アブ に 刺され た 場合。 アブに刺されたときの対処法|病院に行くべき目安は?

アブに刺されたときの症状や対処法!病院には行くべき?

アブ に 刺され た 場合

「温めたり冷やしたりすることは、あくまでも肌の感覚を変化させてかゆみに一時的に対処する処置です。 残念ながら虫に噛まれてしまったあとにできることはとても少ないのです。 症状が軽度の場合は市販のかゆみ止めを塗っておき、もし長引くようであれば皮膚科を受診して抗ヒスタミン薬やステロイド薬を処方して患部をさわらずに回復を待ちましょう。 それでは、アブやブヨに刺されないための予防策についてはどうだろう。 「蚊取り線香のような煙型のものや、防虫スプレーは『忌避剤』と呼ばれ、特にアブやブヨのような吸血型の虫が嫌う傾向にあります。 ただ、密閉性の低い場所や野外活動では効果も限定されてしまいます。 ほかにも有効な忌避剤として、肌に直接塗ったりシールを貼ったりするものもありますね」(廣瀬先生) 廣瀬先生によると、「ディート」と呼ばれる成分が、アブやブヨはもちろん、蚊やナメクジ、ヒルといった、吸血型の動物全般に効果が認められているという。 厚生労働省で過去40年間、副作用の報告はなく、安全かつ持続効果が高いとのこと。 商品購入時は使用する際の注意点を含め、チェックできるといいかもしれない。 ところで、汗をかいていると虫が寄ってきやすいと聞いたことがあるのだが、タオルでこまめに汗を拭いたりすることも予防策になるのだろうか? 「吸血型の虫は、『二酸化炭素、汗などの揮発(きはつ)成分、体温など』によって、ターゲットを定めていると言われています。 また、スポーツの直後や飲酒した方、体温の高い方は引き寄せやすいという研究もあります。 このほかに香水の有無や服の色、血液型によっても刺されやすいものがある?など、さまざまなことが言われていますが、はっきりしたメカニズムがわかっているわけではありません。 よりシンプルかつ効果的な対策は、薄手の長袖や長ズボンなど、できるだけ肌の露出量を減らすことです。 屋外活動の際は日焼け防止にもなりますので、ぜひ試してみてください」(廣瀬先生) なるほど。 最後になるが、廣瀬先生が「アブやブヨは、直ちに人体に重大な被害をもたらすような強い毒を持つ虫ではありません。 あまり神経質になって旅行やスポーツの楽しみを損ねないよう、適度な予防とケアを心掛けましょう」と、アドバイスを寄せてくれた。 専門家の見解は以上だが、ではという質問に寄せられた皆さんの回答も紹介中だ。 【取材協力】 ・ (Yukimi Tsubasa)•

次の

アブに刺されたときの対処法|病院に行くべき目安は?

アブ に 刺され た 場合

irasutoya. html アブの場合、蚊やハチのように刺すというよりも皮膚を切り裂く感じなので、どちらかというと噛みつかれたという印象です。 そのようなアブにやられると瞬時に激痛がはしり出血します。 アブはそこから流れ出る血を吸うのですからまるで吸血鬼のようです! 患部は赤く腫れあがり、次第に強いかゆみがやってきます。 大人でもつらい症状ですから、子供だとかきむしってしまうおそれがあります。 そして強いかゆみや腫れの症状は、2~3週間続くこともあります。 傷口を爪で強くかいてしまうことで、とびひなどの二次感染を引き起こしてしまわないように、早めの治療や受診が必要です。 アブに刺されてしまったら?対処方法について アブの習性としてハチなどと同じように多数でおそってくる場合もあります。 刺されたら直ちにその場を離れてください! また出血した状態で放置しておくと、さらに血の匂いに寄って来る虫もいたりします。 すみやかに安全な場所に移動して止血するようにしましょう。 ではこういったたくさんのアブなどにおそわれる危険な状態のときの対処方法とはどのようなものがあるでしょうか? それには市販のエアゾール系の殺虫剤(キンチョール、フマキラー、アースジェットなど)を吹き付けるのが効果的です。 即効性と致死効果が高いのですばやく対処できます。 夏場に水辺や湿地帯に出かける際には、持参しておくと安心ですね。 また携帯できる蚊取り線香も併用すれば、さらに虫除けの対処方法として効果的です! スポンサーリンク アブに刺されてしまったら?薬や治療方法について 1. 刺された傷口の処置をする まずは患部をきれいな水でしっかりと洗い流し傷口から血を絞り出すようにします。 痛そうな処置ですが、こうすることでアブが注入した血が止まりにくくする成分を取り除き、止血しやすくなるのです。 止血した後は冷たい水や氷などで傷口をしっかり冷やすことも重要です。 薬を塗って治療する 患部をじゅうぶん冷やせたらステロイド成分の入った『抗ヒスタミン剤』の軟膏(なんこう)を塗ります。 だいたいの虫刺されの薬には、この成分が入っています。 抗ヒスタミンは、かゆみや炎症を抑える効果があり傷口の化膿を防いでくれます。 さらに軟膏タイプの方が塗りやすくて刺激も少ないですし、皮膚の保護にもなるので最適です。 病院で受診する場合も・・・ 特に小さいお子さんが刺されてしまうと、皮膚はまだまだ弱いですし抵抗力も少ないです。 傷口をかかないように気を付けていても、知らないうちにかきむしってしまうこともあるでしょう。 こわいのは患部から雑菌が入ることで繁殖し、とびひやリンパ管炎をおこしてしまうなど症状を悪化させてしまうケースです。 このような場合は、早めに皮膚科のお医者さんに診てもらうことが重要です。 アブに刺されないために・・・ アブがいそうな場所に出かける時には、長袖や長ズボンを着たり厚手の靴下を履いたりして極力肌が出ないように気を付けましょう。 腕や足だけではなく、首周りも厚手のタオルを巻いたりして皮膚が露出しないようにすることが大切です。 夏は山や海などのレジャーが楽しめる貴重な時期です。 予防対策をきちんとして楽しくすごせるようにしたいものですね。

次の

赤ちゃんの虫刺され対策とは?刺された場合の対処法もご紹介|ファムズベビー

アブ に 刺され た 場合

夏のレジャーのときに心配の種のひとつが「虫刺され」です。 蚊やブヨ、アブなどは夏に多く発生します。 アブは川や田んぼなどの水のある場所に生息していますが、プールや露天風呂などの周辺にもいることがあるので注意が必要です。 ブヨとアブの違いは、ブヨは3〜5mm程度で小さなハエのような見た目で、活動期間は3〜9月です。 アブは10〜30mm程度とかなり大きく、大きなハエや蜂のような見た目で、活動期間は7〜9月とブヨに比べて短期間となっています。 この記事では、アブに刺されたときの対処法について解説します。 アブに刺されたとき、アブは毒素を持っていないため多くの場合は患部を水で洗って様子を見ておけば1週間程度で腫れが引きます。 しかし、人によっては発熱や頭痛などの別の症状をともなうことがあるため、その場合は病院を受診してください。 また、1週間以上経過しても症状が改善しない場合も病院を受診することをおすすめします。 アブではなくハチのおそれも アブとハチは姿が似ているため、刺されたときにどちらに刺されたのかがわからないことがあります。 もしアブと思しき虫に刺された後に、息苦しさ・嘔吐・じんましん・血圧低下・意識の低下などの症状が複数同時かつ急激に現れた場合は、ハチ刺されによるアナフィラキシーショックの疑いがあるため、速やかに病院を受診してください。 アブが吸血をするときは皮膚を刺して血を吸うのではなく、皮膚を切り裂いて流れ出てくる血を吸うので、強い痛みを生じます。 刺されたあとは時間が経つとともに、患部の腫れ・強いかゆみ・熱を帯びるような感覚が増していくのが特徴です。 人によっては悪化すると微熱が出たり、患部周辺がパンパンに腫れ上がったりしてしまうこともあります。 治るまでの期間は個人差があり、数日で治ることもあれば1か月以上続くこともあります。 なお、かゆいからといって患部をかきむしると細菌感染を引き起こすおそれがあるため、なるべくかかないようにしましょう。 アブに刺されてしまった場合は、次のような応急処置を施しましょう。 傷口を洗い流す アブに刺されたら、刺された場所を清潔な水でよく洗い流しましょう。 アブは皮膚を噛んだときに流血させる成分を注入してくるので、水で流すことによりその成分を取り除くことができます。 また、血が出ているときは血を絞り出してください。 薬を塗る アブに刺されたばかりで早めに症状を和らげたい場合には、市販の塗り薬を使用するのも一つの手です。 特に、抗ヒスタミン剤を含んでいるステロイド軟膏がおすすめです。 ただし、薬を使用するのは完全に止血したあとにしましょう。 患部を冷やす 患部が炎症を起こすと熱を持つことがあるので、炎症をおさえるために患部を冷やしましょう。 アブは服の上から刺すことができないので、自然や水場が多い場所に行くときにはなるべく肌を露出させないよう、暑くても上着を羽織るなどしましょう。 また、屋外に出かけるときは虫除けスプレーを使用するのも一つの手です。

次の