ガーデンズ 映画。 阪急西宮ガーデンズで映画を観たら半券でお得!TOHOシネマズ優待

映画『水曜日が消えた』オフィシャルサイト

ガーデンズ 映画

監督 座席数は39席であり、の上映設備を導入している映画館では日本最小である。 商業施設内に開館した日本初のである。 2016年4月には鹿児島県の燦燦舎から『39席の映画館 いつもみんなで映画をみて』が刊行された。 2016年11月にはガーデンズシネマの設立者のひとりである小野公宇一が、出身の女優を追った『百萬両の女 喜代三』(彩流社)を刊行した。 館内ロビーの壁一面にポスターが貼られている。 客席入口前には運営資金を寄付した個人や団体の名前が掲げられている。 映画館の入口前にはカフェスペースがあり、上映作品に絡めた企画を行うことも多い。 イベントの開催回数が多いのが特徴で、年間に30-40回のイベントを開催している。 食・環境・憲法・平和・原発など、政治や社会を主題とする作品を上映することが多く、上映作品に関連するシンポジウムやトークショーなどを開催することも多い。 客層は幅広く、60代から70代に加えて、若者も訪れている。 天文館のアーケード商店街 の繁華街であるは戦前から映画館街として知られていた。 1945年(昭和20年)6月17日ので鹿児島市の映画館はすべて焼失したが 、1947年(昭和22年)までには映画館5館が立ち並ぶ映画館街が天文館に復活した。 1953年(昭和28年)のには42館の映画館があり、鹿児島市にあった第一映劇、第一小劇、セントラル映劇(ここまで3館は)、高島映劇、日東映劇、銀座映劇、銀映座、国際映劇、日本劇場(ここまで6館は)の9館 はすべて天文館にあった。 同年8月には付近に、戦後初めてを越えた位置(南側)に映画館(新世界映劇)が開館している。 全国の映画館数がピークを迎えたのは1960年(昭和35年)である。 この年の鹿児島県には104館の映画館が、鹿児島市には26館があり 、天文館には26館のうち16館が存在した。 教授で映画評論家のは、鹿児島で過ごした時代に天文館の映画館に入り浸って、年間200本近い日本映画を観ていた。 テレビの普及や住宅地の郊外化にともなって映画業界は衰退していった。 1999年(平成11年)時点では鹿児島県内で映画館が存在する自治体は鹿児島市のみであった。 同時期の天文館には(5スクリーン)、(3スクリーン)、(2スクリーン)、(単独館)、旭シネマ(単独館)の5施設計12スクリーンがあった。 天文館からの映画館の消滅と復活 TOHOシネマズ与次郎が入っている 2004年(平成16年)にはJR前のに鹿児島県最大級の(シネコン)である鹿児島ミッテ10が開館。 これによって天文館にあったシネシティ文化の収益が悪化し、また鹿児島市郊外にシネコンが開館することも決定していたことから、2006年(平成18年)6月5日には九州初のシネコンであるシネシティ文化が休館となった。 さらには同年10月15日に鹿児島市郊外にシネコンの与次郎が開館するのに合わせて、前日の10月14日をもって鹿児島東宝(1974年開館・3スクリーン)が閉館し、ついに天文館から映画館が消えた。 福岡が運営していたシネシティ文化は休館後も興行再開を模索したが、2006年10月に興行再開を断念している。 2009年時点で沖縄県を含む九州地方の8県には最低1館のがあったが、鹿児島県のみにはミニシアターが存在しなかった。 フィルム上映のための映写機を有する施設がないため、鹿児島県では自主上映会を開催するにも苦労を強いられた。 社会学者の斉藤悦則は、鹿児島県は九州ではもっとも劣悪な映画環境と指摘している。 2009年末時点の鹿児島県のスクリーン数は24館であり、沖縄県を含む九州地方8県の中では宮崎県に次いでスクリーン数が少なかった。 鹿児島コミュニティシネマ 現在の支配人である黒岩美智子が生まれた1958年は、映画館の年間入場者数が最多を記録した年だった。 黒岩は卒業後に鹿児島でOLをしており、1989年に上京しての子会社であるテアトルエージェンシーに勤務。 1995年に鹿児島に戻った際には天文館の映画館は消えかかっており、2006年にはシネシティ文化と鹿児島東宝が閉館して天文館から映画館が消えた。 天文館の映画文化について考えるシンポジウムで声を上げ、東京で開催されたの勉強会に参加。 2007年6月16日、黒岩が中心となって映画の自主上映団体「鹿児島コミュニティシネマ」が発足した。 8月には講堂で第1回上映会『』を開催。 2007年度には2本、2008年度には4本、2009年度にはほぼ毎月の頻度で上映会を開催し、『』には1日で600人もの観客を集めた。 2009年には鹿児島県の文化助成事業の一環として、鹿児島コミュニティシネマは県民エイガさつまおごじょ『サザン・ガールズ・グラフィティ』を製作した。 2009年には会員が所有するビルの一部を用いて常設映画館の開館をめざしたが、資金の問題で断念している。 この頃には丸屋がを改修して開店の準備を進めていたが、2010年1月にはマルヤガーデンズの7階に常設映画館()を開業することで話がまとまった。 映写技師が必須となる映写機ではなく、開館当初からを導入してデッキで上映している。 ガーデンズシネマ開館 鹿児島市におけるマルヤガーデンズの位置 2010年4月28日の開店に合わせて、 ガーデンズシネマが開館した。 開館日の4月28日には、鹿児島コミュニティシネマが製作した県民エイガさつまおごじょ『サザン・ガールズ・グラフィティ』、韓国のドキュメンタリー映画『』、フランス映画『』を上映した。 黒岩は東京在住時に映画パーソナリティのと知り合っており、4月29日には襟川が来鹿してトークイベントを行った。 開館日は平日だったこともあり、初回上映の観客数は1人と集客に苦戦している。 2010年夏には『』(監督)のみを上映。 39席が満席となる人気作品であり、のべ1,800人以上を集めて今日までガーデンズシネマの観客数記録となっている。 同年11月にはの=便就航20周年に合わせて、鹿児島日韓親善協会と共同で「韓国映画ウィーク」を開催した。 11月には鹿児島コミュニティシネマがからとなり、12月には鹿児島県興行生活衛生同業組合に加入した。 開館時には背もたれのない椅子を使用していたが、2011年3月10日には閉館した岐阜県の映画館から映画館専用の椅子を譲り受けた。 天文館シネマパラダイスの開館 のイメージ 2011年度の年間来館者数は約15,000人だったが、天文館シネマパラダイス開館後には1割程度減少した。 2012年夏からは上映設備のデジタル化(上映)費用550万円の募金を募った。 を行ったこともあって、2013年9月にデジタルシネマ対応が完了している。 同年にインド映画『』『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! 』を上映した際には、映画に合わせて踊ったり歌ったりするが行われ、支配人の黒岩(50代)が率先して踊った。 9月8日には映画評論家のを招いた講演会が開催された。 開館した2010年度から2012年度までは赤字が続いていたが、2013年度には開館後初めて黒字となった。 2014年4月18日には開館5周年を記念して、映画パーソナリティのを呼んだ『』のトーク付き上映が開催された。 2016年9月には「国際オーガニック映画祭 in KAGOSHIMA 2016」がガーデンズシネマで開催された。 『パーマネント野ばら』の舞台挨拶で訪れた監督 2010年9月11日には『』の監督による舞台挨拶とティーチインが行われた。 2011年1月15日には『』の監督による舞台挨拶とティーチインが行われた。 3月27日には『』の監督によるトークイベントとティーチインが行われた。 2011年度 2011年9月3日には『』に出演したによる舞台挨拶とティーチインが行われた。 11月5日には『』に出演したと脚本のによる舞台挨拶が行われた。 2012年1月14日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 2月11日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 2012年度 2012年4月7日には『大津波のあとに』『槌音』の監督による舞台挨拶とティーチインが行われた。 4月21日には『カリーナの林檎』の監督による舞台挨拶とティーチインが行われた。 12月8日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 2013年1月6日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 2013年度 2013年6月には映画『』が上映され、6月15日には高校時代に天文館の映画館街に通った監督による舞台挨拶が行われた。 6月16日には『』を含む上映会が開催され、監督がゲストとして出席した。 11月4日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 1月17日には『』が上映され、出演したを囲んだ昼食会が行われた。 2014年度 2014年・2015年に2年連続で来鹿した監督 2014年5月17日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 5月24日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 7月26日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 8月22日には『』の監督らによるトーク付き上映会が行われた。 11月1日には『』の監督によるトーク付き上映会が行われた。 11月19日には『』の監督による舞台挨拶が行われた。 2015年度 2015年7月には『』が上映され、7月6日には監督による舞台挨拶とティーチインが開催された。 2016年1月には『』を上映し、1月11日には監督によるティーチインが開催された。 2016年度 2016年4月には主演のドラマ映画『』を上映し、4月24日には監督らによるトークイベントが開催された。 4月には『氷の花火~』を上映し、アンコール上映後の5月1日には監督による舞台挨拶が行われた。 6月・7月には『』を上映し、7月2日には監督による舞台挨拶が行われた。 7月10日に投開票されたと鹿児島県知事選挙前には、憲法や政治をテーマにした2作品(『』、『』)を相次いで上映した。 7月9日の『ヤクザと憲法』上映後には監督らによるトークイベントが開催された。 7月には『』を上映し、7月16日には監督らによるトークイベントが開催された。 8月には前年にも上映した『野火』がアンコール上映され、8月17日には塚本晋也監督によるトークイベントが開催された。 8月には原発事故を題材とするドキュメンタリー映画『』を上映し、8月27日には監督らによるトークイベントが開催された。 12月には屋久島が舞台のコメディ映画『』を全国公開に先駆けて先行上映し、12月6日には主演のと監督によるトークイベントが開催された。 12月には『』を上映し、12月10日・11日には監督や詩人のによるトークイベントが開催された。 2017年1月には落語家のを追ったドキュメンタリー映画『』を上映し、同月2日と3日には監督によるトークイベントが開催された。 港町キネマ通り 2017年1月. 2017年3月10日閲覧。 燦燦舎 2016年4月29日• 「鹿児島コミュニティシネマ代表世話人 黒岩美智子さん」読売新聞 2010年5月17日• 『39席の映画館』p. 『かごしま映画館100年史』p. 145• 『かごしま映画館100年史』p. 152• 『全国映画館総覧 1953年版』時事通信社、1953年、pp. 166-168。 同文献を出典としている 「消えた映画館の記憶」も参照した。 『かごしま映画館100年史』p. 171• 岩本憲児・牧野守監修『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年、pp. 306-311。 同文献を出典としている 「消えた映画館の記憶」も参照した。 鹿児島経済新聞. 2011年9月2日. 2017年1月7日閲覧。 『かごしま映画館100年史』p. 178• 寺脇研 2001年8月19日. Mammo. 2017年1月7日閲覧。 『かごしま映画館100年史』p. 194• 『かごしま映画館100年史』p. 193• 199• 『かごしま映画館100年史』p. 234• 「シネシティ再開断念、天文館から銀幕消滅へ」南日本新聞、2006年10月7日• 8-13• 13-17• カゴシマディスカバリーマガジンCrowd. 2010年4月28日. 2017年1月7日閲覧。 18-27• 「韓国ヒット映画4本上映 ソウル線就航20周年祝う 鹿児島、25日まで」朝日新聞 2010年11月21日• 「鹿児島・天文館に39席シアター、28日オープン」朝日新聞 2010年4月23日• 鹿児島経済新聞. 2012年4月3日. 2017年1月7日閲覧。 鹿児島経済新聞. 2012年4月24日. 2017年1月7日閲覧。 「天文館シネマ、オープン祝う 鹿児島」朝日新聞 2012年5月4日• 「天文館に新しい商業施設がオープン? 」朝日新聞 2012年4月4日• 「日映から業務の支援、TOHOが番組編成 天文館シネマパラダイス」朝日新聞 2011年11月4日• 「ガーデンズシネマ デジタルシネマ化へ 寄付金伸び悩み」朝日新聞 2013年8月17日• 103-105• 106-108• 2016年8月24日. 2017年1月7日閲覧。 96-97• 98-99• 100-102• 寺脇研 Mammo. 2016年4月15日. 2017年1月7日閲覧。 2016年7月2日. 2017年1月7日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2016年7月8日. 2017年1月7日閲覧。 「」『幸福は日々の中に。 』公式サイト 2016年7月15日• 毎日新聞 毎日新聞社. 2016年8月29日. 2017年1月7日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2016年12月16日. 2017年1月7日閲覧。 「」『秋の理由』公式サイト• 毎日新聞 毎日新聞社. 2016年12月23日. 2017年1月7日閲覧。

次の

阪急西宮ガーデンズで映画を観たら半券でお得!TOHOシネマズ優待

ガーデンズ 映画

交通手段 阪急西宮北口駅直結 公式サイト 料金• 一般1900• 大学1500• 高中小幼 3歳以上 1000• シニア1200• 障がい者1000 要手帳• 水曜女性1200• 20:00以降1300• 毎月1日・14日1200 12月1日は1000• どちらかが50歳以上なら夫婦で2400 同一作品同一回に限る• auスマートパス・auスマートパスプレミアム会員クーポン提示:月曜一般・大学1200、高校以下900 2名まで、詳細は劇場まで• 障がい者介添えの方 1名のみ 1000 座席• [スクリーン1] 客席数 301• [スクリーン2] 客席数 305• [スクリーン3] 客席数 135• [スクリーン4] 客席数 115• [スクリーン5] 客席数 96• [スクリーン6] 客席数 96• [スクリーン7] 客席数 145• [スクリーン8] 客席数 153• [スクリーン9 MX4D ] 客席数 114• [スクリーン10] 客席数 152• [スクリーン11] 客席数 440• [スクリーン12] 客席数 71 音響• [スクリーン1] 音響• [スクリーン2] 音響• [スクリーン3] 音響• [スクリーン4] 音響• [スクリーン5] 音響• [スクリーン6] 音響• [スクリーン7] 音響• [スクリーン8] 音響• [スクリーン9 MX4D ] 音響• [スクリーン10] 音響• [スクリーン11] 音響•

次の

映画『グレイ・ガーデンズ』の舞台になったハンプトンの豪邸が23億円で売り出し中

ガーデンズ 映画

この記事は更新が必要とされています。 この記事には古い情報が掲載されています。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 反映後、このタグは除去してください。 概要 [ ] 核テナントは、 (西宮阪急、面積:25,000)、 である 西宮OS (12 20,000m 2)と (10,000m 2 強)である。 施設は中央部に駐車場を配置し、駐車場の周囲をショッピングモールが取り囲んでいる。 1周で約450メートル、東西南北4つのモールから成るサーキット型の設計となっている。 阪急百貨店とイズミヤはショッピングモールを挟む形で配置されている。 4階にある屋上庭園「スカイガーデン」(9,000m 2) は、六甲山系に自生する樹木や桜、果樹などで緑化され、オルゴールの音色に合わせて踊るも設置されている。 駐車場は約3,000台分設置されている が、駅から近いため延べ床面積の割には駐車台数が少ない。 開業時の店舗数は約268店舗であった。 名称は、の歴史を加え、にする人々にも憩いと賑わいのある快適な空間を提供できる「 庭園」になるよう願いをこめて、 ガーデンズが付けられた。 は、「これからの西宮の新しいアイデンティティシンボルに」という思いを込め、の花であるをモチーフにしている。 高級志向の人が多い西宮や芦屋を商圏とするため、従来ショッピングセンターに出店したことがない店や高級住宅地にしか出店しないセレクトショップなどが出店し、他のショッピングセンターと比べると専門店街もやや価格が高めの店舗も多いショッピングセンターである。 こうした富裕な商圏を背景としているため、(平成19年)春に実施したテナント向け説明会には出店枠数の約2倍の500社が参加するほどテナントの出店意欲が強かった。 「ペット保有率が高い」地域性を踏まえてペット用のホテル、病院などを備えた「阪急ハロードック」も設置されている。 跡地に建設された ことから、敷地内にはスタジアムやにちなんだ「メモリアルスポット」を5カ所設置。 屋上のスカイガーデンにある「メモリアルスポット」には、同スタジアムでの野球開催時に使われたが展示されている。 さらに、阪急電鉄やなどが所蔵するアーカイブ映像を、テーマ別に無料で鑑賞できるモニターも設けている。 開業初日に約10. 8万人 、最初の週末2日間で約30万人を集客して駅からの動く歩道が混雑の為に停止となるなど開業からの6日間で約58. 6万人 神戸新聞 、日本食料新聞では約51. 7万人 で初年度約1780万人から2年目に約1784万人へ来店客数を伸ばす など高い集客力を誇った。 当施設の最寄り駅である西宮北口駅においては、(平成20年)12月の月間1日平均が約11. 4万人を記録し 、神戸三宮駅(当時は三宮駅)の1日平均約10. 8万人を上回って阪急電鉄の駅の中で梅田駅に次いで第2位の乗降客数となったなど、阪急電鉄の利用者数増加にも一役買っている。 10月1日には「別館」が、11月21日には「ゲート館」がそれぞれ開業した。 開業10周年のリニューアルでは、3月から4月にかけて新規26店舗、移転や改装が47店舗、合計73店舗が新しくなった。 屋上庭園は人工芝が敷かれるなどの変更があり、世界最大のスポーツ用品チェーンの日本1号店もオープンした。 オープンまで [ ] (平成17年)11月に阪急電鉄がプレスリリースで発表した内容によると、• スタジアム跡地(約9ha)に、、などが出店する、日本最大級のショッピングセンターを建設する。 (平成18年)下期に着工、(平成20年)秋の開業を目指す。 阪急百貨店は店舗面積2. 5ha、シネコンは12スクリーンで計2,200席、その他総合スーパーや専門店街を設け、総店舗面積10haに計250店舗が出店する予定。 となっていた。 その後の西宮市議会の定例議会およびメディアの報道によると、• 敷地の一部をの狭隘な部分をバイパスする新設道路とし、に売却。 阪急百貨店(地上7階建て、25,000m 2)、および(地上5階建て、約30,000m 2)、専門店モール街(地上4階建て、約38,000m 2)、および立体駐車場を含む複数の駐車場を建設。 の高架化事業とともに着工することによりコストを圧縮。 と発表された。 (平成19年)、名称は 「阪急西宮ガーデンズ」とすることが発表された。 (平成20年)、同年11月26日にグランドオープンすることを発表。 同年11月20日には主に阪急百貨店・イズミヤの会員およびガーデンズカード先行入会者(当選者のみ)ら、招待券持参者のみ入場可能な内覧会が開かれた。 また翌21日からグランドオープン前日の25日にかけては、周辺住民向けに招待券なしで入場可能とし、プレオープンと称して営業を行った。 施設 [ ]• 設計:(基本設計・実施設計監修・監理監修)/(実施設計・監理)• 施工:竹中工務店• 建物階層:地上4階建て、一部5階建て(立体駐車場除く)• 敷地面積:約70,000m 2• 建築面積:約55,000m 2• 延床面積:約247,000m 2(駐車場などを含む)• 賃貸面積:約107,000m 2• 届出小売店舗面積:71,030m 2• 現在、テナント数では国内7番目程度。 賃貸面積には廊下や映画館を含む。 営業時間• 西宮阪急:10:00 - 20:00• イズミヤ:10:00 - 21:00• 専門店(1-5F):10:00 - 21:00• 4Fサービス・一部大型店舗:10:00 - 22:00• 飲食店街(4F):11:00 - 23:00• TOHOシネマズ西宮OS:9:00 - 24:00• 阪急西宮ギャラリー (5階、TOHOシネマズ西宮OS横):10:00 - 21:00• 休業日• 年中無休• エスカレータ・エレベーター• :通路内に6箇所(製)、阪急百貨店内に2箇所(製)、イズミヤ内に1箇所(製)• :通路内に8箇所、南側駐車場内に2箇所、阪急百貨店内に1箇所(別にディスプレイ用のエレベーターがある)、イズミヤ内に1箇所(いずれも三菱電機製)、また阪急百貨店内に、1階・4階・5階にしか停まらない、対応エレベーターがある(製)。 このうちフェスティバルガーデン、クリスタルガーデン、ウェルカムガーデンにあるエレベーターはガラス張り。 館内は禁煙であるが、によるルームや喫煙スペースがある。 主なテナント [ ] 詳しくはを参照。 西宮阪急()• 西宮OS• 西宮市は、人口40万人を超える阪神間のであるにもかかわらず、近くにあった小規模映画館「今津文化」の後の閉館以降、13年間映画館が1つもなかった。 TOHOシネマズ西宮OSは、西宮市にとって今津文化閉館以来の映画館であり、また大規模映画館かつとしては同市初。 また、阪急西宮ガーデンズが開業するまで、西宮市は吹田市と並んで、人口40万人以上で映画館の無い町であった [ ]。 かつて、津門大塚町(周辺)にイズミヤ西宮店が存在したが、阪神・淡路大震災で入居していた建物が倒壊しそのまま閉店となったため、イズミヤとしては13年ぶりの西宮市内への進出となる。 なお、西宮ガーデンズ出店後の2014年、イズミヤは阪急阪神東宝グループのと経営統合した。 イベント [ ] スカイガーデン(夜景・パノラマ)• 4Fスカイガーデン・木の葉のステージでは土日祝を中心にライブ・イベント(約30分・観覧無料)が年間約200本行われている。 メジャーアーティストが出演し、J-POP、アイドル、演歌までジャンルを問わない。 10時と11時の1日2回しか流れないギター音の館内BGM「TREASURE(トレジャー)」は、が作曲した。 その縁から、押尾がパーソナリティを務める『』()では、開業2年目の(平成21年)から毎年、開業記念日直前の(か)に、木の葉のステージへスペシャルゲストを招いて公開収録を実施(観覧無料)。 同局では、収録の模様を1時間に編集した音源を、収録後の12月上旬に特別番組枠(主に『』)で放送している。 ちなみに、特別番組にはスポンサーを付けていないものの、タイトルに「阪急西宮ガーデンズPresents」という冠名称を入れている。 年4回のペースで、『星空案内』という天体観望会が開催されている。 アクセス [ ]• ・ 東改札口から徒歩3分• 同ショッピングセンターと西宮北口駅はで直結している。 (製)が4基ある。 (西日本)から・で7分、JR西宮駅から徒歩20分• 阪急バス・阪神バス「西宮北口」から約250m 脚注 [ ] []• 日本食糧新聞社. 2008年12月5日• 朝日新聞社. 2008年11月26日• 阪急西宮ガーデンズ. 2020年4月3日閲覧。 神戸新聞社• 朝日新聞社• 47NEWS 2008年11月26日. 2015年7月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 産経新聞社. 2011年2月21日• とによる共同運営• 日本経済新聞社. 2012年5月4日• - 阪急西宮ガーデンズ• - 阪急西宮ガーデンズ• 阪急西宮スタジアムで開かれた野球以外のイベント(やなど)については、展示物や掲示物こそ存在しないものの、アーカイブ映像をモニターを通じて無料で鑑賞できるようになっている。 日本経済新聞社. 2009年2月4日• PDF プレスリリース , 、、阪急阪神ビルマネジメント, 2018年9月27日 , の2019年2月13日時点におけるアーカイブ。 , 2019年2月13日閲覧。 NEXT 神戸新聞社. 2018年9月29日. の2019年2月13日時点におけるアーカイブ。 2019年2月13日閲覧。 NEXT 神戸新聞社. 2019年3月8日. の2019年3月14日時点におけるアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 - 阪急阪神ホールディングス• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 オープンストリートマップに があります。 - 阪急電鉄と同じく関西圏のであるが、のだったの跡地で運営する。 大阪球場時代のピッチャーズプレート・ホームベースの位置を示すプレートが埋め込まれているほか、「阪急西宮ギャラリー」に相当する無料の展示施設として、「南海ホークスメモリアルギャラリー」が実在する。 プレスリリース [ ]• 外部リンク [ ]•

次の