テキスト 回復 コンバータ。 メールに添付されたWord文書が、エラーにより開けない

メールに添付されたWord文書が、エラーにより開けない

テキスト 回復 コンバータ

Word 2013では、Word 2010以前のファイルのほか、Webページやテキスト形式など、さまざまな形式のファイルを開くことができます。 ここでは、Word 2013形式とWord 2003形式でファイルを開く手順を説明します。 1 Word 2013形式のファイルを開く ここでは「ドキュメント」にある「雨にも負けず」の文書を開きます。 操作を行う前に「ドキュメント」にサンプルデータを保存しておきます。 Word 2013を起動します。 Word 2013の起動方法については、を参照してください。 注 以下の手順は、Windows 8. 1でのもので、ほかのOS Windows 7 などとは異なる場合があります。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「ファイル」メニューに移動してEnter キーを押します。 「ファイル」メニューが開きます。 上下方向 キーを押して「開く」に移動してEnter キーを押します。 「ファイルを開く場所」のメニューが開き「最近使った文書」が選択されています。 上下方向 キーを押して「コンピューター」に移動してEnter キーを押します。 「コンピューター」のメニューが開きます。 上下方向 キーを押して「ドキュメント」に移動してEnter キーを押します。 「ファイルを開く」のダイアログ ボックスが開き、「ファイル名」のコンボ ボックスが選択されています。 「ドキュメント」内のフォルダーやファイルのリストが開きます。 docx」に移動します。 Tab キーを押して「開く」ボタンに移動してEnter キーを押します。 ファイルが開き「雨にも負けず」の文書ウィンドウが表示されます。 2 Word 2003形式のファイルを開く Word 2003で作成されたファイルを開く場合は、ファイルの種類を指定します。 ここでは「ドキュメント」にある「雨にも負けず」の文書を開きます。 操作を行う前に「ドキュメント」にサンプルデータを保存しておきます。 Word 2013を「白紙の文書」で起動します。 注 以下の手順は、Windows 8. 1でのもので、ほかのOS Windows 7 などとは異なる場合があります。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「ファイル」メニューに移動してEnter キーを押します。 「ファイル」メニューが開きます。 上下方向 キーを押して「開く」に移動してEnter キーを押します。 「ファイルを開く場所」のメニューが開き「最近使った文書」が選択されています。 上下方向 キーを押して「コンピューター」に移動してEnter キーを押します。 「コンピューター」のメニューが開きます。 上下方向 キーを押して「ドキュメント」に移動してEnter キーを押します。 「ファイルを開く」のダイアログ ボックスが開き、「ファイル名」のコンボ ボックスが選択されています。 Tab キーを押して「ファイルの種類」のコンボ ボックスに移動し、下方向 キーを押してコンボ ボックスを開きます。 上下方向 キーを押して「Word 97-2003文書」に移動します。 「ドキュメント」内のフォルダーやファイルのリストが開きます。 doc」に移動します。 Tab キーを押して「開く」ボタンに移動してEnter キーを押します。 ファイルが開き「雨にも負けず」 Word 2003形式 の文書ウィンドウが表示されます。 【ワンポイント】 Word 2007やWord 2003形式のファイルをWord 2013で開くと「互換モード」が有効になり、文書ウィンドウのタイトル バーに「互換モード」と表示されます。 Word 2013で開けるファイル形式を以下に示します。 いずれも「ファイルの種類」で形式を指定することで開くことができます。 拡張子 ファイル形式. docx docm dotx dotm doc dot htm html rtf mht mhtml xml odt pdf すべてのWord文書. docx Word文書. docm Wordマクロ有効文書. xml XMLファイル. doc Word 97-2003文書. htm. html. mht. mhtml すべてのWebページ. dotx. dotm. dot すべてのWordテンプレート. dotx Wordテンプレート. dotm Wordマクロ有効テンプレート. dot Word 97-2003テンプレート. rtf リッチテキスト形式. txt テキストファイル. odt Open Documentテキスト. pdf PDFファイル. doc Word Perfect 5. wpd. doc Word Perfect 6. wps Works 6-9ドキュメント. ただし、書式や画像など、文字列以外のデータは失われます。 また「ファイルの種類」を「ファイル修復コンバーター」に変更すると、Wordではこの設定が保持され、次回文書を開いた場合、その設定が選択されます。 従って、破損した文書の修復が終了したら「ファイルの種類」を「すべてのWord文書や「Word文書」などに変更しておきます。 Word 2013で文書ファイルを開く場所の指定は以下の手順で行います。 場所を指定しない場合「ドキュメント」内のファイルが一覧表示されます。 ここでは「ドキュメント」内の「Office2013演習」フォルダーにあるサンプルデータ「雨にも負けず」の文書を開きます。 操作を行う前に「ドキュメント」内に「Office2013演習」というフォルダーを作成し、サンプルデータを保存しておきます。 注 以下の手順は、Windows 8. 1でのもので、ほかのOS Windows 7 などとは異なる場合があります。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「ファイル」メニューに移動してEnter キーを押します。 「ファイル」メニューが開きます。 上下方向 キーを押して「開く」に移動してEnter キーを押します。 「ファイルを開く場所」のメニューが開き「最近使った文書」が選択されています。 上下方向 キーを押して「コンピューター」に移動してEnter キーを押します。 「コンピューター」のメニューが開きます。 上下方向 キーを押して「ドキュメント」に移動してEnter キーを押します。 「ファイルを開く」のダイアログ ボックスが開き、「ファイル名」のコンボ ボックスが選択されています。 「ドキュメント」内のフォルダーやファイルのリストが開きます。 上下方向 キーを押して「Office2013演習」に移動してEnter キーを押します。 「Office2013演習」フォルダーが開きます。 docx」に移動します。 Tab キーを押して「開く」ボタンに移動してEnter キーを押します。 ファイルが開き「雨にも負けず」の文書ウィンドウが表示されます。 Word 2013でファイルを開いた場合、以下の4つのモードのいずれかで開かれます。 Word 2013モード Word 2010互換モード Word 2007互換モード Word 97-2003互換モード ただし、「互換モード」で開いた場合、Word 2013の機能の一部は使用できません。 1 開かれているモードの確認 ファイルがどのモードで開かれているかを確認する方法には2つあります。 ・ タイトル バーを確認する。 互換モードで開かれた場合、タイトル バーのファイル名の横に「 互換モード 」と表示されます。 一方、Word 2010モードで開いた場合は何も表示されません。 ・ 「ファイル」メニューにある「情報」タブで確認する。 以下に「情報」タブで確認する手順を説明します。 ここでは、サンプルデータ「雨にも負けず」 Word 97-2003形式 のファイルのモードを確認します。 サンプルデータを開きます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「ファイル」メニューに移動してEnter キーを押します。 「ファイル」メニューが開き、「情報」タブが選択されています。 Tab キーを押して「問題のチェック」のドロップダウン ボタンに移動してEnter キーを押します。 「問題のチェック」のメニューが開き、「ドキュメント検査」が選択されています。 下方向 キーを押して「互換性チェック」に移動してEnter キーを押します。 「互換性チェック」のウィンドウが開き、「表示するバージョンを選択」のメニュー ボタンが選択されています。 下方向 キーを押して「Word 97-2003」にチェックがついていることを確認します。 Esc キーを 2 回押します。 文書ウィンドウに戻ります。 注 Word 2007互換モードの場合「Word 2007」にチェックがついています。 Word 2010互換モードの場合「Word 2007」と「Word 2010」にチェックがついています。 また、Word 2013モードの場合は「Word 97-2003」「Word 2007」「Word 2010」の3つにチェックがついています。 【ワンポイント】 「情報」タブは以下のアクセスキーでも開くことができます。 * アクセスキー: Alt F I 2 Word 2013モードへの変換 互換モードで開かれたファイルを「Word 2013形式」に変換する方法には以下の2つがあります。 ・ 「名前を付けて保存」で「ファイルの種類」を「Word文書」にする。 ・ 「情報」タブの「変換」を使用する。 注1 「名前を付けて保存」を使用した場合「Word 97-2003モード」では、拡張子が「. docx」に変更され、元のファイルは残りますが「Word 2007モード」「Word 2010モード」では「Word 2013形式」として上書きされ、元のファイルは残りません。 以下に「情報」タブの「変換」を使用する手順を説明します。 ここでは、互換モードで開かれたサンプルデータ「雨にも負けず」 Word 97-2003形式 のファイルをWord 2013形式に変換します。 サンプルデータを開きます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「ファイル」メニューに移動してEnter キーを押します。 「ファイル」メニューが開き「情報」タブが選択されています。 Tab キーを押して「変換」ボタンに移動してEnter キーを押します。 「変換に関するメッセージ」が表示されるので、Tab キーを押して「OK」ボタンに移動してEnter キーを押します。 ファイルが「Word 2013形式」に変換され、文書ウィンドウに戻ります。 注2 この時点では、まだファイルとしては保存されていません。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「ファイル」メニューに移動してEnter キーを押します。 「ファイル」メニューが開き、「情報」タブが選択されています。 上下方向 キーを押して「上書き保存」に移動してEnter キーを押します。 ファイルが「Word 2013形式」で保存され、拡張子が「. doc」から「. docx」に変更されます。 【ワンポイント】 元のファイルを残したい場合は「上書き保存」ではなく「名前を付けて保存」を選択します。 操作の結果はサンプルデータをご覧ください。

次の

テキスト回復コンバータでファイルをひらくの操作方法

テキスト 回復 コンバータ

Word2010の追加機能のインストールは、コントロールパネルの「プログラムと機能」にある、「Microsoft Office xxxxxx 2010」を右クリックして、変更を選びます。 あとは、インストーラの指示に従ってください。 Office 2010のインストールディスクが必要になることがあります。 もうひとつ、OpenOfficeOrgや、LibreOfficeで開くことができるかもしれません。 それらのPortable版でもインストールして、試してみるのも良いです。 開くことができたら、そのままセーブすると、ダメージが修復される可能性があります。 xxxxxxx はProfessional とか、Personalとか、私のは後者です。 例えば1例でも、(元は)どんな内容か思い出せますか。 正しく表示されていたころは、質問者はそれを見た事を覚えていますか。 ところどころ、少ない部分だけですか。 その後何か特別なことをした、ことは思い出せませんか。 ーー 「文字化け」というのは文字コード(体系)の問題だと思います。 間接的にFontなどと関連しますが直接的ではないと思う。 もがいている方向性が疑問に思ったもので。 asahi-net. html 本質問の解決に直接役に立たないと思うが、参考までに見て置いてください。 何か思い当たる点は無いですか。 上記WEBにもある、機種依存文字など関係ないですか。 文書やファイル作成時に使われた文字コード体系がファイルに記録されるとはっきりするが、そういうOSの仕組みではないようなので難しい。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 Q 大学のPCでword2007を使用し作成したwordの文書(拡張子. docxを. docに変換しUSBフラッシュメモリに保存)を家のPCのword 2003で開いたところ開くときにwordの画面で「このファイルの読み込みに使用するエンコード方法を選択してください」と表示されどの方法を選んでもすべて文字化けしてしまいます。 フォントの変更など試したのですがだめでした。 友達にメッセで送り他のPCでも試したのですが、「選択してください」の項目は表示されずすべて文字化けしました。 大学のPCが使用できないので大学のPCではどうなのかが確かめられないのですが、正しく表示する方法はないでしょうか? 使用しているPCはすべてWindowsです。 教えてくださいお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 Q Wordファイルを保存しようとすると「ディスクの空き容量またはメモリが不足しています」と出ます しかしそのファイルの保存先であるHDDは空き容量が2. 54GB残っております メモリは2GBで、Wordファイルは拡張子がdocの863kBのファイルです また、関係してるかどうかは分かりませんがCドライブは40. 8GB残っています これらのことより冒頭のエラーが出る理由がよく分かりません メモリもHDDの残り容量も十分にあるのに冒頭のエラーメッセージが出る理由として 何が考えられるでしょうか ご回答くださいますようよろしくお願いします <参考> Wordのバージョン:2007 ファイルの保存形式はdoc形式 OS:XP Professional version2002 servicepack3 CPU:Core2Dup 2. microsoft. microsoft. aspx? microsoft. aspx? microsoft. aspx? microsoft. microsoft. microsoft. microsoft. microsoft. aspx? microsoft. aspx? microsoft.

次の

Microsoft Office 365の「アクセス権を確認してください」のドキュメントファイルを開く方法 (Office 365の気違いじみたバグ、「文書またはドライブのアクセス権を確認してください」エラーの解決方法)

テキスト 回復 コンバータ

開けなくなってしまったら「開いて修復」機能 エクセルやワードは、学生からサラリーマンまで使用頻度の高いソフト。 トラブルが多いのもこのふたつのソフトではないだろうか? エクセルやワードなどのオフィス製品で成したファイルには、テキスト(文字や数字) のはかにも書式設定や関数、グラフなどの情報が含まれる。 これらの一部でも失われると、ファイルを開くことができなくなる。 しかし、オフィスXP以降なら壊れて開けないファイルの破損個所を修復して、開けるようにする機能が搭載されている。 ファイルをダブルクリックしても開けないときは、ますは、この「開いて修復」を実行してみよう。 成功すれば、エクセルなら書式設定やグラフなど、ファイルのかなりの部分を復旧できる。 うまくいかない場合には、「ファイル修復コンバーター」を試すといい。 「開いて修復手順」• メニューの一番下に表示される「開いて修復する」 をクリックする。 エクセルでは「修復」と「データの抽出」を選択することができる「修復」 は数式なども可能なかぎり復旧してくれる方法。 まずは「修復」を試し、修復がうまくいかなかつたときは[データの抽出] を試す。 氏名や電話番号などの入力データはもちろんのこと、セルの対応や見出しの色といった書式も含めてファイルを修復が可能。 ワードでも操作は同様だが、「データの抽出」機能はない。 「ファイル修復コンバーター」 「開いて修復」を実行しても開けない破損ファイルからテキスト(文字や数字)だけでも救出するなら、ワードの「ファイル修復コンバータ」を使います。 この機能は、テキスト情報を持つファイルから可能なかぎリテキストを取り出す機能で、エクセルや一太郎、アドレス帳やアクセス、パワーポイントなど、多くのソフトで作成したファイルで利用可能。 ただし、この方法で填れたファイルから取り出せるのはテキスト情報だけになるので、文字のサイズや色、図形など、そのソフトの設定に関する情報は取り出せない。 また、デジカメ写真なとのテキスト情報を含まない画像ファイルも復旧できない。 ファイル修復コンバーター使用手順• テキストを取り出したいファイルを選び「開く」を押す。 テキストを取り出せない場合はこの時点でエラー画面が表示される。 ファイル修復コンバータが対応しないソフトで作成したファイルは表示されない。 エクセルなどで作成したファイルからテキスト情報などがが取り出せる。 書式などの情報は失われてしまうが、テキスト情報だけは復旧することができる。 「開いて修復」「ファイル修復コンバーター」どちらでも復旧できない 「開いて修復」や「ファイル修復コンバータ」での復旧に失敗したら、最終手段として「リンク貼り付け」をを試す。 リンク貼り付けとは本来、リンク元となるファイルからデータを取lソ出し、別のファイル上に表示させる機能。 元のファイルが開けなくてもデータが存在していればそこから抜き出して別のファイルに表示させることができるため、破損ファイルの救出に使える。 実際の作業はいったん新規ファイルを2つ作成してリンクを設定。 それから「リンク元」を破損ファイルに指定しなおしてデータをと取り出し、終わったらリンクを解除するという手順。 ただし、エクセルファイルのグラフや関数、ワード文書内の画像などは取り出せない。 なお、填れているファイルはさらに状態が悪化してリンク貼り付けでも読み込めなくなるケースもある。 復旧に成功したら、「名前を付けて保存」から新しいファイルとして保存しなおす。 エクセルの場合 エクセルを起動し、「新規作成」でブックを2つ作成。 次に「リンク貼り付け」を選ぶ。 「BOOK2」を選択し、セルA1を右クリックし、メニューから「コピー」を実行。 セルは空白のままでいい。 形式を選択して『貼り付け」画面で「リンク貼り付け」をクリック。 設定が正しくできると、セルA1には「0」が自動的に入力される。 「リンクの編集」画面が表示されるので、リンクファイルを復旧したい破損ファイルに変更する。 「リンク元の変更」ボタンをクリック。 「リンク元の変更」画面が開くので、壊れてしまったファイルをリンク元ファイルとして指定。 ファイルを選択して「OK」を押す。 選択したファイルに複数のシートがある場合には、「シートの選択」画面が開く。 リストからデータを復旧したいシートの名前を選択して「OK」を押す。 「リンク元」が壊れてしまったファイルに変更。 「閉じる」を押す。 「0」が表示されるまでドラッグ。 同様に右端のセルの右下へドラッグすることで入力されたデータが表示されていく。 セル中に「0」が表示されるまでドラッグ。 本家、マイクロソフトの修復法 これは、 Excel for Office 365, Excel 2019, Excel 2016, Excel 2013, Excel 2010のバージョンの場合です。 どうしても修復できないときは、などを使います。

次の