シャーロックホームズ モンスト イラスト。 【人気のダウンロード】 シャーロック イラスト

【モンスト】シャーロックホームズの最新評価と適正神殿|超獣神祭限定

シャーロックホームズ モンスト イラスト

推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。 とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。 SF分野では『失われた世界』、『毒ガス帯(英語版)』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『ホワイト・カンパニー(英語版)』やジェラール准将(英語版)シリーズなどを著している。 1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た[注釈。 () 「ホームズシャーロック」「ホームズモンスト」「ホームズトレンド」という言葉が話題です。 ホームズ進化のステータス、下3桁が887なのって1887年から小説で登場したから?ステータス相変わらず凝ってるなー — とんぬん。 来週のラキモン、ヴリトラだけは抵抗ある〜?? あとオーブ41個あざます?? どらそん? — 小鳥遊六花あやち結婚おめでとう! Rikka016 ホームズの口コミ.

次の

シャーロック・ホームズ(モンスト) (しゃーろっくほーむず)とは【ピクシブ百科事典】

シャーロックホームズ モンスト イラスト

無愛想だが、性格は理知的で的。 ときに皮肉っぽいが正義のためには全力を尽くす行動派である。 推理に詰まると、の咥え口をガリガリと噛むクセが出る。 当時の人間として、また典型的なイギリス人として、には絶対の忠誠を誓っている。 鋭い観察力と明敏な頭脳で様々な情報を得る事が出来、初対面の依頼人にその情報を披露して驚かせる事もしばしば。 兄のマイクロフトは彼以上の推理能力の持ち主で、事件に行き詰ったときなど相談に行く事もある。 シャーロックは兄に事件解決への意欲と行動力がもう少しあれば、優れた探偵になれたとも述べている。 探偵としてはこの上もなく優秀なホームズだが、とてつもない変人としても知られている。 部屋の壁に銃弾で穴をあけたり、自分が必要とする知識以外はそれが常識的なものでも必要ないと言い切る程度は序の口である(たとえ家主のハドソン夫人が仰天し、ワトソンが唖然としようとも)。 悪気は無くても実験のために他人に毒を飲ませたり、自分も飲むかもしれないと評されたり(悪魔の足事件では実際に披検体となっている)もする。 ホームズの生きがいは難解な事件を解決することにあり、 捜査のために、依頼人の目を気にする事無くいきなり這い蹲ることなどなんでもない。 また、 自らが信じる正義のためなら、法を破ることもいとわないという、ある種危険な思想の持ち主でもある。 趣味はバイオリン。 で女性に対しては冷笑的だが、(「ボヘミア王のスキャンダル」)やバイオレット女史(「ぶなの木屋敷」)など、聡明な女性には敬意を示す(前者は自分のライバルとして見てもいるが)。 当時はの捜査に的手法が本格的に取り入れられはじめた時代にあたるが、ホームズもかなり科学に精通している。 自身も実験が好きで、物や薬品の知識に明るく、自ら血痕や指紋の検出に関する、新手法の開発も行っている。 面白い事件がないときはを注射する悪癖がある(当時は合法だった。 ただしワトソンの忠告で後年にはやめている)。 探偵と聞いてインドアな印象を持つ人も多いが、実は自らの足で(だけでなく、時には警察と協力し、時にはストリートチルドレン達に小遣いを渡して)証拠を探しまわり、ときに暴漢との対決やアクション映画顔負けの冒険劇を披露するなど、非常にアグレッシブで、時には紛いの行為に出る事さえある。 というか、ホームズは行動の人である。 技術に優れ、幾つもの隠れ家と偽名を使いこなし(「ブラックピーター事件」「バスカヴィル家の犬」など)、や(サー・ドイルが武術を聞き間違えた、当時日本人が英国で流行らせようとした棒術の名からなどの説あり)、の腕にも優れている(「4つの署名」「最後の事件」「バスカヴィル家の犬」など、多数)。 反面、非常に無気力になることもしばしばで、精神科医に言わせたら、間違いなくと診断されるだろう。 後年になると探偵業を引退してロンドンを去り、田舎で養蜂をしながら悠々自適の生活を送ったとされている。 元祖『』 言わずと知れた推理小説の大家といえるシリーズのであり、彼の衣装として知られる『 鹿撃ち帽・・・』は探偵コスチュームの定番となっている。 ただし、パイプ以外のコスチュームは劇中で明言されておらず、書籍化される際にやにホームズの姿を描く必要に迫られたために用意されたもの。 これが堂に入ってため、以後探偵のトレードマークともなった。 (ただ、『ストランド・マガジン』の挿絵でもこの格好をしていることはそうそうあるものではない。 というか、ふつうあれは狩猟の時着るものであり、せいぜい証拠を探すために森の中に入るくらいのときにしか着用していないのだ。 ) ときにスマートに、ときに大胆に犯人を突き止めるホームズの姿は、今日においても決して色あせることなく、 すべての探偵物語の金字塔として燦然と輝いている。 いわゆる「名探偵」の初代はが創造した勲爵士だが、彼の作品が3作しかないことと、またワトソンをはじめとしたサブキャラクターの充実、その他の理由によって、ホームズの名は名実ともに「 名探偵の代名詞」として輝いている。 彼の人物像はその後のミステリーやなどの像にも多大な影響を与え続けており、文化的な点から見ても非常に重要なキャラクターであると言える。 ホームズの熱狂的なファンは「シャーロッキアン」と呼ばれる。 日本で一番有名なシャーロッキアンは、おそらく 君であろう。 余談 作者のドイル氏は「ホームズ」シリーズの連載に疲れ、1893年に発表した「最後の事件」でホームズが宿敵モリアーティー教授と共に滝壺に落ちて死亡した設定とし、物語りに一応の区切りをつけた。 しかし当時から既に熱狂的ファンを獲得していたホームズシリーズを終えることは世間が許さず、ドイル氏の元には「最後の事件」の結末を悪しざまに罵る手紙も多数送りつけられたと言う。 出版社はこぞって「ホームズ」シリーズの再筆を依頼するが、当初ドイル氏はこの要請を固辞していた。 それでも「バスカヴィル家の犬」は執筆されたが、これも当初はホームズシリーズでは無い予定だったうえに「最後の事件」の前の時間軸という設定で、ホームズを復活させたわけではなかった。 然し実母の説得など様々な要因があり、最終的にはホームズを生き返らせ執筆を再開する事になる。 詳細はを参照。 この執筆再開の結果「ホームズには日本の武術の心得があり、その御蔭で滝壺から生還出来た」と言う設定が生まれる事となった(の項目も参照の事)。 また、ドイル氏が「ホームズ」シリーズを所詮はただの娯楽小説とみなしており、本人はより高尚なジャンルと考えた歴史小説で成功を収める事を望んでいた事は有名である。 そのため上記の逸話から 「コナン・ドイルはホームズが嫌いだった」と紹介される事も多い。 後世にホームズを復活させた事を後悔はしていないと語っているが、その際の論調もホームズシリーズに対する愛着と言うよりは「ホームズを書くことが他の作品の執筆を邪魔する事はなかった」という趣旨であった。 また、その上で「もっとシリアスな著作を認めてもらううえでホームズが若干のお荷物になったということはあるかもしれない」と語っている。 ホームズは1887年から1927年まで(中断をはさんで)イギリスの「ストランド」誌に掲載された。 このストランド誌は挿絵を多くした読みきり小説中心の月刊誌で、駅の売店などで販売されていた。 刊行当初から人気を博し30万部を超えていたが、ホームズの連載が始まると一気に売り上げが50万部を超えたという。 先述の「生還」後はさらに売り上げを伸ばした結果、当時の印刷能力の限界を超えてしまい、ストランドを購入できない読者が図書館に押しかけ図書館側が開館時間の延長を余儀なくされたと言う逸話が残る。 ある意味創作作品による「社会現象」の最初の例であるといっていいかもしれない。 なお、イギリス・ロンドンでは ホームズは実在の人物扱いであり、舞台となった番地にはホームズの家を忠実に再現された部屋がある。 またディスカバリー・チャンネルでCIAの捜査手法を説明する番組が放映された際には、CIAの現役捜査官が真顔で「シャーロック・ホームズはCIAの先生の一人です」と語るなど、その影響は現代でも大きい。 ちなみに、の留学中の個人教授がベーカー街近傍の在住であり、ホームズと漱石が共演するパスティーシュ作品もいくつか存在する。 日本で有名なホームズ作品 『シャーロック・ホームズ』シリーズ ソ連時代のロシアでスタジオが作成した映画シリーズ。 冷戦下の東側でつくられたといういわくつきの作品だが、実はシャーロキアンの間でも評価が高い逸品。 主演は。 通称「 ソ連版・ロシア版」。 その他作品リスト シャーロック・ホームズの - 最古のパスティーシュ作品 漱石と倫敦ミイラ殺人事件 — 上述した夏目漱石とのパスティーシュ作品。 事態を知ったからのガチ苦情で書き換えさせられた、という説もあるが否定しているファンもいる。 日本翻訳版ではホームズ人気から、そのままホームズ本人として扱われる事になってしまっている)• … 『』本人。 《名推理》は毎回核心を突きながらも着眼点が微妙にズレていることが多い。 … 『』本人。 新宿でとの決着をつけた後探偵役としてカルデアに居残る• … 『』本人。 女性かつ魔術師となっている• …一応は本人設定だがが原典をモチーフに組み上げた物語に登場するキャラクターであるため、本人カウントに難を示すファンもいる。 …『』のスピンオフ。 探偵でありながらオカルトにも精通し、不本意ながらも優れたGS ゴースト・スイーパー でもある。 大学時代の一時期にに師事していた事がある(リアルでもホームズの時代においては神秘主義・オカルトは最先端の学問とされていた) 子孫・血縁設定の作品およびキャラ• … 『』に登場するホームズの子孫。 ちなみに「シェリンフォード」とはホームズの母の旧姓で、ホームズ姓で無い事には公式いわく「意図的に隠された」がある、とのこと。 ヒュー・イブカ・ホームズ(井深飛由)…『』に登場するホームズの子孫。 井深飛由(いぶか ひゆ)が本名。 「Ib イブ 」の名で知られるデジタルネイティブの クラッカー でありイギリス系日本人。 … 『』に登場。 ミドルネームの「H」がホームズ家を示す。 ホームズの子孫で。 「ホームズ・ツインズ」とは作品名でありながらも、この二人を示す通称。 それぞれシャーロック・ホームズの姪 アイリーン と甥 ヴィクター に当たり、アイリーンがホームズ家の運動神経 格闘能力 を、ヴィクターがホームズ家の頭脳を、それぞれ受け継いでいる。 ちなみに『』とは同作者 赤松中学 作品。 すぐさま肉体言語に移行するアイリーンの姿などは、明らかにアリアを彷彿とさせる。 作品発表順でも時系列上でも 逆ではあるが• …『』に登場する攻略対象。 ホームズの息子とされる人物。 なおエルロックの相方としてワトソンの息子であるも登場する。 フルネームは クリスティ・クリスタル・マーガレット・ホープ。 ホームズの大姪 姪っ子の娘 とされる。 ホームズをモチーフとしたキャラ• … 『』ドイルから「コナン」の名を採った。 おそらくは日本で最も知られた架空のシャーロキアン。 …上記の江戸川コナンの正体。 彼の本来の住所が「東京都米花市米花区米花町2丁目21番地」とホームズの住所をモチーフとしたものとなっている。 …の小説『三毛猫ホームズシリーズ』に登場する ガチの。 飼い主などの周辺人物に事件解決のヒントを与える事から呼ばれる通称。 … 『』の登場人物で探偵業に就いている。 ホームズがモチーフ• 西鍵健一…『』の主人公。 ホームズがモチーフ(西=シャー、鍵=ロック) その他• …『』に登場する。 これを使うと、誰でも名探偵のように事件を解決することが出来る。 また、直接姿と名前が出てきたわけではないが、の台詞の中に「には 昔の名探偵が駆使していた謎の格闘技バリツというものがあるらしい……」というものがあり、この地にホームズのような探偵がかつて存在していたことが示唆されている(ちなみに、ガラルのモデルは『シャーロック・ホームズ』の舞台となったイギリスである)。 ちなみに、ポケモンにもがある。 外部リンク 関連記事 親記事.

次の

【モンスト】アイリーンの最新評価と適正クエスト

シャーロックホームズ モンスト イラスト

概要 [ ] 舞台を21世紀のイギリスに置き換え、自称「探偵」であるシャーロック・ホームズがやといった最新機器を駆使して事件を解決する様を描く。 各エピソードはの原作を下敷きとしている。 シリーズ Ep. 英国放送日 1 3 2010年7月25日 - 8月8日 2 3 2012年1月1日 - 1月15日 3 3 2014年1月1日 - 1月12日 特別編 1 2016年1月1日 4 3 2017年1月1日 - 1月15日 シリーズ1(全3回)は2010年7月25日から8月8日までイギリス・で放送された。 日本では2011年8月22日から24日までで放送後、2012年にはで放送された。 また2013年1月にはでも放送され、日本国内では地上波初放送となった。 シリーズ4の本編全3話は2017年1月1日から15日にかけてBBC Oneで放送され、第3話はイギリスやアメリカの映画館でも限定公開された。 日本では2017年7月8日から22日にかけてNHK BSプレミアムで放送された。 あらすじ [ ] 各話のあらすじについては「」の記事を参照 21世紀、陸軍の軍医としてに従軍したジョン・ワトソンは、戦傷によりイギリス本国に送還され、トラウマを抱えたままロンドンで苦しい生活を送っていた。 そんな中、研修生時代の古い知り合いと出会い、自分と同じくを探しているらしいシャーロック・ホームズという変わった男を紹介される。 頭脳明晰なシャーロックはスマートフォンやGPSといった現代の技術を駆使し、周囲の人々を戸惑わせながらもその天才的なひらめきと推理力でジョンと共に数々の事件を解決していく。 主役 [ ] 演 - (声・) 背が高く、暗い色の巻き毛で痩せ型の男。 僅かな事柄から物事を類推することを非常に得意とし、自らを「世界で唯一のコンサルタント探偵」「高機能」(: High-functioning Sociopath、吹き替えでは『高機能社会不適合者』・字幕では『社会病質者』とも訳される)と呼ぶ。 が解決困難と判断した殺人事件を謝礼金・支給交通費無しで請け負う。 自分を満足させる事件がない、特に依頼が来ない暇な時は拳銃を乱射したり、を振り回したりなど常軌を逸した行動をとる。 頭脳明晰だが周囲を小馬鹿にして何事も自身を基準に考える。 友人は数少ないことが示唆されている。 「自身は仕事と結婚している」と言い、恋愛を軽蔑している。 のモリー・フーパーには恋愛感情を抱かれているが、それを知りつつ敢えてその気があるように振る舞い情報を得ている。 「」という記憶法を用いており、各地の地理や地質そして天気、細菌や暦などに関して非常に深い知識を持っている。 またロンドンの道路について一方通行などの情報も含めて詳しい。 その一方で、テレビ番組や出演タレントのゴシップ、など興味を持たない分野への知識が全くない。 またを描く少年やホームレスのネットワークを「眼と耳」として利用している。 シーズン2の最終回でマスコミを誘導したモリアーティの謀略により警察から追われ、モリーが勤務するの屋上からジョンの見ている前で飛び降り自殺した。 直後に駆け寄り脈を確認したジョンにより死亡は明らかだったが、これは兄のマイクロフトとモリーの協力で行われた偽装であり、モリアーティの犯罪組織を解体するため各国を巡り2年で完遂。 ロンドンに帰還した。 シーズン3では帰還後に一時仲違いしたジョンの結婚式で「ベストマン」を努め、ジョンがシャーロックを親友とみなしていることに感銘を受け「何があっても僕が君達を守る」という誓いを立てる。 しかしこの誓いが原因でシャーロックはある決断を迫られる。 服装や持ち物は非常に高価なブランド品が多い。 シーズン1ではのスマートフォン・とのパソコンを使用していたが、シーズン2ではとに機種変更している。 喫煙者であるが、禁煙の為に依存症であることがシーズン1では描かれている。 兄のマイクロフトとの関係は酷い状態だが、必要に応じ情報交換を行っている。 シーズン3の最終回で自身のフルネームがウィリアム・シャーロック・スコット・ホームズ であるとジョンに明かした。 演 - (声・) シャーロックの同居人かつ相棒。 シャーロックと比べると背が低く、髪は金髪。 日常的な買い物や様々な請求書の支払いをシャーロックが一切しないので仕方なく担当している。 また事件の捜査に同行し、周囲に気を遣うことのない彼のフォローに回っている。 当初シャーロックをと思い、周囲からの「シャーロックとジョンは付き合っている」という誤解を嫌がっている。 で医学を学び、バーツ(英: Barts、の通称)に勤務した後、アフガン戦争に軍医 として3年派遣された。 、で従軍したと語っている。 派遣時の所属はで、階級はだった。 戦地で左肩に銃創を負ったため送還されるが、に悩まされ左手の断続的な痙攣と右脚を上手く動かすことが出来なくなり杖をついて生活していた。 定職につくことも出来ず物価の高いロンドンでの生活を止めようとしていた時に研修医時代の友人スタンフォードと再会、彼の紹介でシャーロックと出会うことになる。 シャーロックと一緒に行動することで症状は改善され、シーズン1の1話後半で杖無く歩けるようになり、第2話以降では杖を使っていない。 誠実かつ勇敢で惚れっぽい。 シャーロックと違い警察との関係も良く、シャーロックから高い信頼を寄せられるようになる。 を所持し、射撃はシャーロックに名手と呼ばれる程の腕前である。 道徳心も持ち合わせ、シャーロックと一度会っただけの時に彼のもとでスパイをするようマイクロフトに頼まれるが断っている。 シーズン1ではルームシェアを始めて以降も金銭的に困っていることは変わらず、近所の病院で働いている。 そこで上司の医師サラ・ソーヤーと出会い交際していた(但しシーズン2の時点でサラとは破局している)。 シーズン1、2共に関わる女性の多くに興味を示している。 そのため、シャーロックと同性愛の関係に見られることを嫌がっている。 シーズン2ではシャーロックの個人秘書のような立場となり、医師として働いている様子は見られなくなる。 サラ以降も何人もの女性とデートを重ねていることが明らかになっている。 シーズン3ではシャーロックの死にショックを受け、なんとか立ち直るまで彼に寄り添っていたメアリーと交際する。 そんな中シャーロックが帰還し、ジョンは彼が偽装計画を一切話さなかったことに激怒して一度は仲違いするが、再び彼と共に事件を解いていくことになる。 最終話ではメアリーに関するある事件に巻き込まれ、新たな転機を迎える。 のジーンズを愛用し、姉のお下がりの (パイロット版では)を使用。 姉のハリエット(愛称ハリー)とは彼女のと離婚が原因で関係が悪化している。 スコットランド・ヤード [ ] 演 - (声・) シャーロックに捜査を依頼する刑事。 性格に難があるシャーロックに対しては、その有能さから仕方なく依頼しているものの他の同僚たちと違い露骨な敵意は抱いてない。 だが証拠を持ち去られたり、警察手帳をスラれたりすることには不満を抱いている。 ニコチンパッチの使用者。 モリアーティにはシャーロックの数少ない友人の1人と看做され、本人が気づかない内に人質に取られている。 シーズン3では死んだと思っていたシャーロックの帰還を涙ぐみつつ歓迎し、彼が緊急メールを発すると取り掛かっている事件を放り出して駆けつけるなど厚い友情が描き出されるが、シャーロックは彼のファーストネームをいつも間違える。 フィリップ・アンダーソン 演 - (声・) で、シャーロックとはお互いに軽蔑しあっている関係。 妻がロンドン市内から外出している際、サリーと不倫している。 シーズン2ではシャーロックを犯人扱いするサリーに加担する。 シャーロックの「自殺」以降はその罪悪感から海外の難事件解決をシャーロックの生存と結びつける暴走ぶりから失職。 更には、私設ファンクラブ「空(から)の霊柩車」で会員達とシャーロック自殺の真相を議論し、偽装の経緯について見当外れな仮説を立ててはレストレードにシャーロック生存を訴えている。 これらの経緯を経ていくらか関係性が良好化したのか、シーズン3ではモリーと共にシャーロックの『マインド・パレス』に現れた。 サリー・ドノヴァン 演 - (声・)。 アンダーソンと同じくシャーロックを軽蔑し、面と向かって「変人」と呼びかける。 ジョンに、シャーロックはであり、いつか退屈さを理由に殺人犯を捕まえる方から殺人を犯す方になるのではないかと度々警告している。 シャーロックの"自殺"と捜査の誤りからマスコミのバッシングに遭うが、アンダーソンと異なりシーズン3でも解職には至っていない。 その他 [ ] 演 - (声・) の家主。 1階に住んでおり2階をシャーロックとジョンに貸している。 彼女の夫がの未解決事件の犯人であるとシャーロックが突き止め、死刑を確定させたことから知り合いになる。 「家主でありではない」と何度も言うが、2人に対し面倒を見て夕食を作ったりもしている。 また、女性に対する扱いが冷淡なシャーロックから唯一温かく接せられている女性でもあり、彼女もモリアーティからシャーロックの友人の1人として目をつけられている。 ストーリーに直接関係したことはないが、「221B横のサンドイッチ店の店員と交際しているが浮気が発覚し破局」(シーズン2第2話)、「インターネットにの映像が載っている」(シーズン3第3話)など隠された謎の私生活があるようで、これらをしばしばシャーロックに気づかれている。 演 - (声・) シャーロックの兄。 初登場時は正体を明かさずジョンを誘拐し、弟のスパイをして欲しいと要求している。 シャーロックとの関係は悪く、体重の増減が激しいことを馬鹿にされている。 だがその頭脳は弟以上に明晰で、推理力も上回っている。 シャーロック曰く「危険な男」。 スマートフォンはを使用。 「英国政府の小さな地位」にあると言うが、街中のを勝手に動かせたり他国の大統領選を操作できたりと本人が言う以上に大きな権力を握っていることを仄めかしている。 個人秘書のアンシアと行動を共にしている。 特定の部屋以外では口を開いてはいけないという規則を持つ秘密クラブ「 ()」の会員である。 モリアーティを危険視し、尋問を行うものの犯罪の尻尾を掴めずに釈放している。 シャーロックの半生を彼に語ったことが弟の窮地を招く原因となってしまった。 しかしシーズン3ではこれもモリアーティの地下組織壊滅の為にシャーロックと共に敢えて仕掛けたトラップだったことが語られている。 シーズン3第3話ではシャーロックの処遇を巡り国家レベルの事案に関与している。 モリー・フーパー 演 - (声・) のに勤める。 シャーロックに片想いをしており、彼が死体を調べられるように自らの立場を利用して度々便宜を図っている。 シャーロック曰く「化粧をしないと地味な顔」。 ボーイフレンドのジムの正体が実はモリアーティだと知らずに交際していたこともある。 シャーロックには化粧や服装で中傷に近い言動を受けることも多いが、シーズン2において彼女もジョン達と同じく仲間の一人として認識されていたことが判明し重要な役割を担う。 シーズン3では、第1話でシャーロックと喧嘩したワトソンの代役で事件現場に赴くなど以前よりも親交を深めた様子が描かれるものの、シャーロック似の婚約者をシャーロックたちに紹介する。 また第3話ではシャーロックのマインド・パレスにも登場する。 演 - (声・) 王族や上流階級の男女を相手にしたサービス提供を仕事としている女性。 国家や政府に関わる秘密を抱えており、言動は支配的。 「バッキンガム宮殿の主」から依頼を受けてアイリーンの所有するのスマートフォンのデータを入手しようとしたシャーロックを、一度は推理の面でも肉体的にも完全に打ち負かした初めての女性。 その後、シャーロックに対して何度も誘いのメールを送り続けるが、シャーロックは返信しなかった。 シャーロックへのメールにはBlackBerry Pearl 3G 9105を使用。 自身が持つ切り札をシャーロックに見破られたことで命の危機に晒され、逃亡生活を送る羽目になる。 シーズン3では、シャーロックのマインド・パレスに登場する。 演 - (声・) 「世界で唯一のコンサルタント犯罪者」を自称する男。 全話の事件の犯人に資金・情報を提供した首謀者であるが自らの手を汚すことを嫌う。 シャーロックに強い興味を持ち、また興味が無くなればすぐにでも殺すつもりだと言っている。 本作の主要人物は年齢設定が比較的原作に近いが、彼のみ設定が青年となっており、原作の長身痩躯の老人とはかけ離れている。 シャーロック曰く「蜘蛛のような存在」で、犯罪という糸を巡らし、自分は動くことなく悪事をやってのける天才。 頭脳だけでなく演技力にも非常に長けている。 シーズン1では同性愛者のふりをして正体を悟られること無くシャーロックとジョンの前に現れ、シーズン2では役者のリチャード・ブルックと名乗って思慮の浅い女性記者に接近し、被害者を装って彼女に捏造記事を書かせている。 スマートフォンはを使用。 シーズン3の冒頭で、ブルックの逮捕が伝えられ全てが解決したと思われたが、シーズン3の最後に一般家庭のテレビや街頭テレビ・カーナビなどに "MISS ME? "(会いたかった)とメッセージを喋る演出(口元の部分だけがモゴモゴ動く)を施した写真が流れだし、ラストシーンで振り向きざまに「会いたかった」とメッセージを残した。 サラ・ソーヤー 演 - ()(声・) ジョンが勤める病院の医師。 ジョンの恋人。 自己防衛のために多少戦うことは出来る。 シーズン2でジョンとニュージーランドへ旅行した後、破局したことが判明。 チャールズ・アウグストゥス・マグヌセン 演 - (声・) ビジネスマンでありメディア王。 シーズン3を通しての黒幕。 西側諸国の著名人について、ありとあらゆる情報に精通し、個人情報を握ることで政治的影響力を持ち恐喝を行う。 『』のチャールズ・オーガスタス・ミルヴァートンの現代版。 個人情報の宝庫ともいえる大邸宅「アップルドア」を保有し、シャーロックと交渉することになる。 演 - (声・) シーズン3よりジョン・ワトソンの交際相手として登場し、妻となり懐妊した。 しかし、彼女はある秘密についてマグヌッセンに脅迫されていた。 その秘密についてすれ違いから破局を迎えそうになるが、ジョンが彼女を受け入れて許したことから本当の意味で夫婦となる。 この時に表面にと書かれた、彼女の秘密を記したUSBメモリを渡しているが、ジョンは暖炉に放り込み処分している。 シャーロックの両親 演 - 父:、母: (声・、) シャーロックとマイクロフトの両親。 シーズン1(2010年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本放送日 1 1 2010年7月25日 2011年8月22日• "A Study in Scarlet" 2 2 2010年8月1日 2011年8月23日• "The Valley of Fear"• "The Adventure of the Dancing Men" 3 3 2010年8月8日 2011年8月24日• "The Adventure of the Bruce-Partington Plans" シーズン2(2012年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本放送日 4 1 2012年1月1日 2012年7月22日• "A Scandal in Bohemia" 5 2 2012年1月8日 2012年7月29日• "The Hound of the Baskervilles"• "Devil's Foot" 6 3 2012年1月15日 2012年8月5日• "The Final Problem" 一部、 "The Priory School"• "Charles Augustus Milverton" クリスマス・ミニエピソード(2013年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国配信日 日本配信日 - 0 2013年12月24日 2014年5月8日• シーズン3のを描いた約7分間のミニエピソード。 2013年12月24日より、、およびのBBC公式チャンネルで公開された。 2014年5月8日からは、「どーがステーション」およびYouTubeとのNHK公式チャンネルで日本語字幕版が配信されている。 シーズン3(2014年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本放送日 7 1 2014年1月1日 2014年5月24日• "The Adventure of the Empty House"• "The Sign of the Four" 9 3 2014年1月12日 2014年6月7日• "His Last Bow"• "The Adventure of Charles Augustus Milverton"• "The Man with the Twisted Lip" 特別編(2016年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本劇場公開日 日本放送日 10 0 2016年1月1日 2016年2月19日 2016年5月9日• 舞台を時代の19世紀のロンドンに移した特別編。 日本では2016年2月19日に劇場公開された。 タイトルの「忌まわしき花嫁」(The Abominable Bride)は、『』の冒頭に登場する"Ricoletti of the club foot and his abominable wife. "(内半足のリコレッティと忌まわしい妻)に由来する。 2016年5月9日、で、プレミアムシネマとして放送された。 同局では、シーズン4の放送に合わせた2017年7月3日に再放送が行われる。 2016年7月17日には、で字幕版がノーカット初放送されている。 シーズン4(2017年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本放送日 11 1 2017年1月1日 2017年7月8日• "The Adventure of the Six Napoleons" 12 2 2017年1月8日 2017年7月15日• "The Adventure of the Dying Detective" 13 3 2017年1月15日 2017年7月22日 受賞 [ ] 詳細は「」を参照 英国アカデミーテレビ賞• 2011年• 最優秀ドラマシリーズ賞 (シーズン1)• 最優秀助演男優賞 (役の)• 2012年• 最優秀助演男優賞 (役の)• 2016年• 作品賞 (特別編「忌まわしき花嫁」) 製作 [ ] 本作の特徴としてシャーロックの視線に映る証拠品や人物の状態がモーショングラフィックを使った字幕で表示される演出が挙げられる。 これによりシャーロックが捉えた手がかりや情報が視聴者にも視覚的に伝わるよう描かれる他、シーズン3ではシャーロックが得た字幕情報の中に今後の展開の伏線が敷かれていた。 この他登場人物がスマートフォンで送受信するメールのメッセージやパスワード入力の場面についても同様である。 また原作に目配せした設定もあちこちに登場する。 例えばの階段は、原作と同じ17段に揃えられている。 フラットの外観はノース・ガウアー・ストリート185番地で撮影されている。 一方で、シャーロックとジョンがファースト・ネームで呼び合うなど、現代版ならではの変更も加えられている。 DVDおよびBlu-Ray Discにはシリーズ1第1話『』のパイロット版が収録されており、放送版までには画質、デジタルな視覚効果を絡めた編集の面で試行錯誤があったことを確認出来る。 モーショングラフィックを使った字幕演出はまだ考えられていなかったほか、脚本陣は原作に登場しないキャラクターを登場させないつもりだったが、が好演したため、モリーの出番が増えたという。 各シリーズのラストは次シリーズへの引きで終わるとなっているが、制作ペースは脚本の完成度を上げる目的もあって新作を毎年放送出来ないという(連続ドラマと比べれば)非常に遅いペースになっている。 主演2名のハリウッド映画出演も撮影スケジュールの点で遅さに拍車をかけている。 ゲイティスは2名の多忙さにより「シリーズ継続が困難である」と話し、シリーズ4での完結を示唆した。 シリーズ4の製作は2016年後半に予定されていたが 、前倒しして同年4月から撮影が始まっている。 また2016年7月には、で開かれたのパネルにて、シリーズ4のキーワードが「サッチャー」「スミス」「シェリンフォード」(: Thatcher, Smith, Sherrinford)と発表され 、また新登場人物の などが登場する予告動画も公開された。 日本での漫画化 [ ] 日本の月刊青年漫画誌『』()で、以下のように漫画版が連載されている。 脚本はマーク・ゲイティスとスティーヴン・モファット、作画はが担当している。 連載終了後は、より単行本が発売されている。 また、単行本は台詞などを英語にしたバイリンガル版も別途販売されている。 タイトル 連載 開始号・終了号 単行本(通常版) 発売日・ISBN 単行本(バイリンガル版) 発売日・ISBN SHERLOCK ピンク色の研究 2012年11月号 2013年8月号 2013年8月2日 2015年6月10日 SHERLOCK 死を呼ぶ暗号 2014年1月号 2014年7月号 2014年6月7日 2016年2月10日 SHERLOCK 大いなるゲーム 2014年12月号 2016年2月号 2016年2月10日 2017年2月10日 SHERLOCK ベルグレービアの醜聞 2017年3月号 上 2019年7月4日 脚注 [ ] [] 注釈• 劇中でモリアーティが人質にとった友人は、ジョン、レストレード、ハドソン夫人の3人である。 但し、モリアーティに追い詰められた際には、彼女に対し助けを求める等、信頼する仲間であることを認めている。 原作のに相当する。 原作のに相当する。 このフルネームは元『』編集者での ()の説による。 ミドルネームが「ヘイミッシュ」であるというのは、作家の説に基づいている。 このアイデアは製作者のとの間で原作を読んだ際に共通して浮かんだものであり、また以前から同様の疑惑をたちも研究対象にするなどしている。 としてか、それとも単に医師免許を持った兵士であっただけなのかは不明。 シリーズ2第3話の『ライヘンバッハ・ヒーロー』では、シャーロックを連行した上に侮辱した警察幹部を殴りつけている。 その様に作中では明言されるが、使用されているのはである。 冗談ではあるが、マーク・ゲイティスは自身のTwitterで、アンダーソンのファーストネームがシルヴィアであると明かしている (代表的なは女優・声優で『』の製作者)。 一方シリーズ3第1話の『』では、シャーロックが彼を「フィリップ」と呼ぶシーンが存在し(シャーロックがアンダーソンへ種明かしをしにくるシーン)、BBCの公式サイトでも「フィリップ・アンダーソン」と明示されている。 本ドラマのエグゼクティブ・プロデューサーかつ共同制作者かつ脚本家である。 同名のクラブは、ドイルの原作のうち『』などに登場する。 アマンダ・アビントンはワトソン役のマーティン・フリーマンの実生活のパートナーでもあった。 シャーロックを演ずるカンバーバッチの実の両親で、俳優夫婦である。 被疑者として鉄柵を二人で乗り越えるシーン。 ホームズの登場は明言されないが、作中の記載からホームズシリーズの外典とされる作品。 ゲイティスによって、プロットの一部がこの作品に由来していることが明かされている。 3つの人名については、元首相の名前が『』でパスワードに使われていたこと、スミスに関しては「カルヴァートン・スミス」との人物が『』に登場すること、そして「シェリンフォード」とはドイルがホームズの名前を「シャーロック」に決める前に使っていたファーストネームであることが指摘されている。 TimeOut London 2016年12月15日. 2017年1月17日閲覧。 Masterpiece. 2017年1月17日閲覧。 NHK海外ドラマ. 2017年4月12日. 2017年4月12日時点のよりアーカイブ。 2017年4月12日閲覧。 Sherlock. 2017年1月17日閲覧。 Foster, Patrick 2016年12月22日. の2016年12月23日時点におけるアーカイブ。 2017年1月17日閲覧。 Mellor, Louisa 2014年11月26日. Den of Geek!. 2019年12月7日閲覧。 2015年12月3日. 2015年12月3日閲覧。 シネマトゥデイ. 2015年12月3日. 2015年12月3日閲覧。 2016年3月27日時点のよりアーカイブ。 2016年3月27日閲覧。 Paul Jones 2015年10月24日. RadioTimes. 2016年1月4日閲覧。 NHK. 2017年6月10日時点のよりアーカイブ。 2017年6月10日閲覧。 NHK海外ドラマ スタッフブログ. NHK 2017年6月2日. 2017年6月10日閲覧。 映画ナタリー. 2017年4月12日. 2017年6月10日閲覧。 2016年12月10日閲覧。 Paul Jones 2016年12月9日. 2016年12月10日閲覧。 - 2017年4月12日閲覧。 1 2017年1月19日. 2017年2月18日閲覧。 2 2017年1月19日. 2017年2月18日閲覧。 6 2017年1月19日. 2017年2月18日閲覧。 海外ドラマnavi. 2015年12月17日. 2016年4月8日閲覧。 Katey Rich 2016年4月6日. 2016年4月8日閲覧。 2016年7月26日閲覧。 Ben Dowell 2016年7月12日. 2016年7月26日閲覧。 2015年6月11日. 2016年2月29日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (2014年5月12日アーカイブ分)• - (2016年4月6日アーカイブ分)• - (2017年4月12日アーカイブ分)• - (2015年12月26日アーカイブ分)• - (英語)• - (英語) 登場人物のウェブサイト 登場人物が制作したという設定のウェブサイト。 (英語)• (シャーロック・ホームズのサイト「推理の科学」)• (ジョン・ワトソンのブログ、更新停止)• (法医学者モリーのブログ)• (第3話の被害者の一人コニー・プリンスの公式サイト).

次の