バイオ ハザード 7 考察。 バイオハザードシリーズの年表

バイオハザード7ストーリー考察。ネタバレ注意!ランタン内容、ベイカー家からの脱出とその後は?

バイオ ハザード 7 考察

現在、 『バイオハザード8』や『バイオハザードRE:3』が開発中であるという噂が流れています。 『バイオハザード』ファンにとっては、かなりうれしい情報ではないでしょうか。 2019年1月25日に発売された『バイオハザードRE:2』が大好評となって、ますますシリーズに勢いが出てきています。 そんな『バイオハザード』シリーズですが、一つ大きな問題を抱えています。 それは、 主人公たちが高齢化してきたという点。 特に、『バイオハザード』シリーズで双璧をなす人気キャラクターのクリス・レッドフィールド 44歳、2017年時点 やレオン・S・ケネディ 40歳、2017年時点 は、そろそろ最前線で戦うのがきつくなってくる年頃です。 そうなると、現在開発中であると噂の『バイオハザード8』は誰が主人公になるのかわかりませんね。 そこで今回は、『バイオハザード8』で主人公になるかもしれない人物を挙げていきます。 関連記事 スポンサーリンク Contents• 『バイオハザード8』の舞台 主人公が誰かを考えるにあたって、まずは『バイオハザード8』の舞台について確認しておきましょう。 ただし、 現時点でこの情報は噂段階であるということはおさえておいてください。 『バイオハザード8』の舞台となるのは、 謎に包まれた研究所がある無人島。 この無人島は最近になって捨てられたようで、島の研究所では、『バイオハザード7』で登場した「エヴリン」などの 生物兵器が開発されていたとのこと。 なので、無人島にある生物兵器の研究所が、『バイオハザード8』の舞台となるようです。 ちなみに、『バイオハザード8』はTPSになるとのことなので、主人公の姿はきちんと確認できることでしょう。 主人公は誰? ではここからは、『バイオハザード8』で主人公になりそうな人物を見ていきましょう。 シェリー・バーキン 【RE NET】ワンクリッククイズに挑戦!合衆国のエージェントとして「バイオハザード6」に登場したシェリー。 『バイオハザード6』で主人公の一人として再登場した際、アメリカ合衆国のエージェントになっていました 27歳、2013年時点。 なので、今後の『バイオハザード』シリーズでもエージェントとなったシェリーが登場するというのは、大いにあり得ることです。 『バイオハザード8』では、アメリカ合衆国政府から指令を受けたシェリーが島の研究所を調べに行く。 意外とあり得そうなストーリーですね。 スポンサーリンク イーサン・ウィンターズ 【BH7】発禁フッテージ Vol. 1 エクストラゲーム「イーサン マスト ダイ」。 本編との繋がりを感じさせるフッテージとは異なり、完全独立・超高難易度に仕立てられた「バイオ7」を楽しんで欲しい。 公式設定では「一般人」ですが、迷いなくベイカー邸に踏み込み、巧みに重火器を扱い、はたまた「エヴリン」の菌に適応して超人的な回復力を手に入れるなど、とても「一般人」とは思えない人物。 また、『バイオハザード7』の劇中では一切顔を見ることができず、加えて『バイオハザード5』の中に「イーサン・W」という名前が登場することから、かなり謎な人物であるということがわかります。 そんなイーサンが、再度『バイオハザード8』に登場するというのもあり得るかもしれません。 上記したように、『バイオハザード8』の舞台は「エヴリン」などの生物兵器が開発されていた無人島。 もし「エヴリン」を倒してからも彼女の影響があるのだとしたら、その根本的な原因を探るために、イーサン自ら開発元の研究所を訪れるということはあるかもしれません。 ベイカー邸を堂々と闊歩し、何事にもあまり動揺しないイーサンなら、それぐらいのことはやりかねませんね。 同時に、『バイオハザード8』では謎に包まれたイーサン・ウィンターズという人間に迫っていくという展開になるのも面白いかと思います。 ジェイク・ミューラー ワンクリッククエスチョンに挑戦! バイオハザード6のジェイク編の冒頭で「栄養剤」を注射したゲリラに襲われたジェイク。 『バイオハザード6』の主人公の一人として登場。 父親譲りの体術使いで、その身体能力を生かして傭兵をやっていましたが、シェリーに要請で自らの「血」を提供するように言われ、シェリーと行動を共にします。 シェリーとの件が終わると、ジェイクはリンゴ一つで子供の要請にこたえる、父親とは真逆のヒーローとしてBOWと戦いました。 『バイオハザード』シリーズの悪事の中心にいたウェスカーの息子であるジェイクが、今後出てこないということはあるでしょうか。 私としては、『バイオハザード8』ではぜひともジェイクに登場してほしいところです。 ただ、ホラー要素が強い作品になりそうなので、アクション重視のキャラクターであるジェイクの持ち味を生かすことができるのかは、私には見当がつきません。 まったく新しいキャラクターが登場? 『バイオハザード8』の主人公は、これまでには登場していないまったく新しいキャラクターになる。 これも、大いにあり得ることでしょう。 『バイオハザード7』でいきなり現れたイーサンのように、いきなり現れたキャラクターが主人公になるかもしれません。 それはそれで、『バイオハザード8』がより面白いものになるかもしれませんね。 クリスやレオンは? 正直、クリスやレオンはそろそろ見納めになるのではないかと思います。 彼らの年齢もそうですが、やはり『バイオハザード』シリーズを今後も続けていくには、やはり新しい人物を登場させていかなければならないでしょう。 また、クリスもレオンもBOWとの戦闘経験が豊富すぎて、変な敵が出てきてもほとんど驚かずに、すんなり倒してしまいます。 ゆえに、ホラー要素が強いであろう『バイオハザード8』とは相性が悪いような気がします。 なので、クリスやレオンは『バイオハザード8』には登場しないと考えていいでしょう。 スポンサーリンク 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります。 引用元: お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用元: このサイトについて.

次の

ゲームバイオハザード5までのストーリーネタバレを詳しく教えて...

バイオ ハザード 7 考察

エンディング分岐でゾイを選ぶとバッドエンディングに。 バイオハザード7のチャプター6の終盤で血清をミアに渡すかゾイに渡すか選択でき、これによってエンディングが分岐します。 ちなみにこの場面でゾイに血清を渡すと、その後のシーンで座礁した廃タンカーの近くでゾイが灰になり死んでしまいます。 これだけにとどまらず、廃船の最後ではミアとの決闘が待っており、イーサンの手でミアを殺してしまう事に。。。 もちろんエンディングでは、ミアに血清を渡していた場合に横たわっているはずであるヘリのベッドには、ただミアを撮影した動画が流れているスマホが置いてあるだけでミアの姿はありません。 助けられるはずだった人物を助けられなかったので、完全にバッドエンドですね。 もしミアに血清を渡していれば、ベイカー宅に残ったままのゾイは生き残っていたかもしれません。 そもそもゾイの正体は? ゾイは、ベイカー一家の一人ですが、所々で他のベイカー一家から仲間はずれにされている印象を受ける場面があります。 序盤では、ミアによって切り落とされたの左手を治したり、コデックスを渡してくれたりします。 ここで疑問となるのが、なぜゾイがコデックスを持っていたのかという点です。 コデックスは、特殊工作員であるミアとアランが所持していたものです。 ミアはミアでコデックスを所持しているので、ゾイがミアからコデックスを奪い取ったものであるとは考えられません。 それでは、このコデックスはどこから手に入れたものなのなのでしょうか。 そして、なぜゾイは血清の作り方を知っていたのでしょうか。 そこで幾つかの仮説を考えてみました。 研究所から情報を盗み得ていた 廃船の存在はベイカー一家の周知のこと。 ミアが失踪してからの3年間という十分な年月の間、ゾイはベイカー一家から距離を置いてトレーラーで暮らす傍、廃船近くにある研究所から血清についての情報を調べていた可能性があります。 研究所では、についてのデータも残っていたことからイーサンが来る前まで謎の組織が活動していたことが伺えます。 そのため、ゾイはその謎の組織の監視を掻い潜り情報を収集し、D型被験体から血清を作り出す方法を見つけ、その最中でコデックスを発見し持ち帰った可能性が考えられます。 ゾイは謎の組織の一員だった 実はゾイは謎の組織の一員であったがために、コデックスの所持と、D型被験体から血清の作り方を知っていたということも考えられます。 そして、謎の組織の命令であるイヴリンの殺処分を実行すべく、イーサンを使ってD型被験体を探させていたのかもしれません。 ゾイの戦闘能力は未知数ですが、トレーラー内にマグナムや壊れたハンドガンがあることから、それなりに戦闘能力があり、かつ戦闘で使用してハンドガンが壊れたということも考えられます。 1回目追記 ゾイのトレーラーハウスの中に、「ゾイの調査記録」が残されています。 ここには、 あいつと一緒に来た女・・・ミアが何か知っている 「血清」があれば 体を治せる もっと聞き出す必要あり と書かれていることから、もともと謎の組織と関係があった線は消えそうです。 だとしたら、コデックスはどこから手に入れたのかが疑問になります。 ビデオテープ「ミア」では、うまい具合にミアの腕が画面外に隠れているのでコデックスがあるのかわかりませんが、廃船でコデックスを持っていることからして、ミアのコデックスを奪ってイーサンにあげたとは考えづらいです。 今の所、研究所に潜入してコデックスを盗んだと考えるのが妥当そうです。 2回目追記 ちなみに、ストーリーの冒頭でイーサンに届いたミアからのメールですが、これはゾイが送信したのではないかと考えています。 電話で逐一サポートしてくる行動から見て、ミアからイーサンに関する情報を聞き出し、イーサンなら一連の事件を解決できると見込んで呼び寄せたと考えると、メールを送り呼び寄せた張本人と見なせるのではないでしょうか。 これに関連して、イーサンですが実はミアと同じ組織に所属していた可能性も浮上しています。 これについては別記事で追って紹介します。 3回目追記 イーサンについて考察した記事を書きました。 でイーサンがなぜこの事件に巻き込まれたのか考察しています。 興味のある方は是非参照してください。 D型被験体の頭部をベイカー一家に持ち込んだのは、ミアというよりかはジャック・ベイカーがミアと一緒に運んできたのが有力なのではないかと考えられます。 何度か本編をプレイしてみましたが、3年前のミアはコデックスを腕につけていましたが現在のミアの左腕にはコデックスが付いていないように見えます。 そのため、ゾイがイーサンに取り付けたコデックスは3年前のミアが付けていたものだったと考えられるため、ゾイは謎の組織とは一切関係のない一般人説が有力になりそうです。 なぜ、ゾイは理性を保っていたのか考察 ゾイは他のベイカー一家と比べて、なぜ理性を保っていたのかも謎の一つです。 おそらくゾイにはある程度の特異菌に対する抵抗力があり、発症した症状が軽く済んだのかもしれません。 もしくは、研究所内から症状を緩和させる鎮静剤のようなものを得ていて、それを使って血清を作るまでしのいでいたとも考えられます。 しかしながらイーサンも明らかに特異菌に感染している症状を見せており、ミアによって切断された左手の回復や、ジャック・ベイカーによって切断された右足の癒着をしておきながら、理性はまともな状態を保っています。 おそらくイーサンとゾイは何らかの特異菌に対する抵抗力をもっており、感染していても理性を保っていられたと考えるのが妥当そうです。 まとめ 今回はバイオハザード7の謎の一つであるゾイについて、その正体を考察してみました。 ゾイが何らかの形で謎の組織と関与していたことは疑いようのない事実だと考えらえます。 その関与の仕方が、謎の組織の一員であったのかそれとも謎の組織と利害が一致しない関係であったのかは定かではありません。 ゾイが研究所からイヴリンについての情報を得る時間は十分にあり、それなりに戦闘をしていた証拠も残っていたことから、その正体についての謎は深まるばかりです。 中庭にあるトレーラーハウスの中には、家族写真の裏に悲しい思いを綴っていることから、家族を元に戻したい気持ちは強かったようです。 もしゾイが謎の組織の一員であったとしたら、ジャック・ベイカーが廃船からイヴリンを連れて帰ろうとする際に止めにかかっているはず。 やはりゾイは、もともとは普通の人であり、イヴリンが家に訪れてから研究所に潜入し情報を得るようになったと考えるのが有力なのでしょうか。 あなたは、ゾイはどんな人物であったと考えますか? 4回目追記(ドウターズ配信後) 上記の追記箇所にも記載しましたが、ゾイが謎の組織との関係がある線はなくなりました。 イーサンが来るまでの3年間を理性を失った家族と支配するエヴリンからどのように身を守りながら生き延びていたのか非常に興味深いです。 キャンピングカーに寝泊まりを繰り返していたとしたら、いつでも家族に襲われてしまう環境ですので、もっと他の場所に潜んでいたのではないかと考えています。 あなたはゾイが3年間どのように暮らしていたと思いますか? 関連記事はこちら.

次の

バイオハザードRE:3みんなの感想評価は?面白い?怖すぎる?

バイオ ハザード 7 考察

スポンサーリンク 1 バイオハザード7 プロモーション 今回はホラー重視間違いなし・・・。 発売日は2017年1月24日。 さらにプレイステーション4ということで、なおかつプレイステーションVRにも完全対応です。 ちなみにVR酔いは体験版を遊んだ感じだと、全然気にならないとのこと(友達談)。 たぶん、夜中に遊んだら、絶対眠れないレベルの怖さだと思います・・・。 スポンサーリンク 2 待ちに待ったバイオ7 推測された主人公は? いろいろと不評だったバイオ6。 もはやホラーというより、アクションじゃん! という評価が多数でした。 個人的には面白かったんですが 笑。 それで噂になっていたのが、 次回の主人公は6でも活躍した ジェイク・ミュラーではないか? というもの。 私もその可能性が高いと思っていました。 さすがに続けて2回連続レオンさんはないだろう・・・。 でも、エイダさんとの続きが気になる・・・。 今回のバイオハザード7のサブタイトルは「The War Ends Now」のようで、 ということは、お話が終わっちゃうの!? とも考えてしまいます。 でも、タイトルからすると、世界戦争みたいになって、これまでのキャラクターが勢ぞろいするのでは?とも思ってみたりしていました。 そこにある屋敷から脱出するのが、体験版で配信された内容です。 しかし、ジャックは何をしても倒れず・・・。 結局、主人公は爆発に巻き込まれ、気を失います。 目が覚めると、食卓を囲んでいます。 食事は全て腐っていて、虫がたかっています。 明らかに目がおかしいです・・・。 そしてここからの脱出を目指す、というのが今明らかになっている内容ですが、 一緒に食事をしている時点で、もはや主人公はあっちの人じゃないの?と思ってしまいます。 (実際に主人公は既に感染しています。。。 ここでランタンの老婆を思い出します。 ランタンはこの家族のお母さんです。 人間を捕まえ、なんらかの処置を施し、自分たちの仲間にしていき・・・、 そこを訪れる人が皆おかしくなり、 世界全体が汚染されていく・・・。 これが導入部な気がします。 ベイカー屋敷からの脱出はその序章なのかもしれません。 バイオハザード4や5では、寄生された人間が意志を持ったように生活を行っていました。 6でまたウィルスになりましたが、7は人間の意識を保ったままの狂気が描かれています。 そこでこれまでの歴代主人公が出てくる可能性もあります。 正直なところ、私は4~6までのアクションタイプが好きだったので、ホラー系回帰は苦手です 笑。 (一応すべてプレーしています) リベレーションズですら、降参したくなったくらいですから。 (シリーズ名は忘れました) いよいよですが、 以下にストーリー詳細の最新記事ラスボスや主人公についても詳しく載せています。 本当にストーリー詳細なので、ネタバレ注意です! よろしければどうぞ。

次の