年金 手帳 再 発行 即日。 年金手帳紛失→即日10分で再発行してもらえた話。必要なものを確認!

年金手帳を紛失!再発行は即日できる?その料金や手順について解説! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

年金 手帳 再 発行 即日

(1)年金手帳を紛失したら 出典: 自分の年金に関する情報が詰まっている「年金手帳」は、常に管理しておく必要があります。 年金手帳は企業に就職して厚生年金に加入する際や、退職した後国民年金に加入する際、結婚や移転など住所・氏名の変更があった際に手続きのため必要となるからです。 20歳以上であれば現在学生の方にも発行されますので、「持っていない!」という場合は実家に連絡し確認すれば親が保管している可能性もあります。 しかし、どこにあるか検討もつかず 紛失した場合は、再発行の手続きが必要となります。 日本年金機構のホームページにある年金手帳再交付申請書に記入し、年金事務所で再発行の手続きを行い郵送してもらうだけで手間もかかりませんし、再発行の費用は無料となっています。 一定の条件を満たせば再発行は即日でもできますが、申請後、再発行された手帳が手元に届くまでに一か月程度かかるのが一般的ですので、紛失したら早めに申請をしておくのがよいでしょう。 (2)被保険者の種類によって申請先が変わる 年金手帳を紛失した際の再発行の手続きは、被保険者の種類によって申請先が変わります。 以下、自身の種別を確認し、申請先の確認をしてみましょう。 第1号被保険者 対象者 日本在住の20歳以上60歳未満の自営業、農業者、その家族、学生、アルバイト、定職に就いていない方など 申請先 住所地の市区町村役場 第2号被保険者 対象者 原則65歳未満の厚生年金保険の被保険者及び共済組合等の組合員(サラリーマン、公務員など) 申請先 勤務する事業所を経由、又は直接事業所の所在地を管轄する年金事務所 第3号被保険者 対象者 20 歳以上 60 歳未満の厚生年金保険の被保険者及び共済組合等の組合員(サラリーマン、公務員)の被扶養配偶者、主婦(夫)パートなど 申請先 配偶者の勤務する事業所の所在地を管轄する年金事務所 第4号被保険者 対象者 任意加入被保険者の方 国民年金の未納などの理由で40年間の満額納付に達しておらず、被用者年金に加入していない60歳以降の方は任意で国民年金に加入することができます。 このような加入者を任意加入被保険者といいます。 申請先 住所地の市区町村役場 (3)窓口での手続き方法 出典: 年金手帳を紛失した場合、再発行を申請する「年金手帳再交付申請書」が必要となります。 年金事務所や住所地の市区町村役場でもらい記入することもできますが、あらかじめ自宅でダウンロードして記入すれば窓口での手間を省くことができます。 年金手帳再交付申請書は日本年金機構のホームページよりすることができます。 申請書に必要事項や紛失した事由を記入し、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を持参して手続きします。 年金事務所の窓口で手続きをすれば、年金基礎年金番号が分からない場合、年金手帳再交付申請書の書き方が分からない場合、担当者が近くにいるのですぐに質問ができることがメリットです。 (4)郵送での手続き方法 年金手帳を紛失してしまい年金事務所や住所地の市区町村役場が遠い場合や行けない場合、郵送で再発行の申請をすることができます。 日本年金機構のホームページに事務センター一覧が掲載されていますので、最寄りの事務センターへ郵送します。 自宅で年金手帳再交付申請書、必要事項が記入した後に封筒に入れ事務センターへ郵送するだけです。 (5)電子申請での手続き方法 年金手帳を紛失してすぐに手続きできる電子申請。 健康保険、厚生年金保険、年金の各種手続きが可能です。 手続きに必要な環境• パソコン、プラウザソフト動作確認環境を満たしている• ポップアップブロックを解除する• Javaインストール済(最新にバージョンアップしている)• OSがWindows7以上• 電子証明書を取得している• e-Gov電子申請システムサイトを信頼済のサイトに登録している• e-Gov電子申請プログラムをインストールしている e-Gov電子申請システムの利用準備をしたら、年金手帳再交付の手続きを行います。 年金手帳再交付申請書(国民年金)・年金手帳再交付申請書(厚生年金保険)を選択し、申請書を作成、添付書類署名した後、作成した書類を送信すれば完了となります。 (6)どの手続きにも必要な年金手帳再交付申請書の書き方 窓口、郵送、電子申請とどの手続きにも必要なる年金手帳再交付申請書には、大きく分けて• 事業者情報• 被保険者• 申請内容 と、3種類の情報を記入しなければいけません。 事業者情報 社会保険の加入者が記入します。 会社で手続きする場合は会社名を記入、本人が手続きする場合は本人の住所、氏名などを記入します。 (地域により空欄でもOKの場合があります) A. 被保険者 1. 基礎年金番号 基礎年金番号は、年金手帳、ねんきん定期便、納付書で確認することができますが、確認できない場合は勤務先や年金事務所で確認できます。 どうしても分からず確認が間に合わない場合は、記入しないで提出することもできます。 必要事項 生年月日、氏名、性別、住所、電話番号、マイナンバーを記入します。 申請内容 再発行申請の理由を(紛失・破損汚れ・その他)から選びます。 事業所 最初に年金の被保険者となった事業所の名称、所在地、資格取得日・現在勤務している事業所の名称、所在地、資格取得日を記入します。 国民年金、共済組合加入者は記入しなくて構いません。 制度の名称 現在加入している公的年金 国民年金・厚生年金・船員保険・共済組合 を選択、〇をつけ、資格取得日、喪失年月日を記入します。 (7)再発行にはどのくらい時間がかかる? 出典: 住所地の市区町村役場の窓口で手続きする場合 紛失し、再発行の手続きから交付されるまで数週間から約1カ月必要です。 年金事務所の窓口で手続きする場合 加入している年金種別に関係なく、管轄の年金事務所で手続きをすれば即日交付が可能となり、紛失後、すぐに必要な場合は大変便利です。 厚生年金の被保険者は勤務地の住所地にある年金事務所が、管轄の年金事務所となります。 郵送で手続きする場合 日本年金機構の各事務センターへ郵送し手続きする場合、申請書類が到着する郵送期間も必要となります。 郵送して年金手帳が交付されるまで数週間から約1カ月の期間が必要です。 紛失後、年金手帳がすぐに必要な場合は期間がかかりますので期間に余裕がある場合に利用します。 電子申請での手続きする場合 手続きから交付されるまで数週間から約1カ月必要です。 こちらも郵送と同様に紛失後、年金手帳がすぐに必要な場合は期間がかかりますので期間に余裕がある場合に利用します。 (8)年金手帳がすぐ欲しい場合は 先述した通り、年金手帳を再発行するためには数週間から1カ月の期間が必要となります。 しかし会社での手続きや入社など紛失に気付いてからすぐ欲しい場合は、年金事務所窓口で即日発行の手続きをしましょう。 持ち物• 年金手帳再交付申請書(事前に準備できる方)• 本人確認ができる身分証明書(個人番号カード、運転免許証、写真付きの住民基本台帳カード、パスポート、各種障がい者手帳など) 年金事務所へ行ったら総合案内で年金手帳の再交付手続きの申請を行い、窓口にて年金手帳再交付申請書を提出し待ち、手続きが完了すれば新しい年金手帳が交付されます。 (9)紛失後の再発行手続きを代理人に任せる場合 自分で年金事務所へ行く時間がない場合、親や配偶者など代理人に任せ、後日郵送で年金手帳を送ってもらうことができます。 このように代理申請をする場合、委任状だけではなく次のような持ち物が必要です。 代理申請での必要書類• 委任状(本人捺印済)• 年金手帳再交付申請書(本人捺印済)• 代理人の本人確認できる身分証明書• 本人、代理人の印鑑• 本人の年金手帳や納付書、基礎年金番号通知書など、本人の基礎年金番号が分かる書類 委任状の様式 委任状の様式は、必要事項を記載していれば基本的に決まりはありません。 参考として、日本年金機構のホームページに委任状フォームが掲載されています。 引用: 即日発行の手続きができる代理人• 社会保険労務士、社会保険労務士の代理の方• 法定代理人(法定代理人である証明書が必要)• 事業主、事業主の代理の事務員(事業主を通じて申請書を提出された場合) (10)年金手帳を紛失したら再発行手続きを 出典: 年金手帳は日ごろ使う機会は少ないですが、年金の証明書として大切な書類です。 20歳で発行され何十年間も持ち続ける年金手帳、保管をしっかりしていても紛失してしまうこともあるでしょう。 手続きには様々な方法があり、必要な日数もさまざまです。 もし、紛失してしまった場合は、自分に合った手続きで新しい年金手帳を交付してもらいましょう。

次の

年金手帳を紛失!再発行は即日できる?その料金や手順について解説! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

年金 手帳 再 発行 即日

年金手帳とは 年金手帳は公的年金制度(国民年金・厚生年金・船員保険)の加入者に対して交付される、年金情報が記載された手帳です。 つまり国民年金や厚生年金の被保険者であることを証明する手帳です。 20歳以上の成人には必ず国からひとりに1冊は交付されることになっています。 ただし公務員の人など、加入している公的年金制度が共済組合や、日本私立学校振興・共済事業団が運営する共済のみの場合、年金手帳ではなく、「基礎年金番号通知書」が交付されます。 年金手帳には一生涯変わらない基礎年金番号なども記載されていますので、大切に保管しましょう。 万が一紛失してしまった場合にはどのようになるのでしょう。 年金手帳 年金手帳を紛失した場合の手続き 普段生活していて、年金手帳が必要なケースはあまりまりませんが、就職や転職などのときに必要となります。 年金の受給手続きなどの際には必ず必要になりますので、年金手帳を紛失した場合は再発行申請の手続きを取りましょう。 (共済のみに加入している場合は「基礎年金番号通知書」の再発行になります) 年金手帳の再発行申請先は自営業者や農林漁業者、フリーターなど(国民年金第1号被保険者)、会社員や公務員など(国民年金第2号被保険者)、会社員や公務員などに扶養されている配偶者(国民年金第3号被保険者)、 厚生年金保険の第四種被保険者によって問い合わせ先がちがいます。 (下表) 被保険者 第1号被保険者 第2号被保険者 第3号被保険者 厚生年金保険の第4種被保険者 20歳以上60歳未満の自営業者・学生・フリーター・無職の人とその配偶者 厚生年金や共済年金や船員保険に加入している65歳未満の人 第2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の人 厚生年金の任意加入制度に加入している被保険者 再発行申請先 市・区役所または町村役場の国民年金担当窓口 勤務先の会社 配偶者(第2号被保険者)の勤務先の会社 住所地を管轄する年金事務所 手続方法は電子申請、郵送、窓口持参となります。 郵送の場合は年金手帳再交付申請書をダウンロードして住所地を管轄する年金事務所に郵送します。 窓口は年金事務所になります。 市・区役所も窓口になりますが最終的に年金事務所に送られます。 勤務先で再発行申請した場合は勤務先の担当者が金事務所に窓口に出向くか郵送して手続きします。 電子申請は下記のような条件が必要となりややこしそうです。 (特に4. 電子証明書を取得しているはややこしそうです)• 電子申請はパソコンとブラウザソフト動作確認環境を満たしている• ポップアップブロックを解除している• Javaをインストールしている• 電子証明書を取得している• e-Gov電子申請システムサイトを信頼済みのサイトに登録している• e-Gov電子申請用プログラムをインストールしている 年金手帳再交付申請書 年金手帳の再発行には、いずれも「年金手帳再交付申請書」という書類に、氏名・住所・性別・生年月日・基礎年金番号などの必要事項を記入します。 Sponsored Link 年金手帳の再発行の期間は? 年金手帳の再発行の期間(新しい年金手帳が手元に届く期間)はおおむね下記のとおりです。 年金手帳の再発行で即日交付に必要なもの 年金手帳が早急に必要な場合は、年金事務所の窓口へ足を運ぶことになります。 申請者が本人であることが確認できる 身分証明等(運転免許証、パスポート、健康保険証等)を年金事務所の窓口に持参された場合に限り、窓口での即時交付が可能です。 (基礎年金番号がどうしても分らないという場合に 認印が必要になります) 市・区・町村役場または年金事務所の窓口で年金手帳の再発行手続きをする場合の必要書類は下記のとおりです。 ただし、市・区・町村役場の窓口では即日交付はされません。 年金手帳の再発行窓口申請に必要なもの• 身分証明証(運転免許証、パスポート、健康保険証等)• 認印(基礎年金番号がどうしても分らないという場合に必要になりますので念のため) さらに基礎年金番号がわかる書類(ねんきん定期便、ねんきん特別便、国民年金保険料の口座振替額通知書、国民年金保険料の納付書・領収書など) があれば手続きがスムーズです。 年金手帳の再発行で代理人が窓口申請する場合必要なもの• 委任状• 本人の認印(委任状に押印されているもの)• 代理人の顔写真付の身分証明書(運転免許証・パスポート等)• 基礎年金番号のわかる書類(わかるものが無ければ、生年月日・住所がわかるもの)• 代理人の認印 代理人が申請しても即日交付は可能です。 年金手帳の再発行料金 年金手帳の再発行手続きは基本的に無料です。 以上、年金手帳を紛失した場合、再発行する手続きについて書きましたが、なかなかややこしいですね。 急を要することがなければ、会社員の人は勤務先で手続きしたほうが簡単そうですね。 自営業や農林漁業、フリーター、無職の人で窓口に出向くなら年金事務所へ行って即日交付がよさそうですね。

次の

年金手帳を紛失したら?再発行の申請先/手続き方法/必要日数など

年金 手帳 再 発行 即日

「年金手帳」とは? 「年金手帳」は公的年金に加入すると交付される手帳 「年金手帳」とは国民年金や厚生年金などの公的年金に加入すると交付される手帳です。 年金手帳には、基礎年金番号や年金に加入したときの日付など個人の年金に関する秘録が記されています。 年金手帳は年金についての一切を管理する日本年金機構により発行されて、日本に住む20歳から60歳未満の人は一人一冊ずつ所持します。 年金手帳を紛失した場合の対処法 年金手帳がなくてもマイナンバーカードで代用 年金関係の手続きを行う場合に年金手帳がなくて慌ててしまいますが、現在では年金手帳がなくても事務手続きを行うことができます。 平成30年3月5日よりマイナンバーがあれば、公的年金の手続きに必要な基礎年金番号者照会できるようになりました。 そのため、年金手帳がなくても手続きが行えます。 しかし年金手帳を紛失したままでいいというわけではありませんので、もしも年金手帳が見つからない場合には年金手帳の再発行手続きを行いましょう。 「年金手帳」の再発行をできる場所とは 市役所では国民年金のみに加入している方が手続きを行う 年金手帳の再発行手続きは市役所または年金事務所でできるのですが、加入している年金によって申請場所が違います。 市役所では、国民年金にだけ加入している人は申請できます。 国民年金第1号被保険者と呼ばる方が対象で、主に自営業者や、農業や漁業に関わっている方、フリーターや学生、無職の方が該当します。 厚生年金加入者は会社か年金事務所で申請が行える 第2号被保険者と呼ばれる厚生年金加入者の場合は、勤務している会社を通して再発行手続きが行えますし勤務地が管轄の年金事務所でも申請ができます。 年金事務所は、年金に関しての質問や手続きなどの業務を請け負っている事務局です。 厚生年金加入者の扶養に入っている人(第3号被保険者)は、会社を通して年金手帳の再発行手続きを行うことができずに年金事務所でのみ手続きを行えます。 この場合の年金事務所はどこでもいいというわけでなく、配偶者の勤務地を管轄する年金事務所でしか手続きは行えません。 年金手帳の再発行手続きの方法と受け取るまでの時間 年金手帳の再発行手続きに必要なもの 年金手帳の再発行手続きに必要な書類は、年金手帳再交付申請書です。 日本年金機構のホームページからダウンロードするか、年金事務局等に行き受け取ります。 申請書には基礎年金番号を書く欄がありますので、基礎年金番号は国民年金保険料の口座振替額通知書や、納付書または領収書などで確認しましょう。 また窓口であればマイナンバーを伝えると基礎年金番号を照会してもらうこともできます。 他に必要な書類として、厚生年金加入者は勤務先の住所がわかる書類です。 また年金事務所の窓口で申請をする場合には、個人を確認するマイナンバーカードや運転免許所なども必要です。 再発行手続きは郵送や電子申請も可能 年金手帳の再交付申請書を申請先である役所や年金事務所に郵送で送って申請することもできれば、「e-Gov」(イーガブ)を通して電子申請を行うこともできます。 e-Govの電子申請アプリケーションをインストールして、電子証明書を取得すれば電子申請の準備が整います。 あとは指示に従いながら、e-Govのサイトで再発行手続きを行います。 委任状があれば代理人でもできる 年金事務所の窓口でなら、代理人でも人気ん手帳の再発行手続きは行えます。 ただしその代理人とは、社会保険労務士かその代理人、法定代理人、または申請者が務める事業主かその代理人のみです。 代理人申請に必要な書類は次の通りです。 代理人本人が確認できる書類• 委任状• 再交付を受ける本人の認印• 再交付を受ける本人の基礎年金番号またはマイナンバーカード 委任状は日本年金機構のHPからダウンロードするか、特に形式が決まっていないので、次のことが書かれていれば委任状として認められます。 委任年月日(委任状を作成した日付)• 代理人の氏名と住所• 代理人の申請を依頼する本人との関係• 本人の基礎年金番号• 本人の生年月日・性別・住所・電話番号• 委任内容 再発行手続きの料金は無料 年金手帳の再発行手続きにかかる費用はありません。 すべて無料で手続きを済ませられて、年金手帳も発送してもらえます。 年金手帳の再発行にかかる時間はほぼ1ヶ月 年金手帳の再発行手続きを終えると郵送で年金手帳は送られてきますが、受け取るまでの期間はほぼ1ヵ月です。 市役所で手続きした場合には1週間ほどで届けられる場合もありますが、約1ヶ月かかることもあります。 即日に年金手帳を受け取りたい場合には、年金事務所の窓口で申請をすると申請をした日に年金手帳を受けることもできますので、緊急の場合は担当の年金事務所に問い合わせてみましょう。 まとめ 「年金手帳」とは公的年金に加入すると交付される手帳で、日本に住む20歳から60歳未満の人は一冊ずつ持っています。 もしも紛失してしまったり使える状態でなくなってしまった場合には、再発行手続きをすれば新しい年金手帳が無料で交付されます。 なお、年金手帳に関しては次の記事でまとめてありますので参照ください。

次の