ワード インデント 解除。 Wordのインデントの使い方(設定/解除/調整など)

Wordのインデントで左端や右端(行頭や行末)を揃える

ワード インデント 解除

資料は内容だけでなく、「見やすさ」もとても重要です。 その「見やすさ」を底上げするのがインデント機能です。 意図的に調整したインデントは資料を見やすくするのに役にたちますが、意図せずインデントがずれている資料はむしろ見にくい資料になってしまうので、インデントについてきちんと理解しておきましょう。 文字の位置が揃わないという場合は、本記事で説明する内容を参考に、インデントの位置を確認するようにしましょう。 インデント機能を使う まずは、ワードでインデント機能を使う最も基本的な方法を紹介します。 「 ホーム」タブの「 段落」の項目にある「 インデントを増やす」「 インデントを減らす」ボタンをクリックするとインデントを設定します。 それぞれ、1回押すごとにインデント1文字分字下げされます。 インデントの各項目で設定できる内容は以下の通りです。 左:左側のインデント幅• 右:右側のインデント幅• 最初の行:最初の行とそれ以降の行のどちらかを字下げすることができます。 幅(最初の行の右側の項目):最初の行で選択した行のインデント幅を指定。 チェック項目は説明文のままの内容です。 ルーラーでインデントを調節する 段落機能でインデントを調整しても良いですが、ルーラーを使用すれば、インデントをより手軽に調整することができます。 ルーラーが表示されていない場合は、「」で予め表示しておきましょう。 インデントマーカーについて まず、インデントを調整するのに必要な「 インデントマーカー」について解説します。 「 インデントマーカー」はルーラーの両サイドに設置されているマーカーのことです。 右側のインデントマーカーは「 右インデント」のみですが、左側のインデントマーカーは「 左インデント」「 1行目のインデント」「 ぶら下げインデント」というマーカーから構成されます。 すべてインデントを調整するためのものであることには変わりませんが、 それぞれのマーカーの役割を下記にて解説していきますので、1つずつ理解していきましょう。 MEMO各インデントは右側に下げるだけでなく、左右に調節することが可能です。 1行目のインデントの役割 「 1行目のインデント」は、 段落の1行目の左側のインデントを調節する役割のマーカーです。 「 左インデント」で設定されたベースの位置からドラッグで左右にずらした分だけ、1行目のインデントが変更されます。 ぶら下げインデントの役割 「 ぶら下げインデント」は、 段落の2行目以降の左側のインデントを調節する役割のマーカーです。 「 左インデント」で設定されたベースの位置からドラッグで左右にずらした分だけ、2行目以降のインデントが変更されます。 「 ぶら下げインデント」は、下図のような箇条書きの場合に複数行となる段落のインデントを合わすのに用いるととても便利です。 整数の文字だけでは見た目のインデントにずれがある場合に、こちらの機能を使用して調節しましょう。 まとめ ワードのインデント機能の使い方について解説しました。 インデント機能は、ワードの根幹を担うとても重要な機能です。 理解するのが難しい内容ではないと思いますので、ワードを使う時に意識して慣れるようにしましょう。 インデント機能まとめ• インデント機能は、見た目を整え資料の質を上げることのできる重要な機能。 ルーラーを使用してインデントを調整するのが便利。 段落全体のインデント、1行目のインデント、2行目以降のインデントを個別に設定可能。 文字の位置が揃わない場合は、インデントの位置を確認。

次の

表内に右インデントが勝手に設定されます?:Word(ワード)2010基本講座

ワード インデント 解除

スポンサーリンク 「」でご紹介しているように、Wordでは、文章が入力できる領域の左端から文字を入力し始め、その行に文字が収まりきらない文章は、そのまま入力を続ければ自動的に右端で折り返ります。 文字入力後、見栄えを整える編集をする際、「この部分だけ、左端や右端の位置を内側に引っ込めたい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? この、左端や右端の位置を、一部の段落だけ好みの位置に変える機能のことを「 インデント」と言います! 今回ご紹介する「インデント」に、とても深く関わってくるのが「 段落」という考え方です。 「段落って行のことでしょ?」と思っているそこのあなた! 全然違いますので(笑)、まずは「」を先にご覧ください。 今回は、「」を既にお読みいただいていることを前提として進めていきますヨ。 スポンサーリンク インデントマーカーいろいろ 今回ご紹介する「インデント」を設定する際に、絶対に必要なのが、下の図の「ルーラー」。 このルーラーは、自分で表示/非表示を切り替えられるようになっているので、表示されていない方は「」のページにある要領で表示しておきます。 そしてこのルーラーの左側と右側にある、下の図の「つまみ」のようなものを「インデントマーカー」と言います。 このインデントマーカーには、それぞれ名前と役目があります。 まずは左側にあるマーカーのうち、下向きの三角っぽい形のものを「 1行目のインデント」と言います。 左の図では、分かりやすいように色を塗って示してみました。 1行目のインデントにマウスポインタを合わせると、ちゃんと名前が表示されます。 同じく左側にあるマーカーのうち、上向きの三角っぽい形のものを「 ぶら下げインデント」と言います。 時間の経過とともに、「ぶら下がりインデント」と呼ぶ方がじわじわと発生しますが(笑)、それはたぶん健康器具なので、「ぶら下がり」ではなく、「ぶら下げ」でお願いします。 もちろん、ぶら下げインデントにマウスポインタを合わせると、ちゃんと名前が表示されます。 この時、別の名前が表示されてしまう方は、マウスポインタを合わせる場所が微妙にズレています。 ほんのちょっとズレて合わせちゃっていると思われます。 うまく合わせられない方は、ぶら下げインデントの三角の頂点あたりを狙ってマウスポインタを合わせてみてください。 ぶら下げインデントの下にある、四角い形をしたものを「 左インデント」と言います。 そうなんです、の左側にあるインデントマーカーは、細かく3つに分かれているんです。 左インデントにマウスポインタを合わせると、他と同じように、名前を確認できます。 そして、の右側にあるのが、「 右インデント」です。 もちろん、これにもマウスポインタを合わせると、名前を確認できます。 次の章から、このインデントマーカーを動かして、それぞれの役目をマスターしていきますが、その際、自分はぶら下げインデントを動かしたいのに、左インデントを動かしてしまった!といったことが出てきます。 特に左側のインデントマーカーは、狭い箇所に3つもあるので、自分ではちゃんと触っているつもりでも、実際は別のものを触っていたなんてことが起こりうるわけです。 そういったことを防ぐために、インデントマーカーを動かす際には、動かしたいマーカーにマウスポインタを合わせ、インデントの 名前を確認してから動かします。 名前の確認なんてバカバカしい!と思っているそこのあなた! 絶対やらかすと思いますヨ(大予言)。 左インデント 今回は、下の図のような、1行目から5行目までの2段落に対して、その左端の位置を内側に移動し、引っ込んだ感じにしたいと思います。 まずは設定したい段落をします。 「 左インデント」にマウスポインタを合わせ、 インデントの名前を確認したら、この位置を内側に動かすべく、右に向かって ドラッグします。 この時、ゆっくりドラッグすると気付けるのですが、ドラッグしたインデントマーカーは、滑らかにではなく、 カクッカクッと動いていることが分かります。 つまり、ただドラッグするだけでは、ほんのちょっぴりだけ動かすということはできません。 「 左インデント」を動かすことで、選択した段落の 左端の位置を変えることができました! (練習ファイルを操作しながらお読みいただいている方は、左インデントの位置が左の図と同じでなくても全然大丈夫です。 今は、各インデントマーカーにどんな役割があるのかに集中していただければ、それでOKです。 ) インデントの微調整 インデントマーカーは、ただドラッグするだけでは、カクッカクッと動く分、ほんのちょっぴりだけ動かすということができません。 でも、微調整のために、「ほんのちょっぴりだけ動かしたい」ということが、これから結構出てきます。 では、先程と同じ段落で、左インデントを滑らかに動かし、微調整する方法を見てみることにしましょう。 先程と同じ2段落がされている状態で、左インデントにマウスポインタを合わせ、インデントの 名前が確認できたら、 [Alt]キーを押したまま、右方向にドラッグしてみましょう。 [Alt]キーを押しながらのドラッグは、マーカーが 滑らかに動くので、ほんのちょっぴりだけ動かすことが可能になります。 そして、 [Alt]キーを押しながらのドラッグの最中は、何文字分引っ込めるか、ルーラーにその数字が表示されます。 左の図では「7. 47文字」ということになります。 あくまでも見た目が整えられればそれでいいので、小数点以下の数字にそこまでナーバスになる必要は無いと思います。 右インデント 今度は、右端の位置を内側に移動し、右端も引っ込んだ感じにしたいと思います。 先程と同じ段落に設定していくことにしましょう。 まずは設定したい段落をします。 「 右インデント」にマウスポインタを合わせ、 インデントの 名前を確認したら、この位置を内側に動かすべく、左に向かってドラッグします。 今は練習なので、普通にドラッグしてカクッカクッと動かしてもいいですし、[Alt]キーを押したままドラッグして滑らかに動かしてもOKですヨ。 「 右インデント」を動かすことで、選択した段落の 右端の位置を変えることができました! さて、ここで、練習ファイルを操作しながらご覧くださっている方は、次の章に進む前に、左インデントや右インデントを設定した段落を、設定する前の状態に戻しておきましょう。 []ボタンを何度かクリックして戻してもいいのですが、何度もボタンを押すのは面倒なので、別の方法を取ります。 インデントを設定した段落をし、 [Ctrl]キーを押したまま[Q]キーを押すと、選択した段落が、インデントが設定がされていない状態になりました。 ここで気を付けていただきたいのが、 [Ctrl]+[Q]キーは、段落書式を解除するためのもので、インデント単体を解除するためのものでは無いということ。 範囲選択した段落には、インデントしか段落書式が設定されていなかったので、インデントだけが解除されているように見えただけで、他の段落書式も設定されていれば、もちろんそれも解除されます。 詳しくは「」をご覧ください。 スポンサーリンク 1行目のインデント さて、ここまでで、選択した段落の左端や右端の位置を変更する方法をご紹介してきたわけですが、左端についてはもっと細かく設定することができます。 早速、その詳細を見ていくことにしましょう! 先程と同じ段落に設定していきたいと思います。 まずは設定したい段落をします。 現在範囲選択しているはいくつあるかOKでしょうか? そう、答えは2つですね。 この2段落をした状態で、「 1行目のインデント」にマウスポインタを合わせ、インデントの 名前を確認したら、右に向かってドラッグします。 選択した 各段落の、 1行目のみの左端の位置が変わっています! 1行目のみ変わっているので、2行目以降の左端の位置はそのままですね。 さてここで、この1行目のインデントについて「だから何?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか? でもこれ、非常に現実的な機能です! 話は私の小学生の頃に遡ります。 私の通う小学校では、作文の時間に、「文章の始まりは1文字分下げましょう」と教えられました。 これを、大人になった現在、Wordで実現させると、先頭にスペースを打つこと無く文字を入力した後、範囲選択して1行目のインデントを1文字分内側に動かせば、1文字分の字下げができるわけです! そうです、文字入力の際、いちいち文章の先頭にスペースを入力する必要がないわけです! この時、1行目のインデントをただドラッグするだけでは、カクッカクッと動いてしまうため、「1文字分」という微妙な設定は難しいです。 なので、インデントマーカーを滑らかに動かすために、 [Alt]キーを押したままドラッグします。 [Alt]キーを押したままドラッグすると、ルーラーに何文字分動かしているのか数字が表示されますが、さすがに1文字分は幅が狭いためルーラーに表示されても、その数字を判別できませんから、ルーラーではなく、実際の文字の位置を見ながら調整します。 1行目のインデントの実用例、実感いただけましたでしょうか? さて、練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、次の設定のため、この2段落を範囲選択した状態で、[Ctrl]キーを押したまま[Q]キーを押し、 段落書式を解除しておいてください。 (くどいようですが、[Ctrl]+[Q]キーはなので、インデントの解除と覚えてはいけませんヨ。 ) ぶら下げインデント またもや、先程と同じ段落に設定していきたいと思います。 まずは設定したい段落をします。 再びの確認ですが、現在範囲選択しているは2つです。 この2段落をした状態で、「 ぶら下げインデント」にマウスポインタを合わせ、インデントの 名前を確認したら、右に向かってドラッグします。 この時、ぶら下げインデントと一緒に、左インデント(四角形のマーカー)も一緒にくっついてきますが、これについては気にしないでください。 選択した 各段落の、 2行目以降の左端の位置が変わりました! 2行目位以降だけが変わっているので、1行目の左端の位置はそのままですね。 このように、ぶら下げインデントは、 2行目以降のためのインデント。 そうです、ただの「2行目」ではなく、「2行目 以降」のためのインデント。 ということはもちろん、ぶら下げインデントを設定した段落の文章が長くて、3行目や4行目がある時も、それらの左端はこの位置にくるわけです。 実際に、上の図の2つ目の段落を見ると、そうなっていることが確認できます。 次から、このぶら下げインデントの実用例をご説明しますが、その前に、練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、この2段落を範囲選択した状態で、[Ctrl]キーを押したまま[Q]キーを押し、 段落書式を解除しておいてください。 (次でご説明する実用例ではこの2段落は使わないのですが、次の設定の変化を分かりやすくするため、設定を解除しておきます。 ) さて、ここでもこのぶら下げインデントについて、「だから何?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか? でもやっぱりこれも、非常に現実的な機能なんですよね〜。 例えば、下の図のような、3段落をします。 この3段落は、【日時】【集合場所】【その他】という「項目名」に続いて、それぞれの「内容」が書かれている文章です。 特に、【集合場所】の2段落目、【その他】の3段落目は、それぞれが1行に収まりきらず、右端で折り返ってきた2行目以降が、【集合場所】【その他】という「項目名」のすぐ下に表示されてしまうため、文章が読みづらいです。 そこで、各段落の2行目以降の左端を、「項目名」に続く「内容」が始まる位置に揃えれば、グッと見やすくなります。 この3段落をした状態で、「 ぶら下げインデント」にマウスポインタを合わせ、インデントの 名前を確認したら、右に向かってドラッグします。 各段落の2行目以降の左端が、下の図のように、「内容」が始まる位置と同じになるようドラッグします。 ドラッグ中に表示される点線を参考にしながら位置を決めれば考えやすいです。 また、微調整が必要な場合には、 [Alt]キーを押したままドラッグすればいいですね。 各段落の2行目以降の左端を動かすことで、「内容」の位置が揃ったため、非常に見やすくなりました! さて、今回ぶら下げインデントを設定した3段落のうち、1段落目は複数行になっていないため、ぶら下げインデントを設定するのは2段落目と3段落目だけでいいんじゃないか、と疑問に思う方もいらっしゃると思います。 でも、1段落目も後々文字が増えていつ複数行になるか分からないので、同じ体裁にしたい段落は、一緒に範囲選択して同じ設定にしておくのがオススメです。 スポンサーリンク 左インデントの本当の役割 このページで一番最初にご紹介した左インデント。 最初の段階では「選択した段落の左端の位置を変更する機能」とご説明しました。 でも、この左インデントには、もっと深い役割があるんです! 先程ぶら下げインデントを設定した3段落を、もう一度すると、この段落のインデントの状態がルーラーに表示されます。 インデントマーカーを見ると、各段落の1行目は普通に左端から始まり、2行目以降は少し下がった位置から始まるように設定されているのが分かります。 この3段落をした状態で、「 左インデント」にマウスポインタを合わせ、インデントの 名前を確認したら、右に向かってドラッグします。 左インデントを動かすことで、 1行目のインデントとぶら下げインデントが一緒に動きました! 左インデントは「選択した段落の左端の位置を変更する機能」なわけですが、その際に 1行目のインデントとぶら下げインデントの間隔を保ったまま、両方のインデントを一気に動かすことができます。 これが左インデントの本当の姿です。 範囲選択した各段落の、1行目と2行目以降の間隔はそのまま、全体的に文章を内側に(右側に)動かしたい!といった時に便利な機能です。 インデントがずれた! さて、前の章では、左インデントを動かすことで、1行目のインデントとぶら下げインデントの間隔を保ったまま、両方のインデントを一気に動かせることを実感して頂きましたが、最初は「内容」が始まる位置で綺麗に揃っていたのに、 左インデントを動かしたら、なぜかズレてしまい、「内容」が始まる位置で揃わなくなってしまった!ということがあるかもしれません。 動かしたのは左インデントで、特にぶら下げインデントを動かしていないにも関わらず、このようなことが起きてしまうことがあります。 また、これとは別件で、ぶら下げインデントを動かしているのに、各段落の2行目以降が、インデントマーカーの位置どおりにちゃんと動いてくれない、ということもあります。 これにつきましては、原因と対処法がそれぞれにありますので、別の機会にまとめていきたいと思います! 今回はインデントマーカーをドラッグで動かしました。 そういった場合には、「」でご紹介している方法をとります。

次の

「インデント」とは?「タブ」との違いと設定・解除方法を解説

ワード インデント 解除

「インデント」の意味 「インデント」の意味は「字下げ」のこと 「インデント」とは行の頭を下げることで「字下げ」とも呼ばれます。 英語の「indent」が由来です。 「indent」の本来の意味はくぼみやギザギザのことで、そこから印刷業界の用語として字下げや引っ込みという意味で使われるようになりました。 パソコンで使われる文書作成ソフトウェアにはインデント機能が付いていて、改行したときの文字位置を設定できます。 「インデント」と「タブ」の違いとは 「インデント」は段落全体に、「タブ」はどこでも文字下げができる 「インデント」と「タブ」の違いは、「インデント」は段落全体を字下げするのに対して、「タブ」はカーソルで指定された位置なら、行の頭だけでなく行の途中でも字下げできます。 「インデント」はホームタブやルーラーを使って字下げを行いますが、「タブ」はカーソルを字下げしたい位置に決めた後、[Tab]キーを押すことで字下げするため、字下げをする方法としてはインデントよりも簡単だと言えるでしょう。 「タブ」の意味は「設定した位置にカーソルを移動する機能」 「タブ(tab)」とは、ものを引っ張るため、または吊るすために付いているつまみや、浴槽などを意味します。 IT用語として使われると、「タブ」には主に二つの意味があります。 インデントをワード・エクセル・htmlで活用する方法 【ワード】インデントを使い行頭を字下げする ワード(Word)では、「インデント」を使うことで行頭の字下げを行います。 ワードで字下げをする場合には、スペースキーやEnterキーを連打する方法もあるのですが、インデント機能を使えば字下げができるだけでなく、文字位置の調整なども自動的に行ってくれます。 【エクセル】セル内でインデント機能を使える エクセル(excel)でも、セル内での字下げをインデント機能で行えます。 字下げしたいセルをアクティブにしたら、ホームタブを開き[インデントを増やす]をクリックして右方向に1文字分下げられます。 また文字を元位置に戻したい場合は、[インデントを減らす]をクリックします。 【html】タグを字下げする htmlでは、タグの最初を字下げすることをインデントと呼びます。 「html」とは、Webページを作るためのマークアップ言語、つまり文書内のタイトルや文字の装飾などの細かな構造を指定するための言語です。 htmlでインデントを使うことにより、タグで構成されるコードの初めと終わりなどの入れ子構造が見やすくなります。 インデントを設定する範囲を選択。 画面上部にある[ホーム]タブから、「インデントを増やす」をクリックすると、指定した範囲が右側に1文字分だけ移動。 インデントは、「インデントを増やす」のクリックする回数分、右側に移動できます。 インデントを減らす場合には、「インデントを増やす」の左隣にある「インデントを減らす」をクリックを1回すると、指定した範囲が1文字分、左に移動します。 また1回のクリックで1文字分のインデントの増減ではなく、0. 5文字分や複数文字を設定したい場合は、画面上部の[レイアウト]タブをクリックすると「インデント」が表示されますので、そこで細かく設定できます。 ルーラーとは、ワープロソフトで文書の外側に示される定規のようなメモリの部分です。 ルーラー内の小さなアイコンをマウスでドラッグすることで、段落の一行目のインデント、段落の2行目以降のインデントなどを設定できます。 左インデントのショートカットは[Ctrl]+[M] 段落の行頭の字下げをするショートカットキーは、コントロールを意味する[Ctrl]と[M]キーで、[Ctrl]を押している間に[M]を押します。 字下げを元に戻すには、[Ctrl]と[M]キーに加えて[Shift]キーも同時に押します。 インデントを解除する手順 設定したインデントを解除する手順は次の通りです。 インデントを解除したい範囲を選択。 [ホーム]タブをクリックして、段落のグループの右下の隅にある小さな「右下矢印」をクリック。 [インデントと行間隔]タブをクリックすると、インデントの設定欄が表れる。 [左]と[右]の文字数を「0」に設定、[最初の行]は「(なし)」を選択して、[OK]をクリック。 まとめ 「インデント」は、字下げ機能としてワープロソフトなどで使用されています。 段落全体を一度に右へ移動させられる「インデント」と行の途中でも字下げができる「タブ」とを、字下げをしたい箇所によって使い分けましょう。

次の