宝塚 ボウガン。 宝塚ボウガン殺傷事件|犯人の動機・家庭環境は?(野津英滉ひであき容疑者)

[のづひであき]ボウガン殺人大学生は発達障害で知能が低かった?精神疾患の影響か

宝塚 ボウガン

事件の経過 [ ] 2020年6月4日午前10時15分頃、宝塚市にある住宅で男女4人がのようなもので撃たれ、家族3人が死亡した。 は殺人未遂の容疑で現場の家に住む大学4年生の男を現行犯逮捕した。 閑静な住宅街にパトカーや救急車のサイレンが鳴り響き、近隣住民からは不安や驚きの声が上がった。 現場の住宅で殺傷能力が高いとされるボーガンの矢が残されており、この矢は命中したあと引き抜きにくくする『返し』が付いていた。 容疑者は「ボーガンで4人を撃った」「祖母、弟、母の順番で撃った。 叔母も電話で呼び出して撃った」などと供述した。 弟は風呂場のあたりで倒れており、2本の矢が頭に刺さっていた。 病院搬送された時はまだ息があったが、回復せず、亡くなった。 弟は頭部2カ所を撃たれていて、同年6月6日の司法解剖で死因は「出血性ショック」であった。 また他の2人の死因は頭部を撃たれたことによる「外傷性くも膜下出血」であった。 6月6日午前、容疑者をに送検した。 犯人 [ ] 逮捕されたのは宝塚市内に住む23歳元大学生の男。 地元の公立中学校出身でサッカー部に在籍していた。 近隣住民らの評判は「変わっている」「普段はおとなしいけれど、スイッチが入ると気性が激しくなり、性格が180度変わった」と伝わっており、当時は学校も休みがちで、クラス内での存在感は薄く、家庭環境が複雑だったという。 亡くなった弟の知人らによると、ここ数年、容疑者は母親や弟と関係が悪かったという。 逮捕当時、容疑者の肩書きは大学生と報道されていたが、後の調べで休学中の2019年9月末に学費未納で大学を除籍になっていたことが判明し、一部メディアは容疑者の肩書きを大学生から無職に切り替えた。 高校卒業後も交流があった同級生によると、高校時代からほぼ毎日ガソリンスタンドでアルバイトをしていて、経済的に苦しい様子だったという。 各所の反応 [ ] 2020年6月5日、兵庫県はボーガンを「」にある「有害玩具類」に緊急指定した。 2020年6月6日、が記者会見で、ボウガンの販売や所持の規制を検討する考えを示した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 毎日新聞. 2020年6月5日. 2020年6月6日閲覧。 毎日新聞. 2020年6月4日. 2020年6月6日閲覧。 テレ東NEWS. 2020年6月6日. 2020年6月6日閲覧。 AERA dot.. 2020年6月6日. 2020年6月7日閲覧。 テレ朝news. 2020年6月6日. 2020年6月7日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年6月5日. 2020年6月6日閲覧。 MBSニュース. 2020年6月6日. 2020年6月7日閲覧。 産経新聞. 2020年6月5日. 2020年6月8日閲覧。 毎日新聞. 2020年6月6日. 2020年6月6日閲覧。 神戸新聞NEXT. 2020年6月5日. 2020年6月6日閲覧。 読売新聞. 2020年6月5日. 2020年6月7日閲覧。 この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

宝塚市安倉西でボウガン(矢)殺人事件の現場の場所はどこ?何で所持していたのか?

宝塚 ボウガン

Contents• fujitv. 3人は死亡し、近くに避難していた女性も首に矢が刺さり重傷。 現場近くにいた孫の 自称大学4年の野津英滉(ひであき)容疑者(23)が「ボウガン(洋弓銃)で矢を撃った」と話したため、県警は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。 発表では、死亡したのは好美さんのほか、野津容疑者の 母親のマユミさん(47)、 弟の英志さん(22)。 重傷は 伯母の百合江さん(49)。 引用: 野津英滉(ひであき)容疑者は、一緒に暮らしていた祖母・母・弟をボウガンで撃ち、電話で呼び出した伯母にも矢を放ち重傷を負わせました。 伯母の百合江さんが首に矢が刺さった状態で、近所の民家に助けを求めに行ったというのですから驚きです。。。 宝塚ボウガン殺傷事件:犯人の動機は? 野津英滉(ひであき)容疑者の 犯行動機は何だったのでしょうか? 何故 ボーガンで家族全員を殺そうとしたのでしょうか? まだ、犯行動機は 野津英滉(ひであき)容疑者の口から語られていません。 新しい発表がありましたら追記していきます。 初めは「大学生」と報道されていた 野津英滉(ひであき)容疑者。 2日後には「 無職(自称大学生)」と変わっていました。 野津英滉(ひであき)容疑者自身も警察から知らされるまで把握していなかったそうですが、 学費の未納により去年9月末付で大学を除籍されていたそうです。 その辺りに凄惨な事件を引き起こした 犯行の動機があるのかもしれませんね。 Sponsored Link 宝塚ボウガン殺傷事件:家庭環境はどうだった? マユミさんが1階の台所兼リビング、好美さんが1階の部屋、英志さんは1階浴室前でそれぞれ倒れていた。 英志さんの頭に2本、ほか3人の頭や首にそれぞれ1本が刺さっていた。 ボウガンは1階台所兼リビングで見つかったという。 弟の英志さん(22)と一歳違いの 野津英滉(ひであき)容疑者。 祖母と母はボウガンの矢が一本だったのに対し、 弟の英志さんの頭には2本の矢が刺さっていました。 このことから弟さんに何か恨みやコンプレックスを抱いていたのかな?とも考えられますが、予測の域を達しません。 事件当初の報道では、ご近所のかたの話によると 「 野津英滉(ひであき)容疑者は挨拶もしていて普通の子だった」 「家族の様子に変わったところは見られなかった」 など、特に事件を予感されることはなかったようです。 しかし日が経つにつれて、少し違う話も出てくるようになってきました。 野津英滉(ひであき)容疑者は「変わってると思っていた」「彼ならやりかねないと思っていた」「普段は大人しいけど、スイッチが入る気性が激しくなり、性格が180度変わった」という証言までありました。 こういった事件の時は「彼がこんなことをすると思わなかった」「彼ならやりかねないと思っていた」と正反対の両方の意見が出てくるのでどちらが合っているのか?わかりませんが、 もしかしたら 野津英滉(ひであき)容疑者の家庭環境にも何か複雑な事情があったのかもしれません。 宝塚ボウガン殺傷事件:まとめ 兵庫県宝塚市で、ボウガンを撃ち家族4人を殺傷する痛ましい事件を引き起こした 犯人・野津英滉(のづひであき)容疑者の動機や家庭環境について、どうだったのか?見てきました。 新しい情報が入りましたら、随時更新していきます。

次の

ボーガンで撃たれ3人死亡 逮捕の大学生「家族殺すつもり」

宝塚 ボウガン

ボウガン事件概要 各メディアがニュースを報じて話題となっています。 4日午前10時10分頃、兵庫県宝塚市安倉西で、頭部に矢のようなものが刺さった女性が、近所の住民に助けを求め、住民が119番した。 県警によると、女性と親族ら計4人が負傷しており、うち40歳代と70歳代の女性2人の死亡が現場で確認された。 県警は、大学4年の野津英滉(ひであき)容疑者(23)が自宅内で家族に向けて矢を放ったとして殺人未遂容疑で現行犯逮捕。 「間違いありません」と容疑を認めている。 死亡した2人は野津容疑者の母親と祖母とみられる。 負傷した他の2人は20歳代の男性と40歳代の女性。 野津容疑者の弟とおばとみられ、病院に搬送された。 現場でボウガン(洋弓銃)のようなものが見つかっており、県警は野津容疑者が使用したとみている。 消防本部によると、119番した住民は「近所の女性の耳のあたりに矢のようなものが刺さっている」と話したという。 現場は阪急逆瀬川駅東約1・5キロの閑静な住宅街。 救急車や消防車、パトカーが集まり、警察による規制線が張られ、騒然となった。 野津英滉容疑者のプロフィール それでは、宝塚市でゲームの様にボーガンの矢を放ち、2人の命を奪ったという20代の大学生は一体誰だったのでしょうか? こちらが野津英晃容疑者のプロフィールになります• 名前:野津英滉(のづ・ひであき)• 年齢:23歳• 職業:大学生4年 2019年9月に学費未納で大学除籍 追記• 容疑:殺人未遂• 住所:兵庫県宝塚市安倉西2丁目3• 家族:祖母の好美さん死亡 70歳• 母のマユミさん死亡 47歳)• 弟の英志 ひでゆき さん死亡 22歳•

次の