キャンプ ファッション メンズ。 おデブ体型・ぽっちゃり系男子向け! オシャレメンズコーデのコツまとめ

キャンプで着て欲しい男性の服装コーデ40例~女子が選ぶデート服

キャンプ ファッション メンズ

13,154 point おしゃれで高機能な「アウトドアウェア」といえばココ! 防水・防風・防寒といった本格的な機能を持ちつつ、最近はタウンユースに使えるデザインも多い「アウトドアウェア」。 山登りやトレッキングはもちろん、アウトドアファッションにだって欠かせません。 今回は有名アウトドアブランドをはじめ、おしゃれなアウトドアウェアに定評のあるアパレルブランドまで、 『アウトドアウェアの人気ブランドランキングTOP10&一覧(計70ブランド)』の発表しています。 また各ブランドが力を入れており、タウンユース愛用率も高い「シェル系ウェア」を紹介しています。 今季は動物と植物が合体したハイブリッド生物の総柄アイテムや、撥水糸を使用したニットカーディガンなど独自のユニークなアイテムが揃う。 alkphenix (アルクフェニックス) 都市生活のアウトドアの楽しみ方を提案、歩くための機能服を追求する国内アパレルブランド。 あえてシーズンごとのテーマは設けず、様々なアイテムをリリース。 Barbour (バブアー) 防水性に優れたオイルドジャケットでお馴染みのイギリスを代表するアウトドアウェアブランド。 100年以上にわたり英国上流階級のアクティビティとリンクし、カントリージェントルマンスタイルを提案している。 BLACK DIAMOND (ブラックダイヤモンド) クライミング&バックカントリーギアからトレッキングギアまで信頼性の高い登山ギアをリリース。 BROWN by 2-tacs (ブラウン バイ ツータックス) スタイリストとして活躍する本間良二氏が1998年に立ち上げたブランド出、ワークシャツやコーチジャケット、トリズラーなどサーファーやスケーターが好む普遍的なアイテムをアイコンとする。 今季は静と動、山のTPOをコンセプトにハイキングに使いたいアイテムが多数ラインナップ。 BURLAP OUTFITTER (バーラップ アウトフィッター) 2016年にスタートしたばかりの新鋭アウトドアファッションブランドながら、高機能素材をデイリーウェアに落とし込んだプロダクトが多方面で話題に。 今年はミリタリーのディティールやデザインをさり気なく踏襲した普遍的なアイテムが揃う。 BURTON (バートン) クラシカルでヴィンテージの趣があるプロダクトに、アウトドアで快適に過ごすことができる高い機能性とスノーボーダーのユニークなアイディアが色濃く移るBURTON。 環境を配慮したブルーサイン認証を受けた素材が多く見られるのも特徴。 CANADA GOOSE (カナダグース) 北極圏にも対応するスペックをもつカナダのブランド。 今季はタウンユースを意識したブラックレーベルが本格的にスタートし、スタイリッシュなアイテムも展開される。 Carhartt WIP (カーハート WIP) 本国が持つ長い歴史を基にした豊富なアーカイブをベースとし、モダナイズドを施したヨーロッパ企画のカジュアルウェアライン。 COLUMBIA BLACK LABEL (コロンビア ブラックレーベル) 肩の力を抜いて人生を謳歌する大人のワードローブを提案。 今季はワンランク上のライススタイルウェアをテーマに、ディティールにこだわったラインを展開。 2017年には原宿にショップをオープン。 DESCENTE ALLTERRAIN (デサントオルテライン) デサントのモノ作りのエッセンスを凝縮したコレクションとなるオルテライン。 そのデザインコンセプトは「Form follows function」。 装飾ではなく機能を伴うなど、存在に理由のあるデザインをもったウェアを展開。 Eddie Bauer (エディー・バウアー) ダウンジャケットを世界で始めてリリースした、1920年生まれのアメカジブランド。 普遍的なスタンスを大切にしながら、今も進化を続けている。 (エフ シーイー) 毎コレクションのテーマは世界中から選ばれたひとつの国。 ライフスタイル、歴史、アート、音楽などさまざまなカルチャーにリアルに触れてデザインされる。 今季は「フランス」をテーマに、フレンチミリタリーなどから着想を得たデザインを展開。 go slow caravan (ゴースローキャラバン) 様々な「外遊び」をコンセプトに年齢や肩書き、国籍を度外視したスタイルを重視。 GOHEMP (ゴーヘンプ) 成長が早く、無農薬で育ち、通気性、速乾性、耐久性に長けた天然の機能素材「ヘンプ」をフィーチャーすることで1994年に誕生したブランド。 GRAMICCI (グラミチ) 定番のコットンやアウトドアシーン向きの機能素材だけでなく、タウンユースも考慮に入れたデニム素材など、どのシーンでも活躍できるアイテムを展開。 また、各ブランドと連動したコラボレーション企画など幅広い動きも見逃せない。 HELLY HANSEN (ヘリーハンセン) 1877年にノルウェーで誕生したセイラー向けのウェアブランド。 現在は日常のシーンはもちろん、アウトドアアクティビティ全般を幅広くサポートしている。 HOUDINI (フーディニ) スウェーデン発のアウトドアブランドとして、北欧ならではの洗練されたミニマルデザインを発信。 今季はアースカラーのアウターが多く揃う。 Is-ness (イズネス) 現代的なエッセンスを武器にクリエイティビティと独創性を重視したデザインレーベルとして2001年に発足したブランド。 今季は、あえて曖昧さをテーマに程よい心地よさを追求しながら、有機的でシャープなラインとビッグシルエットなアイテムを製作している。 karrimor (カリマー) アルピニズム発祥の国、イギリスで1946年に設立。 アイテムは過酷なフィールドを想定して、高機能を重視したラインナップとなっている。 KAVU (カブー) 自然と都市が程よく共存するシアトルのライフスタイルを提案するアウトドアブランド。 Klattermusen (クレッタルムーセン) 厳選したマテリアル、人間工学に基づいたデザイン、独自開発のディティールだけでなく、サスティナビリティつまり自然環境や資源に配慮した製品づくりがブランドコンセプト。 Bean (エル・エル・ビーン) 150年以上に渡りアウトドアシーンをサポートし続けている老舗ブランド。 MAMMUT (マムート) 150年の歴史を誇るスイス発のアウトドアブランド。 今年のシーズンはタウンユースのアイテムも多く、幅広いスタイルに対応している。 MANASTASH (マナスタッシュ) 「On Duty. Off Duty」をテーマにフィールドから街使いまでできる、アーバンアウトドアコンセプトなアイテムを展開するブランド。 オーバースペックになり過ぎず、デザイン的にもクラシックとトレンドがミックスチャーされた、今の気分にちょうど良いアイテムがリリースされる。 MARKAWARE (マーカウエア) 素材選びから縫製、加工に至るまで日本国内(メイド・イン・ジャパン)にこだわり、大人のための洗練されたハイエンドガーメントを提案するブランド。 今季は春夏シーズンから使い始めた素材の熟成を重視し、エレガントだけどリラックス感の漂うスタイルを発信している。 Marmot (マーモット) アウトドア業界で初めてゴアテックス素材を採用した実績を持つアパレルブランド。 この秋冬もウインターアクティビティを快適にサポートする機能的なウェアを用意。 さらにカトーのコラボアイテムも展開予定。 meanswhile (ミーンズワイル) 「日常着である以上、衣類ではなく道具」と提唱するミーンズワイル。 今季は、年代や地域の異なるミリタリーウェアに共通する自然に溶けこむ色と、現代の日常の溶けこむ機能性を持ったウェアを展開。 MofM (マン オブ ムーズ) 日本の群馬県は上中町、谷川岳麗を拠点に、その時その瞬間で感じるものを独自のライフスタイルからくる思考で造形、具現化していくことをコンセプトとしている。 山岳渓流などに特化したウェアが数多く並ぶ。 Monro (モノロ) 1年を通して使われるテキスタイルデザインを中心に、唯一無二のアウトドアアイテムを展開する「アーバンボヘミアン」スタイルブランド。 今季はシンプルな中に機能性を見いだすというコンセプトのもと、無地のアイテムも登場。 モンロならではのオリジナリティあふれるギミックは注目。 Mountain Martial Arts (マウンテンマーシャルアーツ) トレイルラインを軸に新しいライフスタイルを提案。 MOUNTAIN RESEARCH (マウンテンリサーチ) 山の暮らしをテーマに活動を続ける「…リサーチ」の山部門。 nanamica (ナナミカ) ユーティリティとスポーツをキーワードに毎日を楽しく、快適でクールに過ごせるウェアを提案。 ベーシックながら各々が持つスタイルに寄り添うようなアイテムが揃う。 NANGA (ナンガ) 日本が誇るダウンブランドとしてジャパンメイドにこだわり、良質なシェラフや保温性の高いジャケットをリリースし続けている。 今年は、直営2号店を吉祥寺にオープン予定。 NATAL DESIGN (ネイタルデザイン) 今季も引き続き「レトロスポーツ」を基軸にアイテムを展開するネイタルデザイン。 普段着としてのウェアなどに伸縮性のあるストレッチ生地や速乾性のあるドライ生地を積極的に落とし込むことで、「普段着」そのものの幅を広げたい! そんな意気込みを感じるアイテムがラインナップされている。 nau (ナウ) ポートランド発の機能性、エコ、ファッション性を兼備したライフスタイルブランド。 「ビューティー、パフォーマンス、サステナビリティ」の3分野をバランス良く取り入れることがブランドの哲学でもある。 nonnative (ノンネイティブ) スペイン語で「シウダ・デ・コロレス=色彩の街」をテーマとし、メキシコのオアハカで見た風景、色彩を表現。 ナチュラル感やリラックス感を基調とし、肌ざわり、着心地の良さを考慮したコレクションを展開。 NORRONA (ノローナ) 1929年生まれという長い歴史を持つノルウェーのアウトドアブランド。 今シーズンはプロ仕様のシリーズ、トロールヴェゲンのアイテムが一新。 新たなるスタートを切った。 OSC CROSS (オーエスシークロス) カナダ発のタウンウェアブランドとしてトロントから世界に発信。 自社生産のハンドメイドにこだわり続け、高品質なアイテムを継続的に発表している。 シンプルかつベーシックなアイテムは日常着としても活躍してくれる。 自然環境での快適性や機能性をベースに、街に溶け込むアトラクティブなプロダクトを展開。 独自のレイヤリングシステムにも要注目。 PeakPerformance (ピークパフォーマンス) 1986年にスウェーデンで設立されたスキーヤーズブランド。 今季はカーキやブラック、バーガンディなどの定番カラーを、北欧ならではの独特な色合いで展開。 ブランド設立30周年記念モデルや、街でも重宝するウェアが揃う。 PENFIELD (ペンフィールド) 40年の歴史があるアメリカ・ボストン発のスポーツブランド。 フリースやダウン素材のアイテムも豊富に揃う。 POLeR (ポーラー) 「キャンプハイプス」を合言葉に、横乗り系の雰囲気とアウトドアをブレンドさせたライフスタイルを提案する、2011年にアメリカ・ポートランドで生まれたアウトドアスタイルブランド。 スケート、サーフィン、スノーボードなどあらゆるアクティビティに精通しながらもベーシックでシンプル、そして遊び心あふれるデザインから愛用者多数。 Rab (ラブ) ダウンシェラフからスタートしたブランド、ラブ。 現在もダウンアイテムに対するこだわりは強く、イーベントなどの新素材を積極的に取り入れる革新的なスタンスも魅力。 Rocky Mountain Featherbed (ロッキーマウンテン フェザーベッド) ネイティブアメリカンの英知が生み出したレザーケープを参考に、ウエスタンヨークをアイコンとしたカウボーイ向けのウェアブランド。 代表作は羽毛布団のような防寒性、保温性を保証するダウンベスト。 ROKX (ロックス) 伝説のクライマー、マイク・グラハムが2000年に立ち上げたクライミングウェアブランド。 今季はニューラギットベーシックスタイルを提案。 SALOMON (サロモン) 四季を問わず山遊びを提案するフランスのマウンテンスポーツブランド。 来年に70周年を迎える今季は、アルパインランニングといった新スタイルを提案。 SIERRA DESIGNS (シエラデザインズ) 1965年に創業されたアメリカの老舗アウトドアブランド。 snow peak (スノーピーク) 新潟県発の日本を代表するアウトドアブランド。 「人生に野遊びを」というブランドコンセプトのもと、スノーピークが提唱するアウトドアフィールドは、山や自然だけでなく、都会的な街まで。 ギアはもちろん、さまざまなシーンにおいて最高のパフォーマンスを発揮するウェアも提案する。 バッファローチェックに象徴されるクラシカルなデザインが眼を引くが、もちろん街着としても着られるアーバンアウトドアなスタイルに仕上げられている。 TEATORA (テアトラ) ノマド的な働き方をする通称ノマドワーカーというスタイルが定着している昨今。 そのような自由な働き方をするクリエイターたちのパフォーマンスを向上させるべく、パッカブルや多収納といった機能を持った「頭脳職のための機能服」という新しいアウトドアウェア作りで話題のブランド。 THE NORTH FACE PURPLE LABEL (ザ・ノース・フェイス パープルレーベル) アウトドアウェアとしてではなく、都会的なプロダクトとして提案するパープルレーベル。 今季は「CRAFTED WIND」をテーマに掲げ、ノスタルジックであり、モダンな趣。 先端的でありクラフト的でもあるハイブリッドなコレクションを展開。 Tilak (ティラック) チェコ共和国で1986年にスタート以来、自社工場での生産にこだわり続けているアウトドアブランド。 今年は30周年を迎え、アウトドアプロダクツ以外にもテクニカルラインやトラベルラインも充実。 TOPO DESIGNS (トポ デザインズ) フィールドでも町でもデイリーで使えることを意識したアメリカ・デンバー発のブランド。 WILD THINGS (ワイルドシングス) 1981年にアメリカで生まれたワイルドシングス。 クオリティの高さからアメリカ軍にウェアを納入し、近年はミリタリーラインであるワイルドシングス タクティカルも展開。 そんな機能美を盛り込んだアーバン向けのカジュアルウェアが揃う。 WISLOM (ウィズロム) 研究意欲に旺盛なデザイナーが素材にまつわる特性や可能性を常に探求し、唯一無二のテキスタイルを開発・提供。 White Mountaineering (ホワイトマウンテニアリング) 「服を着るフィールドはすべてアウトドア」というコンセプトのもと、アウトドアとファッションをクロスオーバーさせた洋服の形を提案するコレクションブランド。 今季のコレクションは、機能ウェアに必要なものを改めて見直し、原点回帰的にスポーツとアウトドアの要素を取り入れた。 そんなセンセーショナルなコンセプトとともに誕生した日本発のブランド。 ブランド独自の技術による特殊な起毛素材が、より多くの空気を溜め込み保温力を高める。 街着でもミドルレイヤーでも活躍。

次の

夏のアウトドアにおすすめなメンズファッションコーデ!

キャンプ ファッション メンズ

な人ってかっこいいですよね。 顔が大きい、首が太くて短くみえる、お腹がでている、お尻が大きい、足が太いなど、 男性ならではの悩みを解決しながら、自分もオシャレを楽しみたい。 でもどうやったらオシャレになれるんだろう……。 そんな悩みをお持ちのぽっちゃり男子のみなさんに、 オシャレに見せる着こなしのコツ、術をご紹介いたします。 ぽっちゃり体型ならではのポイントも踏まえているので、今すぐ試したくなるはずです! 基本1 タブーをおさえつつ「自分の好きな色」を自由に!• 膨張色はタブー オシャレにはいろいろなタブーがあると思われがち。 でも本来オシャレは自分自身が楽しむためのもので、タブーなんてありません。 ですが、色でいえば暖色系や薄めの色、 白系などの「膨張色」と、 寒色系や濃いめの色、黒系などの「収縮色」がありますから、ふくよかな体型には 白や淡いピンクの膨張色はタブーだといわれています。 どちらかというと、濃いめの色を選ぶと、キュッと引き締まってみえます。 ビビッドな色を差し色に 膨張色や収縮色などは意識して選ばなければなりません。 かといって地味な色みばかり選ぶのではなく、差し色として上手に使うことで、ぽっちゃり体型の男子だってビシッと決めることができます。 冬なら、夏ならなどでビビットな色を取り入れ、そこに目線を集めましょう。 基本2 おデブに最適なシルエット「ひし形」を目指す!• ぽっちゃりお腹をカバーするシルエットはひし形 最初に全体のバランスをイメージすることが大事です。 ぽっちゃり男子の バランスのとれたシルエットはひし形。 お腹が出ていると、そこを隠そうと全身ダボダボファッションになりがちです。 裾に向かって細くなるタイプのテーパードパンツや、デザインのすっきりとしたタイプのを選ぶことで、お腹の出っ張りとのメリハリが出ます。 大きすぎるサイズはNG 一番大事なことは 自分のサイズよりの服で体型をカバーしようとしないことです。 パンツもダボダボなタイプを選ぶのではなく、ジャストサイズの少しピッタリめを選ぶと全体的にすっきり見えます。 この上下のバランスが、ひし形シルエットを目指す上でも重要なポイントです。 服を買う時はきちんと試着し、その点にも注意しましょう。 以上で紹介したコツは基本といえども、オシャレな着こなしのベースとなる大切なポイントです。 常に意識して洋服を選ぶようにしましょう。 基本3 最新のファッショントレンドをチェック! 着こなしの基本をおさえたら、次はファッションのトレンドをチェックしておきましょう! 少し前から流行している「 ユーティリティー」は、機能性とラフな着心地を兼ね備えた日常使いに適したファッション。 さらに、2018? 19年は上半身にビッグ&オーバーサイズ、下半身にタイトなスタイルがトレンドです。 ぽっちゃりメンズの場合は、こういったトレンドをおさえた上で、なおかつ体型カバーも気にしたいところ。 でも、高価なの洋服を買ったり、個性的なを頑張って着る必要はありません。 少し上級テクになってしまいますが、小物アイテムの重要度もしっかり理解しておきましょう。 小物アイテム選びの中でも、靴のチョイスは要注意! 少々金額が張っても、靴は着る洋服に合わせて慎重に選ぶことが必須です。 どんなに着ている洋服がオシャレでも、いつも同じ靴ではせっかくのオシャレ心が泣きます。 まずは、革靴やといった素材の違うもの、ベーシックなものからやや冒険したような様々な色合いの靴を揃えておくといいでしょう。 上品なコーディネートにあえてスニーカーを合わせて外したり、シンプルなコーディネートにカラフルな靴をもってくるなど、それだけで格段にオシャレに見せることができます。 メガネ ノーズ幅とレンズサイズで自分の顔の幅に合うものを選ぶのが基本。 そのうえで、ウェリントン型やラウンド型、ティアドロップ型など、自分の顔型に似合う フロントシェイプを選びましょう。 帽子 帽子選びもメガネと同様に、小さすぎない、顔の大きさに合うサイズを選ぶことが基本です。 その上で、素材や形状を意識してみましょう。 オススメは硬め素材の。 ぽっちゃり男子の印象をスマートにしてくれます。 お腹まわりが気になるお男性にとって、ベルトも選び方次第でオシャレさを左右する大切なアイテムになります。 さらに機能性も大切。 切れにくいベルトや、伸縮性に優れたベルトを選ぶことで、お気に入りのアイテムを長く使うことができます。 の類は慣れていないと、身に着けることにハードルの高さを感じることもあるかもしれません。 なかなか手を出しづらいですよね。 でも、さりげなくコーデに取り入れることで、もう一段階、あなたを素敵に魅せてくれます。 男性向けアクセサリーというと、ネックレス、ブレスレット、時計、指輪などがありますが、素材やデザイン、サイズの違いなどによって、その人やコーデ全体の印象がガラっと変わります。 まず初めに、自分に合ったサイズを店員さんにチェックしてもらうのがオススメです。 さらにおデブ体型でも動きやすい 伸縮性のある素材や、をかきやすい人にオススメの 通気性に優れた素材を使ったスーツを選ぶと、夏場はもちろん、1年を通して快適に過ごすことができます。 特にネクタイはスーツとのトーン合わせや、ネクタイ自体の色合いで一気に印象が変わります。 例えば、くすんだトーンの黄色いネクタイなら落ち着いたイメージに、真っ赤なネクタイなら情熱的なイメージに。 ネクタイの締め方やディンプルの作り方に少し気を使うだけでも、一気にオシャレメンズの仲間入りです。 るデカメンのスーツの着こなしには、シャツ+ネクタイのコーデと、ネクタイの締め方がポイント。 ・ ぽっちゃり男子に似合うスーツをサカゼン渋谷店で教えてもらいました。 小顔に見せるための髪型のベースは、全体的に 丸いシルエットにならない髪型を選ぶこと、 顔の面積を髪の毛でうまく隠すこと、そして、 顔の横幅を強調しないスタイリングを選ぶことの3つがポイント。 セットも大切ですが、やはり基本はカット。 以上のポイントを美容師さんに伝えつつ、自分に合う髪型やスタイリングのやり方を相談してみましょう。 ぽっちゃり体型を見せてもいいし、自信がないなら隠してもいいんです。 お気に入りのアイテムを好きなように着るのが、ファッションの一番の楽しみ。 あとは場数をこなし、ちょっとしたテクニックを覚えるだけで、ぽっちゃりメンズならではのコーディネートを習得することができます。 22 最終更新 2019.

次の

夏のファッション・メンズ アウトドアコーデ特集【2020年版】|服のメンズマガジン

キャンプ ファッション メンズ

13,154 point おしゃれで高機能な「アウトドアウェア」といえばココ! 防水・防風・防寒といった本格的な機能を持ちつつ、最近はタウンユースに使えるデザインも多い「アウトドアウェア」。 山登りやトレッキングはもちろん、アウトドアファッションにだって欠かせません。 今回は有名アウトドアブランドをはじめ、おしゃれなアウトドアウェアに定評のあるアパレルブランドまで、 『アウトドアウェアの人気ブランドランキングTOP10&一覧(計70ブランド)』の発表しています。 また各ブランドが力を入れており、タウンユース愛用率も高い「シェル系ウェア」を紹介しています。 今季は動物と植物が合体したハイブリッド生物の総柄アイテムや、撥水糸を使用したニットカーディガンなど独自のユニークなアイテムが揃う。 alkphenix (アルクフェニックス) 都市生活のアウトドアの楽しみ方を提案、歩くための機能服を追求する国内アパレルブランド。 あえてシーズンごとのテーマは設けず、様々なアイテムをリリース。 Barbour (バブアー) 防水性に優れたオイルドジャケットでお馴染みのイギリスを代表するアウトドアウェアブランド。 100年以上にわたり英国上流階級のアクティビティとリンクし、カントリージェントルマンスタイルを提案している。 BLACK DIAMOND (ブラックダイヤモンド) クライミング&バックカントリーギアからトレッキングギアまで信頼性の高い登山ギアをリリース。 BROWN by 2-tacs (ブラウン バイ ツータックス) スタイリストとして活躍する本間良二氏が1998年に立ち上げたブランド出、ワークシャツやコーチジャケット、トリズラーなどサーファーやスケーターが好む普遍的なアイテムをアイコンとする。 今季は静と動、山のTPOをコンセプトにハイキングに使いたいアイテムが多数ラインナップ。 BURLAP OUTFITTER (バーラップ アウトフィッター) 2016年にスタートしたばかりの新鋭アウトドアファッションブランドながら、高機能素材をデイリーウェアに落とし込んだプロダクトが多方面で話題に。 今年はミリタリーのディティールやデザインをさり気なく踏襲した普遍的なアイテムが揃う。 BURTON (バートン) クラシカルでヴィンテージの趣があるプロダクトに、アウトドアで快適に過ごすことができる高い機能性とスノーボーダーのユニークなアイディアが色濃く移るBURTON。 環境を配慮したブルーサイン認証を受けた素材が多く見られるのも特徴。 CANADA GOOSE (カナダグース) 北極圏にも対応するスペックをもつカナダのブランド。 今季はタウンユースを意識したブラックレーベルが本格的にスタートし、スタイリッシュなアイテムも展開される。 Carhartt WIP (カーハート WIP) 本国が持つ長い歴史を基にした豊富なアーカイブをベースとし、モダナイズドを施したヨーロッパ企画のカジュアルウェアライン。 COLUMBIA BLACK LABEL (コロンビア ブラックレーベル) 肩の力を抜いて人生を謳歌する大人のワードローブを提案。 今季はワンランク上のライススタイルウェアをテーマに、ディティールにこだわったラインを展開。 2017年には原宿にショップをオープン。 DESCENTE ALLTERRAIN (デサントオルテライン) デサントのモノ作りのエッセンスを凝縮したコレクションとなるオルテライン。 そのデザインコンセプトは「Form follows function」。 装飾ではなく機能を伴うなど、存在に理由のあるデザインをもったウェアを展開。 Eddie Bauer (エディー・バウアー) ダウンジャケットを世界で始めてリリースした、1920年生まれのアメカジブランド。 普遍的なスタンスを大切にしながら、今も進化を続けている。 (エフ シーイー) 毎コレクションのテーマは世界中から選ばれたひとつの国。 ライフスタイル、歴史、アート、音楽などさまざまなカルチャーにリアルに触れてデザインされる。 今季は「フランス」をテーマに、フレンチミリタリーなどから着想を得たデザインを展開。 go slow caravan (ゴースローキャラバン) 様々な「外遊び」をコンセプトに年齢や肩書き、国籍を度外視したスタイルを重視。 GOHEMP (ゴーヘンプ) 成長が早く、無農薬で育ち、通気性、速乾性、耐久性に長けた天然の機能素材「ヘンプ」をフィーチャーすることで1994年に誕生したブランド。 GRAMICCI (グラミチ) 定番のコットンやアウトドアシーン向きの機能素材だけでなく、タウンユースも考慮に入れたデニム素材など、どのシーンでも活躍できるアイテムを展開。 また、各ブランドと連動したコラボレーション企画など幅広い動きも見逃せない。 HELLY HANSEN (ヘリーハンセン) 1877年にノルウェーで誕生したセイラー向けのウェアブランド。 現在は日常のシーンはもちろん、アウトドアアクティビティ全般を幅広くサポートしている。 HOUDINI (フーディニ) スウェーデン発のアウトドアブランドとして、北欧ならではの洗練されたミニマルデザインを発信。 今季はアースカラーのアウターが多く揃う。 Is-ness (イズネス) 現代的なエッセンスを武器にクリエイティビティと独創性を重視したデザインレーベルとして2001年に発足したブランド。 今季は、あえて曖昧さをテーマに程よい心地よさを追求しながら、有機的でシャープなラインとビッグシルエットなアイテムを製作している。 karrimor (カリマー) アルピニズム発祥の国、イギリスで1946年に設立。 アイテムは過酷なフィールドを想定して、高機能を重視したラインナップとなっている。 KAVU (カブー) 自然と都市が程よく共存するシアトルのライフスタイルを提案するアウトドアブランド。 Klattermusen (クレッタルムーセン) 厳選したマテリアル、人間工学に基づいたデザイン、独自開発のディティールだけでなく、サスティナビリティつまり自然環境や資源に配慮した製品づくりがブランドコンセプト。 Bean (エル・エル・ビーン) 150年以上に渡りアウトドアシーンをサポートし続けている老舗ブランド。 MAMMUT (マムート) 150年の歴史を誇るスイス発のアウトドアブランド。 今年のシーズンはタウンユースのアイテムも多く、幅広いスタイルに対応している。 MANASTASH (マナスタッシュ) 「On Duty. Off Duty」をテーマにフィールドから街使いまでできる、アーバンアウトドアコンセプトなアイテムを展開するブランド。 オーバースペックになり過ぎず、デザイン的にもクラシックとトレンドがミックスチャーされた、今の気分にちょうど良いアイテムがリリースされる。 MARKAWARE (マーカウエア) 素材選びから縫製、加工に至るまで日本国内(メイド・イン・ジャパン)にこだわり、大人のための洗練されたハイエンドガーメントを提案するブランド。 今季は春夏シーズンから使い始めた素材の熟成を重視し、エレガントだけどリラックス感の漂うスタイルを発信している。 Marmot (マーモット) アウトドア業界で初めてゴアテックス素材を採用した実績を持つアパレルブランド。 この秋冬もウインターアクティビティを快適にサポートする機能的なウェアを用意。 さらにカトーのコラボアイテムも展開予定。 meanswhile (ミーンズワイル) 「日常着である以上、衣類ではなく道具」と提唱するミーンズワイル。 今季は、年代や地域の異なるミリタリーウェアに共通する自然に溶けこむ色と、現代の日常の溶けこむ機能性を持ったウェアを展開。 MofM (マン オブ ムーズ) 日本の群馬県は上中町、谷川岳麗を拠点に、その時その瞬間で感じるものを独自のライフスタイルからくる思考で造形、具現化していくことをコンセプトとしている。 山岳渓流などに特化したウェアが数多く並ぶ。 Monro (モノロ) 1年を通して使われるテキスタイルデザインを中心に、唯一無二のアウトドアアイテムを展開する「アーバンボヘミアン」スタイルブランド。 今季はシンプルな中に機能性を見いだすというコンセプトのもと、無地のアイテムも登場。 モンロならではのオリジナリティあふれるギミックは注目。 Mountain Martial Arts (マウンテンマーシャルアーツ) トレイルラインを軸に新しいライフスタイルを提案。 MOUNTAIN RESEARCH (マウンテンリサーチ) 山の暮らしをテーマに活動を続ける「…リサーチ」の山部門。 nanamica (ナナミカ) ユーティリティとスポーツをキーワードに毎日を楽しく、快適でクールに過ごせるウェアを提案。 ベーシックながら各々が持つスタイルに寄り添うようなアイテムが揃う。 NANGA (ナンガ) 日本が誇るダウンブランドとしてジャパンメイドにこだわり、良質なシェラフや保温性の高いジャケットをリリースし続けている。 今年は、直営2号店を吉祥寺にオープン予定。 NATAL DESIGN (ネイタルデザイン) 今季も引き続き「レトロスポーツ」を基軸にアイテムを展開するネイタルデザイン。 普段着としてのウェアなどに伸縮性のあるストレッチ生地や速乾性のあるドライ生地を積極的に落とし込むことで、「普段着」そのものの幅を広げたい! そんな意気込みを感じるアイテムがラインナップされている。 nau (ナウ) ポートランド発の機能性、エコ、ファッション性を兼備したライフスタイルブランド。 「ビューティー、パフォーマンス、サステナビリティ」の3分野をバランス良く取り入れることがブランドの哲学でもある。 nonnative (ノンネイティブ) スペイン語で「シウダ・デ・コロレス=色彩の街」をテーマとし、メキシコのオアハカで見た風景、色彩を表現。 ナチュラル感やリラックス感を基調とし、肌ざわり、着心地の良さを考慮したコレクションを展開。 NORRONA (ノローナ) 1929年生まれという長い歴史を持つノルウェーのアウトドアブランド。 今シーズンはプロ仕様のシリーズ、トロールヴェゲンのアイテムが一新。 新たなるスタートを切った。 OSC CROSS (オーエスシークロス) カナダ発のタウンウェアブランドとしてトロントから世界に発信。 自社生産のハンドメイドにこだわり続け、高品質なアイテムを継続的に発表している。 シンプルかつベーシックなアイテムは日常着としても活躍してくれる。 自然環境での快適性や機能性をベースに、街に溶け込むアトラクティブなプロダクトを展開。 独自のレイヤリングシステムにも要注目。 PeakPerformance (ピークパフォーマンス) 1986年にスウェーデンで設立されたスキーヤーズブランド。 今季はカーキやブラック、バーガンディなどの定番カラーを、北欧ならではの独特な色合いで展開。 ブランド設立30周年記念モデルや、街でも重宝するウェアが揃う。 PENFIELD (ペンフィールド) 40年の歴史があるアメリカ・ボストン発のスポーツブランド。 フリースやダウン素材のアイテムも豊富に揃う。 POLeR (ポーラー) 「キャンプハイプス」を合言葉に、横乗り系の雰囲気とアウトドアをブレンドさせたライフスタイルを提案する、2011年にアメリカ・ポートランドで生まれたアウトドアスタイルブランド。 スケート、サーフィン、スノーボードなどあらゆるアクティビティに精通しながらもベーシックでシンプル、そして遊び心あふれるデザインから愛用者多数。 Rab (ラブ) ダウンシェラフからスタートしたブランド、ラブ。 現在もダウンアイテムに対するこだわりは強く、イーベントなどの新素材を積極的に取り入れる革新的なスタンスも魅力。 Rocky Mountain Featherbed (ロッキーマウンテン フェザーベッド) ネイティブアメリカンの英知が生み出したレザーケープを参考に、ウエスタンヨークをアイコンとしたカウボーイ向けのウェアブランド。 代表作は羽毛布団のような防寒性、保温性を保証するダウンベスト。 ROKX (ロックス) 伝説のクライマー、マイク・グラハムが2000年に立ち上げたクライミングウェアブランド。 今季はニューラギットベーシックスタイルを提案。 SALOMON (サロモン) 四季を問わず山遊びを提案するフランスのマウンテンスポーツブランド。 来年に70周年を迎える今季は、アルパインランニングといった新スタイルを提案。 SIERRA DESIGNS (シエラデザインズ) 1965年に創業されたアメリカの老舗アウトドアブランド。 snow peak (スノーピーク) 新潟県発の日本を代表するアウトドアブランド。 「人生に野遊びを」というブランドコンセプトのもと、スノーピークが提唱するアウトドアフィールドは、山や自然だけでなく、都会的な街まで。 ギアはもちろん、さまざまなシーンにおいて最高のパフォーマンスを発揮するウェアも提案する。 バッファローチェックに象徴されるクラシカルなデザインが眼を引くが、もちろん街着としても着られるアーバンアウトドアなスタイルに仕上げられている。 TEATORA (テアトラ) ノマド的な働き方をする通称ノマドワーカーというスタイルが定着している昨今。 そのような自由な働き方をするクリエイターたちのパフォーマンスを向上させるべく、パッカブルや多収納といった機能を持った「頭脳職のための機能服」という新しいアウトドアウェア作りで話題のブランド。 THE NORTH FACE PURPLE LABEL (ザ・ノース・フェイス パープルレーベル) アウトドアウェアとしてではなく、都会的なプロダクトとして提案するパープルレーベル。 今季は「CRAFTED WIND」をテーマに掲げ、ノスタルジックであり、モダンな趣。 先端的でありクラフト的でもあるハイブリッドなコレクションを展開。 Tilak (ティラック) チェコ共和国で1986年にスタート以来、自社工場での生産にこだわり続けているアウトドアブランド。 今年は30周年を迎え、アウトドアプロダクツ以外にもテクニカルラインやトラベルラインも充実。 TOPO DESIGNS (トポ デザインズ) フィールドでも町でもデイリーで使えることを意識したアメリカ・デンバー発のブランド。 WILD THINGS (ワイルドシングス) 1981年にアメリカで生まれたワイルドシングス。 クオリティの高さからアメリカ軍にウェアを納入し、近年はミリタリーラインであるワイルドシングス タクティカルも展開。 そんな機能美を盛り込んだアーバン向けのカジュアルウェアが揃う。 WISLOM (ウィズロム) 研究意欲に旺盛なデザイナーが素材にまつわる特性や可能性を常に探求し、唯一無二のテキスタイルを開発・提供。 White Mountaineering (ホワイトマウンテニアリング) 「服を着るフィールドはすべてアウトドア」というコンセプトのもと、アウトドアとファッションをクロスオーバーさせた洋服の形を提案するコレクションブランド。 今季のコレクションは、機能ウェアに必要なものを改めて見直し、原点回帰的にスポーツとアウトドアの要素を取り入れた。 そんなセンセーショナルなコンセプトとともに誕生した日本発のブランド。 ブランド独自の技術による特殊な起毛素材が、より多くの空気を溜め込み保温力を高める。 街着でもミドルレイヤーでも活躍。

次の