ハンタ ウイルス 感染 率。 ハンタウイルス

ハンタウイルスとは?潜伏期間や感染力や致死率は?治療法&対策は

ハンタ ウイルス 感染 率

有川 二郎(北海道大学大学院医学研究科附属動物実験施設) 疾患名 ハンタウイルスは人に急性かつ高熱を特徴とする疾患を引き起こす。 それらは、症状の特徴から腎症候性出血熱 HFRS とハンタウイルス肺症候群 HPS と呼ばれ、両疾患を合わせてハンタウイルス感染症と総称する。 HFRSは世界各地で風土病として古くから存在が知られ、それぞれの流行地毎に様々な名前(韓国:韓国出血熱、中国:流行性出血熱、北欧:流行性腎症)で呼ばれていたが、1982年、WHOの国際研究集会で、HFRSと統一して呼称するよう決定された。 ハンタウイルス肺症候群 HPSは、発症後急速に呼吸困難を起こして高い死亡率(当初は50%以上)を示す急性の熱性疾患として、1993年、米国南西部の砂漠地帯で突然出現した。 病原体 ハンタウイルスはブニヤウイルス科に分類されるRNAウイルスで、ウイルス粒子の形は正確な球形ではなく、直径100-120nm(ナノメートル)でシャボン玉のような多形性を示す。 様々な種類のネズミが自然界では自然宿主となっているが、感染げっ歯類は全く病気を起こさないが終生持続感染し、糞尿や唾液中にウイルスを排泄する。 それらの飛沫が感染源となって他のネズミや人に呼吸器感染若しくは経皮(咬傷)感染を起こす。 これまでの流行状況から人から人への感染は一般には起こらないと考えられている。 (図1.ハンタウイルスの一種、Sin Nombre ウイルスの電子顕微鏡写真。 米国疾病管理センターCDC 提供) 疫学 ハンタウイルスは現在、少なくとも23の血清型若しくは遺伝子型に分類されている。 特徴的な点は、それぞれの型ごとに特有の種類のネズミが自然宿主となっていることである。 そのうち、4種類がHFRS原因ウイルスであり、ドブネズミ、ヤチネズミ、セスジネズミ等が自然宿主となる。 また、6種類がHPS原因ウイルスとして確認されシカネズミやコメネズミ等が自然宿主である。 ウイルスの遺伝子とそれら宿主げっ歯類遺伝子の塩基配列をもとにそれぞれの進化系統樹を描くとそのパターンが互いに一致する。 すなわち、現在のげっ歯類の祖先は数千万年前に出現したと考えられることから、ハンタウイルスはげっ歯類の祖先に感染し、以後、げっ歯類と共に分化していったと考えられている。 そのため、ウイルスの分布や流行の発生地は自然宿主ネズミの生息地域と一致し、HFRSウイルスはユーラシア大陸全域に生息するネズミを宿主とするため発生はユーラシア大陸を中心に発生し、HPSの原因ウイルスは南北アメリカ大陸にのみ生息する野生げっ歯類を自然宿主とすることから、HPSは両大陸でのみ発生している。 (図2.ハンタウイルスの伝播経路。 化学療法の領域、17巻 2001年より引用) 図2 感染した人あるいは動物の症状・病変 両疾患ともに発症初期には発熱、頭痛、腹痛、嘔吐、筋肉痛等のインフルエンザに類似した症状を示すが、その後の症状は両者で大きく相違する、HFRSでは蛋白尿や乏尿などの腎臓の機能障害と皮膚の皮下出血や重症例ではショックによって死亡する。 軽症例では一過性の発熱と頭痛のみで快復する。 しかし、自然宿主であるげっ歯類は全く無症状で、病変は認められない。 感染している雌ネズミも正常に妊娠し、繁殖する。 診断 平成10年より施行されている感染症新法において、HFRSとHPSは、発生した場合、都道府県知事等への届出の義務のある四類感染症に分類されている。 そのため、両疾患の診断基準として臨床的特徴や報告のために診断方法が厚生労働省から各地方公共団体に通知されている。 実際には、臨床症状の特徴からハンタウイルス感染が疑われる旨医師より厚生労働省保健医療局等に伝えられた後、病原体、遺伝子もしくは抗体検査によって確定診断がなされる。 各地方衛研等で確定診断に対応出来ない場合、国立感染症研究所が診断にあたる。 予防・治療 感染しているネズミが感染源で人から人への伝染は起こらないことから、ネズミ対策が予防法としては重要。 残飯や食料にネズミが集まることがないように、ふたの出来る容器に収納する。 また、野外から進入出来ないよう住居の補修をする。 ワクチンはHFRSに対して韓国と中国で市販されているいるが、我が国では用いられていない。 治療法は対処療法による。 外国の発生状況 HFRSの最大の流行国は中国で年間10万人程度の症例が報告されている。 韓国では年間数百人、ヨーロッパ全域から極東ロシアにかけて年間数千例の発生があるものと推察されている。 我が国の発生状況、進入の可能性 我が国ではこれまでHFRSの発生のみが報告されている。 1960年代にドブネズミを感染源とする都市型流行により119例(2例死亡)が報告され、その後1970-80年代には実験用ラットを感染源とする実験室型流行によって全国21施設で合計126例(1例死亡)が報告されている。 その後、1984年以降、患者発生の報告はない。 しかし、我が国の主要な港湾地区のほとんどでHFRSの原因ハンタウイルスが感染しているドブネズミの生息が確認されている。 また、北海道ではほぼ全域から感染エゾヤチネズミが発見されている。 全国の人を対象にした血清調査の結果、埋め立て地や野外での作業従事者に抗体陽性例が散見されることから、げっ歯類を感染源とする未診断の軽症例が現在でも我が国に存在している可能性がある。 ドブネズミが自然宿主となる型のハンタウイルスは世界各国で分離されたウイルス間で互いに類似性が高いことから、比較的近年になって、感染ドブネズミが船舶によって世界各地に分散したことが類推されている。 しかし、乗組員が航海中に感染して発症した例はHFRS,とHPSのいずれにおいてもこれまで報告がなく、たとえ流行国経由の船舶であっても乗船したことによって感染する可能性はきわめて低いと考えられる。 また、HPS原因ウイルスの自然宿主であるネズミは気候等の影響で我が国には土着しえないと考えられ、本症が我が国で発生する可能性は低いと考えられる。 危機管理に関する提言 本症は我が国では近年発生がない疾患であるため、類似疾患を認めた場合、国立感染症研究所等の専門機関への迅速な情報提供が求められる。 下記の米国疾病センター CDC のホームページも参照されたい。

次の

ハンタウイルス疾病のワクチンや薬は?ヒトヒト感染や経路とは?日本で流行の可能性は?(Hantavirus Infection)

ハンタ ウイルス 感染 率

新型コロナウイルスの世界的な拡大に晒されている昨今、中国メディアから新型コロナウイルスとは 別の感染症が広まりつつある事が報道されました。 今回は、 新たな感染症の流行の可能性を報じられているハンタウイルスとは何かについて調べていきたいと思います。 ハンタウイルスとは何?致死率が高く空気感染する? ハンタウイルスについて調べたところ、主にねずみなどの齧歯類の間で広まるウイルスで、人間が感染した場合、肺や腎臓などに問題を起こすとされています。 中国で別の感染症流行の可能性。 ハンタウィルスは主にネズミから感染するとのこと。 人から人への感染は稀。 中国では年間5万人〜10万人の感染が報告されてるらしい。 — ゆう yuu56561208 世界中が新型コロナの影響でこれだけ大変な事になっているのに、新たにハンタウイルスなんでものが流行ろうものなら、それこそ大混乱が起きてしまうと心配していましたが、どうやら昔からあるウイルスで、人から人へ感染するのは殆ど稀だそうで安心しました。 ウイルスが突然変異でもしない限りは騒ぐ程でも無さそうで、とりあえず胸を撫で下ろしている次第なのですが、ハンタウイルスが本当に流行らないか少し心配してるのが本音です汗 とにかく今は新型コロナウイルスに感染しない様、最大限の予防をしながら日々生きていく事とします。 皆さんもお身体には十分に気を付けながら過ごして頂けたら幸いです。 それでは今回はこの辺にて失礼いたします。

次の

ハンタウイルス肺症候群とは?ヒトヒト感染やネットでの反応は?

ハンタ ウイルス 感染 率

ハンタウイルスの写真 : 第5群(1本鎖RNA -鎖) : : ハンタウイルス属 種 ANDV BAYV BCCV CADV DOBV ELMCV HTNV ISLAV KHAV LANV MULV NYV PHV PUUV RIOMV RIOSV SAAV SEOV SNV THAIV TPMV TOPV TULV ハンタウイルス(: Hantavirus, : orthohantaviruses)は、( Bunyavirales) ハンタウイルス属( Hantaviridae)に属するの総称。 はならびになどの小型哺乳動物で、それら動物に対して病原性を示すことはないが、人に感染すると(: Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome; HFRS)や(: Hantavirus Pulmonary Syndrome; HPS 等の重篤な疾病を引き起こす。 概説 [ ] ハンタウイルスによって引き起こされる は、原因不明のとして20世紀初頭から認識されていた。 本疾病はにおいて広く見られ、韓国では韓国出血熱、中国では流行性出血熱、旧ソ連では出血性腎症腎炎、スカンジナビア諸国では流行性腎症と、各流行地においてさまざまな病名で呼ばれていた。 永らく病原因子は不明であったが、1976年に韓国の ()(イ・ホワン)らは、より韓国出血熱の病因ウイルスを分離することに成功した。 このウイルスはセスジネズミの捕獲場所を流れる川、(ハンタンガン、)の名前をとってハンターンウイルスと名づけられた。 以後、各流行地などにおいても病因ウイルスが分離された。 これらのウイルスの解析を進めた結果、既存のウイルスとは別の性状を示すものであったため、これらのウイルスはブニヤウイルス科の5番目の属としてハンタウイルス属と命名された。 1993年には、アメリカ合衆国南西部において急性で重篤な呼吸器疾患が多数報告された。 これらの病因ウイルスはハンタウイルス属によるものであることが判明したため、これらの疾病はと名づけられた。 また、病因ウイルスは(: Sin Nombre、スペイン語で「名無し」を意味する)と名づけられた。 世界各地で、だけでなくや などの小型哺乳動物からも、さまざまなハンタウイルスが発見されている。 構造 [ ] ハンタウイルスは粒子内に3本のマイナス鎖RNAを保有しており、それぞれS、M、L分節と呼ばれている。 S分節は核タンパク質 N 、M分節は2つのエンベロープ糖タンパク質 Gn, Gc の糖タンパク質前駆物質 GPC 、L分節は RdRp をコードしている。 それぞれのゲノムの両端の塩基配列は互いに相補的であるため、結合して環状の構造を形成する。 ハンタウイルスの粒子は球状や卵形状を示しており、直径は80nmから120nmである。 複製機構 [ ] ・ ハンタウイルスはエンベロープ糖タンパクと宿主細胞表面上の受容体との結合を介し、、、、、などに感染する。 ハンタウイルスはクラスリン被覆ピットを介して初期エンドソームへ移動した後、後期エンドソームまたはリソソームへ輸送される。 エンドリソソーム区画内でpH6. 4以下になると細胞膜と融合し、脱殻が起こる。 ハンタウイルスの複製過程はすべて細胞質でおこなわれる。 RdRpはNのキャップ・スナッチング機構を使ってゲノミックS、M、L分節 vRNA からプラス鎖のmRNAを合成する。 複製されたウイルスゲノムは、核タンパク質と結合してを形成する。 ヌクレオカプシドはの細胞質側においてエンベロープ糖タンパク質と結合し、ゴルジ体内に出芽する。 出芽したビリオンは細胞外へ放出される。 疫学 [ ] ハンタウイルスはならびにを宿主とする。 これまで20種類以上もの血清型が報告されており、それぞれの血清型ごとに異なった種類の哺乳動物を宿主としている。 ウイルスの遺伝子をもとに作成された進化系統樹と自然宿主となる動物の遺伝子の塩基配列に基づく進化系統樹はそれぞれほぼ一致することから、ハンタウイルスは自然宿主となる動物が分化する以前の祖先となる動物に感染し、それらの分化とともにしてきたと考えられている。 ハンタウイルスは自然宿主である小型哺乳動物においては不顕性で病原性を示すことはなく、1年以上にわたって持続的に感染する。 ウイルスは糞尿や唾液などに排泄され、宿主間の感染は咬傷による唾液や糞尿などのエアロゾルを介して起こるとされている。 人への感染は、糞尿の粒子が空気中に飛散してを引き起こすとされている。 ハンタウイルスによって引き起こされるハンタウイルス感染症は、 HFRS と HPS がある。 腎症候性出血熱はアジア・ヨーロッパで発生し、ハンタウイルス心肺症候群は南北アメリカで発生する。 人におけるハンタウイルスの潜伏期は数日から6週間とされるが、多くは感染から2週間から3週間で発症する。 2020年の発生 [ ] 2020年3月、の男性がハンタウイルスに陽性反応を示し、チャーターバスでの仕事でへの旅行中に死亡した。 のレポートによると、他に約32人がウイルス検査を受けている。 主な疾患 [ ] 症状の特徴から 腎症候性出血熱 HFRS と ハンタウイルス肺症候群 HPS と呼ばれ、両疾患を合わせてハンタウイルス感染症と総称している。 腎症候性出血熱 HFRS 詳細は「」を参照 発熱・腎障害・出血症状を主徴とした疾患。 致死率はウイルス型によって異なり、0. また、ハンタウイルスが発見される以前には世界各地にてさまざまな呼び名で呼ばれており、下記疾患は現在では腎症候性出血熱としてまとめられている。 韓国出血熱 KHF - 1930年代、満州においてに恐れられ、の際には米軍内において3,000人以上の患者が発生した。 梅田奇病 - 1960年頃から約10年間にわたって大阪梅田地区で流行し、発生した119人の患者のうち2人が死亡した。 流行性出血熱 EHF - 中国• 出血性腎症腎炎 HNN - 旧ソ連 ハンタウイルス肺症候群 HPS 詳細は「」を参照 急性の肺水腫・呼吸器症状を主徴とした疾患。 予防・治療 [ ] 予防 厚生労働省検疫所は、次のように情報提供している。 げっ歯類との接触がないように環境を整備• 糞尿で汚染された場合は漂白剤で汚染部を十分に湿らせ、ペーパータオルなどを用いてふき取り、廃棄 ワクチン 現在、FDA()に認可されているワクチンは2019年3月現在、Phase 2a試験中。 HFRS流行地である韓国・中国においては実用化されている。 抗ウイルス薬 HFRSの治療薬としてがあげられている。 HFRS患者を対象とした中国での臨床研究では、発症初期にリバビリンを投与することで致死率が下がることが報告されている。 治療 HPS患者にリバビリンを投与しても現在のところ有効性は認められていない。 早期の集中治療が必須とされ、早い時点でのやをおこない、血中酸素飽和度、水分のバランスおよび血圧を注意深く観察する必要がある。 法的取り扱い [ ]• 腎症候性出血熱ならびにハンタウイルス肺症候群は4類感染症(即時届出)に指定されている。 ハンタウイルス属のウイルスのうち、以下のウイルスはの三種病原体に指定されている。 ソウルウイルス• ドブラバーベルグレドウイルス• ハンターンウイルス• プーマラウイルス• アンデスウイルス• シンノンブレウイルス• ニューヨークウイルス• バヨウウイルス• ブラッククリークカナルウイルス• ラグナネグラウイルス 脚注 [ ]• 119-129, :• 倉田毅 1994 ハンタウイルス感染症 臨床と微生物 21, 693-698. Emerging Infect. Dis. 18 1 : 159—61. January 2012. The Free Press Journal 2020年3月24日. 2020年3月28日閲覧。 Newsweek 2020年3月24日. 2020年3月28日閲覧。 Leonardi, Anthony 2020年3月24日. Washington Examiner. 2020年3月28日閲覧。 2020年3月28日閲覧。 「梅田熱」ともいう・・「春秋」日本経済新聞2014年8月5日朝刊1面• ClinicalTrials. gov 2014年4月14日. 2020年3月28日閲覧。 Clin. Microbiol. Rev. 23 2 : 412—41. April 2010. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の