芝 刈り 機 あぶ。 芝生を軸刈りしてもあわてないで!芝生をよみがえらせる方法をご紹介|生活110番ニュース

芝刈りの重要性やタイミング、注意点などを実践的な視点で解説します | 芝生のお手入れとガーデニング

芝 刈り 機 あぶ

Q:庭の形が複雑ですが、設置は可能ですか? A:変形したエリアでも芝刈りが可能です。 充電ステーションの設置位置の指定や、すぼまった部分の幅等によってはミーモの設置が難しい場合がありますので、ミーモ取扱店にご相談ください。 Q:雨が降るたびに片付けるのでしょうか。 A:通常の雨天では屋外にセットしたままで、片付ける必要はありません。 雷や嵐など、悪天候が予想される場合は、稼働を停止してトランスの電源プラグを抜いてください Q:刈刃の寿命はどの程度ですか A:芝生の状態によって異なりますが、刈刃の寿命は通常160時間です。 芝に白い筋が確認できる場合は、刈刃を交換する時期です。 Q:エリアワイヤーは何mまで設置できますか。 A:敷設できる最大長は800mです。 Q:ミーモは一度設定すると一定の稼働を行うのですか。 A:季節による芝の成長に合わせて月ごとに稼働状況を細かく設定できます。 また、利用状況を確認しながら設定の変更が行えます。 Q:高く伸びた芝生も刈れますか。 A:ミーモの刈取り量は1回あたり最大5mmです。 芝の高さが維持したい芝高さより5mm以上ある場合は、一般的な芝刈り機具を使用して一度短く刈ってから使用してください。

次の

芝生バリカンのおすすめ7選!スティック型も【2020年版】

芝 刈り 機 あぶ

芝刈り機の研磨(ラッピング) 芝刈り機のメンテナンス 定期的な研磨で芝刈り機の切れ味を復活 リール式芝刈り機のメンテナンスの一つ、研磨(ラッピング)の方法を紹介します。 リール式の芝刈り機は、使い続けることで刃が摩耗して切れ味が落ちてきます。 刃が摩耗している場合は、手で触ってみると、刃先がボコボコしたような感触になっていると思います。 刃が摩耗する原因は、小石を挟んだりして刃が欠けてしまったりするからです。 また芝刈り機が雨ざらしの場合は、サビが原因となっている場合もあります。 切れ味の悪いリール式芝刈り機で芝刈りをすると、芝生の葉先を引きちぎるようにして、カットしてしまうので、芝生の葉先はギザギザになり、数日経つと芝生の葉先が枯れたように白くなってしまいます。 そうすると芝生全体が白っぽく見えてしまい、芝生の見栄えが悪くなってしまいます。 そうならないためにも、切れ味の悪くなったリール式芝刈り機の研磨(ラッピング)を定期的に行うようにしましょう。 リール式の芝刈り機は研磨することで、切れ味を復活させることが出来ます。 専門家や業者に研いでもらうことも出来ますが、簡易的ではあるが自分でできる研磨キットも販売されています。 ここでは、自分でできるリール式芝刈り機(以下芝刈り機と表記)の研磨(ラッピング)方法をご紹介します。 研磨に必要な道具 ホームセンターでラッピングキットを購入 ホームセンターで、キンボシの手動芝刈り機用のラッピングキット(研磨キット)が、販売されていたので購入してきました。 このラッピングキットは、基本的にキンボシの手動芝刈り機専用なので、我が家の芝刈り機「キンボシゴールデンスター GSB-2000 バーディーモアー」にも問題なく使用することができました。 付属のピニオンキーを使用すれば、他のメーカーのリール式芝刈り機で、車輪が外せるタイプであれば使用できるようです。 余談ですが、このラッピングキットは、芝刈り機販売コーナーの端っこに、隠れるようにして1個だけ置かれており、ホコリがかぶっている状態。 研磨作業の前に、いつもどおりの刃合わせの調整をしておきましょう。 ホイールキャップの取り外し 芝刈り機を裏返す 道具をそろえたら、いよいよ研磨作業に取り掛かります。 まずは芝刈り機を裏返しにして地面に置きます。 ホイールキャップ取り外す ホイールとホイールキャップの隙間に、マイナスドライバーを差し込みます。 ツメで固定されているだけなので、マイナスドライバーをこじるようにすると簡単に外すことが出来ます。 ホイールの取り外し マイナスドライバーを使ってEリングを取り外します。 Eリングを取り外すと、簡単にホイールを車軸から外すことが出来ます。 取り外したEリングは無くさないように注意してください。 ピニオンギアの取り外し ピニオンギア(黒い歯車)を軸から抜きます。 ピニオンギアを抜くと軸にピニオンキーが刺さっています。 このピニオンキーは、このあとのラッピングハンドルの取り付けに使用しますので、そのままにしておきます。 ピニオンキーは抜けやすいので、注意が必要です。 もしピニオンキーが抜けてしまった場合は、ピニオンキーの取り付けの方向が決まっているので、間違えないように元に戻しましょう。 ラッピングハンドルの装着 ピニオンキーが、軸に刺さっている状態で、ラッピングハンドルを差し込みます。 ラッピングハンドルを回転させた時に地面に当たる場合は、芝刈り機の下にブロックやレンガを置いて、ラッピングハンドルと反対側のホイールが回転する状態にしてください。 ラッピング剤の塗布 塗布用のブラシで、ラッピング剤をリール刃と固定刃に、丁寧に伸ばすように塗り込みます。 塗り込む量は少量でも十分綺麗に研磨できます。 ラッピングハンドルを回して研磨 ラッピング剤の塗布が終わったら、ラッピングハンドルを時計回りに勢いよく回転させます。 ラッピングハンドルを回し始めて最初の頃は、ジャリジャリというような音がしますが、20~30回程度回転させると、刃が研磨されて、音が徐々に小さくなってきます。 音が小さくなって、回転の抵抗が無くなってきたら、研磨完了です。 コンパウンドの拭き取り 研磨が終わったら試し切りをするために、使い古したタオルやペーパータオルを使って、ラッピング剤を拭き取ります。 研磨具合の確認 新聞紙などを使って切れ味を確認します。 新聞紙が刃の各場所で切れることを確認できたら研磨は終了です。 切れ味が悪かったり、切れる場所にムラがあったりした場合は、研磨・拭き取り・確認作業を繰り返します。 研磨完了・組み立て 芝刈り機に切れ味が復活したことを確認できれば、取り外しと逆の順番で芝刈り機を組み立てます。 この時、Eリングは、ラジオペンチやフライヤーで取り付けしますが、無くしやすいので注意してください。 組み立てる時に、CRCなどの潤滑剤を塗布しておくと良いでしょう。 芝刈り機の種類については書きをごらんください.

次の

▼ バロネス芝刈り機の刃の秘密!(リール式編) 芝生のことならバロネスダイレクト

芝 刈り 機 あぶ

芝刈り機が一度に刈れる芝の幅のことを刈幅といいます。 刈幅が広い製品ほど一度にたくさんの芝が刈れるので、作業効率が上がります。 刈幅が広い芝刈り機は基本的に本体の幅も広くなるので、小回りが利きにくいのがデメリット。 値段も少し上がります。 作業効率と扱いやすさのどちらを重視するかで、刈幅の広いものと狭いもののどちらを選ぶべきかを決めましょう。 また、芝刈り機は芝を刈る高さが製品ごとに決まっています。 芝の種類によっても適正な高さというものがありますし、踏んだときの感触も変化。 この芝を刈る高さのことを刈込高さ、もしくは刈高さと呼びます。 刈込高さは調整ができますが、製品によって調整できる幅に違いが。 調整できる幅が広い製品を選ぶと、色々な刈り方に対応することができて便利ですよ。 手動式の芝刈り機は、刈った芝を集めるキャッチャーが前に付いている前キャッチャータイプと、後ろに付いている後ろキャッチャータイプがあります。 この製品は後ろキャッチャータイプです。 後ろキャッチャータイプは、本体の前に何もないので、前方の見通しがよく、複雑な地形でも芝刈りがしやすいという利点があります。 また前にキャッチャーがないため、障害物ギリギリまで芝を刈ることができます。 後ろキャッチャータイプの欠点としては、前キャッチャータイプに比べると足元のスペースが狭く、作業しにくい場合があります。 また、前キャッチャーの方が後ろキャッチャーよりも刈った芝が入りやすいともいいます。 それぞれ長短ありますが、庭木や庭石などが多く、芝刈り機をジグザグに操作する必要がある場合には、後ろキャッチャータイプの芝刈り機をおすすめします。 刈刃方式 リール式 刈幅 250mm 刈込高さ 10、16、22、28、34mmの5段階 この製品は、刈幅が300mmでかなり広めです。 同程度の価格帯の製品では、300mmというのはあまり多くありません。 刈幅が広い芝刈り機は小回りが利きにくくなるという欠点もありますが、作業効率は高くなります。 比較的芝を刈る面積が広く、電源が確保しずらいなどの理由で電動式の芝刈り機が使えない場合には、特におすすめです。 また、この製品は少し変わった特徴として、本体のカバーが透明仕様になっています。 この製品は独自設計の6枚刃なのですが(通常は5枚刃の製品が多い)、この6枚の刃が回転する様子をつぶさに見ることができます。 クルクルと小気味よく回る刃を見ていると、芝刈りが楽しくなります。 刈刃方式 リール式 刈幅 300mm 刈込高さ 10、20、30、40mmの4段階 この製品の特徴は、壁際15mmのところまで芝が刈れることです。 従来機種は約60mmまでしか刈ることができませんから、かなり壁際まで刈れることが分かります。 ハンドル形状も特別なもので、壁際での作業が行いやすいように工夫されています。 できるだけ壁近くまで芝を刈りたいという人にとっては、代替品のない製品です。 もっとも、壁際まで刈れるという点を除いて基本的な芝刈り機としての性能だけを比較すると、刈込高さが3段階にしか調整できないなど、やや不満が残ります。 また、少し価格が高めなのもネックです。 「壁際まで芝を刈りたい」という人には是非おすすめしたい製品ですが、この点を重視しない人は他の機種の方がいいかもしれません。 刈刃方式 リール式 刈幅 200mm 刈込高さ 15、22. 5、30mmの3段階 YAMAZENの製品は、低価格なのが魅力です。 ただ安いというだけではなく、家庭用の芝刈り機としては十分な性能を備えています。 高価格の製品と比べると刃の劣化が早いという評価もありますが、これは低コストで生産されている製品である以上、ある程度は仕方のない部分だといえます。 むしろ、コストパフォーマンスが高い製品と評価するべきでしょう。 ただ、この製品には少し不満もあります。 もともとリール式の芝刈り機は、回転刃と固定刃のすり合わせを調節する必要があるものなのですが、現在では刃の調整が不要になる機構を備えたものが販売されています。 この製品の場合、刃の調整用の板バネを採用していて、調整の手間を省く工夫がされているのですが、調整不要とはなっていません。 この点は少し残念なのですが、気軽に買える価格の芝刈り機として、おすすめです。 刈刃方式 リール式 刈幅 200mm 刈込高さ 10、16、23、30、36mmの5段階 今回のランキングでも一番多くの製品がランクインしているキンボシ製の芝刈り機です。 同社のカタログによれば「エコノミータイプ」なのですが、他社製品と比較すればもっと安い製品も色々あります。 しかし、高価格であるのには、それだけの理由があります。 キンボシは、もともと刃物のメーカーです。 創業は明治3年という老舗中の老舗です。 あまり意識しないかもしれませんが、芝刈り機も広い意味で刃物の一種です。 心地良く芝を刈るためには、刃の性能が実はとても重要です。 キンボシの芝刈り機はこの刃の性能で他の追従を許しません。 是非、一度使ってみて欲しい芝刈り機です。 そして、この製品はワンタッチで刈込高さが調整できるなど、使い勝手の点でも優れた製品です。 しいて難点を挙げるとすれば、刈込高さが最高でも25mmまでなことです。 長く伸びた芝を刈るのには向かないかもしれませんが、芝生をまめに手入れして、きれいな芝生を維持したい人には最高の製品です。 刈刃方式 リール式 刈幅 200mm 刈込高さ 10、15、20、25mmの4段階 この製品は、充電式の電動芝刈り機です。 電源コード式と違って、近くに電源が確保できないような場所でも使用することができますし、コードの扱いに面倒くささを感じることもありません。 連続運転時間は約15分です。 使用時間が不足する場合は、バッテリーが2個付属して販売されているものもありますし(MLM430DWBX)、別売りのバッテリー(上の写真)もあります。 充電式は、電源コード式にはないメリットがありますが、価格が高くなりがちなのが欠点です。 芝刈り機は自宅の庭以外で使用する機会はあまりない製品ですから、一般的には、安価な電源コード式の方がいいかもしれません。 「どうしても充電式でなければ困る」という方におすすめの製品です。 刈刃方式 ロータリー式 刈幅 430mm 刈込高さ 20~75mmの13段階 この製品の魅力は、その価格です。 電動式芝刈り機としては、かなりの低価格です。 この製品には、コストダウンのための様々な工夫が見られます。 例えば、刈込高さの調節は、車軸の位置を切り替えることで行います。 また、ロータリー式の芝刈り機の刃は、普通は全体が円盤状の金属で作られているのですが、この製品では草を刈る部分だけがステンレスの刃になっていて、刃の交換はその部分だけを行います。 他の製品では付属している電源コードも付属していません。 悪く言えば「ちょっと安っぽい」感じもある製品ですが、軽量で扱いやすい作りです。 その価格と相まって、実際に使っている人の評価もかなり高い製品です。 「電動の芝刈り機が欲しいけど、あまりコストはかけたくない」そんな人にピッタリの芝刈り機です。 刈刃方式 ロータリー式 刈幅 200mm 刈込高さ 8、14、20mmの3段階 この製品は、「回転ハサミ式」という機構を採用しています。 構造的にはロータリー式に近いものですが、固定刃と回転刃で挟んで芝を刈ることで、きれいな切り口になり、芝のダメージが小さくなります。 また、回転ハサミ式は、通常のロータリー式よりも刃の回転数が少なくても芝をきれいに刈れるため、刃の回転数が抑えられています。 このため、「高速回転する刃が小石をはね飛ばす」といった危険も生じにくくなっています。 他にはあまりない製品であるためか、レビューの評価を見ると、この製品を買い続けて「4代目」とか「5代目」といった長期にわたる愛用者が多いのも特徴です。 ちなみに、「タナカ」というのはタナカ工業株式会社に由来します。 タナカ工業から日立工機に事業譲渡がなされたことによって、現在ではタナカは日立工機のブランド名となっています。 刈刃方式 回転ハサミ式 刈幅 250mm 刈込高さ 10、20、30、40mmの4段階 5位でも同社の製品をご紹介していますが、マキタは、電動工具や園芸用機器などの製造販売の分野では世界的に有名な企業です。 創業は大正4年という歴史のあるメーカーで、製品の品質は世界的にも高い評価を受けています。 この製品は、マキタ製の芝刈り機の中で最もコストパフォーマンスが良いものです。 もちろん、ただ安いというものではなく、壁際13mmまで芝が刈れたり、刈込み高さの調節が大型のレバーで簡単に行えたり、ハンドルの高さの調節が工具なしで簡単に行えたりといったユーザーフレンドリーな様々な工夫がなされています。 どんな人にも安心しておすすめすることができる製品です。 刈刃方式 ロータリー式 刈幅 230mm 刈込高さ 10、15、20、25、30、40mmの6段階 今回の電動式芝刈り機のランキングの中では唯一のリール式芝刈り機です。 これはリール式がロータリー式に劣っているというわけではなく、ロータリー式よりもリール式が全般的に高価であるため、コストパフォーマンスの点からランクインしなかったものです。 この製品は、リール式でありながら、高いコストパフォーマンスを誇っています。 一般的に刈った後の芝の美しさはリール式が勝っているといわれていますから、芝の美しさに拘る人におすすめです。 そして、この製品にはもう一つ優れた点があります。 この製品は、刃を別売りのパーツ(上の写真)に交換することで、サッチングを行うことができます。 サッチングというのは、冬枯れした芝や、芝の刈りかすが堆積したもの(サッチ)を取り除く作業のことです。 サッチングは芝の健康を維持するために不可欠なものですが、手作業で行うのは大変です。 サッチングも行える芝刈り機というのは珍しく、この芝刈り機をサッチングのために購入する人もいるくらいです。 芝刈りでもサッチングでも高い効果を発揮する優れた芝刈り機です。 刈刃方式 リール式 刈幅 230mm 刈込高さ 5~50mmの19段階.

次の