷の最も効果的な治療法を見出すために、実験が施された。 スルフォンアミド(サルファ剤)の実験 [ ] 7月頃から9月頃まで、人工のである、の有効性を調査するための実験が、にて行われていた。 被験者は、負わされた傷口に、や の原因物質 やの原因菌である破傷風菌などのバクテリアを感染させられた。 戦場における負傷時と似通った条件を作り出すために、傷の両端の血管がされて、血流が阻害させられた。 木を削ることや、ガラスを傷口の中に入れることを強いられたりして、感染状態は悪化した。 有効性を決定するために、スルフォンアミドや他の薬品で、処置された。 海水実験 [ ] 7月頃より1944年9月頃まで、海水を飲むことを可能にするための様々な方法を調査するために、ダッハウ強制収容所にて実験が行われた。 一つには、約90人ののグループが、 ()博士によって、食べ物を奪われて海水だけを飲まされた。 被験者は博士により重度な傷を負った状態となった。 被験者は、ひどいになり、飲み水を得ようと、バケツの中の水を飲んだり、新しくモップがけされた床を舐めるところが目撃された。

次の