そうま竜也。 そうま竜也

徳武竜也の声優廃業の理由はラジオ?「新たな道」とは何?病気ではない?│Comfort 〜「ああ、そうか」をあなたに〜

そうま竜也

石井竜也は若い頃からイケメン!実家は和菓子屋? 石井竜也は 歌手や芸術家として活躍しているが 若い頃からイケメンだったとか。 また、石井竜也の茨城の実家は 和菓子屋を営んでいたそうだ。 詳しくみてみよう。 石井竜也は1959年生まれの58歳。 現在でも年齢を感じさせない 色気のるルックスと深みのある歌声 を持ち、魅力的な人物である。 彼の若い頃とは? 今でもイケメンな石井竜也だが 若い頃から相当なイケメンだったそう。 若い頃の石井竜也は新宿歌舞伎町の 有名なホストクラブで ナンバーワンホストだったようだ。 そのイケメンさから、 男性に襲われたという噂もある。 若い頃から女性はもちろん 男性にも人気があるほどの イケメンだったようだ。 そんなイケメン歌手の 石井竜也の実家は和菓子屋だそうだ。 石井竜也の実家は茨城県。 実家の和菓子屋「石井屋」は 100年以上続く老舗の和菓子屋だ。 石井竜也の父も和菓子屋を継いでいた。 現在和菓子屋は閉店しているようだ。 閉店後、父親は絵画が趣味なことから 「アートサロンギャラリー石井屋」 を営んでいたが 父親の他界後は営業を終了している。 その後、東日本大震災で実家は 全壊してしまったと石井竜也は ホームページで明らかにしている。 スポンサード・リンク 石井竜也は米米CLUBの解散後借金10億円を背負った!? ボーカルに石井竜也をおき 活躍していた人気バンド 米米CLUBは 1997年に解散している。 その後石井竜也は 10億円の借金を背負ったという。 解散と、借金の真相とは どのようなものだろうか。 米米CLUBは日本のロックバンドで 1980年後半から1990年前半にかけ 最も売れたバンドのひとつだ。 レコード大賞も受賞している。 米米CLUBというバンド名は メンバーが面白さを求め、 ダサさを重視してつけられたそうだ。 米米CLUBは観客を巻き込んだ ライブ演出を行っており 楽しませることを一番にしていて ライブのチケットは常に完売する ほどの人気を誇っていた。 ライブに行けなかったファンからは 「ビデオを販売してほしい」 と数々の声が上がり、 当時、家庭用ビデオが普及し始めた ところだったためビデオを販売。 後にそのビデオは 映像作品として高く評価された。 全盛期を迎えた米米CLUBだが 売り上げを重視した楽曲内容変化や 石井竜也が映画の制作や個展に 活動を移していったことなどが 理由となり、CDの売り上げは 徐々に減っていき 1997年東京ドームでのライブを 最後にバンドは解散となった。 この時、すでに石井竜也は 窮地に追い込まれていた。 映画制作に力を入れていた 石井竜也だが 1994年と1996に制作された映画 が興行的に失敗となってしまい 約10億円もの借金を背負った。 自らの行動がバンドの解散や 10億円の借金を招いてしまった 石井竜也は自暴自棄に陥ったという。 人間不信になり、家に引きこもり ひどい絶望感を抱え 相当追い込まれた石井竜也は 当時2度も自ら命を絶とうと したそうだが、未遂に終わった様だ。 そんな崖っぷちの彼を救ったのは 今は亡き父親・昭雄さんだった。 ある日突然電話してきた父親は こう話したそうだ。 「お前はたぶん今人を恨んでるだろう。 お前は今夢を売って、夢を作ってきたんじゃないか。 人を恨んだり憎んだりして良い作品ができるか? そういう作品はお父さんはみたくない。 自分がやってきたことを信じなさい。 金なんてものは結局心がないものだろ?そんな心のないものにお前は命を預けちゃうのか。 こんなくだらないものに命を預けるなんて、お前はそこまで馬鹿じゃないよな」引用:JCASTニュース この言葉が 石井竜也の心を大きく動かした。 その後石井竜也は コンサート活動を積極的に行い わずか8年で 10億円もの借金を完済したのである。 石井竜也にとって命の恩人である 父親は2009年に他界している。 父親の他界後、石井竜也は 亡き父へ捧げる曲「MY FATHER」 で父への感謝の想いを語っている。 その後2006年に 米米CLUBは再結成され、 現在も活動を続けている。

次の

増嶋竜也(潮田玲子の夫)の実家は金持ち?兄弟は?年俸は?お好み焼き屋経営?

そうま竜也

藤原竜也主演映画「デスノート」キラが今なお絶賛されるワケ!あらすじ感想キャスト 藤原竜也主演映画「デスノート」サイコなキラ役は、藤原竜也の右に出る者はいない?! 藤原竜也主演映画「デスノート」は、2006年に邦画史上初となる前後編連続公開として企画され、2作の興行収入が100億円を超える大ヒット映画となりました。 2015年夏には、キャストを若手に一新して連続ドラマ化されましたが、依然として「キラ=藤原竜也」「L=松山ケンイチ」が最高のキャストとして語り継がれています。 特に藤原竜也の演技力は高く評価されており、「キラのようなサイコな役をやらせて藤原竜也の右に出る者はいない」という意見が、今なおあります。 だからこそ、ドラマ版「デスノート」の最終回後に流れた、映画「デスノート2016」公開情報に、ファンは皆、「キラ復活」を期待しているのです。 予告PVには2006年の藤原竜也主演映画「デスノート」の映像が使われていました。 しかし、2016版「デスノート」は、登場人物もキャストも一新されており、旧作のキャストが登場するという情報はありません。 藤原竜也主演映画「デスノート」あらすじ感想キャスト 藤原竜也主演映画「デスノート」のあらすじを紹介。 本名は、夜神月(やがみらいと)。 姿なきキラを神と崇める集団が出現する一方で、警察は、キラを連続殺人犯とし、松山ケンイチ演じる世界的名探偵・Lを送り込んで捜査を開始。 死神の力を持つキラと、警察組織を操るLという2人の天才の戦いが繰り広げられます。 藤原竜也主演映画「デスノート」は、藤原竜也と松山ケンイチの「キラ&L」という黄金キャストの他、死神リュークを中村獅童(声のみ)、レムを池畑慎之介(声のみ)、弥海砂を戸田恵梨香、キラの父親で刑事の夜神総一郎を鹿賀丈史と、インパクトの強いキャスト陣で彩られました。 それもまた、藤原竜也主演映画「デスノート」を忘れがたくさせているはずです。 藤原竜也の歴代女性関係は?親友の小栗旬、吉田鋼太郎とのいい話 藤原竜也が100人斬りを宣言していた?意外と結婚が知られていないワケ 藤原竜也は独身時代、かなりの遊び人だったようで、16歳の頃には「100人斬り」を宣言していたそうです。 20歳を超えてからは酒を浴びるように飲み、選ぶことなく女性をお持ち帰りするのが習慣化していたといいますから、藤原竜也の歴代女性関係を細かく割り出すのは極めて困難。 2006年にはモデル風美女と犬の散歩をする姿がフライデーに掲載されました。 そのお相手が、2013年5月に藤原竜也と結婚した現妻なのだそうです。 藤原竜也が結婚したお相手は、3歳上の一般女性。 2004年に知人の紹介で知り合って以来、約9年の交際を実らせてのゴールインでした。 結婚発表会見では「謙虚で優しい、小柄でミーアキャットみたい、料理も上手」とノロケまくっていた藤原竜也でしたが、それ以降、結婚に関する情報が一切報じられなくなったため、藤原竜也が結婚したことすら知らない人も多いかもしれません。 実は、藤原竜也の結婚を知るや否や、事務所に「結婚するならめちゃくちゃにしてやる」と脅迫電話をかけ続けた強烈なストーカーがいたため、刺激しないように、意図的に報道を差し止めていたそうです。 このストーカー、藤原竜也が斬った女性の1人だったらいたたまれません。 藤原竜也と親友の小栗旬、吉田鋼太郎との役者の熱い友情! 藤原竜也と親友の小栗旬は、酒豪で女好きという共感ポイントもあり、お互い彼女に内緒で合コン三昧の日々を送っていた仲。 そんな藤原竜也と小栗旬が共演NGになっているのは、お互いに「仲間としてではなく、ライバルとして芝居がしたい」という熱い気持ちがあるから。 決して不仲によるものではありません。 藤原竜也と吉田鋼太郎の仲の良さも業界では有名ですが、過去には、大喧嘩の末に2年間絶縁状態だったことがあるそうです。 喧嘩の内容は、役者仲間で酒を飲んでいる時に、吉田鋼太郎に見知らぬ女性客が近づいていくのを見た藤原竜也が、「またちょっかい出してるの?」と軽口をたたいてしまい、それにキレた吉田鋼太郎との間で、顔の踏みあいにまでなったというもの。 後に、藤原竜也は交際中だった現妻に諭されて謝罪するも、抱擁でそれを受け入れた吉田鋼太郎の態度になぜか怒りを覚え、仲直りには至らなかったとか。 吉田鋼太郎が一升瓶を持って謝りに行っても、かたくなに受け入れようとしなかった藤原竜也ですが、蜷川幸雄が2人を同じ舞台にキャスティングすると、1~2日で仲直りしたそうです。 役者の熱い友情を垣間見た気がします。 藤原竜也主演最新映画「僕だけがいない街」日本一の絶叫が作品をヒットに導く! 藤原竜也主演最新映画「僕だけがいない街」が、2016年3月19日に公開されます。 「僕だけがいない街」は、原作コミックが特に傑出しており、現在、アニメ版が放送されてもいますから、実写化となると難しい作品には違いありません。 しかし、藤原竜也には「デスノート」のキラ役、「るろうに剣心」の志々雄役、「カイジ」と、2次元キャラを完全に自分のモノにしてき演技力があります。 こうして出演作を並べてみると、随分と個性的な役柄が多い藤原竜也。 人々が「キラのようなサイコな役をやらせたら藤原竜也の右に出る者はいない」と絶賛する理由の実証は、ここにアリという感じがします。 そして、その実証をさらに確信に近づける文言が、先ほど解禁された藤原竜也主演最新映画「僕だけがいない街」のメイキング動画に示されていました。 曰く「俳優・藤原竜也は、つらい目に巻き込まれると映画がヒットする、絶叫が日本一似合う、巷でそう囁かれている」。 こう称される藤原竜也のヒット作は、確かにどれも半狂乱になって絶叫する描写があります。 確実に観る者の心臓を貫く藤原竜也の絶叫は、蜷川幸雄舞台で叩き上げられたのかもしれません。 ぜひ劇場でお目にかかっておきたいものです。

次の

増嶋竜也(潮田玲子の夫)の実家は金持ち?兄弟は?年俸は?お好み焼き屋経営?

そうま竜也

ここ最近、アニメ実写化報道が相次いでいますが、その度に話題になるのが俳優・藤原竜也さん。 藤原竜也さんが出演したアニメ実写化作品は「デスノート」や「カイジ」、「るろうに剣心」「僕だけがいない街」など。 なぜ彼の作品はこれまで支持、成功するのでしょうか? BuzzFeedは、映画批評家の前田有一さんに彼の魅力を聞きました。 「デスノート the Last name」は公開された2006年の興行収入5位にランクイン。 また、「るろうに剣心」も興行収入30億円を超えるヒット作になっています。 前田さんは以下のように語ります。 藤原竜也という役者は、役に自分を合わせるのではなく、役柄を自分に引き寄せるタイプの俳優です。 一方で、体重を増減したり、歯を抜いたり、体当たりな役作りに挑む俳優はあとを絶ちません。 けれど極端な話、こうした過激な役作りは、覚悟さえあれば誰でもできます。 少なくとも特殊な才能などは必要ありません。 そして、やりたくても誰にでもできることではありません。 たとえば高倉健のように、群を抜くオーラや華がなければ、ほかの役者は敵いません。 藤原竜也の場合は、そうした華と魅力があるうえに舞台で鍛えた安定した演技力もあります。 魅力と実力とスター性を兼ね備えているから、彼の主演作品は好まれるのです。 こうした現象は、日本映画の全盛期には多くのスター作品で見て取れたものですが、最近は映画俳優という概念自体が消滅寸前なので、新鮮に映ります。 ようは藤原竜也というのは、映画俳優の素質がある。 現代では非常に数少ない貴重な存在ということです。 アニメ実写化報道の度に、「二次元を三次元にしてなんの意味がある」「実写化してよかった作品を知らない」など批判の声が挙がります。 ここからは少し話を変えて、そもそも「なぜアニメ実写化は叩かれるのか」を前田さんに聞いてみました。 なぜ叩かれるのか。 その理由は明快です。 凡作駄作ばかり量産しているからです。 アニメや原作の実写化というのは、作り手側にとっては多かれ少なかれビジネス上の利点が大きいからやる、やれるわけです。 「製作委員会を組みやすい」「お金が集まりやすい」「ヒットしやすい」など、いろいろなメリットがあります。 そして、ネット時代の今ではそうした事情は誰もがある程度は知っているわけです。 そういった事情があるのに、出来がひどい。 または、ファンの心情を無視した作品ばかり作っているものだから、「邦画は自分たちだけが儲けるために、ファンを無視した身勝手な駄作ばかり作っている」という印象が拭い去れないほど浸透してしまいました。 こんな状況では、アニメ実写化の話題が出るたびに叩かれるのもやむなしです。 解決するには、ファンの気持ちに応えたコンセプトと、高い品質の映画を作ればいいのです。 とくに、原作ものはファンのためにある。 ファンを喜ばせるのが第一目的であることをスタッフ・キャスト一同、肝に銘じて作ることです。 「ファンのおかげでビジネスをさせてもらっている」その謙虚さを絶対に忘れてはいけません。 コメント一覧• ,ぱぴぷぺななしさん 2016年06月19日 15:16:24 藤原竜也って言うほど演技うまくはないよな• ,ぱぴぷぺななしさん 2016年06月19日 15:44:17 ほならね• ,ぱぴぷぺななしさん 2016年06月19日 15:46:41 単に大袈裟な演技 ジャッキーチェンの苦しみ方演技と同列で笑えるけどな• ,ぱぴぷぺななしさん 2016年06月19日 16:44:34 アニメ実写化って何? 意味がわからんのだが。 ,ぱぴぷぺななしさん 2017年10月01日 20:11:04 僕街はアニメの直後だったから尺の削り方がいまいちで微妙だったけど、たしかに藤原さんの大袈裟演技はアニメ系にはまるよね。 ヒロインは壊滅だろうけど、リゼロの実写とか藤原さんでちょっと見たい.

次の